Cisco UCS Manager GUI クイック リファレンス ガイド リリース 2.5
ストレージ プロファイルの設定
ストレージ プロファイルの設定

目次

ストレージ プロファイルの設定

このパートの構成は、次のとおりです。

ストレージ プロファイル

Cisco UCS B シリーズおよび C シリーズ サーバとは異なり、Cisco UCS M シリーズ モジュラ サーバにローカル ストレージはありません。 代わりに、ストレージはシャーシごとに一元化され、この一元化されたストレージがシャーシ内のすべてのサーバで共有されます。 ストレージ プロファイルを作成して使用することで、ストレージ ディスクの数、これらのディスクのロールと用途、およびその他のストレージ パラメータを柔軟に定義できます。 ストレージ プロファイルには、1 つ以上のサービス プロファイルのストレージ要件がカプセル化されます。 ストレージ プロファイルで設定された LUN は、ブート LUN またはデータ LUN として使用でき、また特定のサーバ専用にすることができます。 さらに、ローカル LUN をブート デバイスとして指定することも可能です。 ただし、LUN のサイズ変更はサポートされていません。 ストレージ プロファイルを導入すると、次の利点があります。
  • 複数の仮想ドライブを設定し、仮想ドライブによって使用される物理ドライブを選択できます。 仮想ドライブのストレージ容量も設定できます。

  • ディスク グループに含まれるディスクの数、タイプ、ロールを設定できます。

  • ストレージ プロファイルをサービス プロファイルに関連付けることができます。

ストレージ プロファイルは、組織レベルでも、サービス プロファイル レベルでも作成できます。 サービス プロファイルには、専用ストレージ プロファイルおよび組織レベルのストレージ プロファイルを関連付けることができます。

ディスク グループおよびディスク グループ設定ポリシー

UCS M シリーズ モジュラ サーバでは、シャーシ内のサーバはそのシャーシに一元化されたストレージを使用できます。 ストレージに使用するディスクは、ユーザが選択して設定できます。 これらの物理ディスクの論理集合は、ディスク グループと呼ばれます。 ディスク グループにより、ローカル ディスクを編成できます。 ディスク グループの作成および設定は、ストレージ コントローラによって制御されます。

ディスク グループを作成および設定する方法は、ディスク グループ設定ポリシーで定義します。 ポリシーは、ディスク グループに使用する RAID レベルを指定します。 また、ディスク グループのディスク、およびディスクのロールを手動で選択するか、自動で選択するかどうかも指定します。 1 つのディスク グループ ポリシーを使用して、複数のディスク グループを管理できます。 ただし、1 つのディスク グループを複数のディスク グループ ポリシーで管理することはできません。

ホット スペアとは、ディスク グループに含まれるディスクで障害が発生した場合にディスク グループで使用できる、未使用の予備ディスクのことです。 ホット スペアを使用できるのは、フォールトトラレント RAID レベルをサポートするディスク グループのみです。

仮想ドライブ

1 つのディスク グループは、複数の仮想ドライブにパーティション分割できます。 その場合、オペレーティング システムには各仮想ドライブが個別の物理デバイスとして表されます。

ディスク グループのすべての仮想ドライブは、同じ 1 つのディスク グループ ポリシーを使用して管理する必要があります。

設定状態

[Configuration States] には、仮想ドライブの設定状態が示されます。 仮想ドライブの設定状態は次のいずれかになります。
  • [Applying]:仮想ドライブを作成中です。

  • [Applied]:仮想ドライブの作成が完了したか、仮想ディスク ポリシーの変更が設定されて正常に適用されました。

  • [Failed to apply]:基礎となるストレージ サブシステムで発生したエラーにより、仮想ドライブの作成、削除、または名前変更が失敗しました。

  • [Orphaned]:この仮想ドライブが含まれていたサービス プロファイルが削除されました。

  • [Not in use]:この仮想ドライブが含まれていたサービス プロファイルが何にも関連付けられていない状態になっています。

展開状態

[Deployment States] には、仮想ドライブで実行中のアクションが示されます。 仮想ドライブの展開状態は次のいずれかになります。
  • [No action]:仮想ドライブに対して保留中の作業項目はありません。

  • [Creating]:仮想ドライブを作成中です。

  • [Deleting]:仮想ドライブを削除中です。

  • [Modifying]:仮想ドライブを変更中です。

  • [Apply-Failed]:仮想ドライブの作成または変更が失敗しました。

動作状態

[Operability States] には、仮想ドライブの動作状態が示されます。 仮想ドライブの動作状態は次のいずれかになります。
  • [Optimal]:仮想ドライブの動作状態は正常です。 設定されているすべてのドライブがオンラインです。

  • [Degraded]:仮想ドライブの動作状態は最適ではありません。 設定されたドライブのいずれかに障害が発生したか、オフラインの状態です。

  • [Cache-degraded]:仮想ドライブは write back モードの書き込みポリシーを使用して作成されましたが、BBU に障害が発生したか、BBU がありません。

    (注)  


    always write back モードを選択した場合は、この状態になりません。


  • [Partially degraded]:RAID 6 仮想ドライブの動作状態が最適ではありません。 設定されたドライブのいずれかに障害が発生したか、オフラインの状態です。 RAID 6 は、最大 2 つのドライブ障害を許容できます。

