Cisco UCS Manager CLI コンフィギュレーション ガイド、リリース 2.2
ラックマウント サーバの管理
ラックマウント サーバの管理

目次

ラックマウント サーバの管理

この章は、次の項で構成されています。

ラックマウント サーバ管理

Cisco UCS Manager を使用して、Cisco UCS ドメインに統合されているすべてのラックマウント サーバを管理およびモニタすることができます。 電力制限を除くすべての管理およびモニタリング機能がラックマウント サーバでサポートされます。 電源状態の変更など一部のラックマウント サーバ管理タスクは、サーバとサービス プロファイルの両方から行うことができます。 残りの管理タスクは、サーバ上でだけ実行できます。

Cisco UCS Manager は、検出した各ラックマウント サーバの情報、エラー、および障害を提供します。


ヒント


サポート対象の Cisco UCS ラックマウント サーバを Cisco UCS Manager に統合する方法については、使用している Cisco UCS Manager のリリースに応じた Cisco UCS C シリーズ サーバのインストール ガイドを参照してください。


ラックマウント サーバの削除および解放に関するガイドラインと推奨事項

Cisco UCS Manager を使ってラックマウント サーバを削除するか解放するかを決定する場合は、次のガイドラインを考慮してください。

ラックマウント サーバの解放

解放は、ラックマウント サーバが物理的に存在し接続しているときに、一時的に設定から削除する場合に実行します。 解放されたラックマウント サーバは最終的に再稼働することが予測されるので、サーバの情報部分は、将来の使用に備え、Cisco UCS Manager によって保持されます。

ラックマウント サーバの削除

削除は、ラックマント サーバをファブリック エクステンダから接続解除して、システムから物理的に削除する(取り外す)場合に実行します。 ラックマウント サーバが物理的に存在し、ファブリック エクステンダに接続しているときは、Cisco UCS Manager から削除できません。 ラックマウント サーバの接続を解除した後、その設定を Cisco UCS Manager から削除できます。

削除時、管理インターフェイスは接続解除され、すべてのエントリがデータベースから削除されます。サーバは検出時に割り当てられたすべてのサーバ プールから自動的に削除されます。


(注)  


自動的に削除されるのは、検出時に自動的にサーバ プールに追加されたサーバだけです。 サーバ プールに手動で追加したサーバは手動で削除する必要があります。


削除したラックマウント サーバを再び設定に追加する場合は、それを再び接続して検出する必要があります。 Cisco UCS Manager に再導入したサーバは、新しいサーバとして処理され、詳細な検出プロセスが実施されます。 このため、Cisco UCS Manager によって以前とは異なる新しい ID がサーバに割り当てられることがあります。

予期しないサーバ電力変更を回避するための推奨事項

サーバがサービス プロファイルに関連付けられていない場合は、サーバの物理的な [Power] または [Reset] ボタンなど、サーバの電源状態を変更するために使用可能な手段をすべて使用できます。

サーバがサービス プロファイルに関連付けられているか、サービス プロファイルに割り当てられている場合は、サーバの電源状態の変更は次の方法でのみ行う必要があります。

  • Cisco UCS Manager GUI で、サーバに関連付けられたサーバまたはサービス プロファイルの [General] タブに移動し、[Actions] 領域で [Boot Server] または [Shutdown Server] を選択します。

  • Cisco UCS Manager CLI で、サーバ、またはサーバに関連付けられたサービス プロファイルに対して power up または power down コマンドを使用します。

重要:

電源がオフになっている関連サーバには、次のオプションのいずれも使用しないでください。

  • GUI の [Reset]

  • CLI の cycle cycle-immediate または reset hard-reset-immediate

  • サーバの物理的な [Power] または [Reset] ボタン

現在電源がオフになっているサーバに対して、リセットまたはサイクルを実施するか、サーバの物理的な [Power] ボタンを使用すると、サーバの実際の電力状態がサービス プロファイルで必要とされる電源状態の設定と同期しなくなる可能性があります。 サーバと Cisco UCS Manager 間の通信が中断した場合や、サービス プロファイルの設定が変更されると、Cisco UCS Manager によって、必要とされる電源状態がサービス プロファイルからサーバに適用される場合があり、この結果予期しない電源変更が発生する可能性があります。

電源の同期に関する問題は、次に示すように予期しないサーバの再起動につながる可能性があります。

サービス プロファイルで必要とされる電源状態

現在のサーバの電源状態

通信が中断された後のサーバの電源状態

Up

Powered Off

電源オン

Down

電源オン

電源オン

(注)     

