Cisco UCS Manager CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.2
管理 IP アドレスの設定
管理 IP アドレスの設定

目次

管理 IP アドレスの設定

この章は、次の内容で構成されています。

Management IP Address

Cisco UCS ドメイン ドメインの各サーバには、Cisco Integrated Management Controller(CIMC)またはサーバに関連付けられたサービス プロファイルに割り当てられる 1 つ以上の管理 IP アドレスが必要です。 Cisco UCS Manager は、CIMC で終端する外部アクセスに対しこれらの IP アドレスを使用します。 この外部アクセスは、次のいずれかのサービスを経由することが可能です。

  • KVM コンソール

  • Serial over LAN

  • IPMI ツール

サーバの CIMC にアクセスするために使用される管理 IP アドレスには、アウトオブバンド(OOB)アドレス(そのアドレスからトラフィックが管理ポート経由でファブリック インターコネクトを通過する)、またはインバンド アドレス(そのアドレスからトラフィックがファブリック アップリンク ポート経由でファブリック インターコネクトを通過する)を使用できます。 最大 6 つの IP アドレス(2 つはアウトオブバンド(OOB)アドレス、他 4 つはインバンド アドレス)がサーバの CIMC にアクセスするように設定できます。

以下の管理 IP アドレスを設定できます。

  • サーバに直接割り当てられたスタティック OOB IPv4 アドレス。

  • グローバル ext-mgmt プールからサーバに割り当てられた OOB IPv4 アドレス

  • サーバに関連付けられたサービス プロファイルから取得したインバンド IPv4 アドレス

  • 管理 IP プールから取り込まれ、サービス プロファイルまたはサービス プロファイル テンプレートに割り当てられたインバンド IPv4 アドレス

  • サーバに直接割り当てられたスタティック インバンド IPv6 アドレス

  • サーバに関連付けられたサービス プロファイルから取得したインバンド IPv6 アドレス

サーバの各 CIMC と、サーバに関連付けられたサービス プロファイルに複数の管理 IP アドレスを割り当てることができます。 そうする場合、それぞれ異なる IP アドレスを使用する必要があります。

サービス プロファイルに関連付けられた管理 IP アドレスはそのサービス プロファイルとともに移動します。 別のサーバにサービス プロファイルを移行するときに KVM または SoL セッションがアクティブな場合、Cisco UCS Manager はセッションを終了し、移行完了後そのセッションは再起動されません。 サービス プロファイルを作成または変更するときに、この IP アドレスを設定します。


(注)  


IP アドレスが Cisco UCS ドメイン ドメインのサーバまたはサービス プロファイルにすでに割り当てられている場合、サーバまたはサービス プロファイルにスタティック IP アドレスを割り当てることができません。 そのような設定を試行すると、Cisco UCS Manager は IP アドレスがすでに使用中であると警告し、設定を拒否します。


ブレード サーバの管理 IP アドレスの設定

ブレード サーバにスタティック IP アドレスを使用させる設定

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 UCS-A# scope server chassis-id / blade-id  

    指定サーバのシャーシ サーバ モードを開始します。

     
    ステップ 2 UCS-A /chassis/server # scope cimc  

    シャーシ サーバ CIMC モードを開始します。

     
    ステップ 3 UCS-A /chassis/server/cimc # create ext-static-ip  

    指定されたサーバのスタティック管理 IP アドレスを作成します。

     
    ステップ 4 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip # set addr ip-addr  

    サーバに割り当てられるスタティック IPv4 アドレスを指定します。

     
    ステップ 5 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip # set default-gw ip-addr  

    IP アドレスが使用するデフォルト ゲートウェイを指定します。

     
    ステップ 6 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip # set subnet ip-addr  

    IP アドレスのサブネット マスクを指定します。

     
    ステップ 7 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip # commit-buffer  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

     

    次の例は、シャーシ 1 のサーバ 1 にスタティック管理 IP アドレスを設定し、スタティック IPv4 アドレスを設定し、デフォルト ゲートウェイを設定し、サブネット マスクを設定し、トランザクションをコミットします。

    UCS-A# scope server 1/1
    UCS-A /chassis/server # scope cimc
    UCS-A /chassis/server/cimc # create ext-static-ip
    UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # set addr 192.168.10.10
    UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # set default-gw 192.168.10.1
    UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # set subnet 255.255.255.0
    UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # commit-buffer
    UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip #

    ブレード サーバにスタティック IPv6 アドレスを使用させる設定

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 UCS-A# scope server chassis-id / blade-id  