  • [Offline]:仮想ドライブが、RAID コントローラで使用できません。 これは基本的に障害状態です。

  • [Unknown]:仮想ドライブの状態は不明です。

プレゼンス ステータス

[Presence States] には、仮想ドライブ コンポーネントのプレゼンスが示されます。 仮想ドライブのプレゼンス ステータスは次のいずれになります。
  • [Equipped]:仮想ドライブを利用できます。

  • [Mismatched]:仮想ドライブの展開状態が、その仮想ドライブに設定されている状態と異なります。

  • [Missing]:仮想ドライブがありません。

RAID レベル

ディスク グループの RAID レベルは、可用性、データの冗長性、および I/O パフォーマンスの確保を目的とした、ディスク グループでのデータの編成方法を表します。

RAID により、次の機能が提供されます。
  • ストライピング:複数の物理デバイスでデータをセグメント化します。 これにより、デバイスの同時アクセスが可能になり、スループットが向上するため、パフォーマンスが向上します。

  • ミラーリング:同じデータを複数のデバイスに書き込んで、データの冗長性を実現します。

  • パリティ:デバイスで障害が発生した場合にエラーを修正できるよう、追加のデバイスに冗長データを保管します。 パリティによって完全な冗長性が実現されることはありませんが、シナリオによってはエラー リカバリが可能になります。

  • スパニング:複数のドライブが 1 つの大きなドライブであるかのように機能できます。 たとえば、4 台の 20 GB ドライブを結合して、1 台の 80 GB ドライブのようにすることができます。

サポートされている RAID レベルは次のとおりです。
  • RAID 0 Striped:データはアレイのすべてのディスクにストライプ化され、高速スループットを提供します。 データの冗長性はなく、いずれかのディスクで障害が発生すると、すべてのデータが失われます。

  • RAID 1 Mirrored:データが 2 つのディスクに書き込まれ、1 つのディスクで障害が発生した場合に完全なデータ冗長性を提供します。 最大アレイ サイズは、2 つのドライブの小さい方の空き容量に等しくなります。

  • RAID 5 Striped Parity:データはアレイのすべてのディスクにストライプ化されます。 各ディスクの容量の一部に、ディスクの障害発生時にデータの再構築に使用できるパリティ情報が格納されます。 RAID 5 は、高い読み取り要求レートで、アプリケーションに適切なデータ スループットを提供します。

    RAID 5 は、RAID-5 グループに属する複数のディスクにパリティ データ ブロックを配分します。RAID 5 には、3 台以上のディスクが必要です。

  • RAID 6 Striped Dual Parity:アレイのすべてのディスクにデータをストライプ化し、2 つのパリティ データ セットを使用して、最大 2 台の物理ディスクの障害に対する保護を提供します。 データ ブロックの各行に、2 セットのパリティ データが格納されます。

    2 つ目のパリティ ブロックが追加される点を除けば、RAID 6 は RAID 5 と同じです。 RAID 6 には 4 台以上のディスクが必要です。

  • RAID 10 Mirrored and Striped:RAID 10 はミラーリングされたディスクのペアを使用して完全なデータ冗長性を提供し、ブロック レベルのストライピングによって高度なスループット レートを実現します。 RAID 10 は、パリティおよびブロック レベルのストライピングを使用しないミラーリングを行います。 RAID 10 には 4 台以上のディスクが必要です。

ディスク選択

ディスク グループ設定を指定して、そのディスク グループに含まれるローカル ディスクを指定しないと、Cisco UCS Manager はディスク グループ設定ポリシーで指定された基準に従って、使用するディスクを決定します。この場合、 Cisco UCS Manager は複数の方法でディスクを選択できます。

一連のディスクのすべての修飾子が一致すると、それらのディスクはスロット番号に従って順番に選択されます。 通常のディスクおよび専用ホット スペアは、スロット番号が小さい順に選択されます。

ディスク選択プロセスは次のとおりです。

  1. 新しい仮想ドライブの作成が必要なすべてのローカル LUN について処理が繰り返されます。 繰り返し処理は、次の基準に、記載する順で従います。

    1. ディスク タイプ:SSD

    2. 降順の最小ディスク サイズ

    3. 降順のスペース要件

    4. アルファベット順のディスク グループ修飾子名

    5. アルファベット順のローカル LUN 名

  2. 最小ディスク数および最小ディスク サイズに応じて、通常のディスクを選択します。 検索基準を満たすディスクのうち、スロット番号が最も小さい順にディスクが選択されます。

    (注)  


    ドライブ タイプとして [Any] を指定すると、使用可能な最初のドライブが選択されます。 最初のドライブが選択されると、以降のドライブはそのドライブと互換性のあるタイプになります。 たとえば、最初のドライブが SATA である場合、後続のすべてのドライブも SATA となります。 Cisco UCS Manager リリース 2.5 でサポートされているのは SATA と SAS のみです。

    Cisco UCS Manager リリース 2.5 では RAID のマイグレーションをサポートしていません。


  3. 専用ホット スペアの選択方法も、通常のディスクを選択する場合と同じです。 [Unconfigured Good] 状態のディスクのみが選択されます。

  4. プロビジョニング済み LUN に、展開済み仮想ドライブと同じディスク グループ ポリシーが設定されている場合は、同じディスク グループへの新しい仮想ドライブの展開を試みます。 そうでない場合は、展開する新しいディスクの検索を試みます。

