Cisco UCS B シリーズ GUI ファームウェア管理ガイド、リリース 2.2
Cisco UCS Manager でのファームウェアのダウンロードと管理
Cisco UCS Manager でのファームウェアのダウンロードと管理

目次

Cisco UCS Manager でのファームウェアのダウンロードと管理

この章は、次の内容で構成されています。

ファームウェア イメージの管理

シスコでは、Cisco UCS コンポーネントに対するすべてのファームウェアのアップデートをイメージのバンドルで配布します。 Cisco UCS ファームウェア アップデートは、Cisco UCS ドメインのファブリック インターコネクトに次のバンドルでダウンロードできます。

Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドル

このバンドルには、次のコンポーネントのアップデートに必要な次のファームウェア イメージが含まれます。

  • Cisco UCS Manager ソフトウェア

  • ファブリック インターコネクトのカーネル ファームウェアとシステム ファームウェア

  • I/O モジュールのファームウェア

Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ ソフトウェア バンドル

このバンドルには、Cisco UCS ドメインのブレード サーバのファームウェアをアップデートするために必要な次のファームウェア イメージが含まれます。 最新のインフラストラクチャ バンドルに含まれていないブレード サーバを Cisco UCS Manager でサポートできるように、リリースに対して作成されたバンドル以外に、次のバンドルがインフラストラクチャ バンドル間でリリースされることがあります。

  • CIMC ファームウェア

  • BIOS ファームウェア

  • アダプタのファームウェア

  • ボード コントローラ ファームウェア

  • 新規サーバで必要なサードパーティ製のファームウェア イメージ

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理対象サーバ ソフトウェア バンドル

このバンドルには、Cisco UCS Manager に統合され、UCS Manager によって管理されるラックマウント サーバのコンポーネントのアップデートに必要な次のファームウェア イメージが含まれます。

  • CIMC ファームウェア

  • BIOS ファームウェア

  • アダプタのファームウェア

  • ストレージ コントローラのファームウェア


(注)  


このバンドルは、スタンドアロン C シリーズ サーバには使用できません。 このサーバのファームウェア管理システムでは、Cisco UCS Manager に必要なヘッダーを解釈できません。 スタンドアロン C シリーズ サーバのアップグレード方法については、C シリーズのコンフィギュレーション ガイドを参照してください。


また、シスコではリリース ノートも提供しており、バンドルを取得したのと同じ Web サイトから入手できます。

ファームウェア イメージ ヘッダー

すべてのファームウェア イメージには、次の情報を含むヘッダーがあります。

  • チェックサム

  • バージョン情報

  • コンポーネント イメージの互換性と依存関係を確認するためにシステムで使用される互換性情報

ファームウェア イメージ カタログ

Cisco UCS Manager には、ファブリック インターコネクトにダウンロードされているファームウェア イメージとそのコンテンツのカタログを示す 2 つのビューが用意されています。

パッケージ

このビューでは、ファブリック インターコネクトにダウンロードされているファームウェア バンドルが読み取り専用で表示されます。 このビューは、イメージのコンテンツではなく、イメージを基準にソートされます。 パッケージについては、このビューを使用して、各ダウンロード済みパッケージに存在するコンポーネント イメージを確認できます。

イメージ

イメージ ビューには、システムで使用できるコンポーネント イメージが表示されます。 このビューを使用して、ファームウェア バンドル全体を表示したり、バンドルごとにイメージをグループ化したりすることはできません。 各コンポーネント イメージについて表示される情報には、コンポーネントの名前、イメージ サイズ、イメージ バージョン、およびコンポーネントのベンダーとモデルが含まれます。

このビューを使用して、各コンポーネントに使用できるファームウェア アップデートを識別できます。 また、このビューを使用して、古くなったイメージや不要なイメージを削除することもできます。 Cisco UCS Manager は、パッケージ内のすべてのイメージが削除された後にパッケージを削除します。


ヒント


Cisco UCS Manager によって、ファブリック インターコネクトのブートフラッシュにイメージが保存されます。 クラスタ システムでは、すべてのイメージが互いに同期されるので、両方のファブリック インターコネクトにおけるブートフラッシュのスペース使用量は等しくなります。 Cisco UCS Manager によって、ブートフラッシュの領域が不足していることが報告された場合は、古いイメージを削除して、領域を解放します。


