Cisco UCS Manager CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.2
タイム ゾーンの管理
タイム ゾーンの管理

タイム ゾーンの管理

この章は、次の内容で構成されています。

タイム ゾーン

Cisco UCS は、Cisco UCS Manager に正しい時刻を表示するためにドメイン固有のタイムゾーン設定と NTP サーバを必要とします。 これらの両方を Cisco UCS ドメインに設定しなければ、時間は正確に表示されません。

時間帯の設定

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCS-A# scope system  

    システム モードを開始します。

     
    ステップ 2UCS-A /system # scope services  

    システム サービス モードを開始します。

     
    ステップ 3UCS-A /system/services # set timezone  

    この時点で、大陸、国、およびタイム ゾーン領域に対応する番号を入力するように求められます。 プロンプトごとに適切な情報を入力します。

    ロケーション情報の指定を完了すると、プロンプトが表示され、正しいタイム ゾーン情報が設定されているか確認するよう求められます。 確認する場合は 1(yes)を入力し、操作をキャンセルする場合は 2(no)を入力します。

     
    ステップ 4UCS-A /system/services # commit-buffer  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

     
    ステップ 5UCS-A /system/services # exit  

    システム モードを開始します。

     
    ステップ 6UCS-A /system/services # exit  

    EXEC モードを開始します。

     
    ステップ 7UCS-A /system/services # show timezone  

    設定されているタイムゾーンを表示します。

     

    次に、太平洋標準時領域にタイム ゾーンを設定し、トランザクションをコミットし、設定したタイム ゾーンを表示する例を示します。

    UCS-A# scope system
    UCS-A /system # scope services
    UCS-A /system/services # set timezone
    Please identify a location so that time zone rules can be set correctly.
    Please select a continent or ocean.
    1) Africa            4) Arctic Ocean     7) Australia       10) Pacific Ocean
    2) Americas          5) Asia             8) Europe
    3) Antarctica        6) Atlantic Ocean   9) Indian Ocean
    #? Artic ocean
    Please enter a number in range.
    #? 2
    Please select a country.
     1) Anguilla              18) Ecuador               35) Paraguay
     2) Antigua & Barbuda     19) El Salvador           36) Peru
     3) Argentina             20) French Guiana         37) Puerto Rico
     4) Aruba                 21) Greenland             38) St Kitts & Nevis
     5) Bahamas               22) Grenada               39) St Lucia
     6) Barbados              23) Guadeloupe            40) St Pierre & Miquelon
     7) Belize                24) Guatemala             41) St Vincent
     8) Bolivia               25) Guyana                42) Suriname
     9) Brazil                26) Haiti                 43) Trinidad & Tobago
    10) Canada                27) Honduras              44) Turks & Caicos Is
    11) Cayman Islands        28) Jamaica               45) United States
    12) Chile                 29) Martinique            46) Uruguay
    13) Colombia              30) Mexico                47) Venezuela
    14) Costa Rica            31) Montserrat            48) Virgin Islands (UK)
    15) Cuba                  32) Netherlands Antilles  49) Virgin Islands (US)
    16) Dominica              33) Nicaragua
    17) Dominican Republic    34) Panama
    #? 45
    Please select one of the following time zone regions.
     1) Eastern Time
     2) Eastern Time - Michigan - most locations
     3) Eastern Time - Kentucky - Louisville area
     4) Eastern Time - Kentucky - Wayne County
     5) Eastern Standard Time - Indiana - most locations
     6) Eastern Standard Time - Indiana - Crawford County
     7) Eastern Standard Time - Indiana - Starke County
     8) Eastern Standard Time - Indiana - Switzerland County
     9) Central Time
    10) Central Time - Michigan - Wisconsin border
    11) Central Time - North Dakota - Oliver County
    12) Mountain Time
    13) Mountain Time - south Idaho & east Oregon
    14) Mountain Time - Navajo
    15) Mountain Standard Time - Arizona
    16) Pacific Time
    17) Alaska Time
    18) Alaska Time - Alaska panhandle
    19) Alaska Time - Alaska panhandle neck
    20) Alaska Time - west Alaska
    21) Aleutian Islands
    22) Hawaii
    #? 16
    
    The following information has been given:
    
            United States
            Pacific Time
    
    Therefore timezone 'America/Los_Angeles' will be set.
    Local time is now:      Fri May 15 07:39:25 PDT 2009.
    Universal Time is now:  Fri May 15 14:39:25 UTC 2009.
    Is the above information OK?
    1) Yes
    2) No
    #? 1
    UCS-A /system/services* # commit-buffer
    UCS-A /system/services # exit
    UCS-A /system # exit
    UCS-A# show timezone
    Timezone: America/Los_Angeles (Pacific Time)
    UCS-A#
    

    NTP サーバの追加

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCS-A# scope system  

      システム モードを開始します。

       
      ステップ 2UCS-A /system # scope services  

      システム サービス モードを開始します。

       
      ステップ 3UCS-A /system/services # create ntp-server {hostname | ip-addr|ip6-addr}  

      指定したホスト名、IPv4 または IPv6 アドレスの NTP サーバを使用するようシステムを設定します。

       
      ステップ 4UCS-A /system/services # commit-buffer  

      トランザクションをシステムの設定にコミットします。

       

      次の例では、IP アドレス 192.168.200.101 を持つ NTP サーバを設定し、トランザクションをコミットします。

      UCS-A# scope system
      UCS-A /system # scope services
      UCS-A /system/services # create ntp-server 192.168.200.101
      UCS-A /system/services* # commit-buffer
      UCS-A /system/services # 
      

      次の例では、IP アドレス 4001::6 を持つ NTP サーバを設定し、トランザクションをコミットします。

      UCS-A# scope system
      UCS-A /system # scope services
      UCS-A /system/services # create ntp-server 4001::6
      UCS-A /system/services* # commit-buffer
      UCS-A /system/services # 
      

      NTP サーバの削除

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1UCS-A# scope system  

        システム モードを開始します。

         
        ステップ 2UCS-A /system # scope services  

        システム サービス モードを開始します。

         
        ステップ 3UCS-A /system/services # delete ntp-server {hostname | ip-addr|ip6-addr}  

        指定したホスト名、IPv4 または IPv6 アドレスの NTP サーバを削除します。

         

        次に、IP アドレス 192.168.200.101 の NTP サーバを削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

        UCS-A# scope system
        UCS-A /system # scope services
        UCS-A /system/services # delete ntp-server 192.168.200.101
        UCS-A /system/services* # commit-buffer
        UCS-A /system/services # 
        

        次に、IPv6 アドレス 4001::6 の NTP サーバを削除し、トランザクションをコミットする例を示します。

        UCS-A# scope system
        UCS-A /system # scope services
        UCS-A /system/services # delete ntp-server 4001::6
        UCS-A /system/services* # commit-buffer
        UCS-A /system/services # 
        

        システム クロックの手動設定

        システム クロックの変更はただちに反映されます。

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCS-A# scope system  

          システム モードを開始します。

           
          ステップ 2UCS-A /system # scope services  

          システム サービス モードを開始します。

           
          ステップ 3UCS-A /system/services # set clock mon date year hour min sec  

          システム クロックを設定します。

           

          次に、システム クロックを設定し、トランザクションをコミットする例を示します。

          UCS-A# scope system
          UCS-A /system # scope services
          UCS-A /system/services # set clock apr 14 2010 15 27 00
          UCS-A /system/services #