サポートされている LUN の変更

LUN が関連付けられたサーバにすでに展開されているとしても、LUN 設定に対する一部の変更はサポートされます。

次のタイプの変更を行うことができます。

  • 新しい仮想ドライブの作成。

  • 孤立した状態にある既存の仮想ドライブの削除。

  • 既存の仮想ドライブに対する、再構成を伴わない変更。 次の変更は、データ損失やパフォーマンスの低下を伴わずに既存の仮想ドライブに対して行うことができます。
    • ポリシーの変更。 たとえば、キャッシュ書き込みポリシーを変更するなどです。

    • ブート パラメータの変更

LUN を削除すると、警告が表示されます。 データ損失を回避するための措置を取ってください。

サポートされていない LUN の変更

既存の LUN に対する変更の中には、元の仮想ドライブを破棄して新しい仮想ドライブ作成しなければ適用できない変更があります。 その場合、すべてのデータが失われるため、そのような変更はサポートされていません。

再構成を伴う既存の仮想ドライブに対する変更はサポートされていません。 サポートされていない、再構成を伴う変更は次のとおりです。
  • 再構成を通して可能となる、サポートされている任意の RAID レベルの変更。 たとえば、RAID0 から RAID1 への変更です。

  • 再構成を通した仮想ドライブのサイズ増加。

  • 再構成を通したディスクの追加および削除。

破壊的変更もサポートされていません。 サポートされていない破壊的変更は次のとおりです。
  • 再構成をサポートしない RAID レベルの変更。 たとえば、RAID5 から RAID1 への変更です。

  • 仮想ドライブのサイズ縮小。

  • 同じドライブ グループに他の仮想ドライブが存在する状況における、再構成をサポートする RAID レベルの変更。

  • ディスク ドライブに仮想ドライブを収容するだけのスペースが残っていない場合のディスクの削除。

  • 仮想ドライブで使用しているディスク セットの明示的変更。

ディスク挿入の処理

次の一連のイベントが発生する場合があります。

  1. LUN が、次のいずれかの方法で作成されます。
    1. ユーザがローカル ディスク参照を使用して、明示的にスロットを指定します。

    2. ユーザが指定した基準に従って、システムがスロットを選択します。

  2. LUN が正常に展開されます。つまり、そのスロットを使用する仮想ドライブが作成されます。

  3. ディスクをスロットから取り外します(おそらくディスクで障害が発生したため)。

  4. 同じスロットに新しい有効なディスクを挿入します。

非冗長仮想ドライブ

非冗長仮想ドライブ(RAID0)は、物理ドライブが除去されると [Inoperable] 状態になります。 新しい有効なドライブが挿入されると、新しい物理ドライブは [Unconfigured Good] 状態になります。

非冗長仮想ドライブの場合、仮想ドライブの回復手段はありません。 仮想ドライブを削除してから再作成する必要があります。

ホット スペア ドライブが割り当てられていない冗長仮想ドライブ

冗長仮想ドライブ(RAID 1、RAID 5、RAID 6、RAID 10)にホット スペア ドライブが割り当てられていないと、古い物理ドライブを取り除いたスロットに有効な物理ドライブを挿入するまでは、仮想ドライブの不一致、仮想ドライブのメンバ欠如、ローカル ディスクの欠如といった障害状態になります。

物理ドライブのサイズが古いドライブのサイズ以上である場合、ストレージ コントローラは自動的にその新しいドライブを仮想ドライブ用に使用します。 新しいドライブは [Rebuilding] 状態になります。 再ビルドが完了すると、仮想ドライブは [Online] 状態に戻ります。

ホット スペア ドライブが割り当てられた冗長仮想ドライブ

冗長仮想ドライブ(RAID 1、RAID 5、RAID 6、RAID 10)にホット スペア ドライブが割り当てられている場合、ドライブで障害が発生したり、ドライブを取り除いたりすると、仮想ドライブが [Degraded] 状態になった時点で、専用ホット スペア ドライブ(使用可能な場合)が [Rebuilding] 状態になります。 再ビルドが完了すると、そのドライブが [Online] 状態になります。

仮想ドライブが運用可能であっても、仮想ドライブは Cisco UCSM が期待する物理設定と一致しないため、ディスク欠如および仮想ドライブ不一致の障害が発生します。

ディスクが欠如しているスロットに新しいディスクを挿入すると、前のホット スペア ディスクから、新しく挿入されたディスクへの自動コピー バックが開始されます。 コピー バックの後、ホット スペア ディスクが復元されます。 復元された時点で、すべてのエラーがクリアされます。

自動コピー バックが開始されず、新しく挿入したディスクの状態が [Unconfigured Good]、[JBOD] または [Foreign Configuration] のままになっている場合は、新しいディスクをスロットから取り除き、前のホット スペア ディスクをスロットに再挿入して、外部設定をインポートしてください。 これにより再ビルド プロセスが開始され、ドライブの状態が [Online] になります。 その時点で、新しいディスクをホット スペア スロットに挿入し、ホット スペアとしてマークして、Cisco UCSM で使用可能な情報と完全に一致させます。

