エンド ポイントのファームウェアの直接アップグレード
エンド ポイントのファームウェアの直接アップグレード

目次

エンド ポイントのファームウェアの直接アップグレード

この章は、次の項で構成されています。

エンドポイントでの直接のファームウェアのアップグレード

正しい手順に従って、正しい順序でアップグレードを適用すれば、エンドポイントの直接のファームウェア アップグレードと新しいファームウェア バージョンのアクティブ化による、Cisco UCS ドメインのトラフィックの中断を最小限に留めることができます。

次のエンドポイントのファームウェアを直接アップグレードできます。

  • アダプタ

  • CIMC

  • I/O モジュール

  • ボード コントローラ

  • Cisco UCS Manager

  • ファブリック インターコネクト

アダプタおよびボード コントローラ ファームウェアも、サービス プロファイル内のホスト ファームウェア パッケージによってアップグレードできます。ホスト ファームウェア パッケージを使用して、このファームウェアをアップグレードする場合、ファームウェアのアップグレード プロセス中に、サーバをリブートする必要がある回数を削減できます。


(注)  


管理ファームウェア パッケージによる CIMC のアップグレードまたは、サーバに関連付けられたサービス プロファイル内のファームウェア パッケージによるアダプタのアップグレードは、直接のファームウェア アップグレードより優先されます。サーバに関連付けられたサービス プロファイルにファームウェア パッケージが含まれる場合、エンドポイントを直接アップグレードすることはできません。直接のアップグレードを実行するには、サービス プロファイルからファームウェア パッケージを削除する必要があります。


直接のファームウェア アップグレードのステージ

Cisco UCS Manager は直接アップグレードのプロセスを 2 つのステージに分け、サーバやその他のエンドポイントのアップタイムに影響を与えずに、システムの実行中にエンドポイントにファームウェアをプッシュできるようにします。

アップデート

このステージでは、選択したファームウェア バージョンがプライマリ ファブリック インターコネクトから、エンドポイントのバックアップ パーティションにコピーされ、ファームウェア イメージが破損していないことが確認されます。アップデート プロセスでは、常にバックアップ スロットのファームウェアが上書きされます。

アップデート ステージは、次のエンドポイントにのみ適用されます。

  • アダプタ

  • CIMC

  • I/O モジュール


注意    


更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


アクティブ化

このステージでは、指定したイメージ バージョン(通常はバックアップ バージョン)がスタートアップ バージョンとして設定され、[Set Startup Version Only] を指定していない場合、エンドポイントがただちにリブートされます。エンドポイントがリブートされると、バックアップ パーティションがアクティブなパーティションになり、アクティブなパーティションがバックアップ パーティションになります。新しいアクティブなパーティションのファームウェアはスタートアップ バージョンおよび実行されているバージョンになります。

指定したファームウェア イメージがすでにエンドポイントに存在するため、次のエンドポイントのみアクティベーションが必要です。

  • Cisco UCS Manager

  • ファブリック インターコネクト

  • それらをサポートするサーバ上のボード コントローラ

ファームウェアをアクティブにすると、エンドポイントがリブートされ、新しいファームウェアがアクティブなカーネル バージョンおよびシステム バージョンになります。スタートアップ ファームウェアからエンドポイントをブートできない場合、デフォルトがバックアップ バージョンに設定され、エラーが生成されます。


注意    


I/O モジュールに対して [Set Startup Version Only] を設定した場合、そのデータ パス内のファブリック インターコネクトがリブートされると、I/O モジュールがリブートされます。I/O モジュールに対して、[Set Startup Version Only] を設定しない場合、I/O モジュールがリブートし、トラフィックが中断します。また、Cisco UCS Manager がファブリック インターコネクトと I/O モジュールの間のプロトコルとファームウェア バージョンの不一致を検出した場合、Cisco UCS Manager は、ファブリック インターコネクトのファームウェアに一致するファームウェア バージョンを使用して I/O モジュールを自動的に更新し、ファームウェアをアクティブ化して、I/O モジュールを再度リブートします。


直接のファームウェア アップグレードの停止の影響

エンドポイントで、直接のファームウェア アップグレードを実行する場合、Cisco UCS ドメインで、1 つ以上のエンドポイントでトラフィックの中断や、停止が発生することがあります。

ファブリック インターコネクト ファームウェア アップグレードの停止の影響

ファブリック インターコネクトのファームウェアをアップグレードする場合、次の停止の影響や中断が発生します。

  • ファブリック インターコネクトがリブートします。

  • 対応する I/O モジュールがリブートします。

Cisco UCS Manager ファームウェア アップグレードの停止の影響

Cisco UCS Manager へのファームウェア アップグレードにより、次の中断が発生します。

  • Cisco UCS Manager GUICisco UCS Manager GUI にログインしているすべてのユーザがログアウトされ、それらのセッションが終了します。

    実行中の保存されていない作業が失われます。

  • Cisco UCS Manager CLI:telnet によってログインしているすべてのユーザがログアウトされ、それらのセッションが終了します。

I/O モジュール ファームウェア アップグレードの停止の影響

I/O モジュールのファームウェアをアップグレードする場合、次の停止の影響と中断が発生します。

  • 単一のファブリック インターコネクトのスタンドアロン設定の場合、I/O モジュールのリブート時にデータ トラフィックが中断されます。2 つのファブリック インターコネクトのクラスタ設定の場合、データ トラフィックは他方の I/O モジュールおよびそのデータ パス内のファブリック インターコネクトにフェールオーバーします。

  • 新しいファームウェアをスタートアップ バージョンとしてのみアクティブにした場合、対応するファブリック インターコネクトがリブートされると、I/O モジュールがリブートします。