      指定サーバのシャーシ サーバ モードを開始します。

       
      ステップ 2 UCS-A /chassis/server # scope cimc  

      シャーシ サーバ CIMC モードを開始します。

       
      ステップ 3 UCS-A /chassis/server/cimc # create ext-static-ip6  

      指定されたサーバのスタティック管理 IPv6 アドレスを作成します。

       
      ステップ 4 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip6 # set addr ipv6-addr  

      サーバに割り当てられるスタティック IPv6 アドレスを指定します。

       
      ステップ 5 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip6 # set default-gw ip6-addr  

      IPv6 アドレスが使用するデフォルト ゲートウェイを指定します。

       
      ステップ 6 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip6 # set prefix ip6-addr  

      IPv6 アドレスのネットワーク プレフィックスを指定します。

       
      ステップ 7 UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip6 # commit-buffer  

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

       

      次の例は、シャーシ 1 のサーバ 1 にスタティック管理 IPv6 アドレスを設定し、スタティック IPv6 アドレスを設定し、デフォルト ゲートウェイを設定し、ネットワーク プレフィックスを設定し、トランザクションをコミットします。

      UCS-A# scope server 1/1
      UCS-A /chassis/server # scope cimc
      UCS-A /chassis/server/cimc # create ext-static-ip6
      UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # set addr 2001:888::10
      UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # set default-gw 2001:888::100
      UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # set prefix 64
      UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip* # commit-buffer
      UCS-A /chassis/server/cimc/ext-static-ip #

      ブレード サーバに管理 IP プールを使用させる設定

      スタティック管理 IP アドレスを削除すると、指定サーバを管理 IP プールに戻します。

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 UCS-A# scope server chassis-id / blade-id  

        指定サーバのシャーシ サーバ モードを開始します。

         
        ステップ 2 UCS-A /chassis/server # scope cimc  

        シャーシ サーバ CIMC モードを開始します。

         
        ステップ 3 UCS-A /chassis/server/cimc # delete {ext-static-ip | ext-static-ip6}  

        外部スタティック IPv4 または IPv6 アドレスを削除し、管理 IP プールにブレード サーバを戻します。

         
        ステップ 4 UCS-A /chassis/server/cimc/ # commit-buffer  

        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

         

        次の例は、シャーシ 1 のサーバ 1 のスタティック管理 IP アドレスを削除し、トランザクションをコミットします。

        UCS-A# scope server 1/1
        UCS-A /chassis/server # scope cimc
        UCS-A /chassis/server/cimc # delete ext-static-ip
        UCS-A /chassis/server/cimc* # commit-buffer
        UCS-A /chassis/server/cimc/ #

        次の例は、シャーシ 1 のサーバ 1 のスタティック管理 IPv6 アドレスを削除し、トランザクションをコミットします。

        UCS-A# scope server 1/1
        UCS-A /chassis/server # scope cimc
        UCS-A /chassis/server/cimc # delete ext-static-ip6
        UCS-A /chassis/server/cimc* # commit-buffer
        UCS-A /chassis/server/cimc/ #

        ラック サーバの管理 IP アドレスの設定

        ラック サーバにスタティック IP アドレスを使用させる設定

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 UCS-A# scope server blade-id  

          指定したサーバのサーバ モードを開始します。

           
          ステップ 2 UCS-A /server # scope cimc  

          サーバ CIMC モードに入ります。

           
          ステップ 3 UCS-A /server/cimc # create ext-static-ip  

          指定されたサーバのスタティック管理 IP アドレスを作成します。

           
          ステップ 4 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip # set addr ip-addr  

          サーバに割り当てられるスタティック IPv4 アドレスを指定します。

           
          ステップ 5 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip # set default-gw ip-addr  

          IP アドレスが使用するデフォルト ゲートウェイを指定します。

           
          ステップ 6 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip # set subnet ip-addr  

          IP アドレスのサブネット マスクを指定します。

           
          ステップ 7 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip # commit-buffer  

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           

          次の例は、ラック サーバ 1 にスタティック管理 IP アドレスを設定し、スタティック IPv4 アドレスを設定し、デフォルト ゲートウェイを設定し、サブネット マスクを設定し、トランザクションをコミットします。

          UCS-A# scope server 1
          UCS-A /server # scope cimc
          UCS-A /server/cimc # create ext-static-ip
          UCS-A /server/cimc/ext-static-ip* # set addr 192.168.10.10
          UCS-A /server/cimc/ext-static-ip* # set default-gw 192.168.10.1
          UCS-A /server/cimc/ext-static-ip* # set subnet 255.255.255.0
          UCS-A /server/cimc/ext-static-ip* # commit-buffer
          UCS-A /server/cimc/ext-static-ip #

