Cisco UCS B シリーズ CLI ファームウェア管理ガイド リリース 2.2
管理拡張機能の更新
管理拡張機能の更新

管理拡張機能の更新

この章は、次の内容で構成されています。

Management Extension

管理拡張の更新は各 Cisco UCS Manager の更新に含まれています。 シスコのテクニカル サポートから指示された場合を除いて、Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドルをダウンロードし、更新し、アクティブ化した後に、管理拡張の更新をアクティブ化する必要があるだけです。

管理拡張を使用すると、以前はサポートされていなかったサーバや他のハードウェアのサポートを Cisco UCS Manager に追加することができます。 たとえば、以前はサポートされていなかったサーバを既存の Cisco UCS ドメインに追加する場合は、管理拡張をアクティブにする必要があります。

管理拡張のイメージには、Cisco UCS Manager で新しいハードウェアを管理するために必要な、イメージ、情報、ファームウェアが含まれています。

Cisco UCS Manager をアクティブにすると、管理拡張にアクセスする必要が生じる場合があります。 このため、管理拡張機能は有効化と更新の処理中はロックされます。

管理拡張機能のアクティブ化

Management Extension は、すでにダウンロードしたサーバ バンドルに含まれています。 Management Extension を個別にダウンロードする必要はありません。

管理拡張バージョンを確認するには、show version コマンドを発行します。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 UCS-A# scope system  

    システム モードを開始します。

     
    ステップ 2 UCS-A /system # scope management-extension  

    システムの管理拡張モードを開始します。

     
    ステップ 3 UCS-A /system/management-extension # activate firmware firmware-version force-activation  

    指定した管理拡張機能をアクティブにします。

    互換性のない可能性や、現在実行中のタスクに関係なく、ファームウェアをアクティブにするには、force-activation キーワードを使用します。

     
    ステップ 4 UCS-A /system/management-extension # commit-buffer  

    トランザクションをシステムの設定にコミットします。

     

    次の例では、管理拡張機能をアクティブにし、トランザクションをコミットします。

    UCS-A# scope system
    UCS-A /system # scope management-extension
    UCS-A /system/management-extension # activate firmware 1.0(4)
    CS-A /system/management-extension* # commit-buffer