  • 新しいファームウェアを実行されているバージョンおよびスタートアップ バージョンとしてアクティブにした場合、I/O モジュールがただちにリブートします。

  • ファームウェアのアップグレード後に、I/O モジュールを使用できるようになるまで最大 10 分かかります。

CIMC ファームウェア アップグレードの停止の影響

サーバの CIMC のファームウェアをアップグレードした場合、CIMC と内部プロセスのみが影響を受けます。サーバ トラフィックは中断しません。このファームウェア アップグレードにより、CIMC に次の停止の影響と中断が発生します。

  • KVM コンソールおよび vMedia によってサーバで実行されているすべてのアクティビティが中断されます。

  • すべてのモニタリングおよび IPMI ポーリングが中断されます。

アダプタ ファームウェア アップグレードの停止の影響

アダプタのファームウェアをアクティブにし、[Set Startup Version Only] オプションを設定していない場合、次の停止の影響と中断が発生します。

  • サーバがリブートします。

  • サーバ トラフィックが中断します。

複数のエンドポイントのファームウェアのアップデート

この手順は、次のエンドポイント上のファームウェアをアップデートする場合に使用できます。

  • アダプタ

  • CIMC

  • I/O モジュール


注意    


更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
    ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
    ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
    ステップ 4   [Installed Firmware] タブの [Update Firmware] をクリックします。

    Cisco UCS Manager GUI によって、[Update Firmware] ダイアログボックスが開き、Cisco UCS ドメインのすべてのエンドポイントのファームウェア バージョンが確認されます。このステップは、シャーシとサーバの数に基づいて数分かかる場合があります。

    ステップ 5   [Update Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
    1. メニュー バーの [Filter] ドロップダウン リストから [ALL] を選択します。

      すべてのアダプタやサーバの BIOS など、特定のタイプのすべてのエンドポイントのファームウェアをアップデートする場合は、そのタイプをドロップダウン リストから選択します。

    2. [Select] フィールドで、次のいずれかの手順を実行します。
      • すべてのエンドポイントを同じバージョンにアクティブ化するには、[Version] オプション ボタンをクリックし、[Set Version] ドロップダウン リストから適切なバージョンを選択します。

      • すべてのエンドポイントを特定のバンドルに含まれるファームウェア バージョンにアクティブ化するには、[Bundle] オプション ボタンをクリックし、[Set Bundle] ドロップダウン リストから適切なバンドルを選択します。

    3. [OK] をクリックします。

      1 つ以上のエンドポイントを直接更新できない場合は、Cisco UCS Manager によって通知メッセージが表示されます。通知メッセージを確認した後、Cisco UCS Manager によって、サーバ上にある直接更新可能な他のすべてのエンドポイントのファームウェアが更新されます。

    Cisco UCS Manager によって、選択したファームウェア イメージがバックアップ メモリ パーティションにコピーされ、そのイメージが破損していないことが確認されます。イメージは、アクティブにされるまで、バックアップ バージョンとして残ります。Cisco UCS Manager により、すべての更新が同時に開始されます。ただし、アップデートによって、完了する時間が異なることがあります。

    [Update Firmware] ダイアログボックスで、すべてのアップデート済みエンドポイントについて、[Update Status] カラムに [ready] と表示されると、アップデートは完了です。

    ステップ 6   (任意)特定のエンドポイントのアップデートの進捗をモニタするには、エンドポイントを右クリックし、[Show Navigator] を選択します。

    Cisco UCS Manager によって、[General] タブの [Update Status] 領域に進捗が表示されます。ナビゲータに [FSM] タブがある場合は、そこでも進捗をモニタできます。[Retry #] フィールドのエントリが、アップデートが失敗したことを示していない場合があります。再試行回数には、Cisco UCS Manager が更新ステータスを取得するときに発生する再試行も含まれます。


    次の作業

    ファームウェアをアクティブにします。

    アダプタ ファームウェア

    アダプタのファームウェアのアップデート


    注意    


    更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
      ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] の順に展開します。
      ステップ 3   アップデートするアダプタがインクルードされたサーバのノードを展開します。
      ステップ 4   [Adapters] を展開し、アップグレードするアダプタを選択します。
      ステップ 5   [General] タブで [Update Firmware] をクリックします。
      ステップ 6   [Update Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
      1. [Version] ドロップダウン リストから、エンドポイントをアップデートするファームウェア バージョンを選択します。
      2. [OK] をクリックします。

        1 つ以上のエンドポイントを直接更新できない場合は、Cisco UCS Manager によって通知メッセージが表示されます。通知メッセージを確認した後、Cisco UCS Manager によって、サーバ上にある直接更新可能な他のすべてのエンドポイントのファームウェアが更新されます。

      Cisco UCS Manager によって、選択されたファームウェア パッケージがバックアップ メモリ スロットにコピーされ、アクティブ化されるまでバックアップとして留まります。

      ステップ 7   (任意)[Update Status] 領域でアップデートのステータスをモニタします。

      アップデート プロセスは数分かかることがあります。[General] タブの [Firmware] 領域の [Backup Version] フィールドに、選択したファームウェア パッケージが表示されるまで、ファームウェアをアクティブにしないでください。


      次の作業

      ファームウェアをアクティブにします。

      アダプタでのファームウェアのアクティブ化

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
        ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] の順に展開します。
        ステップ 3   アップデートしたファームウェアをアクティブにするアダプタが搭載されているサーバのノードを展開します。
        ステップ 4   [Adapters] を展開し、ファームウェアをアクティブ化するアダプタを選択します。
        ステップ 5   [General] タブの [Activate Firmware] をクリックします。
        ステップ 6   [Activate Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
        1. [Version To Be Activated] ドロップダウン リストから、適切なバージョンを選択します。

          1 つ以上の選択したエンドポイントがバックアップ バージョンとして必要なバージョンで設定されていない場合は、[Set Version] ドロップダウン リストにそのバージョンが表示されません。各エンドポイントについて、[Startup Version] カラムからバージョンを選択する必要があります。

        2. スタートアップ バージョンを設定し、エンドポイントで実行しているバージョンを変更しない場合、[Set Startup Version Only] チェックボックスをオンにします。

