Cisco UCS Manager GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.2
仮想インターフェイスの管理
仮想インターフェイスの管理

仮想インターフェイスの管理

この章は、次の内容で構成されています。

仮想インターフェイス

ブレード サーバ環境では、サービス プロファイルに対して設定可能な vNIC と vHBA の数は、アダプタの機能と、アダプタで利用できる仮想インターフェイス(VIF)のネーム スペースの量で決まります。 Cisco UCS では、VIF ネーム スペースの各部分は VIF という固まりで割り当てられます。 ハードウェアによっては、VIF の最大数が定義済みのポート単位で割り当てられます。

VIF の最大数は、ハードウェア機能とポート接続によって異なります。 設定された各 vNIC または vHBA には、1 つまたは 2 つの VIF が割り当てられます。 スタンドアロン vNIC および vHBA は 1 つの VIF を使用し、フェールオーバー vNIC および vHBA は 2 つを使用します。

次の変数は、ブレード サーバが利用可能な VIF の数に影響し、あるサービス プロファイルに設定可能な vNIC および vHBA の数に影響します。

  • ファブリック インターコネクトでサポートされる VIF の最大数

  • ファブリック インターコネクトがどのように接続されているか

  • ファブリック インターコネクトと IOM がファブリック ポート チャネル モードで設定されているかどうか

ご使用のハードウェア設定でサポートされる VIF の最大数について詳しくは、ソフトウェア リリースの『Cisco UCS 6100 and 6200 Series Configuration Limits for Cisco UCS Manager』を参照してください。

仮想インターフェイスの予約管理とエラー処理

ポートチャネルでグループ化されたファブリック インターコネクトの場合、I/O モジュールへのファブリック インターコネクトの接続方法の変更は、ブレード サーバが使用可能な VIF の数の大幅な変化につながります。 これらの結果の追跡に役立てるため、Cisco UCS Manager は次のメトリックを保持します。

  • ハードウェアがサポートする VIF の最大数

  • 接続タイプ

ブレードが使用可能な VIF の数を減らすように設定を変更すると、UCS Manager は続行するかどうか警告を表示し、継続するか確認を求めます。 これには、接続の追加または変更により VIF の数が減る場合を含め、いくつかのシナリオが含まれています。