実行中のサーバは、サービス プロファイルに必要とされる電源状態に関係なくシャットダウンされません。

ラックマウント サーバのブート

はじめる前に

ラックマウント サーバとサービス プロファイルを関連付けます。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCS-A# scope org org-name  

    指定した組織の組織モードを開始します。 ルート組織モードに入るには、「/」を org-name として入力します。

     
    ステップ 2UCS-A /org # scope service-profile profile-name  

    指定したサービス プロファイルで組織サービス プロファイル モードを開始します。

     
    ステップ 3UCS-A /org/service-profile # power up  

    サービス プロファイルに関連付けられたラックマウント サーバをブートします。

     
    ステップ 4UCS-A /org/service-profile # commit-buffer  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

     

    次の例は、ServProf34 という名前のサービス プロファイルに関連付けられたラックマウント サーバをブートし、トランザクションをコミットします。

    UCS-A# scope org /
    UCS-A /org* # scope service-profile ServProf34
    UCS-A /org/service-profile # power up
    UCS-A /org/service-profile* # commit-buffer
    UCS-A /org/service-profile #
    

    ラックマウント サーバのシャットダウン

    この手順を使用して、インストールされているオペレーティング システムによりサーバをシャットダウンする場合、Cisco UCS Manager により、この OS のグレースフル シャットダウン シーケンスがトリガーされます。

    はじめる前に

    ラックマウント サーバとサービス プロファイルを関連付けます。

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCS-A# scope org org-name  

      指定した組織の組織モードを開始します。 ルート組織モードを開始するには、org-name/ と入力します。

       
      ステップ 2UCS-A /org # scope service-profile profile-name  

      指定したサービス プロファイルで組織サービス プロファイル モードを開始します。

       
      ステップ 3UCS-A /org/service-profile # power down  

      サービス プロファイルに関連付けられたラックマウント サーバをシャットダウンします。

       
      ステップ 4UCS-A /org/service-profile # commit-buffer  

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

       

      次に、ServProf34 という名前のサービス プロファイルに関連付けられたラックマウント サーバをシャットダウンし、トランザクションをコミットする例を示します。

      UCS-A# scope org /
      UCS-A /org # scope service-profile ServProf34
      UCS-A /org/service-profile # power down
      UCS-A /org/service-profile* # commit-buffer
      UCS-A /org/service-profile #
      

      ラックマウント サーバの電源再投入

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1UCS-A# scope server server-num  

        指定したラックマウント サーバでサーバ モードを開始します。

         
        ステップ 2UCS-A /server # cycle {cycle-immediate | cycle-wait}  

        ラックマウント サーバの電源を再投入します。

        ラックマウント サーバの電源再投入をただちに開始するには、cycle-immediate キーワードを使用します。保留中のすべての管理操作が完了した後に電源再投入が開始されるようスケジュールするには、cycle-wait キーワードを使用します。

         
        ステップ 3UCS-A# commit-buffer  

        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

         

        次に、ラックマウント サーバ 2 の電源をただちに再投入し、トランザクションをコミットする例を示します。

        UCS-A#  scope server 2
        UCS-A /server # cycle cycle-immediate
        UCS-A /server* # commit-buffer
        UCS-A /server # 
        

        ラックマウント サーバのハード リセットの実行

        サーバをリセットすると、Cisco UCS Manager により、リセット ライン上にパルスが送信されます。 オペレーティング システムのグレースフル シャットダウンを選択することができます。 オペレーティング システムでグレースフル シャットダウンがサポートされていない場合、サーバ電源の再投入が行われます。 Cisco UCS Manager に、サーバをリセットする前にすべての管理操作を完了させるオプションでは、これらの操作がサーバのリセット前に完了するかどうかは保証されていません。


        (注)  


        電源切断状態からサーバをブートする場合は、[Reset] を使用しないでください。

        この手順を使用して電源投入を続けると、サーバの望ましい電源状態が実際の電源状態と同期しなくなり、サーバが後で予期せずシャットダウンすることがあります。 選択したサーバを電源切断状態から安全にリブートするには、[Cancel] をクリックし、[Boot Server] アクションを選択します。


        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCS-A# scope server server-num  

          指定したラックマウント サーバでサーバ モードを開始します。

           
          ステップ 2UCS-A /server # reset {hard-reset-immediate | hard-reset-wait}  

          ラックマウント サーバのハード リセットを実行します。

          ラックマウント サーバのハード リセットをただちに開始するには、hard-reset-immediate キーワードを使用します。保留中のすべての管理操作が完了した後にハード リセットが開始されるようスケジュールするには、hard-reset-wait キーワードを使用します。

