Cisco UCS Manager GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.2
WWN プールの設定
WWN プールの設定

WWN プールの設定

この章は、次の内容で構成されています。

WWN プール

ワールド ワイド名(WWN)のプールは、Cisco UCS ドメイン内のファイバ チャネル vHBA で使用される WWN の集合です。 次の独立したプールを作成します。

  • vHBA に割り当てられる WW ノード名

  • vHBA に割り当てられる WW ポート名

  • WW ノード名と WW ポート名の両方

重要:

WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

サービス プロファイルで WWN プールを使用する場合は、サービス プロファイルに関連付けられたサーバで使用される WWN を手動で設定する必要はありません。 複数のテナントを実装するシステムでは、WWN プールを使用して、各組織で使用される WWN を制御できます。

WWN をブロック単位でプールに割り当てます。

WWNN プール

WWNN プールは、WW ノード名だけを含む WWN プールです。 サービス プロファイルに WWNN のプールを含める場合、関連付けられたサーバには、そのプールから WWNN が割り当てられます。

WWPN プール

WWPN プールは、WW ポート名だけを含む WWN プールです。 サービス プロファイルに WWPN のプールを含める場合、関連付けられたサーバの各 vHBA 上のポートには、そのプールから WWPN が割り当てられます。

WWxN プール

WWxN プールは、WW ノード名および WW ポート名の両方を含む WWN プールです。 ノードごとに WWxN プールで作成されるポート数を指定できます。 プール サイズは、ノードごとのポートに 1 を加えた数の倍数である必要があります。 たとえば、7-ports-per-node を指定する場合、プール サイズは 8 の倍数である必要があります。 63-ports-per-node を指定する場合、プール サイズは 64 の倍数である必要があります。

WWNN または WWPN プールを選択するたびに、WWxN プールを使用することができます。 WWxN プールを割り当てる前に、そのプールを作成する必要があります。

  • WWNN プールの場合、WWxN プールは [WWNN Assignment] ドロップダウン リストでオプションとして表示されます。

  • WWPN プールの場合、[WWPN Assignment] ドロップダウン リストで [Derived] を選択します。

WWNN プールの設定

WWNN プールの作成

重要:

WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
    ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] を展開します。
    ステップ 3   プールを作成する組織のノードを展開します。

    システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

    ステップ 4   [WWNN Pools] を右クリックし、[Create WWNN Pool] を選択します。
    ステップ 5   [Create WWNN Pool] ウィザードの [Define Name and Description] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Name] フィールド

    ワールド ワイド ノード名プールの名前。

    この名前には、1 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

    [Description] フィールド

    プールの説明。

    256 文字以下で入力します。 次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

    [割り当て順序] フィールド

    次のいずれかになります。

    • [デフォルト]Cisco UCS Manager はプールからランダム ID を選択します。

    • [シーケンシャル]Cisco UCS Manager はプールから最も小さい使用可能 ID を選択します。

    ステップ 6   [Next] をクリックします。
    ステップ 7   [Create WWNN Pool] ウィザードの [Add WWN Blocks] ページで、[Add] をクリックします。
    ステップ 8   [Create WWN Block] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [From] フィールド

    ブロック内の最初の WWN。

    [Size] フィールド

    ブロック内の WWN 数。

    WWxN プールの場合、プール サイズは ports-per-node + 1 の倍数である必要があります。 たとえば、ノードごとに 7 個のポートがある場合、プール サイズは 8 の倍数である必要があります。 ノードごとに 63 個のポートがある場合、プール サイズは、64 の倍数である必要があります。

    ステップ 9   [OK] をクリックします。
    ステップ 10   [Finish] をクリックします。

    次の作業

    WWNN プールをサービス プロファイルとテンプレートのうち一方、または両方に含めます。

    WWNN プールへの WWN ブロックの追加

    重要:

    WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
      ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
      ステップ 3   [WWNN Pools] ノードを展開します。
      ステップ 4   WWN ブロックを追加する WWNN プールを右クリックして、[Create WWN Block] を選択します。
      ステップ 5   [Create WWN Block] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [From] フィールド

      ブロック内の最初の WWN。

      [Size] フィールド

      ブロック内の WWN 数。

      WWxN プールの場合、プール サイズは ports-per-node + 1 の倍数である必要があります。 たとえば、ノードごとに 7 個のポートがある場合、プール サイズは 8 の倍数である必要があります。 ノードごとに 63 個のポートがある場合、プール サイズは、64 の倍数である必要があります。

