Cisco UCS Manager CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.2
ブレード サーバの管理
ブレード サーバの管理

目次

ブレード サーバの管理

この章は、次の内容で構成されています。

ブレード サーバ管理

Cisco UCS Manager を使用して Cisco UCS ドメインのすべてのブレード サーバを管理および監視できます。 電源状態の変更など一部のブレード サーバ管理タスクは、サーバおよびサービス プロファイルから行うことができます。

残りの管理タスクは、サーバ上でだけ実行できます。

シャーシ内のブレード サーバ スロットが空の場合、そのスロットに関する情報、エラー、および障害が Cisco UCS Manager から提供されます。 サーバ ミスマッチ エラーを解決し、そのスロット内のブレード サーバを Cisco UCS Manager で再検出するために、スロットを再認識させることもできます。

ブレード サーバの削除および解放に関するガイドライン

Cisco UCS Manager を使ってブレード サーバの削除や解除を実行するか決定するときは、次のガイドラインを考慮します。

ブレード サーバの解放

解放は、ブレード サーバは物理的に存在し接続されているものの、一時的に設定から削除する場合に実行されます。 解放されたブレード サーバは最終的に再稼働することが予測されるので、サーバ情報部分は Cisco UCS Manager によって、将来使用するために残されています。

ブレード サーバの削除

削除は、シャーシとの接続を解除することでブレード サーバを物理的に削除するときに実行します。 物理的に存在しシャーシに接続されているブレード サーバは、Cisco UCS Manager から削除できません。 ブレード サーバの物理的な削除が完了すると、そのブレード サーバの設定は、Cisco UCS Manager で削除できます。

削除中、そのブレード サーバへのアクティブ リンクはディセーブルにされ、すべてのエントリがデータベースから削除されます。サーバは、ディスカバリ中に割り当てられたどのサーバ プールからも自動的に削除されます。


(注)  


ディスカバリ中にサーバ プールに自動的に追加されたサーバだけが、自動的に削除されます。 サーバ プールに手動で追加したサーバは手動で削除する必要があります。


削除されたブレード サーバを設定に追加し直す必要がある場合、再接続し、再検出する必要があります。 サーバが Cisco UCS Manager に再導入されると、新しいサーバのように処理され、詳細なディスカバリ プロセスが実施されます。 このため、Cisco UCS Manager が割り当てる新しい ID は、以前そのサーバが持っていた ID と異なる場合があります。

予期しないサーバ電力変更を回避するための推奨事項

サーバがサービス プロファイルに関連付けられていない場合は、サーバの物理的な [Power] または [Reset] ボタンなど、サーバの電源状態を変更するために使用可能な手段をすべて使用できます。

サーバがサービス プロファイルに関連付けられているか、サービス プロファイルに割り当てられている場合は、サーバの電源状態の変更は次の方法でのみ行う必要があります。

  • Cisco UCS Manager GUI で、サーバに関連付けられたサーバまたはサービス プロファイルの [General] タブに移動し、[Actions] 領域で [Boot Server] または [Shutdown Server] を選択します。

  • Cisco UCS Manager CLI で、サーバ、またはサーバに関連付けられたサービス プロファイルに対して power up または power down コマンドを使用します。

重要:

電源がオフになっている関連サーバには、次のオプションのいずれも使用しないでください。

  • GUI の [Reset]

  • CLI の cycle cycle-immediate または reset hard-reset-immediate

  • サーバの物理的な [Power] または [Reset] ボタン

現在電源がオフになっているサーバに対して、リセットまたはサイクルを実施するか、サーバの物理的な [Power] ボタンを使用すると、サーバの実際の電力状態がサービス プロファイルで必要とされる電源状態の設定と同期しなくなる可能性があります。 サーバと Cisco UCS Manager 間の通信が中断した場合や、サービス プロファイルの設定が変更されると、Cisco UCS Manager によって、必要とされる電源状態がサービス プロファイルからサーバに適用される場合があり、この結果予期しない電源変更が発生する可能性があります。