          ラック サーバにスタティック IPv6 アドレスを使用させる設定

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1 UCS-A# scope server blade-id  

            指定したサーバのサーバ モードを開始します。

             
            ステップ 2 UCS-A /server # scope cimc  

            サーバ CIMC モードに入ります。

             
            ステップ 3 UCS-A /server/cimc # create ext-static-ip6  

            指定されたサーバのスタティック管理 IPv6 アドレスを作成します。

             
            ステップ 4 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip6 # set addr ip6-addr  

            サーバに割り当てられるスタティック IPv6 アドレスを指定します。

             
            ステップ 5 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip6 # set default-gw ip6-addr  

            IP アドレスが使用するデフォルト ゲートウェイを指定します。

             
            ステップ 6 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip6 # set prefix ip6-addr  

            IPv6 アドレスのネットワーク プレフィックスを指定します。

             
            ステップ 7 UCS-A /server/cimc/ext-static-ip # commit-buffer  

            トランザクションをシステムの設定にコミットします。

             

            次の例は、ラック サーバ 1 にスタティック管理 IPv6 アドレスを設定し、スタティック IPv4 アドレスを設定し、デフォルト ゲートウェイを設定し、ネットワーク プレフィックスを設定し、トランザクションをコミットします。

            UCS-A# scope server 1
            UCS-A /server # scope cimc
            UCS-A /server/cimc # create ext-static-ip6
            UCS-A /server/cimc/ext-static-ip6* # set addr 2001::8999
            UCS-A /server/cimc/ext-static-ip6* # set default-gw 2001::1
            UCS-A /server/cimc/ext-static-ip6* # set prefix 64
            UCS-A /server/cimc/ext-static-ip6* # commit-buffer
            UCS-A /server/cimc/ext-static-ip #
            次の作業

            ラック サーバに管理 IP プールを使用させる設定

            スタティック管理 IP アドレスを削除すると、指定サーバを管理 IP プールに戻します。

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1 UCS-A# scope server blade-id  

              指定したサーバのサーバ モードを開始します。

               
              ステップ 2 UCS-A /server # scope cimc  

              サーバ CIMC モードに入ります。

               
              ステップ 3 UCS-A /server/cimc # delete {ext-static-ip | ext-static-ip6}  

              外部スタティック IPv4 または IPv6 アドレスを削除し、管理 IP プールにラック サーバを戻します。

               
              ステップ 4 UCS-A /server/cimc/ # commit-buffer  

              トランザクションをシステムの設定にコミットします。

               

              次の例は、ラック サーバ 1 のスタティック管理 IP アドレスを削除し、トランザクションをコミットします。

              UCS-A# scope server 1
              UCS-A /server # scope cimc
              UCS-A /server/cimc # delete ext-static-ip
              UCS-A /server/cimc* # commit-buffer
              UCS-A /server/cimc/ #

              次の例は、ラック サーバ 1 のスタティック管理 IPv6 アドレスを削除し、トランザクションをコミットします。

              UCS-A# scope server 1
              UCS-A /server # scope cimc
              UCS-A /server/cimc # delete ext-static-ip6
              UCS-A /server/cimc* # commit-buffer
              UCS-A /server/cimc/ #

              サービス プロファイルまたはサービス プロファイル テンプレートでの管理 IP アドレスの設定

              手順
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1 UCS-A# scope org org-name  

                指定した組織の組織モードを開始します。

                ルート組織モードを開始するには、org-name に / と入力します。

                 
                ステップ 2 UCS-A /org # scope service-profile profile-name  

                指定したサービスで組織サービス プロファイル モードを開始します。

                 
                ステップ 3 UCS-A /org/service-profile # set ext-mgmt-ip-state {none | ext-pooled-ip | ext-pooled-ip6|ext-static-ip|ext-static-ip6}  

                管理 IPv4 または IPv6 アドレスをサービス プロファイルに割り当てる方法を指定します。

                次のオプションを使用して管理 IP アドレス ポリシーを設定できます。
                • none:サービス プロファイルに IP アドレスは割り当てられません。

                • pooled:サービス プロファイルに管理 IPv4 または IPv6 プールから IP アドレスが割り当てられます。

                • static:サービス プロファイルに設定済みのスタティック IPv4 または IPv6 アドレスが割り当てられます。
                  (注)     

                  サービス プロファイル テンプレートでは ext-management-ip-state を static に設定することはサポートされておらず、設定するとエラーが発生します。