      ステップ 6   [OK] をクリックします。

      WWNN プールからの WWN ブロックの削除

      プールからアドレス ブロックを削除すると、Cisco UCS Manager はそのブロックの中の vNIC または vHBA に割り当てられたアドレスを再割り当てしません。 削除されたブロックのすべての割り当て済みブロックは、次のいずれかが起きるまで、割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

      • 関連付けられたサービス プロファイルが削除された場合。

      • アドレスが割り当てられた vNIC または vHBA が削除された場合。

      • vNIC または vHBA が異なるプールに割り当てられた場合。

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
        ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] > [WWNN Pools] > [WWNN_Pool_Name] を展開します。
        ステップ 3   削除する WWN ブロックを右クリックし、[Delete] を選択します。
        ステップ 4   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

        WWNN プールへの WWNN イニシエータの追加

        重要:

        WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
          ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
          ステップ 3   [WWNN Pools] ノードを展開します。
          ステップ 4   WWNN イニシエータを追加する WWNN プールを右クリックして、[Create WWNN Initiator] を選択します。
          ステップ 5   [Create WWNN Initiator] ダイアログボックスで、次のフィールドに情報を入力します。
          名前 説明

          [World Wide Name] フィールド

          WWN。

          [Name] フィールド

          WWNN イニシエータの名前。

          この名前には、1 ~ 16 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

          [Description] フィールド

          WWNN イニシエータのユーザ定義による説明。

          256 文字以下で入力します。 次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

          ステップ 6   [OK] をクリックします。

          WWNN プールからの WWNN イニシエータの削除

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
            ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
            ステップ 3   [WWPN Pools] ノードを展開します。
            ステップ 4   WWNN イニシエータを削除する WWNN プールを選択します。
            ステップ 5   [Work] ペインで [Initiators] タブをクリックします。
            ステップ 6   削除するイニシエータを右クリックし、[Delete] を選択します。
            ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

            WWNN プールの削除

            プールを削除した場合、Cisco UCS Manager は、 でそのプールの vNIC または vHBA に割り当てられたアドレスを再割り当てしません。 削除されたプールのすべての割り当て済みブロックは、次のいずれかが起きるまで、割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

            • 関連付けられたサービス プロファイルが削除された場合。

            • アドレスが割り当てられた vNIC または vHBA が削除された場合。

            • vNIC または vHBA が異なるプールに割り当てられた場合。

            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
              ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
              ステップ 3   [WWNN Pools] ノードを展開します。
              ステップ 4   削除する WWNN プールを右クリックし、[Delete] を選択します。
              ステップ 5   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

              WWPN プールの設定

              WWPN プールの作成

              重要:

              WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] を展開します。
                ステップ 3   プールを作成する組織のノードを展開します。

                システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                ステップ 4   [WWPN Pools] を右クリックし、[Create WWPN Pool] を選択します。
                ステップ 5   [Create WWPN Pool] ウィザードの [Define Name and Description] ページで、次のフィールドに値を入力します。
                名前 説明

                [Name] フィールド

                ワールド ワイド ポート名プールの名前。

                この名前には、1 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

                [Description] フィールド

                プールの説明。

                256 文字以下で入力します。 次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

                [割り当て順序] フィールド

                次のいずれかになります。

                • [デフォルト]Cisco UCS Manager はプールからランダム ID を選択します。

                • [シーケンシャル]Cisco UCS Manager はプールから最も小さい使用可能 ID を選択します。

                ステップ 6   [Next] をクリックします。
                ステップ 7   [Create WWPN Pool] ウィザードの [Add WWN Blocks] ページで、[Add] をクリックします。
                ステップ 8   [Create WWN Block] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                名前 説明

                [From] フィールド

                ブロック内の最初の WWN。

                [Size] フィールド

                ブロック内の WWN 数。

                WWxN プールの場合、プール サイズは ports-per-node + 1 の倍数である必要があります。 たとえば、ノードごとに 7 個のポートがある場合、プール サイズは 8 の倍数である必要があります。 ノードごとに 63 個のポートがある場合、プール サイズは、64 の倍数である必要があります。

                ステップ 9   [OK] をクリックします。
                ステップ 10   [Finish] をクリックします。

                次の作業

                WWPN プールを vHBA テンプレートに含めます。

                WWPN プールへの WWN ブロックの追加

                重要:

                WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
                  ステップ 3   [WWPN Pools] ノードを展開します。
                  ステップ 4   WWN ブロックを追加する WWPN プールを右クリックして、[Create WWN Block] を選択します。
                  ステップ 5   [Create WWN Block] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                  名前 説明

                  [From] フィールド

                  ブロック内の最初の WWN。

                  [Size] フィールド

                  ブロック内の WWN 数。

                  WWxN プールの場合、プール サイズは ports-per-node + 1 の倍数である必要があります。 たとえば、ノードごとに 7 個のポートがある場合、プール サイズは 8 の倍数である必要があります。 ノードごとに 63 個のポートがある場合、プール サイズは、64 の倍数である必要があります。

                  ステップ 6   [OK] をクリックします。

                  WWPN プールからの WWN ブロックの削除

                  プールからアドレス ブロックを削除すると、Cisco UCS Manager はそのブロックの中の vNIC または vHBA に割り当てられたアドレスを再割り当てしません。 削除されたブロックのすべての割り当て済みブロックは、次のいずれかが起きるまで、割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

                  • 関連付けられたサービス プロファイルが削除された場合。

                  • アドレスが割り当てられた vNIC または vHBA が削除された場合。

                  • vNIC または vHBA が異なるプールに割り当てられた場合。

                  手順
                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] > [WWPN Pools] > [WWPN_Pool_Name] を展開します。
                    ステップ 3   削除する WWN ブロックを右クリックし、[Delete] を選択します。
                    ステップ 4   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                    WWPN プールへの WWPN イニシエータの追加

                    重要:

                    WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

                    手順
                      ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                      ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
                      ステップ 3   [WWPN Pools] ノードを展開します。
                      ステップ 4   WWPN イニシエータを追加する WWPN プールを右クリックして、[Create WWPN Initiator] を選択します。
                      ステップ 5   [Create WWPN Initiator] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                      名前 説明

                      [World Wide Name] フィールド

                      WWN。

                      [Name] フィールド

                      WWPN イニシエータの名前。

                      この名前には、1 ~ 16 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

                      [Description] フィールド

                      WWPN イニシエータのユーザ定義による説明。

                      256 文字以下で入力します。 次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

                      ステップ 6   SAN ブート ターゲットを追加する場合は、[Boot Target] 領域を展開し、次のフィールドに値を入力します。
                      名前 説明

                      [ブートターゲットWWPN] フィールド

                      ブート イメージの場所に対応する WWPN。

                      [ブートターゲットLUN] フィールド

                      ブート イメージの場所に対応する LUN。

                      ステップ 7   [OK] をクリックします。

                      WWPN プールからの WWPN イニシエータの削除

                      手順
                        ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                        ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
                        ステップ 3   [WWPN Pools] ノードを展開します。
                        ステップ 4   WWPN イニシエータを削除する WWPN プールを選択します。
                        ステップ 5   [Work] ペインで [Initiators] タブをクリックします。
                        ステップ 6   削除するイニシエータを右クリックし、[Delete] を選択します。
                        ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                        WWPN プールの削除

                        プールを削除した場合、Cisco UCS Manager は、 でそのプールの vNIC または vHBA に割り当てられたアドレスを再割り当てしません。 削除されたプールのすべての割り当て済みブロックは、次のいずれかが起きるまで、割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

                        • 関連付けられたサービス プロファイルが削除された場合。

                        • アドレスが割り当てられた vNIC または vHBA が削除された場合。

                        • vNIC または vHBA が異なるプールに割り当てられた場合。

                        手順
                          ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                          ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
                          ステップ 3   [WWPN Pools] ノードを展開します。
                          ステップ 4   削除する WWPN プールを右クリックし、[Delete] を選択します。
                          ステップ 5   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                          WWxN プールの設定

                          WWxN プールの作成

                          重要:

                          WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

                          手順
                            ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                            ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] を展開します。
                            ステップ 3   プールを作成する組織のノードを展開します。

                            システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                            ステップ 4   [WWxN Pools] を右クリックし、[Create WWxN Pool] を選択します。
                            ステップ 5   [Create WWxN Pool] ウィザードの [Define Name and Description] ページで、次のフィールドに値を入力します。
                            名前 説明