電源の同期に関する問題は、次に示すように予期しないサーバの再起動につながる可能性があります。

サービス プロファイルで必要とされる電源状態

現在のサーバの電源状態

通信が中断された後のサーバの電源状態

Up

電源オフ

電源オン

Down

電源オン

電源オン

(注)     

実行中のサーバは、サービス プロファイルに必要とされる電源状態に関係なくシャットダウンされません。

ブレード サーバのブート

はじめる前に

ブレード サーバまたはサーバ プールにサービス プロファイルを関連付けます。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCS-A# scope org org-name  

    指定した組織の組織モードを開始します。 ルート組織モードに入るには、「/」を org-name として入力します。

     
    ステップ 2UCS-A /org # scope service-profile profile-name  

    指定したサービス プロファイルで組織サービス プロファイル モードを開始します。

     
    ステップ 3UCS-A /org/service-profile # power up  

    サービス プロファイルに関連付けられたブレード サーバをブートします。

     
    ステップ 4UCS-A /org/service-profile # commit-buffer  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

     

    次の例は、ServProf34 という名前のサービス プロファイルに関連付けられたブレード サーバをブートし、トランザクションをコミットします。

    UCS-A# scope org /
    UCS-A /org* # scope service-profile ServProf34
    UCS-A /org/service-profile* # power up
    UCS-A /org/service-profile* # commit-buffer
    UCS-A /org/service-profile #
    

    ブレード サーバのシャットダウン

    この手順を使用して、インストールされているオペレーティング システムによりサーバをシャットダウンする場合、Cisco UCS Manager により、この OS のグレースフル シャットダウン シーケンスがトリガーされます。

    はじめる前に

    ブレード サーバまたはサーバ プールにサービス プロファイルを関連付けます。

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCS-A# scope org org-name  

      指定した組織の組織モードを開始します。 ルート組織モードを開始するには、org-name/ と入力します。

       
      ステップ 2UCS-A /org # scope service-profile profile-name  

      指定したサービス プロファイルで組織サービス プロファイル モードを開始します。

       
      ステップ 3UCS-A /org/service-profile # power down  

      サービス プロファイルに関連付けられたブレード サーバをシャットダウンします。

       
      ステップ 4UCS-A /org/service-profile # commit-buffer  

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

       

      次に、ServProf34 という名前のサービス プロファイルに関連付けられたブレード サーバをシャットダウンし、トランザクションをコミットする例を示します。

      UCS-A# scope org /
      UCS-A /org # scope service-profile ServProf34
      UCS-A /org/service-profile # power down
      UCS-A /org/service-profile* # commit-buffer
      UCS-A /org/service-profile #
      

      ブレード サーバの電源再投入

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1UCS-A# scope server chassis-num / server-num  

        指定したブレード サーバでシャーシ サーバ モードを開始します。

         
        ステップ 2UCS-A /chassis/server # cycle {cycle-immediate | cycle-wait}  

        ブレード サーバの電源を再投入します。

        ブレード サーバの電源再投入をただちに開始するには、cycle-immediate キーワードを使用します。保留中のすべての管理操作が完了した後に電源再投入が開始されるようスケジュールするには、cycle-wait キーワードを使用します。

         
        ステップ 3UCS-A# commit-buffer  

        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

         

        次に、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 の電源をただちに再投入し、トランザクションをコミットする例を示します。

        UCS-A#  scope server 2/4
        UCS-A /chassis/server # cycle cycle-immediate
        UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
        UCS-A /chassis/server # 
        

        ブレード サーバのハード リセットの実行

        サーバをリセットすると、Cisco UCS Manager により、リセット ライン上にパルスが送信されます。 オペレーティング システムのグレースフル シャットダウンを選択することができます。 オペレーティング システムでグレースフル シャットダウンがサポートされていない場合、サーバ電源の再投入が行われます。 Cisco UCS Manager に、サーバをリセットする前にすべての管理操作を完了させるオプションでは、これらの操作がサーバのリセット前に完了するかどうかは保証されていません。


