自動インストールによるファームウェアのアップグレード
自動インストールによるファームウェアのアップグレード

目次

自動インストールによるファームウェアのアップグレード

この章は、次の項で構成されています。

自動インストール によるファームウェア アップグレード

自動インストールでは、次の 2 つの段階によって、Cisco UCS ドメインを 1 つのパッケージに含まれるファームウェア バージョンにアップグレードすることができます。

  • インフラストラクチャ ファームウェアのインストールCisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドルを使用して、ファブリック インターコネクト、I/O モジュール、Cisco UCS Manager などのインフラストラクチャ コンポーネントをアップグレードすることができます。

  • サーバ ファームウェアのインストールCisco UCS B シリーズ ブレード サーバ ソフトウェア バンドルを使用して Cisco UCS ドメインのすべてのブレード サーバをアップグレードする、または Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理対象サーバ ソフトウェア バンドルを使用してすべてのラック サーバをアップグレードすることができます。

この 2 つの段階は独立したものであり、異なる時刻に実行することや、実行されるようにスケジュールすることができます。

自動インストールを使用して、インフラストラクチャ コンポーネントを Cisco UCS のあるバージョンに、またサーバ コンポーネントを異なるバージョンにアップグレードすることができます。


(注)  


ドメイン内の Cisco UCS ManagerCisco UCS 2.1(1) より前のリリースである場合は、自動インストールを使用して、Cisco UCS ドメイン内のインフラストラクチャまたはサーバをアップグレードすることはできません。ただし、Cisco UCS Manager をリリース 2.1(1) 以降にアップグレードすると、自動インストールを使用して、ファームウェア レベルの最低要件を満たしている Cisco UCS ドメイン内の他のコンポーネントをアップグレードできます。詳細については、「自動インストールによるアップグレードに関する注意、ガイドライン、および制約事項」および該当する『Cisco UCS アップグレード ガイド』を参照してください。


自動インストール後の直接アップグレード

自動インストール中、デフォルト インフラストラクチャ パックのスタートアップ バージョンが設定されます。自動インストール後に Cisco UCS Manager、ファブリック インターコネクト、および IOM の直接アップグレードまたはアクティブ化を正常に完了するには、直接アップグレードまたはアクティブ化を開始する前に、スタートアップ バージョンがクリアされていることを確認します。デフォルト インフラストラクチャ パックのスタートアップ バージョンが設定されている場合、Cisco UCS Manager、ファブリック インターコネクト、および IOM を直接アップグレードまたはアクティブ化することはできません。 デフォルト インフラストラクチャ パックのスタートアップ バージョンのクリア には、スタートアップ バージョンをクリアする詳細な手順が掲載されています。

インフラストラクチャ ファームウェアのインストール

インフラストラクチャ ファームウェアのインストール では、Cisco UCS Manager など、Cisco UCS ドメイン内のすべてのインフラストラクチャ コンポーネントと、すべてのファブリック インターコネクトおよび I/O モジュールをアップグレードします。すべてのコンポーネントが、選択した Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドルに含まれるファームウェア バージョンにアップグレードされます。

インフラストラクチャ ファームウェアのインストール では、Cisco UCS ドメイン ドメイン内の一部のインフラストラクチャ コンポーネントだけを対象とする部分アップグレードはサポートしていません。

メンテナンス ウィンドウに対応する特定の時刻にインフラストラクチャのアップグレードをスケジュールできます。ただし、インフラストラクチャのアップグレードが進行中の場合、別のインフラストラクチャのアップグレードをスケジュールすることはできません。次のアップグレードをスケジューリングするには、現在のアップグレードが完了するまで待つ必要があります。


(注)  


インフラストラクチャ ファームウェア アップグレードが今後行われる予定の場合は、キャンセルできます。ただし、インフラストラクチャ ファームウェア アップグレードがいったん開始すると、キャンセルすることはできません。


サーバ ファームウェアのインストール

サーバ ファームウェアのインストール では、ホスト ファームウェア パッケージを使用して、Cisco UCS ドメイン内のすべてのサーバおよびコンポーネントをアップグレードします。サービス プロファイルに選択したホスト ファームウェア パッケージが含まれているサーバは、次のように、選択したソフトウェア バンドルのファームウェア バージョンにすべてアップグレードされます。

  • シャーシ内のすべてのブレード サーバ用の Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ ソフトウェア バンドル

  • Cisco UCS ドメインに統合されているすべてのラックマウント サーバ用の Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理対象サーバ ソフトウェア バンドル


(注)  


Install Server Firmware ウィザードの設定が完了した後で、サーバ ファームウェアのアップグレード プロセスをキャンセルすることはできません。Cisco UCS Manager は、変更を即座に反映します。ただし、サーバが実際にリブートされるタイミングは、サーバに関連付けられたサービス プロファイル内のメンテナンス ポリシーによって異なります。