                            [Name] フィールド

                            ワールド ワイド ポート名プールの名前。

                            この名前には、1 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

                            [Description] フィールド

                            プールの説明。

                            256 文字以下で入力します。 次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

                            [Max Ports per Node] フィールド

                            このプール内の各ノード名に割り当てることができるポートの最大数。

                            オブジェクトが保存された後は、この値を変更できません。

                            [割り当て順序] フィールド

                            次のいずれかになります。

                            • [デフォルト]Cisco UCS Manager はプールからランダム ID を選択します。

                            • [シーケンシャル]Cisco UCS Manager はプールから最も小さい使用可能 ID を選択します。

                            ステップ 6   [Next] をクリックします。
                            ステップ 7   [Create WWxN Pool] ウィザードの [Add WWN Blocks] ページで、[Add] をクリックします。
                            ステップ 8   [Create WWN Block] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                            名前 説明

                            [From] フィールド

                            ブロック内の最初の WWN。

                            [Size] フィールド

                            ブロック内の WWN 数。

                            WWxN プールの場合、プール サイズは ports-per-node + 1 の倍数である必要があります。 たとえば、ノードごとに 7 個のポートがある場合、プール サイズは 8 の倍数である必要があります。 ノードごとに 63 個のポートがある場合、プール サイズは、64 の倍数である必要があります。

                            ステップ 9   [OK] をクリックします。
                            ステップ 10   [Finish] をクリックします。

                            次の作業

                            WWxN プールをサービス プロファイルとテンプレートのうち一方、または両方に含めます。

                            WWxN プールへの WWN ブロックの追加

                            重要:

                            WWN プールは、20:00:00:00:00:00:00:00 ~ 20:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF、または 50:00:00:00:00:00:00:00 ~ 5F:FF:FF:FF:FF:FF:FF:FF の範囲内の WWNN または WWPN だけを含めることができます。 その他の WWN 範囲はすべて予約されています。 SAN ファブリックで Cisco UCS WWNN と WWPN を確実に一意にするには、プールのすべてのブロックに 20:00:00:25:B5:XX:XX:XX の WWN プレフィックスを使用することをお勧めします

                            手順
                              ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                              ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
                              ステップ 3   [WWxN Pools] ノードを展開します。
                              ステップ 4   WWN ブロックを追加する WWxN プールを右クリックして、[Create WWN Block] を選択します。
                              ステップ 5   [Create WWN Block] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                              名前 説明

                              [From] フィールド

                              ブロック内の最初の WWN。

                              [Size] フィールド

                              ブロック内の WWN 数。

                              WWxN プールの場合、プール サイズは ports-per-node + 1 の倍数である必要があります。 たとえば、ノードごとに 7 個のポートがある場合、プール サイズは 8 の倍数である必要があります。 ノードごとに 63 個のポートがある場合、プール サイズは、64 の倍数である必要があります。

                              ステップ 6   [OK] をクリックします。

                              WWxN プールからの WWN ブロックの削除

                              プールからアドレス ブロックを削除すると、Cisco UCS Manager はそのブロックの中の vNIC または vHBA に割り当てられたアドレスを再割り当てしません。 削除されたブロックのすべての割り当て済みブロックは、次のいずれかが起きるまで、割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

                              • 関連付けられたサービス プロファイルが削除された場合。

                              • アドレスが割り当てられた vNIC または vHBA が削除された場合。

                              • vNIC または vHBA が異なるプールに割り当てられた場合。

                              手順
                                ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                                ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] > [WWxN Pools] > [WWxN_Pool_Name] を展開します。
                                ステップ 3   削除する WWN ブロックを右クリックし、[Delete] を選択します。
                                ステップ 4   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                WWxN プールの削除

                                プールを削除した場合、Cisco UCS Manager は、 でそのプールの vNIC または vHBA に割り当てられたアドレスを再割り当てしません。 削除されたプールのすべての割り当て済みブロックは、次のいずれかが起きるまで、割り当てられた vNIC または vHBA に残ります。

                                • 関連付けられたサービス プロファイルが削除された場合。

                                • アドレスが割り当てられた vNIC または vHBA が削除された場合。

                                • vNIC または vHBA が異なるプールに割り当てられた場合。

                                手順
                                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [SAN] タブをクリックします。
                                  ステップ 2   [SAN] タブで、[SAN] > [Pools] > [Organization_Name] を展開します。
                                  ステップ 3   [WWxN Pools] ノードを展開します。
                                  ステップ 4   削除する WWxN プールを右クリックし、[Delete] を選択します。
                                  ステップ 5   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。