Cisco UCS B シリーズ CLI ファームウェア管理ガイド リリース 2.2
Cisco UCS Central による Cisco UCS ドメインのファームウェアのアップグレード
Cisco UCS Central による Cisco UCS ドメインのファームウェアのアップグレード

Cisco UCS Central による Cisco UCS ドメインのファームウェアのアップグレード

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS ドメインのファームウェアのアップグレード

登録されている Cisco UCS ドメインに対して、インフラストラクチャとサーバのファームウェアのアップグレードを Cisco UCS Central から実行できます。

必要に応じて、各ドメイン グループの Cisco UCS ドメインを異なるバージョンのファームウェアにアップグレードできます。また、 Cisco UCS Central には、ファブリック インターコネクトのリブートを Cisco UCS Central からグローバルに確認するオプション、または各 Cisco UCS ドメインから個別に確認するオプションがあります。

インフラストラクチャ ファームウェア ポリシーの更新設定

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

    Policy Manager モードを開始します。

     
    ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

    ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

     
    ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope fw-infra-pack name  

    ドメイン グループのインフラストラクチャ ファームウェア ポリシー モードを開始します。

     
    ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack # set infrabundleversion 

    更新するインフラストラクチャ ポリシー バージョンを指定します。

     
    ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack # commit-buffer 

    トランザクションをシステムにコミットします。

     

    次に、Cisco UCS Central CLI からドメイン グループのインフラストラクチャ ファームウェア ポリシーの更新を設定する例を示します。

    UCSC# connect policy-mgr
    UCSC(policy-mgr)# scope domain-group 
    UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope fw-infra-pack default
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack # set infrabundleversion 2.1(0.475)T
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack* # commit-buffer
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack # 
    

    保留中のアクティビティの確認

    この手順では、ファブリック インターコネクトのリブート保留中アクティビティを Cisco UCS Central CLI から確認するプロセスについて説明します。

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCSC# connect operation-mgr  

      Operations Manager モードを開始します。

       
      ステップ 2UCSC(ops-mgr)# scope domain-group Marketing 

      ドメイン グループを入力します。

       
      ステップ 3UCSC(ops-mgr) /domain-group # scope schedule fi-reboot 

      スケジュール設定されたタスク モードを開始します。

       
      ステップ 4UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule # show token-request 

      システムの保留中のアクティビティを表示します。

       
      ステップ 5UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule # scope token-request id sys-fw-system-ack 

      保留中のアクティビティを検出します。

       
      ステップ 6UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule/token-request # acknowledge token-request 

      指定された保留中のアクティビティを確認します。

       
      ステップ 7UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule/token-request* # commit-buffer 

      トランザクションをシステムにコミットします。

       

      次に、保留中のアクティビティを Cisco UCS Central CLI で確認する例を示します。

      UCSC# connect operation-mgr
      UCSC(ops-mgr)# scope domain-group Marketing
      UCSC(ops-mgr) /domain-group # scope schedule fi-reboot
      UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule # show token-request
      Token Request:    
      ID    Name       Client IP       Admin State     Oper State    
      ----- ---------- --------------- --------------- ----------     
      1033 sys-fw-system-ack 10.193.23.150   Auto Scheduled  Pending Ack 
      UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule # scope token-request id sys-fw-system-ack
      UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule/token-request # acknowledge token-request
      UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule/token-request* # commit-buffer
      UCSC(ops-mgr) /domain-group/schedule/token-request # 

      インフラストラクチャ ファームウェア パッケージの表示

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

        Policy Manager モードを開始します。

         
        ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

        ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

         
        ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope fw-infra-pack name  

        ドメイン グループのインフラストラクチャ ファームウェア ポリシー モードを開始します。

         
        ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack #show 

        システムで使用可能なインフラストラクチャ ファームウェア パッケージを表示します。

         

        次に、Cisco UCS Central CLI を使用して使用可能なインフラストラクチャ パッケージを表示する例を示します。

        UCSC# connect policy-mgr
        UCSC(policy-mgr)# scope domain-group 
        UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope fw-infra-pack default
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack # show
        Infra Pack:
        Name                 Mode     Infra Bundle Version    
        -------------------- -------- --------------------    
        root/default         Staged   2.1(0.480)A
        UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-infra-pack # 
        

        ホスト ファームウェア パッケージの作成

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

          Policy Manager モードを開始します。

           
          ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

          ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

           
          ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # create fw-host-packpolicy name  

          指定したホスト ファームウェア パックを作成します。

           
          ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-host-pack* # set descr description 

          ホスト ファームウェア ポリシーの説明を指定します。

           
          ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-host-pack* # set bladebundleversion version number 

          ホスト ファームウェア ポリシーのブレード サーバ バンドル バージョンを指定します。

           
          ステップ 6UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-host-pack* # set rackbundleversion version number 

          ホスト ファームウェア ポリシーのラック サーバ バンドル バージョンを指定します。

           
          ステップ 7UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-host-pack* # commit-buffer 

          トランザクションをシステムにコミットします。

           