ホット スペア ドライブの交換

ホット スペア ドライブを交換すると、新しいホット スペア ドライブは [Unconfigured Good]、[Unconfigured Bad]、[JBOD]、または [Foreign Configuration] 状態になります。

ホット スペア ドライブの状態が Cisco UCSM で設定されている状態と異なることから、仮想ドライブの不一致または仮想ドライブ メンバの不一致による障害が発生します。

このエラーは、手動でクリアする必要があります。 それには、次の操作を実行します。

  1. 新しく挿入されたドライブの状態を [Unconfigured Good] に戻します。

  2. 新しく挿入されたドライブを、Cisco UCSM が期待するホット スペア ドライブとなるように設定します。

未使用スロットへの物理ドライブの挿入

未使用のスロットに新しい物理ドライブを挿入した場合、そのドライブが [Unconfigured Good] 状態であっても、正常な物理ドライブが欠如している仮想ドライブがあると、ストレージ コントローラも Cisco UCSM もその新しいドライブを利用しません。

その場合、ドライブは [Unconfigured Good] 状態になるだけです。 新しいドライブを利用するには、新しく挿入されたドライブを参照するように LUN を変更するか、そのドライブを参照する LUN を作成する必要があります。

仮想ドライブの命名

UCSM を使用して仮想ドライブを作成すると、UCSM がその仮想ドライブに固有 ID を割り当てます。以降の操作では、この ID を使用して確実に仮想ドライブを識別できます。 UCSM では、サービス プロファイルを関連付ける時点で仮想ドライブに柔軟に名前を付けられるようにもなっています。 サービス プロファイルまたはサーバによって参照されていない仮想ドライブは、いずれも孤立した仮想ドライブとしてマークされます。

固有 ID に加え、名前がドライブに割り当てられます。 名前は、次の 2 つの方法で割り当てられます。

  • 仮想ドライブを設定する際に、ストレージ プロファイルで参照できる名前を、ユーザが明示的に割り当てることができます。

  • ユーザが仮想ドライブの名前をプロビジョニングしなかった場合、UCSM が仮想ドライブの一意の名前を生成します。

サービス プロファイルまたはサーバによって参照されていない仮想ドライブの名前は変更することができます。

LUN の参照解除

LUN を使用するサービス プロファイルがなくなると、LUN の参照は解除されます。 LUN の参照解除は、次のシナリオの一環として行われる場合があります。

  • LUN がストレージ プロファイルから参照されなくなった。

  • ストレージ プロファイルがサービス プロファイルから参照されなくなった。

  • サーバの関連付けがサービス プロファイルから解除された。

  • サーバが稼働停止された。

LUN が参照されなくなっても、サーバがまだ関連付けられている場合は、再関連付けが行われます。

LUN が含まれていたサービス プロファイルの関連付けが解除されると、LUN の状態は [Not in use] に変更されます。

LUN が含まれていたサービス プロファイルが削除されると、LUN の状態は [Orphaned] に変更されます。

注意事項と制約事項

  • Cisco UCS Manager では、次のストレージ プロファイル機能の開始をサポートしていません。 ただし、実行後のこれらの機能を Cisco UCS Manager からモニタすることはできます。
    • 仮想ドライブの再ビルド

    • 仮想ドライブの整合性検査

    • 仮想ドライブの初期化

    • 巡回読み込み

    • BBU の再学習

    • ロケータ LED

    • BBU の設定

    • 破壊的な LUN 変更

    • 自動 LUN 作成

    • ホット スペアを使用したディスクの再配置

    • JBOD モード

    • 追加ディスク選択修飾子

  • Cisco UCS Manager では、ストレージ設定での SAS と SATA の組み合わせをサポートしていません。

  • Cisco UCS Manager リリース 2.5 でサポートされるストライプ サイズは 64k 以上に限られます。 ストライプ サイズを 64k 未満にすると、サービス プロファイルの関連付けに失敗します。

コントローラの制限と制約事項

Cisco UCS Manager リリース 2.5 では、ストレージ コントローラが許容する仮想ドライブの数はコントローラごとに 64、サーバごとに 2 つです。

ストレージ プロファイルの設定

ディスク グループ ポリシーの設定

ディスク グループを設定するには、次の作業を行う必要があります。

  1. RAID レベルの設定

  2. ディスク グループ ポリシーに含めるディスクの自動または手動設定

  3. 仮想ドライブのプロパティの設定

ディスク グループ ポリシーの設定

ディスク グループ ポリシーに、自動または手動でディスクを設定できます。

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Storage] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Storage] タブで、[Storage] > [Storage Provisioning] > [Storage Policies] を展開します。
    ステップ 3   ディスク グループ ポリシーを作成する組織のノードを展開します。
    ステップ 4   組織の [Disk Group Policies] を右クリックし、[Create Disk Group Policy] を選択します。
    ステップ 5   [Create Disk Group Policy] ダイアログボックスで、次の情報を指定します。
    名前 説明
    [Name] フィールド

    ポリシーの名前

    この名前には、1 ~ 16 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

    [Description] フィールド

    ポリシーの説明。 ポリシーが使用される場所と条件についての情報を含めることを推奨します。

    256 文字以下で入力します。 任意の文字またはスペースを使用できます。ただし、`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