           
          ステップ 3UCS-A /server # commit-buffer  

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           

          次に、ラックマウント サーバ 2 のハード リセットをただちに実行し、トランザクションをコミットする例を示します。

          UCS-A#  scope server 2
          UCS-A /server # reset hard-reset-immediate
          UCS-A /server* # commit-buffer
          UCS-A /server # 
          

          ラックマウント サーバの認識

          Cisco UCS Manager にサーバ、およびそのサーバのすべてのエンドポイントを再検出させる必要がある場合は、次の手順を実行します。 たとえば、サーバがディスカバリ状態など、予期していなかった状態から抜け出せなくなっている場合に、この手順を使用します。

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1UCS-A# acknowledge server server-num  

            指定されたラックマウント サーバを認識します。

             
            ステップ 2UCS-A# commit-buffer  

            トランザクションをシステムの設定にコミットします。

             

            次の例では、ラックマウント サーバ 2 を認識し、トランザクションをコミットします。

            UCS-A#  acknowledge server 2
            UCS-A* # commit-buffer
            UCS-A # 
            

            ラックマウント サーバの解放

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1UCS-A# decommission server server-num  

              指定されたラックマウント サーバを解放します。

               
              ステップ 2UCS-A# commit-buffer  

              トランザクションをシステムの設定にコミットします。

               

              次の例では、ラックマウント サーバ 2 を解放し、トランザクションをコミットします。

              UCS-A# decommission server 2
              UCS-A* # commit-buffer
              UCS-A # 
              

              ラックマウント サーバの番号付け直し

              はじめる前に

              サーバ間で ID を交換する場合は、まず両方のサーバを解放し、サーバ解放 FSM が完了するのを待ってから、番号の再設定手順に進みます。

              手順
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1UCS-A# show server inventory 

                サーバに関する情報を表示します。

                 
                ステップ 2サーバ インベントリに以下が含まれていないことを確認してください。 
                • 番号を付け直すラックマウント サーバ

                • 使用する番号を持つラックマウント サーバ

                これらのラックマウント サーバのいずれかがサーバ インベントリにリストされている場合は、これらのサーバをデコミッションします。 続行前に、デコミッション FSM が完了し、ラックマウント サーバがサーバ インベントリにリストされなくなるまで待機する必要があります。 これには数分かかる場合があります。

                どのサーバがデコミッションされたかを確認するには、show server decommissioned コマンドを発行します。

                 
                ステップ 3UCS-A# recommission server vendor-name model-name serial-numnew-id  

                指定したラックマウント サーバをリコミッションし、番号を付け直します。

                 
                ステップ 4UCS-A# commit-buffer  

                トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                 

                次の例では、ID 2 のラックマウント サーバをデコミッションし、ID を 3 に変更し、そのサーバをリコミッションし、トランザクションをコミットします。

                UCS-A# show server inventory
                
                Server  Equipped PID Equipped VID Equipped Serial (SN) Slot Status      Ackd Memory (MB) Ackd Cores
                ------- ------------ ------------ -------------------- ---------------- ---------------- ----------
                1/1     UCSB-B200-M3 V01          FCH1532718P          Equipped         131072           16
                1/2     UCSB-B200-M3 V01          FCH153271DF          Equipped         131072           16
                1/3     UCSB-B200-M3 V01          FCH153271DL          Equipped         114688           16
                1/4     UCSB-B200-M3 V01                               Empty
                1/5                                                    Empty
                1/6                                                    Empty
                1/7     N20-B6730-1  V01          JAF1432CFDH          Equipped         65536            16
                1/8                                                    Empty
                1       R200-1120402W V01          QCI1414A02J          N/A             49152            12
                2       R210-2121605W V01          QCI1442AHFX          N/A             24576            8
                4       UCSC-BSE-SFF-C200 V01      QCI1514A0J7          N/A             8192             8
                
                UCS-A# decommission server 2
                UCS-A*# commit-buffer
                UCS-A# show server decommissioned
                
                Vendor            Model         Serial (SN) Server
                ----------------- ----------    ----------- ------
                Cisco Systems Inc R210-2121605W QCI1442AHFX 2
                
                UCS-A# recommission chassis "Cisco Systems Inc" "R210-2121605W" QCI1442AHFX 3
                UCS-A* # commit-buffer
                UCS-A # show server inventory
                