          直接のアップグレード時に、アダプタに [Set Startup Version Only] を設定する必要があります。この設定では、アクティブ化されたファームウェアが pending-next-boot 状態に移行し、サーバがすぐにリブートしません。アクティブ化されたファームウェアは、サーバがリブートされるまで、アダプタで実行されているバージョンのファームウェアになりません。ホスト ファームウェア パッケージのアダプタに [Set Startup Version Only] を設定することはできません。

          サーバがサービス プロファイルに関連付けられない場合、アクティブ化されたファームウェアは pending-next-boot 状態を維持します。Cisco UCS Manager は、サーバがサービス プロファイルに関連付けられるまで、エンドポイントをリブートせず、ファームウェアをアクティブにしません。必要に応じて、関連付けられていないサーバを手動でリブートまたはリセットして、ファームウェアをアクティブにできます。

        3. [OK] をクリックします。

        BIOS ファームウェア

        サーバの BIOS ファームウェアのアップデート


        注意    


        更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
          ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] の順に展開します。
          ステップ 3   BIOS ファームウェアをアップデートするサーバのノードを展開します。
          ステップ 4   [General] タブで [Inventory] タブをクリックします。
          ステップ 5   [Motherboard] タブをクリックします。
          ステップ 6   [Actions] 領域で [Update Bios Firmware] をクリックします。
          ステップ 7   [Update Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
          1. [Version] ドロップダウン リストから、サーバの BIOS のアップデートの対象となるファームウェア バージョンを選択します。
          2. 任意: 互換性のない可能性や、現在実行中のタスクに関係なく、ファームウェアをアップデートする場合は、[Force] チェックボックスをオンにします。
          3. [OK] をクリックします。

          Cisco UCS Manager により、選択したサーバの BIOS ファームウェア パッケージがバックアップ メモリ スロットにコピーされますが、明示的にアクティブ化されるまで、バックアップのままです。

          アップデートが完了すると、[Motherboard] タブの [BIOS] 領域で、[Backup Version] の [Update Status] カラムに [Ready] と表示されます。


          次の作業

          ファームウェアをアクティブにします。

          サーバの BIOS ファームウェアのアクティブ化

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
            ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] の順に展開します。
            ステップ 3   アップデートした BIOS ファームウェアをアクティブ化するサーバのノードを展開します。
            ステップ 4   [General] タブで [Inventory] タブをクリックします。
            ステップ 5   [Motherboard] タブをクリックします。
            ステップ 6   [Actions] 領域で [Activate Bios Firmware] をクリックします。
            ステップ 7   [Activate Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
            1. [Version To Be Activated] ドロップダウン リストから、適切なサーバ BIOS のバージョンを選択します。
            2. スタートアップ バージョンを設定し、サーバで実行しているバージョンを変更しない場合は、[Set Startup Version Only] チェックボックスをオンにします。

              [Set Startup Version Only] を設定した場合は、アクティブ化されたファームウェアが pending-next-boot 状態に移行し、サーバはすぐにはリブートされません。アクティブ化されたファームウェアは、サーバがリブートされるまでは、実行されているバージョンのファームウェアへ変更されません。

            3. [OK] をクリックします。

            CIMC ファームウェア

            サーバの CIMC ファームウェアのアップデート


            注意    


            更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
              ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] の順に展開します。
              ステップ 3   CIMC をアップデートするサーバのノードを展開します。
              ステップ 4   [General] タブで [Inventory] タブをクリックします。
              ステップ 5   [CIMC] タブをクリックします。
              ステップ 6   [Actions] 領域で [Update Firmware] をクリックします。
              ステップ 7   [Update Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
              1. [Version] ドロップダウン リストから、エンドポイントをアップデートするファームウェア バージョンを選択します。
              2. [OK] をクリックします。

              Cisco UCS Manager によって、選択されたファームウェア パッケージがバックアップ メモリ スロットにコピーされ、アクティブ化されるまでバックアップとして留まります。

              ステップ 8   (任意)[Update Status] 領域でアップデートのステータスをモニタします。

              アップデート プロセスは数分かかることがあります。[General] タブの [Firmware] 領域の [Backup Version] フィールドに、選択したファームウェア パッケージが表示されるまで、ファームウェアをアクティブにしないでください。


              次の作業

              ファームウェアをアクティブにします。

              サーバの CIMC ファームウェアのアクティブ化

              CIMC のファームウェアのアクティベーションによって、データ トラフィックは中断しません。ただし、すべての KVM セッションに割り込み、サーバに接続しているすべての vMedia が切断されます。


              注意    


              更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] の順に展開します。
                ステップ 3   アップデートしたファームウェアをアクティブにする対象の Cisco Integrated Management Controller(CIMC)が搭載されているサーバのノードを展開します。
                ステップ 4   [General] タブで [Inventory] タブをクリックします。
                ステップ 5   [CIMC] タブをクリックします。
                ステップ 6   [Actions] 領域の [Activate Firmware] をクリックします。
                ステップ 7   [Activate Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
                1. [Version To Be Activated] ドロップダウン リストから、適切なバージョンを選択します。

                  1 つ以上の選択したエンドポイントがバックアップ バージョンとして必要なバージョンで設定されていない場合は、[Set Version] ドロップダウン リストにそのバージョンが表示されません。各エンドポイントについて、[Startup Version] カラムからバージョンを選択する必要があります。

                2. スタートアップ バージョンを設定し、エンドポイントで実行しているバージョンを変更しない場合、[Set Startup Version Only] チェックボックスをオンにします。

                  [Set Startup Version Only] を設定した場合は、アクティブ化されたファームウェアが pending-next-boot 状態に移行して、エンドポイントがすぐにリブートしません。アクティブ化されたファームウェアは、エンドポイントがリブートするまで、実行中のファームウェアのバージョンになりません。