自動インストールのための必要な手順

Cisco UCS ドメインのすべてのコンポーネントを同じパッケージ バージョンへアップグレードする場合は、自動インストールの各ステージを次の順序で実行する必要があります。

  1. インフラストラクチャ ファームウェアのインストール

  2. サーバ ファームウェアのインストール

この順序で実行すると、サーバのファームウェア アップグレードをインフラストラクチャのファームウェア アップグレードとは異なるメンテナンス ウィンドウにスケジュールすることができます。

自動インストールによるインフラストラクチャのファームウェアのアップグレード

Cisco UCS Manager GUI のリリースが 2.1(1) よりも古い場合、[Firmware Auto Install] タブは使用できません。


(注)  


ドメイン内の Cisco UCS ManagerCisco UCS 2.1(1) より前のリリースである場合は、自動インストールを使用して、Cisco UCS ドメイン内のインフラストラクチャまたはサーバをアップグレードすることはできません。ただし、Cisco UCS Manager をリリース 2.1(1) 以降にアップグレードすると、自動インストールを使用して、ファームウェア レベルの最低要件を満たしている Cisco UCS ドメイン内の他のコンポーネントをアップグレードできます。詳細については、「自動インストールによるアップグレードに関する注意、ガイドライン、および制約事項」および該当する『Cisco UCS アップグレード ガイド』を参照してください。


はじめる前に

ファームウェアのアップグレードとダウングレードの前提条件 に記載のすべての前提条件を満たす必要があります。

Cisco UCS ドメインが NTP サーバを使用して時間を設定しない場合、プライマリ ファブリック インターコネクトとセカンダリ ファブリック インターコネクトの時計が同期されていることを確認します。Cisco UCS Manager で NTP サーバを設定するか、時間を手動で同期することによってこれを行うことができます。

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
    ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
    ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
    ステップ 4   [Work] ペインの [Firmware Auto Install] タブをクリックします。
    ステップ 5   [Actions] 領域で、[Install Infrastructure Firmware] をクリックします。
    ステップ 6   [Install Infrastructure] ダイアログ ボックスの [Prerequisites] ページで、先に進む前に警告に対処します。

    警告は次のカテゴリに分類されています。

    • 進行中の致命的または重大な障害があるかどうか。

    • コンフィギュレーション バックアップが最近実行されているかどうか。

    • 管理インターフェイスのモニタリング ポリシーが有効かどうか。

    • 保留中のファブリック インターコネクトのリブート アクティビティがあるかどうか。

    • NTP が設定されているかどうか。

    各警告のハイパーリンクをクリックして直接処理することができます。処理した警告の各チェックボックスをオンにするか、警告を処理せずに続行する場合は [Ignore All] チェックボックスをオンにします。

    ステップ 7   [Install Infrastructure Firmware] ダイアログボックスの [Properties] 領域で、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Name] フィールド

    Cisco UCS によって作成および管理されるインフラストラクチャ パックの名前。このフィールドのデフォルト名を変更したり、カスタム インフラストラクチャ パックを作成することはできません。

    [Description] フィールド

    インフラストラクチャ パックのユーザ定義による説明。このフィールドはデフォルトで入力されています。ただし、必要に応じて独自の説明を入力することもできます。

    256 文字以下で入力します。次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または '(一重引用符)は使用できません。

    [Version] ドロップダウン リスト

    インフラストラクチャ コンポーネントのファームウェア アップグレードに使用できるソフトウェア バンドルのリスト。

    [Force] チェックボックス

    オンにすると、Cisco UCS では、選択したバージョンを前回インストールしようとしたときに失敗または中断した場合でも、インストールを試みます。

    ステップ 8   [Install Infrastructure Firmware] ダイアログボックスの [Infrastructure Schedule] 領域で、次のいずれかの操作を実行します。
    オプション 説明

    [Start Time] フィールド

    オカレンスが実行される日時。

    フィールドの端にある下矢印をクリックして、カレンダーから日付を選択します。

    [Upgrade Now] チェックボックス

    オンにすると、Cisco UCS Manager は [Start Time][Start Time] フィールドフィールドを無視して、[OK] がクリックされるとすぐにインフラストラクチャ ファームウェアをアップグレードします。

    ステップ 9   [OK] をクリックします。

    [Firmware Auto Install] タブの [Firmware Installer] フィールドには、インフラストラクチャのファームウェア アップグレードのステータスが表示されます。

    (注)     

    ブートフラッシュに十分な空き領域がない場合、警告が表示され、アップグレード プロセスは停止します。


    次の作業

    プライマリ ファブリック インターコネクトのリブートを承認します。リブートを承認しない場合、Cisco UCS Manager はインフラストラクチャのアップグレードを完了できず、アップグレードは無期限に保留になります。

