Cisco UCS B シリーズ GUI ファームウェア管理ガイド、リリース 2.2
概要
概要

目次

概要

この章は、次の内容で構成されています。

ファームウェアの概要

Cisco UCS では、シスコから入手し、シスコによって認定されたファームウェアを使用して、Cisco UCS ドメインのエンドポイントをサポートします。 各エンドポイントは、Cisco UCS ドメインのコンポーネントであり、機能する上でファームウェアが必要です。 Cisco UCS ドメインのエンドポイントのアップグレード順序は、アップグレード パスによって異なります。次の項目が含まれます。

  • Cisco UCS Manager

  • I/O モジュール

  • ファブリック インターコネクト

  • NIC や HBA ファームウェア、サービス プロファイルに含まれているファームウェア パッケージを使用してアップグレードできるオプション ROM(該当する場合)など、アダプタ上に物理的に存在するエンドポイント

  • サービス プロファイルに含まれているファームウェア パッケージを使用してアップグレードできる BIOS、ストレージ コントローラ(RAID コントローラ)、Cisco Integrated Management Controller(CIMC)など、サーバ上に物理的に存在するエンドポイント

Cisco UCS ドメインのエンドポイントをアップグレードする適切な順序については、各自のアップグレード パスに必要な手順を参照してください。


(注)  


Cisco UCS Release 1.4(1) 以降、シスコは、1 つの大きなファームウェア パッケージではなく、複数のバンドルでファームウェア アップグレードをリリースしています。 詳細については、ファームウェア イメージの管理を参照してください。


シスコでは、このマニュアルやテクニカル ノート『Unified Computing System Firmware Management Best Practices』に、ファームウェア イメージおよびファームウェア アップデートを管理するための一連のベスト プラクティスを記載しています。

このマニュアルでは、ファームウェアの管理について、次の定義を使用しています。

アップグレード

エンドポイントで実行しているファームウェアを、リリースやパッチなどの他のイメージに変更します。 アップグレードには、更新とアクティブ化が含まれます。

更新

ファームウェア イメージをエンドポイントのバックアップ パーティションにコピーします。

有効化

バックアップ パーティションのファームウェアをエンドポイントのアクティブなファームウェア バージョンとして設定します。 アクティブ化によって、エンドポイントのリブートが必要になる場合やリブートが発生する場合があります。

管理拡張機能および機能カタログのアップグレードの場合は、更新とアクティブ化が同時に行われます。 このようなアップグレードでは、更新またはアクティブ化のどちらかのみを実行する必要があります。 両方の手順を実行する必要はありません。

バージョンをまたがるファームウェアのサポート

Cisco UCS では、バージョンをまたがるファームウェアをサポートしています。 どの Cisco UCS Manager A バンドル ソフトウェア(Cisco UCS Manager、Cisco NX-OS、IOM ファームウェア)をサーバ上の以前リリースされた B または C バンドル(ホスト ファームウェア (FW)、BIOS、CIMC、アダプタ FW およびドライバ)と混在できるかについては、該当するリリースの『Cisco UCS ソフトウェア リリース ノート』を参照してください。

重要:

バージョンをまたがるファームウェアを設定する場合は、サーバのエンドポイントのファームウェアのバージョンが Cisco UCS ドメインの設定に対応するようにする必要があります。

ファームウェア アップグレードのオプション

Cisco UCS ファームウェアは、次の複数の方式によってアップグレードできます。


(注)  


1 つ以上の Cisco UCS ドメインを、あるリリースから別のリリースにアップグレードするために実行するステップと必要な順序については、そのアップグレード パスの『Cisco UCS アップグレード ガイド』を参照してください。 特定のリリースからのアップグレードに対してアップグレード ガイドが提供されていない場合は、そのリリースからの直接のアップグレードがサポートされていないことがあるため、Cisco TAC にお問い合わせください。


Cisco UCS Manager による Cisco UCS ドメインのアップグレード

そのドメインの Cisco UCS Manager を使用して Cisco UCS ドメインをアップグレードする場合は、次のいずれかのアップグレード オプションを選択できます。

  • 自動インストールによるインフラストラクチャとサーバのアップグレード:このオプションでは、最初の段階ですべてのインフラストラクチャ コンポーネントをアップグレードします。 次の段階で、ホスト ファームウェア パッケージを使用してすべてのサーバ エンドポイントをアップグレードできます。