                3. [OK] をクリックします。

                IOM ファームウェア

                IOM のファームウェアのアップデート


                注意    


                更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                  ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [IO Modules] の順に展開します。
                  ステップ 3   アップデートする I/O モジュールをクリックします。
                  ステップ 4   [General] タブで [Update Firmware] をクリックします。
                  ステップ 5   [Update Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
                  1. [Version] ドロップダウン リストから、エンドポイントをアップデートするファームウェア バージョンを選択します。
                  2. [OK] をクリックします。

                  Cisco UCS Manager によって、選択されたファームウェア パッケージがバックアップ メモリ スロットにコピーされ、アクティブ化されるまでバックアップとして留まります。

                  ステップ 6   (任意)[Update Status] 領域でアップデートのステータスをモニタします。

                  アップデート プロセスは数分かかることがあります。[General] タブの [Firmware] 領域の [Backup Version] フィールドに、選択したファームウェア パッケージが表示されるまで、ファームウェアをアクティブにしないでください。


                  次の作業

                  ファームウェアをアクティブにします。

                  複数の IOM でのファームウェアのアクティブ化

                  この手順により、これらのエンドポイントのファームウェアのアクティベーションで、データ トラフィックの中断を最小限に抑えることができます。正しいオプションを設定した次の順序でエンドポイントをアクティブにしないと、エンドポイントがリブートし、データ トラフィックが一時中断する可能性があります。


                  注意    


                  [Activate Firmware] ダイアログボックスの [Filter] ドロップダウン リストで [All] を選択しないでください。選択すると、すべてのエンドポイントが同時にアクティブになります。 多くのファームウェア リリースやパッチには依存関係があるため、ファームウェアの更新を正常に実行するためにエンドポイントを特定の順序でアクティブにする必要があります。 この順序はリリースやパッチの内容によって異なります。 すべてのエンドポイントをアクティブにしても、更新が目的の順序で実行される保証はなく、エンドポイント、ファブリック インターコネクト、Cisco UCS Manager の間での通信が損なわれる可能性があります。 特定のリリースやパッチの依存関係については、当該のリリースやパッチに付属のリリース ノートを参照してください。


                  手順
                    ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                    ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                    ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                    ステップ 4   [Installed Firmware] タブの [Activate Firmware] をクリックします。

                    1 つ以上の選択したエンドポイントがバックアップ バージョンとして必要なバージョンで設定されていない場合は、[Set Version] ドロップダウン リストにそのバージョンが表示されません。各エンドポイントについて、[Startup Version] カラムからバージョンを選択する必要があります。

                    ステップ 5   IOM ファームウェアをアクティブにするには、[Activate Firmware] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                    1. [Filter] ドロップダウン リストから、[IO Modules] を選択します。
                    2. [Set Version] ドロップダウン リストから、現在の 2.0 リリースのバージョンを選択します。
                    3. [Ignore Compatibility Check] チェックボックスをオンにします。
                    4. [Set Startup Version Only] チェックボックスをオンにします。
                      重要:

                      I/O モジュールに対して [Set Startup Version Only] を設定した場合、そのデータ パス内のファブリック インターコネクトがリブートされると、I/O モジュールがリブートされます。I/O モジュールに対して、[Set Startup Version Only] を設定しない場合、I/O モジュールがリブートし、トラフィックが中断します。また、Cisco UCS Manager がファブリック インターコネクトと I/O モジュールの間のプロトコルとファームウェア バージョンの不一致を検出した場合、Cisco UCS Manager は、ファブリック インターコネクトのファームウェアに一致するファームウェア バージョンを使用して I/O モジュールを自動的に更新し、ファームウェアをアクティブ化して、I/O モジュールを再度リブートします。

                    5. [Apply] をクリックします。

                      すべての IOM の [Activate Status] カラムに [pending-next-boot] が表示されている場合は、ステップ 6 に進みます。

                    ステップ 6   [OK] をクリックします。

                    IOM でのファームウェアのアクティブ化

                    手順
                      ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                      ステップ 2   [Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [IO Modules] の順に展開します。
                      ステップ 3   アップデートしたファームウェアをアクティブにする I/O モジュールが含まれている、[IO Module] ノードを選択します。
                      ステップ 4   [General] タブの [Activate Firmware] をクリックします。
                      ステップ 5   [Activate Firmware] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
                      1. [Version To Be Activated] ドロップダウン リストから、適切なバージョンを選択します。

                        1 つ以上の選択したエンドポイントがバックアップ バージョンとして必要なバージョンで設定されていない場合は、[Set Version] ドロップダウン リストにそのバージョンが表示されません。各エンドポイントについて、[Startup Version] カラムからバージョンを選択する必要があります。

                      2. スタートアップ バージョンを設定し、エンドポイントで実行しているバージョンを変更しない場合、[Set Startup Version Only] チェックボックスをオンにします。

                        [Set Startup Version Only] を設定した場合は、アクティブ化されたファームウェアが pending-next-boot 状態に移行して、エンドポイントがすぐにリブートしません。アクティブ化されたファームウェアは、エンドポイントがリブートするまで、実行中のファームウェアのバージョンになりません。

                      3. [OK] をクリックします。

                      ボード コントローラ ファームウェア

                      ボード コントローラは、すべての B シリーズ ブレード サーバと C シリーズ ラック サーバ用のさまざまなプログラマブル ロジックおよび電源コントローラを管理します。ボード コントローラ更新ユーティリティを使用すると、重要なハードウェアを更新することができます。

                      Cisco UCS Managerリリース 2.1(2a) で導入されたボード コントローラを使用すると、ボード コントローラ更新ユーティリティを使用してデジタル コントローラ コンフィギュレーション ファイルを更新することにより、電圧レギュレータなどのコンポーネントを最適化できます。これより前のリリースでは、電圧レギュレータを更新するには物理コンポーネントを変更する必要がありました。これらの更新はハードウェア レベルであり、下位互換性を保つように設計されています。したがって、ボード コントローラのバージョンを最新に保つことが常に望まれます。