                Server  Equipped PID Equipped VID Equipped Serial (SN) Slot Status      Ackd Memory (MB) Ackd Cores
                ------- ------------ ------------ -------------------- ---------------- ---------------- ----------
                1/1     UCSB-B200-M3 V01          FCH1532718P          Equipped         131072           16
                1/2     UCSB-B200-M3 V01          FCH153271DF          Equipped         131072           16
                1/3     UCSB-B200-M3 V01          FCH153271DL          Equipped         114688           16
                1/4     UCSB-B200-M3 V01                               Empty
                1/5                                                    Empty
                1/6                                                    Empty
                1/7     N20-B6730-1  V01          JAF1432CFDH          Equipped         65536            16
                1/8                                                    Empty
                1       R200-1120402W V01          QCI1414A02J          N/A             49152            12
                3       R210-2121605W V01          QCI1442AHFX          N/A             24576            8
                4       UCSC-BSE-SFF-C200 V01      QCI1514A0J7          N/A             8192             8
                
                

                ラックマウント サーバの削除

                はじめる前に

                次の手順を実行する前に、ラックマウント サーバとファブリック エクステンダを接続している CIMC LOM ケーブルを物理的に外します。 ハイ アベイラビリティ構成の場合は、両方のケーブルを外します。

                手順
                   コマンドまたはアクション目的
                  ステップ 1UCS-A# remove server server-num  

                  指定したラックマウント サーバを削除します。

                   
                  ステップ 2UCS-A# commit-buffer  

                  トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                   

                  次に、ラックマウント サーバ 4 を削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

                  UCS-A#  remove server 4
                  UCS-A* # commit-buffer
                  UCS-A # 
                  
                  次の作業

                  ラックマウント サーバを物理的に再接続する場合、Cisco UCS Manager に再検出させるには、サーバを再認識する必要があります。

                  詳細については、ラックマウント サーバの認識を参照してください。

                  ラックマウント サーバのロケータ LED の電源投入

                  手順
                     コマンドまたはアクション目的
                    ステップ 1UCS-A# scope server server-num  

                    指定したラックマウント サーバでサーバ モードを開始します。

                     
                    ステップ 2UCS-A /server # enable locator-led  

                    ラックマウント サーバのロケータ LED の電源を投入します。

                     
                    ステップ 3UCS-A /server # commit-buffer  

                    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                     

                    次に、ラックマウント サーバ 2 のロケータ LED の電源を投入し、トランザクションをコミットする例を示します。

                    UCS-A# scope server 2
                    UCS-A /server # enable  locator-led
                    UCS-A /server* # commit-buffer
                    UCS-A /server # 
                    

                    ラックマウント サーバのロケータ LED の電源切断

                    手順
                       コマンドまたはアクション目的
                      ステップ 1UCS-A# scope server server-num  

                      指定したラックマウント サーバでサーバ モードを開始します。

                       
                      ステップ 2UCS-A /server # disable locator-led  

                      ラックマウント サーバのロケータ LED の電源を切断します。

                       
                      ステップ 3UCS-A /server # commit-buffer  

                      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                       

                      次に、ラックマウント サーバ 2 のロケータ LED の電源を切断し、トランザクションをコミットする例を示します。

                      UCS-A# scope server 2
                      UCS-A /server # disable  locator-led
                      UCS-A /server* # commit-buffer
                      UCS-A /server # 
                      

                      ラックマウント サーバの CMOS のリセット

                      非常に珍しいケースですが、サーバのトラブルシューティング時に、CMOS のリセットが必要になることがあります。 この手順は、通常のサーバ メンテナンスには含まれません。

                      手順
                         コマンドまたはアクション目的
                        ステップ 1UCS-A# scope server server-num  

                        ラックマウント サーバでサーバ モードを開始します。

                         
                        ステップ 2UCS-A /server # reset-cmos  

                        ラックマウント サーバの CMOS をリセットします。

                         
                        ステップ 3UCS-A /server # commit-buffer  

                        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                         

                        次に、ラックマウント サーバ 2 の CMOS をリセットし、トランザクションをコミットする例を示します。

                        UCS-A# scope server 2
                        UCS-A /server # reset-cmos
                        UCS-A /server* # commit-buffer
                        UCS-A /server #  
                        

                        ラックマウント サーバの CIMC のリセット

                        現在実行されているファームウェアで問題が発生した場合など、非常に珍しいケースですが、サーバのトラブルシューティング時に、CIMC のリセットが必要になることがあります。 この手順は、通常のサーバ メンテナンスには含まれません。 CIMC のリセット後、サーバは、そのサーバで実行されているバージョンのファームウェアを使ってブートされます。