                 
                ステップ 4 UCS-A /org/service-profile # commit-buffer  

                トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                 

                次に、accounting というサービス プロファイルの管理 IP アドレス ポリシーを static IPv4 に設定し、トランザクションをコミットする例を示します。

                UCS-A# scope org /
                UCS-A /org # scope service-profile accounting
                UCS-A /org/service-profile # set ext-mgmt-ip-state ext-static-ip
                UCS-A /org/service-profile* # commit-buffer
                UCS-A /org/service-profile #
                次の作業

                管理 IP アドレスを static に設定する場合、スタティック IP アドレスを使用するようにサーバを設定します。

                管理 IP プールの設定

                管理 IP プール

                デフォルトの管理 IP プール ext-mgmt は、外部の IPv4 および IPv6 アドレスの集合です。 Cisco UCS Manager は、サーバの CIMC で終端する外部アクセスのために、管理 IP プールに IP アドレスの各ブロックを予約しています。

                個別のアウトオブバンド IPv4 アドレス プール、およびインバンド IPv4 または IPv6 アドレス プールを設定できます。 IPv4 と IPv6 アドレス ブロックの両方を含むインバンド プールを設定できます。


                ヒント


                サーバ CIMC に IPv4 アドレスのみを含む IP プールをインバンド IPv6 ポリシーとして割り当てたり、IPv6 アドレスのみ含む IP プールをインバンド IPv4 ポリシーとして割り当てることを回避するために、それぞれ IPv4 または IPv6 アドレスのみを持つ個別のインバンド アドレス プールを設定することを推奨します。


                管理 IP プールからの IP アドレスを使用するようにサービス プロファイルとサービス プロファイル テンプレートを設定できます。 管理 IP プールを使用するようサーバを設定することはできません。

                管理 IP プール内のすべての IP アドレスは、同じ IPv4 サブネットに含まれるか、ファブリック インターコネクトの IPアドレスと同じ IPv6 ネットワーク プレフィックスが付けられている必要があります。


                (注)  


                サーバまたはサービス プロファイルのスタティック IP アドレスとして割り当てられている IP アドレスが、管理 IP プールに含まれていてはなりません。


                管理 IP プールの IP アドレス ブロックの設定

                サーバまたはサービス プロファイルのスタティック IP アドレスとして割り当てられている IP アドレスが、管理 IP プールに含まれていてはなりません。

                手順
                   コマンドまたはアクション目的
                  ステップ 1UCS-A# scope org /  

                  ルート組織モードを開始します。

                   
                  ステップ 2UCS-A /org # scope ip-pool ext-mgmt  

                  組織 IP プール モードを開始します。

                  (注)     

                  管理 IP プールの作成(または削除)はできません。 既存のデフォルト プールに入る(スコープを設定する)ことだけが可能です。

                   
                  ステップ 3UCS-A /org/ip-pool # set descr description   (任意)

                  管理 IP プールに説明を記入します。 この説明は管理 IP プールのすべてのアドレス ブロックに適用されます。

                  (注)     

                  説明にスペース、特殊文字、または句読点が含まれている場合、説明を引用符で括る必要があります。 引用符は、show コマンド出力の説明フィールドには表示されません。

                   
                  ステップ 4UCS-A /org/ip-pool # set assignmentorder {default | sequential} 

                  次のいずれかになります。

                  • [default]:Cisco UCS Managerはプールからランダム ID を選択します。

                  • [sequential]:Cisco UCS Manager はプールから最も小さい使用可能 ID を選択します。

                   
                  ステップ 5UCS-A /org/ip-pool # create block first-ip-addr last-ip-addr gateway-ip-addr subnet-mask 

                  IP アドレス ブロック(範囲)を作成し、組織 IP プール ブロック モードを開始します。 アドレス範囲の最初と最後の IP アドレス、ゲートウェイ IP アドレス、およびサブネット マスクを指定します。

                  (注)     

                  IP プールには、複数の IP ブロックを含めることができます。 複数のブロックを作成するには、組織 IP プール モードから複数の create block コマンドを入力します。

                   
                  ステップ 6UCS-A /org/ip-pool/block # set primary-dns ip-addrress |secondary-dns ip-address  

                  プライマリ DNS とセカンダリ DNS の IP アドレスを指定します。

                   
                  ステップ 7UCS-A /org/ip-pool/ ipv6-block # commit-buffer  

                  トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                   
                  ステップ 8UCS-A /org/ip-pool/block # exit 