                      Cisco UCS B シリーズ M3 および M4 ブレード サーバのボード コントローラ ファームウェアのアクティブ化に関する注意事項

                      次の注意事項は、Cisco UCS B シリーズ M3 および M4 ブレード サーバのボード コントローラ ファームウェアに適用されます。

                      • ボード コントローラ ファームウェアをダウングレードする必要はありません。

                      • ブレード サーバのボード コントローラ ファームウェア バージョンは、インストール済みソフトウェア バンドルと同じか、または新しいバージョンである必要があります。ボード コントローラ ファームウェアのバージョンが、既存の Cisco UCS 環境で実行されているバージョンよりも新しい場合でも、ソフトウェア マトリックスまたは TAC のサポート範囲には違反しません。

                      • ボード コントローラ ファームウェアの更新は、他のコンポーネントのファームウェアと下位互換性があります。

                      リリース 2.2(4b) より前のリリースで実行されている一部の Cisco UCS B200 M4 ブレード サーバは、CSCuu15465 に掲載されている誤った Cisco UCS Manager アラートを生成する場合があります。この誤ったボード コントローラ不一致アラートは、Cisco UCS Manager 機能カタログ 2.2(4c)T および 2.2(5b)T で解決されました。機能カタログ 2.2(4c)T または 2.2(5b)T のいずれかを使用する場合、このアラートは表示されなくなります。


                      (注)  


                      詳細については、https:/​/​tools.cisco.com/​bugsearch/​bug/​CSCuu15465 を参照してください。


                      機能カタログの更新は、次の手順で適用できます。

                      1. 2.2(4c) Infra/Catalog または 2.2(5b) Infra/Catalog ソフトウェア バンドルをダウンロードします。 Cisco UCS Manager でのファームウェアのダウンロードと管理 には、ソフトウェア バンドルのダウンロードに関する詳細情報が掲載されています。

                      2. カタログ バージョン 2.2(4c)T または 2.2(5b)T(または含まれているカタログ バージョン)をロードしてカタログをアクティブにします。「機能カタログ更新のアクティブ化」には、Cisco UCS Manager で機能カタログをアクティブ化する方法の詳細が掲載されています。

                      3. 新しく挿入されたブレード サーバを停止します。

                      4. 以前のボード コントローラ バージョンがあるホスト ファームウェア パック ポリシーにサービス プロファイルを関連付けます。

                        サービス プロファイルが更新されたホスト ファームウェア パック ポリシーに関連付けられると、誤った不一致アラート(CSCuu15465 のバグによるものなど)は発生しなくなります。

                      5. [Save(保存)] をクリックします。

                      6. ブレード サーバを再検出します。

                      Cisco UCS C シリーズ M3 および M4 ラック サーバのボード コントローラ ファームウェアのアクティブ化に関する注意事項

                      次の注意事項は、Cisco UCS C シリーズ M3 および M4 ラック サーバのボード コントローラ ファームウェアに適用されます。

                      • ボード コントローラ ファームウェアと CIMC ファームウェアは、同じパッケージ バージョンのものである必要があります。

                      • Cisco UCS C220 M4 または C240 M4 サーバの C シリーズ サーバ ファームウェアを Cisco UCS Manager 2.2(6c) にアップグレードする場合は、次の重大なアラームが表示されます。

                        Board controller upgraded, manual a/c power cycle required on server x
                        
                        

                        CSCuv45173 に記載されているとおり、このアラームは誤って重大なアラームとして分類されています。このアラームはサーバの機能に影響を与えないため、無視しても構いません。

                        このアラームが表示されないようにするには、次のいずれかを行います。

                        • Cisco UCS Manager でカスタム ホスト ファームウェア パッケージを作成して、ボード コントローラ ファームウェアを Cisco UCS Manager 2.2(6c) への更新から除外し、古いバージョンを保持します。

                        • Cisco UCS Manager インフラストラクチャ(A バンドル)をリリース 2.2(6c) にアップグレードし、『Release Notes for Cisco UCS Manager, Release 2.2』の表 2 の混在ファームウェア サポート マトリックスに従って、すべての Cisco UCS C220 M4 または C240 M4 サーバ上でホスト ファームウェア(C バンドル)を引き続き古いバージョンで実行します。


                        (注)  


                        詳細については、次を参照してください。 https:/​/​tools.cisco.com/​bugsearch/​bug/​CSCuv45173


                      • ボード コントローラのアップグレード後に、ボード コントローラのアクティブ化ステータスに [Pending Power Cycle] が表示される場合、手動による電源の再投入が必要です。また、エラーも生成されます。電源の再投入後、エラーはクリアされ、ボード コントローラのアクティブ化ステータスに [Ready] が表示されます。

                      Cisco UCS B シリーズ M2 ブレード サーバのボード コントローラ ファームウェアのアクティブ化

                      ボード コントローラ ファームウェアは、eUSB、LED、I/O コネクタなど、サーバの多くの機能を制御します。


                      (注)  


                      このアクティブ化手順を実行すると、サーバはリブートされます。 サーバに関連付けられているサービス プロファイルにメンテナンス ポリシーが含まれているかどうかに応じて、リブートはただちに行われることがあります。 アップグレード プロセスの最中にサーバのリブートが必要になる回数を減らすために、ボード コントローラ ファームウェアは、サービス プロファイル中のホスト ファームウェア パッケージを通じて、サーバ BIOS と共に、Cisco UCS ドメインをアップグレードする最後の手順としてアップグレードすることをお勧めします。


                      手順
                        ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                        ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                        ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                        ステップ 4   [Installed Firmware] タブの [Activate Firmware] をクリックします。

                        Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスが開き、Cisco UCS ドメインのすべてのエンドポイントのファームウェア バージョンが確認されます。このステップは、シャーシとサーバの数に基づいて数分かかる場合があります。