        (注)  


        電源切断状態からサーバをブートする場合は、[リセット] を使用しないでください。

        この手順を使用して電源投入を続けると、サーバの望ましい電源状態が実際の電源状態と同期しなくなり、サーバが後で予期せずシャットダウンすることがあります。 選択したサーバを電源切断状態から安全にリブートするには、[キャンセル] をクリックし、[ブート サーバ] アクションを選択します。


        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCS-A# scope server chassis-num / server-num  

          指定サーバのシャーシ サーバ モードを開始します。

           
          ステップ 2UCS-A /chassis/server # reset {hard-reset-immediate | hard-reset-wait}  

          ブレード サーバのハード リセットを実行します。

          サーバのハード リセットをただちに開始するには、hard-reset-immediate キーワードを使用します。保留中のすべての管理操作が完了した後にハード リセットが開始されるようスケジュールするには、hard-reset-wait キーワードを使用します。

           
          ステップ 3UCS-A /server # commit-buffer  

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           

          次に、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 のハード リセットをただちに実行し、トランザクションをコミットする例を示します。

          UCS-A#  scope server 2/4
          UCS-A /chassis/server # reset hard-reset-immediate
          UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
          UCS-A /chassis/server # 
          

          ブレード サーバの認識

          Cisco UCS Manager にサーバ、およびそのサーバのすべてのエンドポイントを再検出させる必要がある場合は、次の手順を実行します。 たとえば、サーバがディスカバリ状態など、予期していなかった状態から抜け出せなくなっている場合に、この手順を使用します。

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1UCS-A# acknowledge server chassis-num / server-num  

            選択されたブレード サーバを認識します。

             
            ステップ 2UCS-A# commit-buffer  

            トランザクションをシステムの設定にコミットします。

             

            次の例では、シャーシ 2 のサーバ 4 を認識し、トランザクションをコミットします。

            UCS-A#  acknowledge server 2/4
            UCS-A* # commit-buffer
            UCS-A # 
            

            シャーシからのブレード サーバの削除

            はじめる前に

            次の手順を実行する前に、サーバをシャーシから物理的に取り外します。

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1UCS-A# remove server chassis-num / server-num  

              指定したブレード サーバを削除します。

               
              ステップ 2UCS-A# commit-buffer  

              トランザクションをシステムの設定にコミットします。

               

              次に、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 を削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

              UCS-A#  remove server 2/4
              UCS-A* # commit-buffer
              UCS-A # 
              
              次の作業

              ブレード サーバを物理的に取り付けなおす場合は、スロットを再認識して、Cisco UCS Manager にこのサーバを再検出させる必要があります。

              詳細については、ブレード サーバの認識を参照してください。

              ブレード サーバの解放

              手順
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1UCS-A# decommission server chassis-num / server-num  

                指定されたブレード サーバを解放します。

                 
                ステップ 2UCS-A# commit-buffer  

                トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                 

                次の例では、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 を解放し、トランザクションをコミットします。

                UCS-A# decommission server 2/4
                UCS-A* # commit-buffer
                UCS-A # 
                

                ブレード サーバのロケータ LED の電源投入

                手順
                   コマンドまたはアクション目的
                  ステップ 1UCS-A# scope server chassis-num / server-num  

                  指定したシャーシでシャーシ サーバ モードを開始します。

                   
                  ステップ 2UCS-A /chassis/server # enable locator-led  

                  ブレード サーバのロケータ LED の電源を投入します。

                   
                  ステップ 3UCS-A /chassis/server # commit-buffer  

                  トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                   

                  次に、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 のロケータ LED の電源を投入し、トランザクションをコミットする例を示します。

                  UCS-A# scope server 2/4
                  UCS-A /chassis/server # enable  locator-led
                  UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
                  UCS-A /chassis/server # 
                  

                  ブレード サーバのロケータ LED の電源切断

                  手順
                     コマンドまたはアクション目的
                    ステップ 1UCS-A# scope server chassis-num / server-num  