シスコからのソフトウェア バンドルの入手

はじめる前に

Cisco UCS ドメインをアップデートするために、次のどのソフトウェア バンドルが必要なのかを判定します。

  • Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドル:すべての Cisco UCS ドメインで必要です。

  • Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ ソフトウェア バンドル:ブレード サーバが含まれるすべての Cisco UCS ドメインで必要です。

  • Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理対象サーバ ソフトウェア バンドル:統合されたラックマウント サーバが含まれる Cisco UCS ドメインのみで必要です。 このバンドルには、Cisco UCS Manager がそれらのサーバを管理できるようにするためのファームウェアが含まれており、スタンドアロン C シリーズ ラックマウント サーバには適用されません。

手順
    ステップ 1   Web ブラウザで、 Cisco.com を参照します。
    ステップ 2   [Support] で [All Downloads] をクリックします。
    ステップ 3   中央のペインで、[Servers - Unified Computing] をクリックします。
    ステップ 4   入力を求められたら、Cisco.com のユーザ名およびパスワードを入力して、ログインします。
    ステップ 5   右側のペインで、次のように必要なソフトウェア バンドルのリンクをクリックします。
    Bundle ナビゲーション パス

    Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドル

    [Cisco UCS Infrastructure and UCS Manager Software] > [Unified Computing System (UCS) Infrastructure Software Bundle] をクリックします。

    Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ ソフトウェア バンドル

    [Cisco UCS B-Series Blade Server Software] > [Unified Computing System (UCS) Server Software Bundle] をクリックします。

    Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理対象サーバ ソフトウェア バンドル

    [Cisco UCS C-Series Rack-Mount UCS-Managed Server Software] > [Unified Computing System (UCS) Server Software Bundle] をクリックします。

    ヒント   

    これらのパスからアクセスできる Unified Computing System (UCS) Documentation Roadmap Bundle は、Cisco UCS のすべてのドキュメントのダウンロード可能な ISO イメージです。

    ステップ 6   ソフトウェア バンドルをダウンロードする最初のページで、[Release Notes] リンクをクリックしてリリース ノートの最新版をダウンロードします。
    ステップ 7   ダウンロードする各ソフトウェア バンドルについて、次の手順を実行します。
    1. ダウンロードするリリース最新リリース 2.1 ソフトウェア バンドル最新リリース 2.2 ソフトウェア バンドルのリンクをクリックします。

      リリース番号の後には、数字と文字が括弧内に続きます。 数字はメンテナンス リリース レベルを表し、文字はそのメンテナンス リリースのパッチを区別します。 各メンテナンス リリースとパッチの内容の詳細については、最新版のリース ノートを参照してください。

    2. 次のいずれかのボタンをクリックして、表示される指示に従います。
      • [Download Now]:ソフトウェア バンドルをすぐにダウンロードできます。

      • [Add to Cart]:後でダウンロードするソフトウェア バンドルをカートに追加します。

    3. メッセージに従ってソフトウェア バンドルのダウンロードを完了します。
    ステップ 8   Cisco UCS ドメインをアップグレードする前に、リリース ノートを参照してください。

    次の作業

    ソフトウェア バンドルをファブリック インターコネクトにダウンロードします。

    リモートからのファブリック インターコネクトへのファームウェア イメージのダウンロード


    (注)  


    クラスタ セットアップでは、ダウンロードの開始に使用されたファブリック インターコネクトに関係なく、ファームウェア バンドルのイメージ ファイルは両方のファブリック インターコネクトにダウンロードされます。 Cisco UCS Manager は、両方のファブリック インターコネクトにあるすべてのファームウェア パッケージとイメージを同期状態にします。 ファブリック インターコネクトの 1 つがダウンした場合でも、ダウンロードは正常に終了します。 オンラインに復帰したときに、イメージがもう片方のファブリック インターコネクトに同期されます。


    はじめる前に

    必要なファームウェア バンドルをシスコから入手します。

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] ノードを展開します。
      ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
      ステップ 4   [Installed Firmware] タブをクリックします。
      ステップ 5   [Download Firmware] をクリックします。
      ステップ 6   [Download Firmware] ダイアログボックスで、[Location of the Image File] フィールドの [Remote File System] オプション ボタンをクリックします。
      ステップ 7   次のフィールドに値を入力します。
      Name 説明