                        ステップ 5   [Activate Firmware] ダイアログボックスのメニュー バーにある [Filter] ドロップダウン リストから、[Board Controller] を選択します。

                        Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスにボード コントローラを備えたすべてのサーバが表示されます。

                        ステップ 6   [Select] フィールドで、次のいずれかの手順を実行します。
                        • すべてのサーバのボード コントローラのファームウェアを同じバージョンにアクティブ化するには、[Version] オプション ボタンをクリックし、[Set Version] ドロップダウン リストから適切なバージョンを選択します。

                        • すべてのサーバのボード コントローラのファームウェアを、特定のバンドルに含まれるファームウェアのバージョンにアクティブ化するには、[Bundle] オプション ボタンをクリックし、[Set Bundle] ドロップダウン リストから適切なバンドルを選択します。

                        ステップ 7   [OK] をクリックします。

                        Cisco UCS B シリーズ M3 および M4 ブレード サーバのボード コントローラ ファームウェアのアクティブ化

                        ボード コントローラ ファームウェアは、eUSB、LED、I/O コネクタなど、サーバの多くの機能を制御します。


                        (注)  


                        このアクティブ化手順を実行すると、サーバはリブートされます。 サーバに関連付けられているサービス プロファイルにメンテナンス ポリシーが含まれているかどうかに応じて、リブートはただちに行われることがあります。 アップグレード プロセスの最中にサーバのリブートが必要になる回数を減らすために、ボード コントローラ ファームウェアは、サービス プロファイル中のホスト ファームウェア パッケージを通じて、サーバ BIOS と共に、Cisco UCS ドメインをアップグレードする最後の手順としてアップグレードすることをお勧めします。


                        M3 および M4 ボード コントローラ ファームウェアには次のような制限があります。

                        • アップグレード完了後はファームウェアをダウングレードできない。

                        • Cisco UCS Managerリリース 2.1(2a) 以降を使用している必要がある。

                        • ブレード サーバのボード コントローラ ファームウェア バージョンが、インストール済みソフトウェア バンドルと同じ、または新しいバージョンである必要がある。

                        M3 および M4 ブレード サーバのボード コントローラのファームウェアをアクティブ化する前に、次の注意事項を確認してください。
                        • ボード コントローラ ファームウェアのバージョンが、既存の Cisco UCS 環境で実行されているバージョンよりも新しい場合でも、ソフトウェア マトリックスまたは TAC のサポート範囲には違反しません。

                        • ボード コントローラ ファームウェアの更新は、常に他のコンポーネントのファームウェアと下位互換性があります。ただし、Cisco UCS Manager でボード コントローラのファームウェアをダウングレードすることはできません。

                        • CIMC やアダプタなどのブレード サーバ コンポーネントが、ボード コントローラのファームウェア バージョンより前のファームウェア バージョンを実行している場合、ボード コントローラで実行されているファームウェア バージョンに合わせてブレードのコンポーネントをアップグレードする必要はありません。

                        また、CSCuu15465 に記述されている、ボード コントローラの「不一致」アラートが生成される不具合の影響を受ける可能性があります。これは誤ったアラートで、UCSM 機能カタログ 2.2(4c)T および 2.2(5b)T で解決されています。

                        (注)  


                        詳細については、https:/​/​tools.cisco.com/​bugsearch/​bug/​CSCuu15465 を参照してください。


                        機能カタログの更新は、次の手順で適用できます。
                        1. 2.2(4c) Infra/Catalog または 2.2(5b) Infra/Catalog ソフトウェア バンドルをダウンロードします。 Cisco UCS Manager でのファームウェアのダウンロードと管理 には、ソフトウェア バンドルのダウンロードに関する詳細情報が掲載されています。

                        2. カタログ バージョン 2.2(4c)T または 2.2(5b)T(または含まれているカタログ バージョン)をロードしてカタログをアクティブにします。「機能カタログ更新のアクティブ化」には、Cisco UCS Manager で機能カタログをアクティブ化する方法の詳細が掲載されています。

                        3. 新しく挿入されたブレード サーバを停止します。

                        4. 以前のボード コントローラ バージョンがあるホスト ファームウェア パック ポリシーにブレード サーバを関連付けます。

                          誤った不一致アラートは、CSCuu15465 に対する修正がカタログに行われているため発生しません。

                          (注)  


                          これはカタログのみの修正です。


                        手順
                          ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                          ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                          ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                          ステップ 4   [Installed Firmware] タブの [Activate Firmware] をクリックします。

                          Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスが開き、Cisco UCS ドメインのすべてのエンドポイントのファームウェア バージョンが確認されます。このステップは、シャーシとサーバの数に基づいて数分かかる場合があります。

                          ステップ 5   [Activate Firmware] ダイアログボックスのメニュー バーにある [Filter] ドロップダウン リストから、[Board Controller] を選択します。

                          Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスにボード コントローラを備えたすべてのサーバが表示されます。

                          ステップ 6   更新するボード コントローラに合わせて、[Startup Version] ドロップダウン リストからバージョンを選択します。
                          ステップ 7   [OK] をクリックします。
                          ステップ 8   (任意)異なるアーキテクチャの CPU にアップグレードする場合には、[Force Board Controller Activation] オプションを使用してファームウェア バージョンを更新することもできます。たとえば、サンディ ブリッジ CPU からアイビー ブリッジ CPU にアップグレードする場合などです。

                          Cisco UCS C シリーズ M3 および M4 ラック サーバのボード コントローラ ファームウェアのアクティブ化

                          ボード コントローラ ファームウェアは、eUSB、LED、I/O コネクタなど、サーバの多くの機能を制御します。


                          (注)  


                          このアクティブ化手順を実行すると、サーバはリブートされます。 サーバに関連付けられているサービス プロファイルにメンテナンス ポリシーが含まれているかどうかに応じて、リブートはただちに行われることがあります。 アップグレード プロセスの最中にサーバのリブートが必要になる回数を減らすために、ボード コントローラ ファームウェアは、サービス プロファイル中のホスト ファームウェア パッケージを通じて、サーバ BIOS と共に、Cisco UCS ドメインをアップグレードする最後の手順としてアップグレードすることをお勧めします。


