Cisco UCS Manager サーバ管理ガイド リリース 3.1
サーバ管理の概要
サーバ管理の概要

サーバ管理の概要

サーバ管理の概要

Cisco UCS Manager では、一般的なサーバ導入と複雑なサーバ導入を管理できます。たとえば、最初のシャーシで取得される冗長なサーバ アクセス レイヤとなる 1 ペアのファブリック インターコネクト(FI)を用いた一般的な導入を管理でき、それらを最大 20 台のシャーシと 160 台の物理サーバまで拡張することができます。これは、環境のワークロードをサポートするために、ブレード サーバとラック マウント サーバの組み合わせとなる場合があります。さらにサーバを追加して、引き続き、サーバのプロビジョニング、デバイス検出、インベントリ、設定、診断、監視、障害検出、監査を実行できます。

デフォルトでは、Cisco UCS 6332 40 GB FI、UCS Mini 6324 40 GB FI、および UCS 6200 シリーズ 10 GB FI には一元管理が含まれます。1 つのコンソールから同じドメイン内にある UCS ブレード サーバ、ラックマウント サーバ、および M シリーズ モジュラ サーバを管理できます。また、Cisco UCS Manager から UCS Mini を管理することもできます。

最適なサーバ パフォーマンスを確保するために、サーバに割り当てる電力量を設定できます。また、サーバのブート ポリシー、サーバの起動元となる場所、ブート デバイスの起動順序を設定できます。UCS B シリーズ ブレード サーバ、UCS M シリーズ モジュラ サーバおよび UCS Mini サービス プロファイルを作成して、サーバに割り当てることができます。サービス プロファイルを使用して、BIOS設定、セキュリティ設定、vNIC と vHBA の数、およびサーバに適用するその他の設定を割り当てることができます。

Cisco UCS Manager ユーザ ドキュメント

Cisco UCS Manager リリース 3.1 では、次の表に示すとおり、より少量の、使用例に基づくドキュメント セットを提供しています。

ガイド

説明

『Cisco UCS Manager Getting Started Guide』

Cisco UCS Manager の初期設定を含む Cisco UCS アーキテクチャとデイ ゼロ操作、および設定のベスト プラクティスについて説明しています。

『Cisco UCS Manager Administration Guide』

パスワード管理、ロールベースのアクセスの設定、リモート認証、通信サービス、CIMC セッション管理、組織、バックアップと復元、スケジュール オプション、BIOS トークンおよび遅延展開について説明しています。

『Cisco UCS Manager Infrastructure Management Guide』

Cisco UCS Manager によって使用および管理される物理/仮想インフラストラクチャ コンポーネントについて説明します。

『Cisco UCS Manager Firmware Management Guide』

ファームウェアのダウンロードおよび管理、自動インストールによるアップグレード、サービス プロファイルを通じたアップグレード、ファームウェア自動同期を使用したエンドポイントでの直接アップグレード、展開シナリオ、およびトラブルシューティングについて説明しています。

『Cisco UCS Manager Server Management Guide』

新しいライセンス、Cisco UCS Central への Cisco UCS ドメインの登録、電力制限、サーバのブート、サーバ プロファイルおよびサーバ関連ポリシーについて説明しています。

『Cisco UCS Manager Storage Management Guide』

Cisco UCS Manager における SAN、VSAN などのストレージ管理のあらゆる側面について説明しています。

『Cisco UCS Manager Network Management Guide』

Cisco UCS Manager における LAN および VLAN 接続などのネットワーク管理のあらゆる側面について説明しています。

『Cisco UCS Manager System Monitoring Guide』

Cisco UCS Manager における、システム統計を含むシステムおよびヘルス モニタリングのあらゆる側面について説明しています。