                    指定したシャーシでシャーシ モードを開始します。

                     
                    ステップ 2UCS-A /chassis/server # disable locator-led  

                    ブレード サーバのロケータ LED の電源を切断します。

                     
                    ステップ 3UCS-A /chassis/server # commit-buffer  

                    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                     

                    次に、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 のロケータ LED の電源を切断し、トランザクションをコミットする例を示します。

                    UCS-A# scope chassis 2/4
                    UCS-A /chassis/server # disable  locator-led
                    UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
                    UCS-A /chassis/server # 
                    

                    ブレード サーバの CMOS のリセット

                    非常に珍しいケースですが、サーバのトラブルシューティング時に、CMOS のリセットが必要になることがあります。 この手順は、通常のサーバ メンテナンスには含まれません。

                    手順
                       コマンドまたはアクション目的
                      ステップ 1UCS-A# scope server chassis-num / server-num  

                      指定したシャーシでシャーシ サーバ モードを開始します。

                       
                      ステップ 2UCS-A /chassis/server # reset-cmos  

                      ブレード サーバの CMOS をリセットします。

                       
                      ステップ 3UCS-A /chassis/server # commit-buffer  

                      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                       

                      次に、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 の CMOS をリセットし、トランザクションをコミットする例を示します。

                      UCS-A# scope server 2/4
                      UCS-A /chassis/server # reset-cmos
                      UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
                      UCS-A /chassis/server #  
                      

                      ブレード サーバの CIMC のリセット

                      現在実行されているファームウェアで問題が発生した場合など、非常に珍しいケースですが、サーバのトラブルシューティング時に、CIMC のリセットが必要になることがあります。 この手順は、通常のサーバ メンテナンスには含まれません。 CIMC のリセット後、サーバは、そのサーバで実行されているバージョンのファームウェアを使ってブートされます。

                      CIMC をリセットすると、CIMC がリブートするまでの間、Cisco UCS の電力モニタリング機能が短時間使用不能になります。 通常は 20 秒しかかかりませんが、その間にピーク電力制限を超える可能性があります。 非常に低い電力制限が設定された環境で、設定された電力制限を超えないようにするには、CIMC のリブートまたはアクティブ化を交互に実施することを検討してください。

                      手順
                         コマンドまたはアクション目的
                        ステップ 1UCS-A# scope server chassis-num / server-num  

                        指定したシャーシでシャーシ サーバ モードを開始します。

                         
                        ステップ 2UCS-A /chassis/server # scope CIMC  

                        シャーシ サーバ CIMC モードを開始します。

                         
                        ステップ 3UCS-A /chassis/server/CIMC # reset  

                        ブレード サーバの CIMC をリセットします。

                         
                        ステップ 4UCS-A /chassis/server/CIMC # commit-buffer  

                        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

                         

                        次に、シャーシ 2 のブレード サーバ 4 の CIMC をリセットし、トランザクションをコミットする例を示します。

                        UCS-A# scope server 2/4
                        UCS-A /chassis/server # scope CIMC
                        UCS-A /chassis/server/cimc # reset
                        UCS-A /chassis/server/cimc* # commit-buffer
                        UCS-A /chassis/server/cimc #  
                        

                        ブレード サーバの破損した BIOS の復旧

                        非常に珍しいケースですが、ブレード サーバの問題により、破損した BIOS の復旧が必要になることがあります。 この手順は、通常のサーバ メンテナンスには含まれません。 BIOS の復旧後、ブレード サーバは、そのサーバで実行されているバージョンのファームウェアを使用してブートします。

                        はじめる前に
                        重要:

                        サーバ上で破損している BIOS の復旧を試行する前に、そのサーバに接続またはマップされている USB ストレージをすべて取り外します。 外部 USB ドライブが vMedia からサーバに取り付けられた、またはマップされている場合、BIOS の回復に失敗します。

                        手順
                           コマンドまたはアクション目的
                          ステップ 1UCS-A# scope server chassis-id / server-id  