                          M3 および M4 ボード コントローラ ファームウェアには次のような制限があります。

                          • Cisco UCS Managerリリース 2.2(1a) 以降を使用している必要がある。

                          • ボード コントローラ ファームウェアと CIMC ファームウェアは、同じパッケージ バージョンのものである必要があります。

                          • ボード コントローラのアップグレード後に、ボード コントローラのアクティブ化ステータスに [Pending Power Cycle] が表示される場合、手動による電源の再投入が必要です。また、エラーも生成されます。電源の再投入後、エラーはクリアされ、ボード コントローラのアクティブ化ステータスに [Ready] が表示されます。

                          手順
                            ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                            ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                            ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                            ステップ 4   [Installed Firmware] タブの [Activate Firmware] をクリックします。

                            Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスが開き、Cisco UCS ドメインのすべてのエンドポイントのファームウェア バージョンが確認されます。このステップは、シャーシとサーバの数に基づいて数分かかる場合があります。

                            ステップ 5   [Activate Firmware] ダイアログボックスのメニュー バーにある [Filter] ドロップダウン リストから、[Board Controller] を選択します。

                            Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスにボード コントローラを備えたすべてのサーバが表示されます。

                            ステップ 6   更新するボード コントローラに合わせて、[Startup Version] ドロップダウン リストからバージョンを選択します。
                            ステップ 7   [OK] をクリックします。
                            ステップ 8   (任意)異なるアーキテクチャの CPU にアップグレードする場合には、[Force Board Controller Activation] オプションを使用してファームウェア バージョンを更新することもできます。たとえば、サンディ ブリッジ CPU からアイビー ブリッジ CPU へのアップグレードなどです。

                            Cisco UCS Manager ファームウェア

                            Cisco UCS Manager ソフトウェアでファームウェアをアクティブ化するときには、次のガイドラインとベスト プラクティスを考慮してください。

                            • クラスタ設定の場合、両方のファブリック インターコネクトの Cisco UCS Manager は同じバージョンを実行する必要があります。
                            • Cisco UCS Manager のアクティブ化により、管理機能が短期間にわたってダウンします。すべての仮想シェル(VSH)接続が切断されます。
                            • クラスタ設定の場合、両方のファブリック インターコネクトの Cisco UCS Manager がアクティブ化されます。
                            • ファブリック インターコネクトをリセットする必要がないため、Cisco UCS Manager の更新はサーバ アプリケーション I/O に影響を与えません。
                            • 従属ファブリック インターコネクトがダウンしている間に Cisco UCS Manager が更新された場合、従属ファブリック インターコネクトは復帰時に自動的に更新されます。

                            アップグレードの検証

                            Cisco UCS Manager は、アップグレードまたはダウングレード プロセスを検証し、すべてのファームウェア アップグレードの検証エラー(非推奨のハードウェアなど)を [Upgrade Validation] タブに表示します。アップグレードの検証エラーがある場合、アップグレードは失敗し、Cisco UCS Manager は以前のリリースにロールバックします。アップグレードを続ける前に、これらの障害を解決する必要があります。

                            自動インストール メソッドでインフラストラクチャ ファームウェアのアップグレードまたはダウングレードを実行する場合、Cisco UCS Manager でアップグレードまたはダウングレード プロセスの問題を報告する必要がなければ [Skip Validation] チェックボックスをオンにします。逆に、アップグレードまたはダウングレード プロセスの問題を報告するには、[Skip Validation] チェックボックスをオフにします。デフォルトでは、[Skip Validation] チェックボックスはオフになっています。

                            Cisco UCS Manager ソフトウェアのアクティブ化

                            手順
                              ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                              ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                              ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                              ステップ 4   [Installed Firmware] タブの [Activate Firmware] をクリックします。

                              Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスが開き、Cisco UCS ドメインのすべてのエンドポイントのファームウェア バージョンが確認されます。このステップは、シャーシとサーバの数に基づいて数分かかる場合があります。

                              ステップ 5   [Activate Firmware] ダイアログボックスの [UCS Manager] 行で、次の手順を実行します。
                              1. [Startup Version] カラムのドロップダウンリストから、ソフトウェアをアップデートするバージョンを選択します。
                              2. [OK] をクリックします。

                              Cisco UCS Manager はアクティブなすべてのセッションを切断し、すべてのユーザをログアウトさせ、ソフトウェアをアクティブにします。 アップグレードが完了すると、再度ログインするよう要求されます。 切断された後すぐに再度ログインするよう求められた場合、ログインは失敗します。 Cisco UCS Manager のアクティベーションが完了するまで数分待つ必要があります。

                              Cisco UCS Manager によって、選択したバージョンが起動バージョンに指定され、ファブリック インターコネクトがアップグレードされたときにアクティベーションを実行するようにスケジュールされます。


                              ファブリック インターコネクトのファームウェア

                              従属ファブリック インターコネクトでのファームウェアのアクティブ化

                              はじめる前に

                              クラスタの下位ファブリック インターコネクトであるファブリック インターコネクトを特定します。

                              手順
                                ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                                ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                                ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                                ステップ 4   [Installed Firmware] タブの [Activate Firmware] をクリックします。

                                Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスが開き、Cisco UCS ドメインのすべてのエンドポイントのファームウェア バージョンが確認されます。このステップは、シャーシとサーバの数に基づいて数分かかる場合があります。

                                ステップ 5   メニュー バーの [Filter] ドロップダウン リストから、[Fabric Interconnects] を選択します。
                                ステップ 6   下位ファブリック インターコネクトの [Activate Firmware] ダイアログボックスの行で、次の手順を実行します。
                                1. [Kernel] 行で、[Startup Version] カラムのドロップダウンリストからアップグレードするファームウェア バージョンを選択します。
                                2. [System] 行で、[Startup Version] カラムのドロップダウンリストからアップグレードするファームウェア バージョンを選択します。
                                ステップ 7   [Apply] をクリックします。