    [RAID Level] ドロップダウン リスト

    次のいずれかになります。

    • RAID 0 Striped

    • RAID 1 Mirrored

    • RAID 5 Striped Parity

    • RAID 6 Striped Dual Parity

    • RAID 10 Mirrored and Striped

    (注)     

    RAID 1 ポリシーでディスク グループを作成し、このグループに 4 つのディスクを設定すると、ストレージ コントローラにより、内部で RAID 1E 構成が作成されます。

    ステップ 6   ディスク グループ ポリシーに自動的にディスクを設定するには、[Disk Group Configuration (Automatic)] を選択し、次の情報を指定します。
    名前 説明
    [Number of drives] フィールド

    ディスク グループのドライブ数を指定します。

    ドライブ数の範囲は 0 ~ 24 です。 デフォルトのドライブ数は、[Unspecified] です。 ドライブ数を [Unspecified] として選択すると、ディスクの選択プロセスに応じたディスク数が選択されます。

    [Drive Type] フィールド
    ディスク グループのドライブのタイプ。 次のオプションを選択できます。
    • HDD
      (注)     

      HDD はモジュラ サーバではサポートされていません。

    • SSD

    • 未指定

    デフォルトのドライブ タイプは [Unspecified] です。 ドライブ タイプとして [Unspecified] を選択すると、使用可能な最初のドライブが選択されます。 最初のドライブが選択されると、以降のドライブはそのドライブと互換性のあるタイプになります。 たとえば、最初のドライブが SSD の場合、以降のすべてのドライブが SSD になります。

    [Number of Hot Spares] フィールド

    ディスク グループの専用ホット スペアの数。

    専用ホット スペア数の範囲は 0 ~ 24 です。 デフォルトの専用ホット スペア数は [Unspecified] です。 専用ホット スペア数を [Unspecified] として選択すると、ディスクの選択プロセスに応じたホット スペア数が選択されます。

    [Min Drive Size] フィールド

    ディスク グループの最小ドライブ サイズ。 この基準を満たすディスクのみが選択可能になります。

    最小ドライブ サイズの範囲は 0 ~ 10240 GB です。 デフォルトの最小ドライブ サイズは [Unspecified] です。 最小ドライブ サイズを [Unspecified] として選択すると、すべてのサイズのディスクが選択可能になります。

     
    ステップ 7   ディスク グループ ポリシーに手動でディスクを設定するには、[Disk Group Configuration (Manual)] を選択してから、次の手順に従います。
    1. テーブル右側のアイコン バーにある [+] をクリックします。
    2. [Create Local Disk Configuration Reference] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明
    [Slot] フィールド

    ローカル ディスク参照を設定するスロット。

    [Role] フィールド
    ディスク グループでのローカル ディスクのロール。 次のオプションを選択できます。
    • 専用ホット スペア

    • 標準

    [Span ID] フィールド

    ローカル ディスクのスパン ID。 値の範囲は 0 ~ 8 です。

    ローカル ディスクのデフォルト スパン ID は [Unspecified] です。 これは、スパニング情報が必要でない場合にのみ使用してください。

    ステップ 8   [Virtual Drive Configuration] 領域に、次の情報を指定します。
    名前 説明
    [Strip Size (KB)] フィールド

    仮想ドライブのストライプ サイズ。 許容される値は [Platform Default] のみです。

    [Access Policy] フィールド
    仮想ドライブのアクセス ポリシー。 次のいずれかになります。
    • プラットフォームのデフォルト

    • Read Write

    • Read Only

    • Blocked

    [Read Policy] フィールド
    仮想ドライブの読み取りポリシー。 次のいずれかになります。
    • プラットフォームのデフォルト

    • Read Ahead

    • Normal

    [Write Cache Policy] フィールド
    仮想ドライブのキャッシュ書き込みポリシー。 次のいずれかになります。
    • プラットフォームのデフォルト

    • Write Through

    • Write Back Good Bbu

    • Always Write Back

    [IO Policy] フィールド
    仮想ドライブの I/O ポリシー。 次のいずれかになります。
    • プラットフォームのデフォルト

    • Direct

    • Cached

    [Drive Cache] フィールド
    ドライブ キャッシュの状態。 次のいずれかになります。
    • プラットフォームのデフォルト

    • No Change

    • Enable

    • Disable

    ディスク グループ内のすべての仮想ドライブは、同じ 1 つのディスク グループ ポリシーを使用して管理する必要があります。

    ステップ 9   [OK] をクリックします。

    ストレージ プロファイルの作成

    ストレージ プロファイル ポリシーは、[Navigation] ペインの [Storage] タブで作成できます。 さらに、[Servers] タブで、サービス プロファイルに固有のデフォルト ストレージ プロファイルを設定することもできます。

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Storage] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Storage] タブで、[Storage] > [Storage Provisioning] > [Storage Profiles] を展開します。
      ステップ 3   ストレージ プロファイルを作成する組織のノードを展開します。

      システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

      ステップ 4   組織を右クリックし、[Create Storage Profile] を選択します。
      ステップ 5   [Create Storage Profile] ダイアログボックスで、ストレージ プロファイルの名前を指定します。 [Description] に、このストレージ プロファイルの説明を任意で入力できます。
      ステップ 6   (任意)[Storage Items] 領域で、ローカル LUN を作成し、このストレージ プロファイルに追加します。
      ステップ 7   [OK] をクリックします。