    プライマリ ファブリック インター コネクトのリブートの確認

    はじめる前に

    注意    


    アップグレード時の中断を最小限に抑えるには、次のことを確認する必要があります。

    • ファブリック インターコネクトのリブートを確認する前に、ファブリック インターコネクトに接続されているすべての IOM が稼動状態であることを確認します。すべての IOM が稼動状態ではない場合、ファブリック インターコネクトに接続されているすべてのサーバがただちに再検出され、大規模な中断が発生します。

    • ファブリック インターコネクトとサービス プロファイルの両方がフェールオーバー用に設定されていることを確認します。

    • プライマリ ファブリック インターコネクトのリブートを確認する前に、セカンダリ ファブリック インターコネクトからデータ パスが正常に復元されていることを確認します。詳細については、データ パスの準備が整っていることの確認を参照してください。

    インフラストラクチャ ファームウェアをアップグレードした後、インフラストラクチャ ファームウェアのインストール は自動的にクラスタ設定内のセカンダリ ファブリック インターコネクトをリブートします。ただし、プライマリ ファブリック インターコネクトのリブートは、ユーザが承認する必要があります。リブートを承認しなかった場合、インフラストラクチャ ファームウェアのインストール はアップグレードを完了するのではなく、その承認を無期限に待ちます。


    手順
      ステップ 1   ツールバーの [Pending Activities] をクリックします。
      ステップ 2   [Pending Activities] ダイアログボックスで、[User Acknowledged Activities] タブをクリックします。
      ステップ 3   テーブルで、プライマリ ファブリック インターコネクトの保留中のリブートの行を探します。
      ステップ 4   その行の[Reboot Now] カラムで [Acknowledge All] チェックボックスをオンにします。
      ステップ 5   [OK] をクリックします。

      Cisco UCS Manager によって、即座にプライマリ ファブリック インター コネクトがリブートされます。[OK] をクリックした後にこのリブートを停止することはできません。


      インフラストラクチャ ファームウェアのアップグレードのキャンセル


      (注)  


      インフラストラクチャ ファームウェア アップグレードが今後行われる予定の場合は、キャンセルできます。ただし、インフラストラクチャ ファームウェア アップグレードがいったん開始すると、キャンセルすることはできません。


      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
        ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
        ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
        ステップ 4   [Work] ペインの [Firmware Auto Install] タブをクリックします。
        ステップ 5   [Actions] 領域で、[Install Infrastructure Firmware] をクリックします。
        ステップ 6   [Install Infrastructure Firmware] ダイアログボックスの [Actions] 領域で、[Cancel Infrastructure Upgrade] をクリックします。
        ステップ 7   確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
        ステップ 8   [OK] をクリックします。

        デフォルト インフラストラクチャ パックのスタートアップ バージョンのクリア

        Cisco UCS Manager、ファブリック インターコネクト、および IOM を直接アップグレードまたはアクティブ化する前に、デフォルト インフラストラクチャ パックのスタートアップ バージョンをクリアする必要があります。

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
          ステップ 2   [Equipment] ノードをクリックします。
          ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
          ステップ 4   [Work] ペインの [Firmware Auto Install] タブをクリックします。
          ステップ 5   [Actions] 領域で、[Clear Startup Version] をクリックします。
          ステップ 6   表示される確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。
          ステップ 7   [OK] をクリックします。

          自動インストールによるサーバ ファームウェアのアップグレード

          Cisco UCS Manager GUI のリリースが 2.1(1) よりも古い場合、[Firmware Auto Install] タブは使用できません。


          (注)  


          ドメイン内の Cisco UCS ManagerCisco UCS 2.1(1) より前のリリースである場合は、自動インストールを使用して、Cisco UCS ドメイン内のインフラストラクチャまたはサーバをアップグレードすることはできません。ただし、Cisco UCS Manager をリリース 2.1(1) 以降にアップグレードすると、自動インストールを使用して、ファームウェア レベルの最低要件を満たしている Cisco UCS ドメイン内の他のコンポーネントをアップグレードできます。詳細については、「自動インストールによるアップグレードに関する注意、ガイドライン、および制約事項」および該当する『Cisco UCS アップグレード ガイド』を参照してください。



          (注)  


          Install Server Firmware ウィザードの設定が完了した後で、サーバ ファームウェアのアップグレード プロセスをキャンセルすることはできません。Cisco UCS Manager は、変更を即座に反映します。ただし、サーバが実際にリブートされるタイミングは、サーバに関連付けられたサービス プロファイル内のメンテナンス ポリシーによって異なります。


