Cisco UCS Manager GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.2
LAN ピン グループの設定
LAN ピン グループの設定

LAN ピン グループの設定

この章は、次の内容で構成されています。

LAN ピン グループ

Cisco UCS は LAN ピン グループを使用して、サーバ上の vNIC から、ファブリック インターコネクトのアップリンク イーサネット ポートまたはポート チャネルに、イーサネット トラフィックをピン接続します。 このピン接続を使用して、サーバからのトラフィックの分散を管理できます。

サーバにピン接続を設定するには、LAN ピン グループを vNIC ポリシーにインクルードする必要があります。 その後、この vNIC ポリシーは、このサーバに割り当てられたサービス プロファイルに含められます。 vNIC からのすべてのトラフィックは、I/O モジュールを経由して所定のアップリンク イーサネット ポートに進みます。


(注)  


vNIC ポリシーを使用してピン グループがサーバ インターフェイスに割り当てられていない場合、Cisco UCS Manager はそのサーバ インターフェイスからのトラフィックに対するアップリンク イーサネット ポートまたはポート チャネルを動的に選択します。 この選択は永続的ではありません。 インターフェイス フラップまたはサーバのリブートの後は、そのサーバ インターフェイスからのトラフィックに対して別のアップリンク イーサネット ポートまたはポート チャネルが使用される可能性があります。

アップリンクが LAN ピン グループに属している場合、そのアップリンクが必ずしもその LAN ピン グループのためだけに予約されるとは限りません。 LAN ピン グループを指定していない他の vNIC ポリシーはダイナミックなアップリンクとしてアップリンクを使用できます。


LAN ピン グループの作成

2 つのファブリック インターコネクトを持つシステムでピン グループとの関連付けができるのはのは、1 つのファブリック インターコネクト、または両方のファブリック インターコネクトだけです。

はじめる前に

ピン グループの設定に使用するポートおよびポート チャネルを設定します。 使用できるのは、LAN ピン グループでアップリンク ポートとして設定されているポートおよびポート チャネルだけです。

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [LAN] タブをクリックします。
    ステップ 2   [LAN] タブで、[LAN] > [LAN Cloud] を展開します。
    ステップ 3   [LAN Pin Groups] を右クリックし、[Create LAN Pin Group] を選択します。
    ステップ 4   [Create LAN Pin Group] ダイアログボックスで、ピン グループの一意の名前と説明を入力します。
    ステップ 5   ファブリック インターコネクト A のトラフィックをピン接続するには、[Targets] 領域で次の手順を実行します。
    1. [Fabric Interconnect A] チェックボックスをオンにします。
    2. [Interface] フィールドでドロップダウン矢印をクリックし、ツリー形式のブラウザを移動して、ピン グループに関連付けるポートまたはポート チャネルを選択します。
    ステップ 6   ファブリック インターコネクト B のトラフィックをピン接続するには、[Targets] 領域で次の手順を実行します。
    1. [Fabric Interconnect B] チェックボックスをオンにします。
    2. [Interface] フィールドでドロップダウン矢印をクリックし、ツリー形式のブラウザを移動して、ピン グループに関連付けるポートまたはポート チャネルを選択します。
    ステップ 7   [OK] をクリックします。

    次の作業

    ピン グループを vNIC テンプレートに含めます。

    LAN ピン グループの削除

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [LAN] タブをクリックします。
      ステップ 2   [LAN] タブで、[LAN] > [LAN Cloud] > [LAN Pin Groups] を展開します。
      ステップ 3   削除する LAN ピン グルーを右クリックし、[Delete] を選択します。
      ステップ 4   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。