      ストレージ プロファイルの削除

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1[Navigation] ペインの [Storage] タブをクリックします。    
        ステップ 2[Storage] タブで、[Storage] > [Storage Provisioning] > [Storage Profiles] を展開します。    
        ステップ 3削除するストレージ プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。    
        ステップ 4削除するストレージ プロファイルを右クリックし、[Delete] を選択します。  

        確認用のダイアログボックスが表示されます。

         
        ステップ 5[Yes] をクリックします。    

        ローカル LUN の設定

        [Navigation] ペインの [Storage] タブで、ストレージ プロファイル ポリシーに含めるローカル LUN を作成できます。 さらに、[Servers] タブで、サービス プロファイルに固有のデフォルト ストレージ プロファイルに含めるローカル LUN を作成することもできます。

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Storage] タブをクリックします。
          ステップ 2   [Storage] タブで、[Storage] > [Storage Provisioning] > [Storage Profiles] を展開します。
          ステップ 3   ローカル LUN を作成する対象のストレージ プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。
          ステップ 4   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
          ステップ 5   [Actions] 領域で、[Create Local LUN] をクリックします。
          ステップ 6   [Create Local LUN] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明
          [Name] フィールド

          新しいローカル LUN の名前。

          [Size (GB)] フィールド

          この LUN のサイズ(GB 単位)。 サイズの許容範囲は 1 ~ 10240 GB です。

          (注)     

          孤立した LUN を要求する場合は、LUN サイズを指定する必要はありません。

          [Order] フィールド

          この LUN の順序。 順序に有効な値の範囲は 1 ~ 64 です。 デフォルトでは、使用可能な最小の値が順序として指定されます。 これは、使用可能な最小の順序値が自動的に LUN に割り当てられることを意味します。

          ストレージ プロファイルで参照される複数の LUN には、それぞれ固有の名前と固有の順序を指定する必要があります。

          [Auto Deploy] フィールド

          ローカル LUN を自動的に展開するかどうかを指定します。

          [Select Disk Group Configuration] フィールド

          このローカル LUN に適用するディスク グループ設定。

          ステップ 7   (任意)このローカル LUN に新しいディスク グループ ポリシーを作成する場合は、[Create Disk Group Policy] をクリックします。
          ステップ 8   [OK] をクリックします。

          ローカル LUN の順序変更

          サーバに対するローカル LUN の可視性の順序を変更できます。 この操作によって、サーバがリブートされます。

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1[Navigation] ペインの [Storage] タブをクリックします。    
            ステップ 2[Storage] タブで、[Storage] > [Storage Provisioning] > [Storage Profiles] を展開します。    
            ステップ 3ローカル LUN の順序を変更するストレージ プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。    
            ステップ 4目的のストレージ プロファイルの [Local LUNs] を展開し、順序を変更する LUN を選択します。    
            ステップ 5[Work] ペインで、[General] タブをクリックします。    
            ステップ 6[Properties] 領域で、ローカル LUN の [Order] を変更します。    
            ステップ 7[Save Changes] をクリックします。    

            ローカル LUN の削除

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1[Navigation] ペインの [Storage] タブをクリックします。    
              ステップ 2[Storage] タブで、[Storage] > [Storage Provisioning] > [Storage Profiles] を展開します。    
              ステップ 3ローカル LUN を削除するストレージ プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。    
              ステップ 4目的のストレージ プロファイルの [Local LUNs] を展開し、削除するローカル LUN を選択します。    
              ステップ 5削除する LUN を右クリックして、[Delete] を選択します。   確認用のダイアログボックスが表示されます。  
              ステップ 6[Yes] をクリックします。    

              ストレージ プロファイルと既存のサービス プロファイルとの関連付け

              ストレージ プロファイルを既存または新規のサービス プロファイルに関連付けることができます。ストレージ プロファイルを新しいサービス プロファイルに関連付ける方法については、 [Expert] ウィザードを使用したサービス プロファイルの作成で詳しく説明しています。

              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                ステップ 3   ストレージ プロファイルに関連付けるサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。
                ステップ 4   ストレージ プロファイルに関連付けるサービス プロファイルを選択します。
                ステップ 5   [Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。
                ステップ 6   [LUN Configuration] サブタブをクリックします。
                ステップ 7   [Actions] 領域で、[Modify Storage Profile] をクリックします。 [Modify Storage Profile] ダイアログボックスが表示されます。
                ステップ 8   [Storage Profile Policy] タブをクリックします。
                ステップ 9   このサービス プロファイルに既存のストレージ プロファイルを関連付けるには、[Storage Profile] ドロップダウンリストから関連付けるストレージ プロファイルを選択し、[OK] をクリックします。 [Storage Items] 領域に、ストレージ プロファイルの詳細が表示されます。
                ステップ 10   新しいストレージを作成して、そのストレージをこのサービス プロファイルに関連付けるには、[Create Storage Profile] をクリックし、必須フィールドに入力してから [OK] をクリックします。新しいストレージ プロファイルの作成方法については、 ストレージ プロファイルの作成で詳しく説明しています。
                ステップ 11   (任意)ストレージ プロファイルとサービス プロファイルとの関連付けを解除するには、[Storage Profile] ドロップダウンリストから [No Storage Profile] を選択し、[OK] をクリックします。