  • サービス プロファイルのファームウェア パッケージを使用してサーバをアップグレード:このオプションを使用すると 1 回のステップですべてのサーバのエンドポイントをアップグレードできるため、サーバのリブートによる中断時間を短くすることができます。 サービス プロファイルの更新の延期導入とこのオプションを組み合わせて、スケジュールされたメンテナンス時間中にサーバのリブートが行われるようにすることができます。

  • インフラストラクチャおよびサーバのエンドポイントの直接アップグレード:このオプションでは、ファブリック インターコネクト、I/O モジュール、アダプタ、ボード コントローラなど、多数のインフラストラクチャとサーバのエンドポイントを直接アップグレードできます。 ただし、直接アップグレードは、サーバ BIOS、ストレージ コントローラ、HBA ファームウェア、HBA オプション ROM、ローカル ディスクなど、すべてのエンドポイントで利用できるわけではありません。 それらのエンドポイントは、サーバに関連付けられているサービス プロファイルに含まれている、ホスト ファームウェア パッケージによってアップグレードする必要があります。


(注)  


Cisco UCS Manager GUI では、リリースでサポートされていないオプションを選択できません。 Cisco UCS ドメイン に、アップグレード後のリリースでサポートされていないハードウェアが含まれている場合、Cisco UCS Manager GUI では、そのハードウェアのオプションとしてファームウェアが表示されず、アップグレードできません。


Cisco UCS Central による Cisco UCS ドメインのアップグレード

1 つ以上の Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録している場合は、Cisco UCS Central を使用してドメイン内のすべてのファームウェアのコンポーネントを管理およびアップグレードできます。 このオプションを使用すると、ファームウェア アップグレードの制御を集中化して、データセンターのすべての Cisco UCS ドメインを必要なレベルにすることができます。

Cisco UCS Central を使用すると、グローバルなファームウェア管理向けに設定されたすべての登録済み Cisco UCS ドメインの機能カタログ、インフラストラクチャ、およびサーバのエンドポイントをアップグレードできます。

自動インストール によるファームウェア アップグレード

自動インストールでは、次の 2 つの段階によって、Cisco UCS ドメイン を 1 つのパッケージに含まれるファームウェア バージョンにアップグレードすることができます。

  • インフラストラクチャ ファームウェアのインストールCisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドルを使用して、インフラストラクチャ コンポーネント、I/O モジュール、Cisco UCS Manager などのインフラストラクチャのコンポーネントをアップグレードすることができます。

  • サーバ ファームウェアのインストールCisco UCS B シリーズ ブレード サーバ ソフトウェア バンドルを使用して、Cisco UCS ドメインまたは Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理対象サーバ ソフトウェア バンドル 内のすべてのブレード サーバをラック サーバにすべてアップグレードします。

この 2 つの段階は独立したものであり、異なる時刻に実行したり、実行されるようにスケジュールすることができます。

自動インストールを使用して、インフラストラクチャ コンポーネントを Cisco UCS のあるバージョンにアップグレードし、サーバ コンポーネントを異なるバージョンにアップグレードすることができます。


(注)  


ドメイン内の Cisco UCS ManagerCisco UCS 2.1(1) より前のリリースである場合は、自動インストールを使用して、Cisco UCS ドメイン内のインフラストラクチャまたはサーバをアップグレードすることはできません。 ただし、Cisco UCS Manager を Release 2.1(1) 以降にアップグレードすると、自動インストールを使用して、ファームウェア レベルの最低要件を満たしている Cisco UCS ドメイン内の他のコンポーネントをアップグレードできます。 詳細については、自動インストールによるアップグレードに関する注意、ガイドライン、および制約事項 および該当する『Cisco UCS アップグレード ガイド』を参照してください。


インフラストラクチャ ファームウェアのインストール

インフラストラクチャ ファームウェアのインストール では、Cisco UCS Manager など、Cisco UCS ドメイン内のすべてのインフラストラクチャ コンポーネントと、すべてのファブリック インターコネクトおよび I/O モジュールをアップグレードします。 すべてのコンポーネントが、選択した Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドルに含まれるファームウェア バージョンにアップグレードされます。

インフラストラクチャ ファームウェアのインストール では、Cisco UCS ドメイン 内の一部のインフラストラクチャ コンポーネントだけを対象とする部分アップグレードはサポートしていません。

