Cisco UCS B シリーズ GUI ファームウェア管理ガイド、リリース 2.2
管理拡張機能の更新
管理拡張機能の更新

管理拡張機能の更新

この章は、次の内容で構成されています。

管理拡張機能

管理拡張機能のアップデートは各 Cisco UCS Manager のアップデートに含まれています。 シスコのテクニカル サポートから指示された場合を除いて、必要なことは、Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドルをダウンロードし、更新してアクティブ化した後に、管理拡張機能のアップデートをアクティブ化することだけです。

管理拡張機能を使用すると、以前はサポートされていなかったサーバや他のハードウェアのサポートを Cisco UCS Manager に追加することができます。 たとえば、以前はサポートされていなかったサーバを既存の Cisco UCS ドメインに追加する場合は、管理拡張機能をアクティブにする必要があります。

管理拡張機能のイメージには、Cisco UCS Manager で新しいハードウェアを管理するために必要な、イメージ、情報、ファームウェアが含まれています。

アクティブにした場合に、Cisco UCS Manager が管理拡張機能にアクセスする必要が生じることがあります。 そのため、アクティブ化と更新の処理中は管理拡張機能はロックされます。

管理拡張機能のアクティブ化

Management Extension は、すでにダウンロードしたサーバ バンドルに含まれています。 Management Extension を個別にダウンロードする必要はありません。

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Admin] タブで [All] を展開します。
    ステップ 3   [Management Extension] ノードをクリックします。
    ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
    ステップ 5   [Actions] 領域で、[Activate Management Extension] をクリックします。
    ステップ 6   [Activate Management Extension] ダイアログボックスで、[Version to be Activated] ドロップダウン リストからアクティブ化する管理拡張機能を選択します。
    ステップ 7   [OK] をクリックします。