                サービス プロファイルに継承されたすべてのローカル LUN の詳細の表示

                ストレージ プロファイルは、組織レベルで定義することも、サービス プロファイルの専用ストレージ プロファイルとして定義することもできます。 したがって、組織のストレージ プロファイルと専用ストレージ プロファイルの両方がある場合、サービス プロファイルはその両方から有効なローカル LUN を継承します。 サービス プロファイルは、最大 2 つのローカル LUN を継承できます。 次のコマンドを使用することで、サービス プロファイルに継承されたすべてのローカル LUN の詳細を表示できます。

                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [Servers] タブの [Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                  ステップ 3   表示対象のサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。
                  ステップ 4   継承されたローカル LUN を表示するサービス プロファイルを選択します。
                  ステップ 5   [Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。
                  ステップ 6   [LUN Configuration] サブタブをクリックし、[Local LUNs] タブをクリックします。
                  指定したサービス プロファイルに継承されたすべてのローカル LUN に関する次の詳細情報が表示されます。
                  • [Name]:ストレージ プロファイルでの LUN の名前。

                  • [Admin State]:ローカル LUN が展開されるかどうかを指定します。 管理状態は、[Online] または [Undeployed] のいずれかになります。

                    ローカル LUN がサービス プロファイルによって参照されている場合、自動展開状態が [no-auto-deploy] であれば、管理状態は [Undeployed] となり、それ以外の場合は [Online] となります。 ローカル LUN がサービス プロファイルで参照された後、そのローカル LUN の自動展開のステータスが変更されたとしても、サービス プロファイルに継承された LUN の管理状態には反映されません。

                  • [RAID Level]:使用されているディスク・グループの RAID レベルの要約。

                  • [Provisioned Size (GB)]:ストレージ プロファイルに指定されている LUN のサイズ(GB 単位)。

                  • [Assigned Size (MB)]:UCSM によって割り当てられたサイズ(MB 単位)。

                  • [Config State]:LUN 設定の状態。 状態は次のいずれかになります。
                    • [Applying]:管理状態は [Online] です。LUN はサーバに関連付けられていて、仮想ドライブが作成されているところです。

                    • [Applyed]:管理状態は [Online] です。LUN はサーバに関連付けられていて、仮想ドライブが作成されました。

                    • [Apply Failed]:管理状態は [Online] です。LUN はサーバに関連付けられていますが、仮想ドライブの作成が失敗しました。

                    • [Not Applied]:LUN がサーバに関連付けられていないか、サーバに関連付けられていても、管理状態が [Undeployed] になっています。

                    • [Not In Use]:サービス プロファイルは仮想ドライブを使用していますが、その仮想ドライブはサーバと関連付けられていません。

                  • [Referenced LUN Name]:事前プロビジョニングされた仮想ドライブ名、または UCSM が生成した仮想デバイス名。

                  • [Deploy Name]:展開後の仮想ドライブの名前。

                  • [ID]:LUN ID。

                  • [Order]:サーバに対する LUN 可視性の順序。

                  • [Bootable]:LUN がブート可能であるかどうかを示します。

                  • [LUN New Name]:LUN の新しい名前。

                  • [Drive State]:仮想ドライブの状態。 状態は次のいずれかです。
                    • Unknown

                    • Optimal

                    • Degraded

                    • Inoperable

                    • Partially Degraded


                  モジュラ サーバで使用している LUN の詳細情報の表示

                  手順
                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Cartridges] > [Cartridge Number] > [Servers] を展開します。
                    ステップ 3   使用されているすべての LUN の詳細情報を表示するサーバを選択します。
                    ステップ 4   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
                    ステップ 5   [Storage Details] 領域を展開します。 [Storage Details] テーブルに、そのサーバが使用している LUN の詳細が表示されます。

                    RAID コントローラの外部設定のインポート

                    手順
                       コマンドまたはアクション目的
                      ステップ 1[Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。    
                      ステップ 2 [Equipment]タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] を展開します。    
                      ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                      ステップ 4[Controller] サブタブをクリックします。    
                      ステップ 5[Actions] 領域で、[Import Foreign Configuration] をクリックします。    

                      ローカル ディスクの設定操作

                      手順
                         コマンドまたはアクション目的
                        ステップ 1[Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。    
                        ステップ 2 [Equipment]タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] を展開します。    
                        ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                        ステップ 4[Disks] サブタブをクリックします。    
                        ステップ 5目的のディスクを右クリックし、次のいずれかの操作を選択します。
                        • [Clear Foreign Configuration State]:新しい設定へのローカル ディスクの導入時に、そのローカル ディスクに存在する外部設定をクリアします。
                        • [Set Unconfigured Good]:ローカル ディスクを設定可能として指定します。
                        • [Set Prepare For Removal]:ローカル ディスクをシャーシから除去する対象として指定します。
                        • [Set Undo Prepare For Removal]:ローカル ディスクがシャーシから除去する対象でなくなったことを指定します。
                        • [Mark as Dedicated Hot Spare]:ローカル ディスクを専用ホット スペアとして指定します。 使用可能なドライブの中から仮想ドライブを選択できます。
                        • [Remove Hot Spare]:ローカル ディスクがホット スペアでなくなったことを指定します。
                        • [Set JBOD to Unconfigured Good]:新しいローカル ディスクを [Unconfigured Good] としてマークして、設定可能にすることを指定します。
                         