          はじめる前に

          ファームウェアのアップグレードとダウングレードの前提条件 に記載のすべての前提条件を満たす必要があります。

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインで [Equipment] をクリックします。
            ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
            ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
            ステップ 4   [Work] ペインの [Firmware Auto Install] タブをクリックします。
            ステップ 5   [Actions] 領域で、[Install Server Firmware] をクリックします。
            ステップ 6   [Install Server Firmware] ウィザードの [Prerequisites] ページで、このページに一覧されている前提条件とガイドラインを慎重に確認してから、次のいずれかを実行してください。
            • 前提条件をすべて満たしている場合は、[Next] をクリックします。
            • 前提条件をすべて満たしていない場合は [Cancel] をクリックして、サーバのファームウェアをアップグレードする前に前提条件を満たしてください。
            ステップ 7   [Install Server Firmware] ウィザードの [Select Package Versions] ページで、次の手順を実行します。
            1. Cisco UCS ドメインにブレード サーバが含まれている場合は、[B-Series Blade Server Software] 領域の[New Version] ドロップダウン リストから、これらのサーバをアップグレードするソフトウェア バンドルを選択します。
            2. Cisco UCS ドメインにラックマウント サーバが含まれている場合は、[C-Series Rack-Mount Server Software] 領域の[New Version] ドロップダウン リストから、これらのサーバをアップグレードするソフトウェア バンドルを選択します。

              Cisco UCS ドメインにブレード サーバとラック サーバの両方が含まれている場合は、[Select Package Versions] ページで B シリーズ ブレード サーバおよび C シリーズ ラックマウント サーバの新しいファームウェア バージョンを選択して、ドメイン内のすべてのサーバをアップグレードすることを推奨します。

              (注)     

              デフォルトのホスト ファームウェア パッケージを更新すると、関連付けられていないサーバと、ホスト ファームウェア パッケージを含まないサービス プロファイルを持つサーバのファームウェアがアップグレードされることがあります。このファームウェア アップグレードにより、サービス プロファイルで定義されたメンテナンス ポリシーに従ってこれらのサーバのリブートが発生する可能性があります。

            3. [Next] をクリックします。
            ステップ 8   [Install Server Firmware] ウィザードの [Select Host Firmware Packages] ページで、次の手順を実行します。
            1. 選択したソフトウェアで更新するホスト ファームウェア パッケージが含まれる各組織のノードを展開します。
            2. 更新する各ホスト ファームウェア パッケージの名前の隣にあるチェックボックスをオンにします。

              この手順によって、選択したホスト ファームウェア パッケージが新しいバージョンのファームウェアによって更新されます。すべてのサーバを更新するには、Cisco UCS ドメインのすべてのサーバに関連付けられたサービス プロファイルに含まれているホスト ファームウェア パッケージを選択する必要があります。

            3. [Next] をクリックします。
            ステップ 9   [Install Server Firmware] ウィザードの [Host Firmware Package Dependenciess] ページで、次の手順を実行します。
            1. テーブルに表示される各ホスト ファームウェア パッケージのノードを展開します。
            2. ホスト ファームウェア パッケージが含まれるサービス プロファイルのリストを確認します。
            3. 必要に応じて、次のいずれかのカラムにあるリンクをクリックします。
              • [Host Pack DN] カラム:ホスト ファームウェア パッケージのナビゲータを開きます。

              • [Service Profile DN] カラム:サービス プロファイルのナビゲータを開きます。

            4. 次のいずれかを実行します。
              • 選択したホスト ファームウェア パッケージを 1 つ以上変更する場合は、[Prev] をクリックします。

              • 適切なホストのファームウェア パッケージを選択済みで、エンドポイントのサーバ ファームウェアのアップグレードの影響を確認する場合は、[Next] をクリックします。

              • サーバのアップグレードをただちに開始する場合は、[Install] をクリックします。

            ステップ 10   [Install Server Firmware] ウィザードの [Impacted Endpoints Summary] ページで、次の手順を実行します。
            1. [Impacted Endpoints] テーブルで結果をフィルタリングするには、該当するチェックボックスをクリックします。

              結果は、エンドポイントのタイプや、アップグレードの影響が重大であるかどうかによってフィルタリングできます。

            2. 影響を受けるエンドポイントのリストを確認します。
            3. 必要に応じて、[Maintenance Policy] カラムのリンクをクリックして、そのポリシーのナビゲータを開きます。
            4. 次のいずれかを実行します。
              • 選択したホスト ファームウェア パッケージを 1 つ以上変更する場合は、[Prev] をクリックします。

              • 適切なホスト ファームウェア パッケージを選択済みで、サーバのアップグレードを開始する場合は、[Install] をクリックします。

            ステップ 11   (任意)サーバ ファームウェアのアップグレードの進行状況をチェックするには、アップグレードする各サーバの [FSM] タブをチェックします。

            [Firmware Auto Install] タブの [Firmware Installer] フィールドには、インフラストラクチャ ファームウェアのアップグレードのステータスだけが表示されます。