                  IPv4 ブロック コンフィギュレーション モードを終了します。

                   
                  ステップ 9UCS-A /org/ip-pool # create ipv6-block first-ip6-addr last-ip6-addr gateway-ip6-addr prefix 

                  IPv6 アドレスのブロック(範囲)を作成し、組織 IP プール IPv6 ブロック モードを開始します。 アドレス範囲の最初と最後の IPv6 アドレス、ゲートウェイ IPv6 アドレス、およびネットワーク プレフィックスを指定する必要があります。

                  (注)     

                  IPv6 プールには、複数の IP ブロックを含めることができます。 複数の IPv6 ブロックを作成するには、組織 IP プール モードから複数の create ipv6-block コマンドを入力します。

                   
                  ステップ 10UCS-A /org/ip-pool/ipv6-block # set primary-dns ip6-address secondary-dns ip6-address 

                  プライマリ DNS とセカンダリ DNS の IPv6 アドレスを指定します。

                   
                  ステップ 11UCS-A /org/ip-pool/ipv6-block # commit-buffer 

                  トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                   

                  次の例では、管理 IP プールの IPv4 アドレス ブロックを設定し、プライマリおよびセカンダリ IPv4 アドレスを指定し、IPv6 ブロックを作成し、プライマリおよびセカンダリ IPv6 アドレスを指定し、トランザクションをコミットします。

                  UCS-A# scope org /
                  UCS-A /org # scope ip-pool ext-mgmt-ip
                  UCS-A /org/ip-pool* # set descr "This is a management ip pool example."
                  UCS-A /org/ip-pool* # create block 192.168.100.1 192.168.100.200 192.168.100.10 255.255.255.0
                  UCS-A /org/ip-pool/block* # set primary-dns 192.168.100.1 secondary-dns 192.168.100.20
                  UCS-A /org/ip-pool/block* commit-buffer
                  UCS-A /org/ip-pool/block exit
                  UCS-A /org/ip-pool* # create ipv6-block 2001:888::10 2001:888::100 2001:888::1 64  
                  UCS-A /org/ip-pool/ipv6- block* set primary-dns 2001:888::11 secondary-dns 2001:888::12
                  UCS-A /org/ip-pool/ipv6- block* commit-buffer
                  UCS-A /org/ip-pool/ipv6- block #UCS-A /org/ip-pool/block* # commit-buffer
                  UCS-A /org/ip-pool/block # 
                  

                  次の例では、管理 IP プールの IPv6 アドレス ブロックを設定し、トランザクションをコミットする例を示します。

                  UCS-A# scope org /
                  UCS-A /org #scope ip-pool ext-mgmt-ip
                  UCS-A /org/ip-pool* # set descr "This is a management IPv6 pool example."
                  UCS-A /org/ip-pool* # create ipv6-block 2001:888::10 2001:888::100 2001:888::1 64
                  UCS-A /org/ip-pool/ipv6-block* # commit-buffer
                  UCS-A /org/ip-pool/ipv6-block* # 
                  
                  次の作業

                  1 つ以上のサービス プロファイルまたはサービス プロファイル テンプレートを設定し、管理 IP プールから CIMC IP アドレスを取得します。

                  管理 IP プールからの IP アドレス ブロックの削除

                  手順
                     コマンドまたはアクション目的
                    ステップ 1UCS-A# scope org org-name  

                    指定した組織の組織モードを開始します。 ルート組織モードに入るには、「/」を org-name として入力します。

                     
                    ステップ 2UCS-A /org # scope ip-pool ext-mgmt  

                    管理 IP プールを入力します。

                     
                    ステップ 3UCS-A /org/ip-pool # delete {ip-block|ipv6-block} {first-ip-addr|first-ip6-addr}{last-ip-addr| last-ip6-addr}  

                    IPv4 または IPv6 アドレスの指定されたブロック(範囲)を削除します。

                     
                    ステップ 4UCS-A /org/ip-pool # commit-buffer  

                    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                     

                    次に、管理 IP プールから IP アドレス ブロックを削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

                    UCS-A# scope org /
                    UCS-A /org # scope ip-pool ext-mgmt
                    UCS-A /org/ip-pool # delete block 192.168.100.1 192.168.100.200
                    UCS-A /org/ip-pool* # commit-buffer
                    UCS-A /org/ip-pool # 
                    

                    次に、管理 IP プールから IPv6 アドレス ブロックを削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

                    UCS-A# scope org /
                    UCS-A /org # scope ip-pool pool4
                    UCS-A /org/ip-pool # delete ipv6-block 2001::1 2001::10
                    UCS-A /org/ip-pool* # commit-buffer
                    UCS-A /org/ip-pool #