                         

                        仮想ドライブの設定操作

                        次の操作は、孤立した仮想ドライブに対してのみ実行できます。

                        • 孤立した仮想ドライブの削除

                        • 孤立した仮想ドライブの名前変更

                        孤立した仮想ドライブの削除

                        手順
                           コマンドまたはアクション目的
                          ステップ 1[Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。    
                          ステップ 2 [Equipment]タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] を展開します。    
                          ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                          ステップ 4[LUNs] サブタブをクリックします。    
                          ステップ 5目的の仮想ドライブを右クリックし、[Delete Orphaned LUN] を選択します。  

                          確認用のダイアログボックスが表示されます。

                           
                          ステップ 6[Yes] をクリックします。    

                          孤立した仮想ドライブの名前変更

                          手順
                             コマンドまたはアクション目的
                            ステップ 1[Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。    
                            ステップ 2 [Equipment]タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] を展開します。    
                            ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                            ステップ 4[LUNs] サブタブをクリックします。    
                            ステップ 5目的の仮想ドライブを右クリックし、[Rename Referenced LUN] を選択します。    
                            ステップ 6表示される [Rename Referenced LUN] ダイアログボックスで、新しい LUN 名を入力します。    
                            ステップ 7[OK] をクリックします。    

                            サービス プロファイル内のローカル LUN 操作

                            LUN 名の事前プロビジョニング

                            LUN 名を事前にプロビジョニングできるのは、LUN の管理状態が [Undeployed] となっている場合のみです。 事前プロビジョニングする LUN 名がすでに存在し、その LUN が孤立している場合、その LUN はサービス プロファイルによって要求されます。 名前を事前にプロビジョニングする LUN が存在しない場合、指定した名前の LUN が新規に作成されます。
                            重要: LUN 名を事前プロビジョニングすると、サーバがリブートされます。
                            手順
                               コマンドまたはアクション目的
                              ステップ 1[Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。    
                              ステップ 2[Servers] タブの [Servers] > [Service Profiles] > [Service_Profile_Name] を展開します。    
                              ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                              ステップ 4[LUN Configuration] タブをクリックします。    
                              ステップ 5[Local LUNs] サブタブで、LUN 名を事前プロビジョニングする LUN を右クリックし、[Pre-Provision LUN Name] を選択します。    
                              ステップ 6[Set Pre-Provision LUN Name] ダイアログボックスで、LUN の名前を入力します。    
                              ステップ 7[OK] をクリックします。    

                              孤立した LUN の要求

                              孤立した LUN を要求できるのは、LUN の管理状態が [Undeployed] となっている場合のみです。
                              重要: 孤立した LUN を要求した後は、サーバがリブートされます。
                              手順
                                 コマンドまたはアクション目的
                                ステップ 1[Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。    
                                ステップ 2[Servers] タブの [Servers] > [Service Profiles] > [Service_Profile_Name] を展開します。    
                                ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                                ステップ 4[LUN Configuration] タブをクリックします。    
                                ステップ 5[Local LUNs] サブタブで、要求する LUN を右クリックし、[Claim Orphan LUN] を選択します。    
                                ステップ 6[Claim Orphan LUN] ダイアログボックスで、所有権を要求する対象とする孤立した LUN を選択します。    
                                ステップ 7[OK] をクリックします。    

                                LUN の展開および展開解除

                                LUN を展開または展開解除できます。 ローカル LUN の管理状態が [Undeployed] の場合、LUN の参照は削除されていて、LUN は展開されていません。
                                重要: この操作によって、サーバがリブートされます。
                                手順
                                   コマンドまたはアクション目的
                                  ステップ 1[Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。    
                                  ステップ 2[Servers] タブの [Servers] > [Service Profiles] > [Service_Profile_Name] を展開します。    
                                  ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                                  ステップ 4[LUN Configuration] タブをクリックします。    
                                  ステップ 5[Local LUNs] サブタブで、展開または展開解除する LUN を右クリックし、[Set Admin State] を選択します。    
                                  ステップ 6表示される [Set Admin State] ダイアログボックスで、LUN を展開する場合は [Online] を選択し、LUN を展開解除する場合は [Undeployed] を選択します。    
                                  ステップ 7[OK] をクリックします。    

                                  サービス プロファイルで参照されている LUN の名前変更

                                  手順
                                     コマンドまたはアクション目的
                                    ステップ 1[Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。    
                                    ステップ 2[Servers] タブの [Servers] > [Service Profiles] > [Service_Profile_Name] を展開します。    
                                    ステップ 3[Work] ペインで、[Storage] タブをクリックします。    
                                    ステップ 4[LUN Configuration] タブをクリックします。    
                                    ステップ 5[Local LUNs] サブタブで、参照されている LUN の名前を変更する LUN を右クリックし、[Rename Referenced LUN] を選択します。    
                                    ステップ 6[Rename Referenced LUN] ダイアログボックスで、参照されている LUN の新しい名前を入力します。    
                                    ステップ 7[OK] をクリックします。