      [Protocol] フィールド

      リモート サーバとの通信時に使用するプロトコル。 次のいずれかになります。

      • [FTP]

      • [TFTP]

      • [SCP]

      • [SFTP]

      (注)     

      TFTP ではファイル サイズが 32 MB に制限されます。 ファームウェア バンドルはそれよりも大幅にサイズが大きい可能性があるため、ファームウェアのダウンロードに TFTP を選択しないことを推奨します。

      [Server field] フィールド

      ファイルがリモート サーバのファイルである場合は、ファイルが存在するリモート サーバの IP アドレスまたはホスト名。 ファイルがローカル ソースのファイルである場合、このフィールドには「local」と表示されます。

      (注)     

      IPv4 または IPv6 アドレスではなくホスト名を使用する場合、 で DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されていないか、DNS 管理が [Local] に設定されている場合は、Cisco UCS Manager で DNS サーバを設定します。 Cisco UCS ドメイン Cisco UCS Central に登録されていないか、DNS 管理が [Global] に設定されている場合は、Cisco UCS Central で DNS サーバを設定します。

      [Filename] フィールド

      ファームウェア ファイルの名前。

      [Path] フィールド

      リモート サーバ上のファイルへの絶対パス。

      SCP を使用する場合は、常に絶対パスが必要です。 他のプロトコルを使用する場合は、ファイルがデフォルトのダウンロード フォルダにあれば、リモート パスを指定する必要はありません。 ファイル サーバの設定方法の詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

      [User] フィールド

      システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 このフィールドは、プロトコルが TFTP の場合は適用されません。

      [Password] フィールド

      リモート サーバのユーザ名のパスワード。 このフィールドは、プロトコルが TFTP の場合は適用されません。

      ステップ 8   [OK] をクリックします。

      Cisco UCS Manager GUI によって、ファブリック インターコネクトへのファームウェア バンドルのダウンロードが開始されます。

      ステップ 9   (任意)[Download Tasks] タブで、ダウンロードのステータスをモニタします。
      (注)     

      Cisco UCS Manager によって、ブートフラッシュの領域が不足していることが報告された場合は、[Packages] タブで古いバンドルを削除して、領域を解放します。 ブートフラッシュの空き領域を表示するには、[Equipment] タブのファブリック インターコネクトにナビゲートし、[General] タブの [Local Storage Information] 領域を展開します。

      ステップ 10   すべての必要なファームウェア バンドルがファブリック インターコネクトにダウンロードされるまで、このタスクを繰り返します。

      次の作業

      ファームウェア バンドルのイメージ ファイルが完全にダウンロードされたら、エンドポイント上でファームウェアを更新します。

      ローカル ファイル システムからファブリック インターコネクトへのファームウェア イメージのダウンロード


      (注)  


      クラスタ セットアップでは、ダウンロードの開始に使用されたファブリック インターコネクトに関係なく、ファームウェア バンドルのイメージ ファイルは両方のファブリック インターコネクトにダウンロードされます。 Cisco UCS Manager は、両方のファブリック インターコネクトにあるすべてのファームウェア パッケージとイメージを同期状態にします。 ファブリック インターコネクトの 1 つがダウンした場合でも、ダウンロードは正常に終了します。 オンラインに復帰したときに、イメージがもう片方のファブリック インターコネクトに同期されます。


      はじめる前に

      必要なファームウェア バンドルをシスコから入手します。

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
        ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] ノードを展開します。
        ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
        ステップ 4   [Installed Firmware] タブをクリックします。
        ステップ 5   [Download Firmware] をクリックします。
        ステップ 6   [Download Firmware] ダイアログボックスで、[Location of the Image File] フィールドの [Local File System] オプション ボタンをクリックします。
        ステップ 7   [Filename] フィールドに、フル パスとイメージ ファイルの名前を入力します。