メンテナンス時間帯に対応する特定の時刻にインフラストラクチャのアップグレードをスケジュールできます。 ただし、インフラストラクチャのアップグレードが進行中の場合、別のインフラストラクチャのアップグレードをスケジュールすることはできません。 次のアップグレードをスケジューリングするには、現在のアップグレードが完了するまで待つ必要があります。


(注)  


インフラストラクチャ ファームウェア アップグレードが今後行われる予定の場合は、キャンセルできます。 ただし、インフラストラクチャ ファームウェア アップグレードがいったん開始すると、キャンセルすることはできません。


サーバ ファームウェアのインストール

サーバ ファームウェアのインストール では、ホスト ファームウェア パッケージを使用して、Cisco UCS ドメイン内のすべてのサーバおよびコンポーネントをアップグレードします。 サービス プロファイルに選択したホスト ファームウェア パッケージが含まれているサーバはすべて、次のように、選択したソフトウェア バンドルのファームウェア バージョンにアップグレードされます。

  • シャーシ内のすべてのブレード サーバ用の Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ ソフトウェア バンドル

  • Cisco UCS ドメインに統合されているすべてのラックマウント サーバ用の Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理対象サーバ ソフトウェア バンドル


(注)  


[サーバファームウェアのインストール] ウィザードの設定が完了した後で、サーバ ファームウェアのアップグレード プロセスをキャンセルすることはできません。 Cisco UCS Manager は、変更を即座に反映します。 ただし、サーバが実際にリブートされるタイミングは、サーバに関連付けられたサービス プロファイル内のメンテナンス ポリシーによって異なります。


サービス プロファイルのファームウェア パッケージによるファームウェア アップグレード

サービス プロファイル内のファームウェア パッケージを使用して、サーバの BIOS など、サーバおよびアダプタのファームウェアをアップグレードできます。ホスト ファームウェア ポリシーを定義して、これをサーバに関連付けられているサービス プロファイルにインクルードします。

I/O モジュール、ファブリック インターコネクト、Cisco UCS Manager のファームウェアをサービス プロファイルによってアップグレードすることはできません。 それらのエンドポイントのファームウェアは直接アップグレードする必要があります。


(注)  


Cisco UCS は、新しい管理ファームウェア パッケージの作成をサポートしなくなりました。 必要な場合は、既存の管理ファームウェア パッケージを変更および更新することができます。 ただし、管理ファームウェア パッケージをすべてのサービス プロファイルから削除し、ホスト ファームウェア パッケージを使用してサーバ上の Cisco Integrated Management Controller(CIMC)を更新することをお勧めします。


ホスト ファームウェア パッケージ

このポリシーでは、ホスト ファームウェア パッケージ(ホスト ファームウェア パック)を構成するファームウェア バージョンのセットを指定することができます。 ホスト ファームウェア パッケージには、次のサーバおよびアダプタ エンドポイントのファームウェアが含まれています。

  • アダプタ
  • CIMC
  • BIOS
  • ボード コントローラ
  • FC アダプタ
  • HBA Option ROM
  • ストレージ コントローラ
  • ローカル ディスク

ヒント


同じホスト ファームウェア パッケージに複数のファームウェアを含めることができます。 たとえば、1 つのホスト ファームウェア パッケージで BIOS ファームウェアとストレージ コントローラ ファームウェアの両方を使用したり、異なる 2 つのアダプタのモデル用のアダプタ ファームウェアを使用することができます。 ただし、同じ種類、ベンダー、モデル番号に対しては 1 つのファームウェア バージョンしか使用できません。 システムはエンドポイントで必要なファームウェア バージョンを認識し、それ以外のファームウェア バージョンは無視します。


ファームウェア パッケージは、このポリシーが含まれるサービス プロファイルに関連付けられたすべてのサーバにプッシュされます。

このポリシーにより、同じポリシーを使用しているサービス プロファイルが関連付けられているすべてのサーバでホスト ファームウェアが同一となります。 したがって、サービス プロファイルをあるサーバから別のサーバに移動した場合でも、ファームウェア バージョンはそのまま変わりません。 さらに、ファームウェア パッケージのエンドポイントのファームウェア バージョンを変更した場合、その影響を受けるサービス プロファイルすべてに新しいバージョンが適用されます。この結果、サーバがリブートされることがあります。