                        手順
                           コマンドまたはアクション目的
                          ステップ 1UCS-A# scope server server-num  

                          指定したラックマウント サーバでサーバ モードを開始します。

                           
                          ステップ 2UCS-A /server # scope CIMC  

                          サーバ CIMC モードを開始します。

                           
                          ステップ 3UCS-A /server/CIMC # reset  

                          ラックマウント サーバの CIMC をリセットします。

                           
                          ステップ 4UCS-A /server/CIMC # commit-buffer  

                          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                           

                          次に、ラックマウント サーバ 2 の CIMC をリセットし、トランザクションをコミットする例を示します。

                          UCS-A# scope server 2
                          UCS-A /server # scope CIMC
                          UCS-A /server/cimc # reset
                          UCS-A /server/cimc* # commit-buffer
                          UCS-A /server/cimc #  
                          

                          ラックマウント サーバの破損した BIOS の復旧

                          非常に珍しいケースですが、ラックマウント サーバの問題により、破損した BIOS の復旧が必要になることがあります。 この手順は、ラックマウント サーバの通常メンテナンスには含まれません。 BIOS の復旧後、ラックマウント サーバは、そのサーバで実行されているバージョンのファームウェアを使用してブートします。

                          はじめる前に
                          重要:

                          サーバ上で破損している BIOS の復旧を試行する前に、そのサーバに接続またはマップされている USB ストレージをすべて取り外します。 外部 USB ドライブが vMedia からサーバに取り付けられた、またはマップされている場合、BIOS の回復に失敗します。

                          手順
                             コマンドまたはアクション目的
                            ステップ 1UCS-A# scope server server-id  

                            指定したラックマウント サーバでサーバ モードを開始します。

                             
                            ステップ 2UCS-A /server # recover-bios version  

                            指定した BIOS バージョンをロードし、アクティブにします。

                             
                            ステップ 3UCS-A /server # commit-buffer  

                            トランザクションをコミットします。

                             

                            次に、BIOS を復旧する例を示します。

                            UCS-A# scope server 1
                            UCS-A /server # recover-bios S5500.0044.0.3.1.010620101125
                            UCS-A /server* # commit-buffer
                            UCS-A /server # 
                            

                            ラックマウント サーバのステータスの表示

                            手順
                               コマンドまたはアクション目的
                              ステップ 1 UCS-A# show server status  

                              Cisco UCS ドメイン内のすべてのサーバのステータスを表示します。

                               
                              次の例では、Cisco UCS ドメイン内のすべてのサーバのステータスを表示します。 番号が 1 および 2 のサーバは、ラックマウント サーバであるため、表にスロットが示されていません。
                              Server Slot  Status    Availability  Overall Status  Discovery
                              --------------------------------------------------------------------
                              1/1          Equipped  Unavailable   Ok              Complete  
                              1/2          Equipped  Unavailable   Ok              Complete  
                              1/3          Equipped  Unavailable   Ok              Complete  
                              1/4          Empty     Unavailable   Ok              Complete  
                              1/5          Equipped  Unavailable   Ok              Complete  
                              1/6          Equipped  Unavailable   Ok              Complete  
                              1/7          Empty     Unavailable   Ok              Complete  
                              1/8          Empty     Unavailable   Ok              Complete
                              1            Equipped  Unavailable   Ok              Complete 
                              2            Equipped  Unavailable   Ok              Complete 
                              

                              ラックマウント サーバからの NMI の発行

                              システムが応答しないままになっており、Cisco UCS Manager で、CIMC から Non Maskable Interrupt(NMI)を BIOS またはオペレーティング システムに発行する必要がある場合は、次の手順を実行します。 このアクションにより、サーバにインストールされているオペレーティング システム応じて、コア ダンプまたはスタック トレースが作成されます。

                              手順
                                 コマンドまたはアクション目的
                                ステップ 1 UCS-A# scope server [chassis-num/server-num | dynamic-uuid] 

                                指定したサーバのサーバ モードを開始します。

                                 
                                ステップ 2UCS-A /chassis/server # diagnostic-interrupt   
                                ステップ 3 UCS-A /chassis/server* # commit-buffer 

                                保留中のすべてのトランザクションをコミットします。

                                 

                                次に、シャーシ 2 のサーバ 4 から NMI を送信し、トランザクションをコミットする例を示します。

                                UCS-A# scope server 2/4
                                UCS-A /chassis/server # diagnostic-interrupt
                                UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
                                UCS-A /chassis/server #