                          指定したシャーシ内の指定したブレード サーバでシャーシ サーバ モードを開始します。

                           
                          ステップ 2UCS-A /chassis/server # recover-bios version  

                          指定した BIOS バージョンをロードし、アクティブにします。

                           
                          ステップ 3UCS-A /chassis/server # commit-buffer  

                          トランザクションをコミットします。

                           

                          次に、BIOS を復旧する例を示します。

                          UCS-A# scope server 1/7
                          UCS-A /chassis/server # recover-bios S5500.0044.0.3.1.010620101125
                          UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
                          UCS-A /chassis/server # 
                          

                          ブレード サーバからの NMI の発行

                          システムが応答しないままになっており、Cisco UCS Manager で、CIMC から Non Maskable Interrupt(NMI)を BIOS またはオペレーティング システムに発行する必要がある場合は、次の手順を実行します。 このアクションにより、サーバにインストールされているオペレーティング システム応じて、コア ダンプまたはスタック トレースが作成されます。

                          手順
                             コマンドまたはアクション目的
                            ステップ 1 UCS-A# scope server [chassis-num/server-num | dynamic-uuid] 

                            指定したサーバのサーバ モードを開始します。

                             
                            ステップ 2UCS-A /chassis/server # diagnostic-interrupt   
                            ステップ 3 UCS-A /chassis/server* # commit-buffer 

                            保留中のすべてのトランザクションをコミットします。

                             

                            次に、シャーシ 2 のサーバ 4 から NMI を送信し、トランザクションをコミットする例を示します。

                            UCS-A# scope server 2/4
                            UCS-A /chassis/server # diagnostic-interrupt
                            UCS-A /chassis/server* # commit-buffer
                            UCS-A /chassis/server # 
                            

                            ヘルス LED アラーム

                            ブレード ヘルス LED は、各 Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバの前面にあります。 Cisco UCS Manager ではセンサー故障が発生すると、ブレード ヘルス LED の色がグリーンからオレンジ、またはオレンジの点滅に変わります。

                            ヘルス LED アラームには次の情報が表示されます。

                            名前 説明

                            [Severity] カラム

                            アラームの重大度。 次のいずれかになります。

                            • [Critical]:ブレード ヘルス LED がオレンジで点滅します。

                            • [Minor]:ブレード ヘルス LED がオレンジに点灯します。

                            [Description] カラム

                            アラームの簡単な説明。

                            [Sensor ID] カラム

                            アラームをトリガーしたセンサーの ID。

                            [Sensor Name] カラム

                            アラームをトリガーしたセンサーの名前。

                            ヘルス LED ステータスの表示

                            手順
                               コマンドまたはアクション目的
                              ステップ 1 UCS-A# scope server chassis-id / blade-id  

                              指定サーバのシャーシ サーバ モードを開始します。

                               
                              ステップ 2 UCS-A /chassis/server # show health-led expand  

                              選択したサーバのヘルス LED およびセンサー アラームを表示します。

                               

                              次の例では、シャーシ 1 サーバ 1 のヘルス LED ステータスとセンサー アラームを表示する方法を示します。

                              UCS-A# scope server 1/1
                              UCS-A /chassis/server # show health-led
                              Health LED:
                                  Severity: Minor
                                  Reason:: P0V75_STBY:Voltage Threshold Crossed;TEMP_SENS_FRONT:Temperature Threshold Crossed;
                                  Color: Amber
                                  Oper State:: On
                              
                                  Sensor Alarm:
                                      Severity: Minor
                                      Sensor ID: 7
                                      Sensor Name: P0V75_STBY
                                      Alarm Desc: Voltage Threshold Crossed
                              
                                      Severity: Minor
                                      Sensor ID: 76
                                      Sensor Name: TEMP_SENS_FRONT
                                      Alarm Desc: Temperature Threshold Crossed
                              
                                      Severity: Minor
                                      Sensor ID: 91
                                      Sensor Name: DDR3_P1_D2_TMP
                                      Alarm Desc: Temperature Threshold Crossed
                              
                              UCS-A /chassis/server #