このポリシーはサービス プロファイルにインクルードする必要があります。また、このサービス プロファイルを有効にするには、サーバに関連付ける必要があります。

このポリシーは他のどのポリシーにも依存していません。 しかし、ファブリック インターコネクトに適切なファームウェアがダウンロードされていることを確認する必要があります。 Cisco UCS Managerによりサーバとサービス プロファイルの関連付けが実行される際にファームウェア イメージが使用できない場合、Cisco UCS Managerはファームウェア アップグレードを無視して関連付けを終了します。

管理ファームウェア パッケージ


(注)  


Cisco UCS は、新しい管理ファームウェア パッケージの作成をサポートしなくなりました。 必要な場合は、既存の管理ファームウェア パッケージを変更および更新することができます。 ただし、管理ファームウェア パッケージをすべてのサービス プロファイルから削除し、ホスト ファームウェア パッケージを使用してサーバ上の Cisco Integrated Management Controller(CIMC)を更新することをお勧めします。


このポリシーでは、管理ファームウェア パッケージ(管理ファームウェア パック)を構成するファームウェア バージョンのセットを指定することができます。 管理ファームウェア パッケージには、サーバの Cisco Integrated Management Controller(CIMC)が含まれています。 CIMC を直接アップグレードする場合は、このパッケージを使用する必要はありません。

ファームウェア パッケージは、このポリシーが含まれるサービス プロファイルに関連付けられたすべてのサーバにプッシュされます。 このポリシーにより、同じポリシーを使用しているサービス プロファイルに関連付けられているすべてのサーバで CIMC ファームウェアが同一となります。 したがって、サービス プロファイルをあるサーバから別のサーバに移動した場合でも、ファームウェア バージョンはそのまま変わりません。

このポリシーはサービス プロファイルにインクルードする必要があります。また、このサービス プロファイルを有効にするには、サーバに関連付ける必要があります。

このポリシーは他のどのポリシーにも依存していません。 しかし、ファブリック インターコネクトに適切なファームウェアがダウンロードされていることを確認する必要があります。

サービス プロファイルのファームウェア パッケージを使用したファームウェア アップグレードの段階

サービス プロファイルのホスト ファームウェア パッケージ ポリシーを使用して、サーバとアダプタのファームウェアをアップグレードすることができます。


注意    


メンテナンス時間帯を設定してスケジュールしている場合を除き、エンドポイントを追加するか既存のエンドポイント ファームウェア バージョンを変更してホスト ファームウェア パッケージを変更した場合は、変更を保存するとただちに、Cisco UCS Manager によってエンドポイントがアップグレードされ、そのファームウェア パッケージに関連付けられているすべてのサーバがリブートされるので、サーバ間のデータ トラフィックが中断します。


新しいサービス プロファイル

新しいサービス プロファイルの場合、このアップグレードは次のような段階で行われます。

ファームウェア パッケージ ポリシーの作成

この段階で、ホストのファームウェア パッケージを作成します。

サービス プロファイルの関連付け

この段階では、サービス プロファイルにファームウェア パッケージを含めて、サービス プロファイルとサーバを関連付けます。 システムによって、選択したファームウェア バージョンがエンドポイントにプッシュされます。 サーバをリブートして、ファームウェア パッケージで指定したバージョンがエンドポイントで確実に実行されるようにします。

既存のサービス プロファイル

サーバと関連付けられているサービス プロファイルの場合は、メンテナンス時間帯を設定してスケジュールしている場合を除き、ファームウェア パッケージに変更を保存するとただちに、Cisco UCS Manager によってファームウェアがアップグレードされ、サーバがリブートされます。 メンテナンス時間帯を設定してスケジュールしている場合、Cisco UCS Manager はアップグレードとサーバのリブートをその時間まで延期します。

サービス プロファイル内のファームウェア パッケージのアップデートによる影響

サービス プロファイルのファームウェア パッケージを使用してファームウェアをアップデートするには、パッケージ内のファームウェアをアップデートする必要があります。 ファームウェア パッケージに対する変更を保存した後の影響は、Cisco UCS ドメインの設定によって異なります。

次の表は、サービス プロファイルのファームウェア パッケージを使用してサーバをアップグレードする場合の最も一般的なオプションを示しています。

サービス プロファイル メンテナンス ポリシー アップグレード操作

ファームウェア パッケージがサービス プロファイルまたはアップデート用サービス プロファイル テンプレートに含まれていない。

または

既存のサービス プロファイルまたはアップデート用サービス プロファイル テンプレートを変更せずにファームウェアをアップグレードする。

メンテナンス ポリシーなし

ファームウェア パッケージのアップデート後に、次のいずれかを実行します。

  • 一部のサーバまたはすべてのサーバを同時にリブートおよびアップグレードするには、サーバに関連付けられている 1 つ以上のサービス プロファイルまたはアップデート用サービス プロファイル テンプレートにファームウェア パッケージを追加します。