          次に、Cisco UCS Central CLI でホスト ファームウェア パックを作成する例を示します。

          UCSC# connect policy-mgr
          UCSC(policy-mgr)# scope domain-group 
          UCSC(policy-mgr) /domain-group # create fw-host-pack Policy name
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-host-pack* # set  
          bladebundleversion    
          descr                 
          rackbundleversion   
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-host-pack* # commit-buffer
          UCSC(policy-mgr) /domain-group/fw-host-pack* #
          

          ホスト ファームウェア パッケージの表示

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

            Policy Manager モードを開始します。

             
            ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

            ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

             
            ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # show fw-host-pack detail 

            ホスト ファームウェア パッケージの一覧を表示します。

             

            次に、Cisco UCS Central CLI で使用可能なホスト ファームウェア パッケージを表示する例を示します。

            UCSC# connect policy-mgr
            UCSC(policy-mgr)# scope domain-group 
            UCSC(policy-mgr) /domain-group # show fw-host-pack detail
            Compute Host Pack:    
            
            Name: root/Default    
            Mode: Staged    
            Blade Bundle Version: 2.1(0.469)B    
            Rack Bundle Version: 2.1(0.469)C    
            Description: UCSC     
            
            Name: root/default    
            Mode: Staged    
            Blade Bundle Version: 2.1(0.474)B    
            Rack Bundle Version: 2.1(0.474)C    
            Description: default from UCSC     
            
            Name: root/latest    
            Mode: Staged    
            Blade Bundle Version: 2.1(0.469)B    
            Rack Bundle Version: 2.1(0.469)C    
            Description: latest     
            
            Name: root/Marketing/mytest    
            Mode: Staged    
            Blade Bundle Version: 2.1(0.469)B    
            Rack Bundle Version: 2.1(0.469)C    
            Description: Test
            UCSC(policy-mgr) /domain-group # 
            

            ファームウェア アップグレードのスケジューリング

            ファームウェア アップグレードのスケジュール

            登録された Cisco UCS ドメイン内のドメイン グループのファームウェアをアップグレードするために、Cisco UCS Central から次の方法でアップグレードをスケジュールできます。

            • 1 回のオカレンスとして

            • 指定間隔で繰り返すオカレンスとして

            ユーザの確認を必要とするスケジュールを設定すると、ファブリック インターコネクトは明示的な確認なしではリブートしません。

            1 回のオカレンスのスケジュールの作成

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

              Policy Manager モードを開始します。

               
              ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

              ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

               
              ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group # create schedule onetime 

              1 回のオカレンスのスケジュールを作成します。

               
              ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule* # set admin-state user-ack 

              指定した 1 回の更新タスクのユーザ確認応答を指定します。

               
              ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule # create occurrence one-time name 

              1 回のオカレンスの時刻を指定します。

               
              ステップ 6UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time* # set 
              1. concur-tasksMaximum number of concurrent tasks

              2. dateStart Date

              3. max-durationMax Duration (dd:hh:mm:ss)

              4. min-intervalMinimum Interval Between Tasks Execution

              5. proc-capMaximum Number of Tasks to Execute

              1 回のオカレンスのその他の関連の詳細を設定します。

               
              ステップ 7UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time* # commit-buffer 

              トランザクションをシステムにコミットします。

               

              次に、Cisco UCS Central CLI で 1 回のオカレンスのファームウェア更新をスケジュールする例を示します。

              UCSC# connect policy-mgr
              UCSC(policy-mgr)# scope domain-group
              UCSC(policy-mgr) /domain-group # create schedule onetime
              UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule* # set admin-state user-ack
              UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule* # commit-buffer
              UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule # create occurrence one-time Nov172012 
              UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time* # set  
              concur-tasks  Maximum Number of Concurrent Tasks  
              date          Start Date  
              max-duration  Max Duration (dd:hh:mm:ss)  
              min-interval  Minimum Interval Between Tasks Execution  
              proc-cap      Maximum Number of Tasks to Execute 
              UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time* # set date nov 17 2012 16 00 00
              UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time* # commit-buffer
              UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time* #  

              1 回のオカレンスのスケジュールの表示

              手順
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1UCSC# connect policy-mgr  

                Policy Manager モードを開始します。

                 
                ステップ 2UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

                ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート下のドメイン グループを開始します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

                 
                ステップ 3UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule* # scope schedule one-time 

                スケジュール モードを開始します。

                 
                ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time # show detail 

                1 回のスケジュールを表示します。

                 

                次に、Cisco UCS Central CLI でスケジュールされた 1 回のオカレンスを表示する例を示します。

                UCSC#connect policy-mgr
                UCSC(policy-mgr)# scope domain-group
                UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope schedule onetime
                UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time # show detail
                One-Time Occurrence:    
                Name: Friday    
                Start Date: 2012-11-17T16:00:00.000    
                Max Duration (dd:hh:mm:ss): None    
                Max Concur Tasks: Unlimited    
                Max Tasks: Unlimited    
                Min Interval (dd:hh:mm:ss): None    
                Executed Tasks: 0
                UCSC(policy-mgr) /domain-group/schedule/one-time #