        ファームウェア イメージ ファイルが配置されているフォルダの正確なパスが不明な場合は、[Browse] をクリックしてファイルに移動します。

        ステップ 8   [OK] をクリックします。

        Cisco UCS Manager GUI によって、ファブリック インターコネクトへのファームウェア バンドルのダウンロードが開始されます。

        ステップ 9   (任意)[Download Tasks] タブで、ダウンロードされたファームウェア バンドルのステータスをモニタします。
        (注)     

        Cisco UCS Manager によって、ブートフラッシュの領域が不足していることが報告された場合は、[Packages] タブで古いバンドルを削除し、領域を解放します。 ブートフラッシュの空き領域を表示するには、[Equipment] タブでそのファブリック インターコネクトに移動し、[General] タブの [Local Storage Information] 領域を展開します。

        ステップ 10   すべての必要なファームウェア バンドルがファブリック インターコネクトにダウンロードされるまで、このタスクを繰り返します。

        次の作業

        ファームウェア バンドルのイメージ ファイルが完全にダウンロードされたら、エンドポイント上でファームウェアを更新します。

        イメージ ダウンロードのキャンセル

        イメージのダウンロード タスクは、タスクの進行中にのみキャンセルできます。 イメージのダウンロードの完了後に、ダウンロード タスクを削除しても、ダウンロード済みのイメージは削除されません。 イメージ ダウンロード タスクに関係する FSM はキャンセルできません。

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
          ステップ 2   [Equipment] ノードを展開します。
          ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
          ステップ 4   [Download Tasks] タブで、キャンセルするタスクを右クリックし、[Delete] を選択します。

          ファームウェア パッケージの内容の判断

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
            ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] ノードを展開します。
            ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
            ステップ 4   [Packages] サブタブで、パッケージの内容を表示するには、パッケージの横の [+] アイコンをクリックします。
            ステップ 5   パッケージの内容のスナップショットを取得するには、次の手順を実行します。
            1. イメージ名とその内容を含む行を強調表示します。
            2. 右クリックし、[Copy] を選択します。
            3. クリップボードの内容をテキスト ファイルまたはその他のドキュメントに貼り付けます。

            ファブリック インターコネクトの空き領域のチェック

            イメージのダウンロードに失敗した場合は、Cisco UCS のファブリック インターコネクトのブートフラッシュに十分な空き領域があるかどうかをチェックします。

            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
              ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Fabric Interconnects] を展開します。
              ステップ 3   空き領域をチェックするファブリック インターコネクトをクリックします。
              ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
              ステップ 5   [Local Storage Information] 領域を展開します。

              ファームウェア イメージ バンドルをダウンロードする場合、ファブリック インターコネクトには、ファームウェア イメージ バンドルのサイズの少なくとも 2 倍の空き領域が必要です。 ブートフラッシュに十分な領域がない場合は、ファブリック インターコネクトから、古いファームウェア、コア ファイル、その他の不要なオブジェクトを削除してください。


              ファブリック インターコネクトからのファームウェア パッケージの削除

              この手順は、ファームウェア パッケージまたはバンドル全体を削除する場合に使用します。 必要な場合は、パッケージ内の個々のイメージを 1 つ以上削除することもできます。

              Cisco UCS Release 1.3(1) 以前のリリースでは、[Packages] タブからファームウェア パッケージを削除できません。 パッケージからすべてのイメージを削除すると、Cisco UCS Manager によってパッケージが削除されます。

              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
                ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] ノードを展開します。
                ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                ステップ 4   [Firmware Management] タブで、[Packages] タブをクリックします。
                ステップ 5   表で、削除するパッケージをクリックします。

                Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、複数のエントリを選択できます。

                ステップ 6   1 つまたは複数の強調表示されたパッケージを右クリックし、[Delete] をクリックします。
                ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                Cisco UCS Manager によって、選択したパッケージおよび各パッケージに含まれるすべてのイメージが削除されます。

                ファブリック インターコネクトからのファームウェア イメージの削除

                この手順は、パッケージから 1 つのイメージのみを削除する場合に使用します。

                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] ノードを展開します。
                  ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
                  ステップ 4   [Firmware Management] タブで、[Images] タブをクリックします。
                  ステップ 5   表で、削除するイメージをクリックします。

                  Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、複数のエントリを選択できます。

                  ステップ 6   強調表示されたイメージを右クリックし、[Delete] を選択します。
                  ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。