                                Cisco UCS Manager はファームウェアの更新とアクティベーションを実行し、ファブリック インターコネクトと、そのファブリック インターコネクトへのデータ パスにあるすべての I/O モジュールをリブートして、ファブリック インターコネクトへの双方向のデータ トラフィックを中断します。 しかし、Cisco UCS ドメインはトラフィックとポート フェールオーバーを許可するよう設定されているため、データ トラフィックはプライマリ ファブリック インターコネクトにフェールオーバーし、中断しません。

                                ステップ 8   下位ファブリック インターコネクトの高可用性ステータスを確認します。

                                ファブリック インターコネクトの [High Availability Details] 領域に次の値が表示されない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。プライマリ ファブリック インターコネクトのアップデートに進まないでください。

                                フィールド名 必要な値

                                [Ready] フィールド

                                Yes

                                [State] フィールド

                                Up


                                次の作業

                                必要な値が従属ファブリック インターコネクトの高可用性ステータスに格納されている場合は、プライマリ ファブリック インターコネクトの更新とアクティベーションを実行します。

                                プライマリ ファブリック インターコネクトでのファームウェアのアクティブ化

                                この手順は、従属ファブリック インターコネクトでのファームウェアのアクティブ化から直接続いており、[Firmware Management] タブが表示されていることを前提としています。

                                はじめる前に

                                下位のファブリック インターコネクトをアクティブにします。

                                手順
                                  ステップ 1   [Installed Firmware] タブの [Activate Firmware] をクリックします。

                                  Cisco UCS Manager GUI によって、[Activate Firmware] ダイアログボックスが開き、Cisco UCS ドメインのすべてのエンドポイントのファームウェア バージョンが確認されます。このステップは、シャーシとサーバの数に基づいて数分かかる場合があります。

                                  ステップ 2   メニュー バーの [Filter] ドロップダウン リストから、[Fabric Interconnects] を選択します。
                                  ステップ 3   下位ファブリック インターコネクトの [Activate Firmware] ダイアログボックスの行で、次の手順を実行します。
                                  1. [Kernel] 行で、[Startup Version] カラムのドロップダウンリストからアップグレードするファームウェア バージョンを選択します。
                                  2. [System] 行で、[Startup Version] カラムのドロップダウンリストからアップグレードするファームウェア バージョンを選択します。
                                  ステップ 4   [Apply] をクリックします。

                                  Cisco UCS Manager はファームウェアの更新とアクティベーションを実行し、ファブリック インターコネクトと、そのファブリック インターコネクトへのデータ パスにあるすべての I/O モジュールをリブートし、ファブリック インターコネクトへの双方向のデータ トラフィックを中断します。 しかし、Cisco UCS ドメインはトラフィックとポート フェールオーバーを許可するよう設定されているため、データ トラフィックはもう一方のファブリック インターコネクトにフェールオーバーし、このファブリック インターコネクトがプライマリとなります。 このファブリック インターコネクトが再度稼働状態になると、このファブリック インターコネクトは従属ファブリック インターコネクトになります。

                                  ステップ 5   ファブリック インターコネクトの高可用性ステータスを確認します。

                                  ファブリック インターコネクトの [High Availability Details] 領域に次の値が表示されない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

                                  フィールド名 必要な値

                                  [Ready] フィールド

                                  Yes

                                  [State] フィールド

                                  Up


                                  スタンドアロン ファブリック インターコネクトでのファームウェアのアクティブ化

                                  単一のファブリック インターコネクトのスタンドアロン設定の場合、エンドポイントの直接のファームウェア アップグレードを実行すると、データ トラフィックの中断を最小にできます。ただし、アップグレードを完了するために、ファブリック インターコネクトをリブートする必要があるため、トラフィックの中断は避けられません。


                                  ヒント


                                  パスワードを Cisco UCS ドメインのファブリック インターコネクトの設定時に作成した admin アカウントに復旧する場合、実行中のカーネルのバージョンと実行中のシステムのバージョンを把握しておく必要があります。 他のアカウントを作成しない場合、これらのファームウェアのバージョンのパスをテキスト ファイルに保存し、必要なときに参照できるようにしておくことを推奨します。


                                  手順
                                    ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                                    ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                                    ステップ 3   [Fabric Interconnects] ノードを展開して、スタンドアロン ファブリック インターコネクトをクリックします。
                                    ステップ 4   [General] タブで [Activate Firmware] をクリックします。
                                    ステップ 5   [Activate Firmware] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                    名前 説明

                                    [Kernel Version] ドロップダウン リスト

                                    カーネルとして使用するバージョンを選択します。

                                    [Force] チェックボックス

                                    オンにすると、Cisco UCS では、選択したバージョンを前回インストールしようとしたときに失敗または中断した場合でも、インストールを試みます。

                                    [System Version] ドロップダウン リスト

                                    システムとして使用するバージョンを選択します。

                                    [Force] チェックボックス

                                    オンにすると、Cisco UCS では、選択したバージョンを前回インストールしようとしたときに失敗または中断した場合でも、インストールを試みます。

                                    ステップ 6   [OK] をクリックします。

                                    Cisco UCS Manager はファームウェアをアクティブにし、ファブリック インターコネクトと、そのファブリック インターコネクトへのデータ パスにあるすべての I/O モジュールをリブートします。 スタンドアロン ファブリック インターコネクトでは、これにより Cisco UCS ドメイン内のすべてのデータ トラフィックが中断します。

                                    コンポーネントのファームウェア バージョンの確認

                                    手順
                                      ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
                                      ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
                                      ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                                      ステップ 4   [Installed Firmware] タブで、各コンポーネントに対して一覧表示されたファームウェア バージョンを確認します。