Cisco UCS Mini Release 3.0 向け Cisco UCS GUI ファームウェア管理ガイド
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

ファームウェアの概要

Cisco UCS では、シスコから取得し、シスコによって認定されたファームウェアを使用して、Cisco UCS ドメインのエンドポイントをサポートします。 各エンドポイントは、機能するためにファームウェアが必要な Cisco UCS ドメインのコンポーネントです。 Cisco UCS ドメインのエンドポイントのアップグレード順序は、アップグレード パスによって異なります。次の項目が含まれます。

  • Cisco UCS Manager

  • ファブリック インターコネクト

  • NIC や HBA ファームウェア、サービス プロファイルに含まれているファームウェア パッケージを使用してアップグレードできるオプション ROM(該当する場合)など、アダプタ上に物理的に存在するエンドポイント

  • サービス プロファイルに含まれているファームウェア パッケージを使用してアップグレードできる BIOS、ストレージ コントローラ(RAID コントローラ)、Cisco Integrated Management Controller(CIMC)など、サーバ上に物理的に存在するエンドポイント

Cisco UCS ドメインのエンドポイントをアップグレードする適切な順序を確認するには、アップグレード パスに必要な手順の順序を参照してください。

シスコでは、このマニュアルおよびテクニカル ノート『Unified Computing System Firmware Management Best Practices』において、ファームウェア イメージおよびファームウェア アップデートを管理するための一連のベスト プラクティスを保持しています。

このマニュアルでは、ファームウェアの管理について、次の定義を使用しています。

アップグレード

エンドポイントで実行しているファームウェアを、リリースやパッチなどの他のイメージに変更します。 アップグレードには、アップデートとアクティベーションが含まれます。

更新情報

ファームウェア イメージをエンドポイントのバックアップ パーティションにコピーします。

アクティブ化

バックアップ パーティションのファームウェアをエンドポイントのアクティブなファームウェア バージョンとして設定します。 アクティベーションには、エンドポイントのリブートが必要な場合やリブートが発生する場合があります。

Management Extension および機能カタログのアップグレードの場合は、アップデートとアクティブ化が同時に行われます。 このようなアップグレードについては、アップデートまたはアクティブ化のいずれかのみを実行する必要があります。 両方の手順を実行する必要はありません。

Cisco UCS Central のファームウェア管理

Cisco UCS Central を使用すると、登録されているすべての Cisco UCS ドメインのすべてのファームウェア コンポーネントを管理することができます。


(注)  


Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインのファームウェアを管理するには、Cisco UCS Manager でグローバル ファームウェア管理オプションをイネーブルにする必要があります。 グローバル ファームウェア管理オプションは、Cisco UCS ManagerCisco UCS Central に登録するときにイネーブルにできます。 また、管理要件に基づいてグローバル管理オプションのオン/オフを切り替えることもできます。


Cisco UCS ドメインは、Cisco UCS Central のドメイン グループに管理目的で分類されます。 ファームウェアは、ドメイン グループ レベルで各ドメイン グループごとに別個に管理することも、ドメイン グループのルートからドメイン グループ全体に対して管理することもできます。 Cisco UCS Central には、次の Cisco UCS ドメインのファームウェア パッケージを管理するオプションがあります。

  • 機能カタログ:ドメイン グループごとに機能カタログを 1 つ使用します。 特定のドメイン グループに登録されたすべての Cisco UCS ドメインによって、ドメイン グループで定義された機能カタログが使用されます。

  • インフラストラクチャ ファームウェア:ドメイン グループごとにインフラストラクチャ ファームウェア ポリシーを 1 つ使用します。 特定のドメイン グループに登録されたすべての Cisco UCS ドメインによって、ドメイン グループで定義された同じインフラストラクチャ ファームウェア バージョンが使用されます。

  • ホスト ファームウェア:ドメイン グループ内のさまざまなホスト ファームウェア コンポーネントに対して、複数のホスト ファームウェア ポリシーを設定できます。 ドメイン グループに登録されている Cisco UCS ドメインでは、グループに定義されているホスト ファームウェア ポリシーを選択できます。 Cisco UCS Central には、ドメイン グループのすべての Cisco UCS ドメインにホスト ファームウェアを同時にグローバルにアップグレードするオプションがあります。


(注)  


Cisco UCS Central のファームウェア管理の詳細については、『Cisco UCS Central User Manual』および『Cisco UCS Central CLI Reference Manual』の「Firmware Management」の章を参照してください。


ファームウェア バージョン

使用されるファームウェア バージョンの用語は、次のようなエンドポイントのタイプによって異なります。

CIMCおよびアダプタのファームウェア バージョン

各 CIMCおよびアダプタには、フラッシュにファームウェア用の 2 つのスロットがあります。 各スロットに 1 つのバージョンのファームウェアを装着します。 1 つのスロットはアクティブで、他方のスロットはバックアップ スロットです。 コンポーネントは、アクティブとして指定されているスロットからブートします。

Cisco UCS Manager では次のファームウェア バージョンの用語が使われます。

実行されているバージョン

実行されているバージョンは、アクティブで、エンドポイントで使用されているファームウェアです。

スタートアップ バージョン

スタートアップ バージョンは、エンドポイントの次回のブート時に使用されるファームウェアです。 Cisco UCS Manager はアクティベーション操作によって、スタートアップ バージョンを変更します。

バックアップ バージョン

バックアップ バージョンは、他方のスロットのファームウェアで、エンドポイントによって使用されていません。 このバージョンは、エンドポイントをアップデートしたが、まだアクティブにしていないファームウェアか、または最近アクティブ化されたバージョンによって交換された古いファームウェア バージョンなどです。 Cisco UCS Manager はアップデート操作によって、バックアップ スロットのイメージを置き換えます。

スタートアップ バージョンからエンドポイントをブートできない場合、バックアップ バージョンからブートします。

ファブリック インターコネクトおよび Cisco UCS Manager のファームウェア バージョン

アクティブにできるのは、ファブリック インターコネクトのファームウェアとファブリック インターコネクト上の Cisco UCS Manager だけです。 すべてのイメージがファブリック インターコネクトに保存されるため、ファブリック インターコネクトおよび Cisco UCS Manager ファームウェアにはバックアップ バージョンがありません。 その結果、ブート可能ファブリック インターコネクト イメージは、サーバ CIMC とアダプタのように、2 つに制限されません。 代わりに、ブート可能ファブリック インターコネクト イメージは、ファブリック インターコネクトのメモリの空き領域と、そこに保存されるイメージの数によって制限されます。

ファブリック インターコネクトおよび Cisco UCS Manager ファームウェアには、カーネル ファームウェアとシステム ファームウェアの実行されているバージョンとスタートアップ バージョンがあります。 カーネル ファームウェアとシステム ファームウェアは、同じバージョンのファームウェアを実行している必要があります。