  • 一度に 1 台のサーバをリブートしてアップグレードするには、各サーバに対して次の手順を実行します。

    1. 新しいサービス プロファイルを作成し、そのサービス プロファイルにファームウェア パッケージを含めます。

    2. サービス プロファイルからサーバの関連付けを解除します。

    3. サーバを新規のサービス プロファイルと関連付けます。

    4. サーバがリブートされ、ファームウェアがアップグレードされた後に、新規のサービス プロファイルからサーバの関連付けを解除し、このサーバを元のサービス プロファイルに関連付けます。

注意       

元のサービス プロファイルにスクラブ ポリシーが含まれている場合は、サービス プロファイルの関連付けを解除すると、ディスクまたは BIOS が新規のサービス プロファイルに関連してスクラビング処理されるときにデータが失われることがあります。

ファームウェア パッケージが 1 つ以上のサービス プロファイルに含まれており、そのサービス プロファイルが 1 つ以上のサーバに関連付けられている。

または

ファームウェア パッケージがアップデート用サービス プロファイル テンプレートに含まれており、このテンプレートから作成されたサービス プロファイルが 1 つ以上のサーバに関連付けられている。

メンテナンス ポリシーなし

または

即時アップデート用に設定されたメンテナンス ポリシー。

ファームウェア パッケージをアップデートすると、次のようになります。

  1. ファームウェア パッケージの変更は、保存されるとただちに有効になります。

  2. Cisco UCS によって、このポリシーを含むサービス プロファイルに関連付けられているすべてのサーバが照合され、モデル番号とベンダーが検証されます。 モデル番号とベンダーがポリシーのファームウェア バージョンと一致する場合は、Cisco UCS によりサーバがリブートされ、ファームウェアがアップデートされます。

そのファームウェア パッケージを含むサービス プロファイルに関連付けられているすべてのサーバが同時にリブートされます。

ファームウェア パッケージが 1 つ以上のサービス プロファイルに含まれており、そのサービス プロファイルが 1 つ以上のサーバに関連付けられている。

または

ファームウェア パッケージがアップデート用サービス プロファイル テンプレートに含まれており、このテンプレートから作成されたサービス プロファイルが 1 つ以上のサーバに関連付けられている。

ユーザ確認を求めるように設定

ファームウェア パッケージをアップデートすると、次のようになります。

  1. Cisco UCS によって、変更を確認するように要求され、ユーザ確認によるサーバのリブートが必要であることが通知されます。

  2. 点滅している [Pending Activities] ボタンをクリックし、リブートして新規ファームウェアを適用するサーバを選択します。

  3. Cisco UCS によって、このポリシーを含むサービス プロファイルに関連付けられているすべてのサーバが照合され、モデル番号とベンダーが検証されます。 モデル番号とベンダーがポリシーのファームウェア バージョンと一致する場合は、Cisco UCS によりサーバがリブートされ、ファームウェアがアップデートされます。

サーバを手動でリブートしても、Cisco UCS によってファームウェア パッケージが適用されず、保留中のアクティビティはキャンセルされません。 [Pending Activities] ボタンを使用して、保留中のアクティビティを確認するか、またはキャンセルする必要があります。

ファームウェア パッケージが 1 つ以上のサービス プロファイルに含まれており、そのサービス プロファイルが 1 つ以上のサーバに関連付けられている。

または

ファームウェア パッケージがアップデート用サービス プロファイル テンプレートに含まれており、このテンプレートから作成されたサービス プロファイルが 1 つ以上のサーバに関連付けられている。

特定のメンテナンス時間帯に変更が有効になるように設定。

ファームウェア パッケージをアップデートすると、次のようになります。

  1. Cisco UCS によって、変更を確認するように要求され、ユーザ確認によるサーバのリブートが必要であることが通知されます。

  2. 点滅している [Pending Activities] ボタンをクリックし、リブートして新規ファームウェアを適用するサーバを選択します。

  3. Cisco UCS によって、このポリシーを含むサービス プロファイルに関連付けられているすべてのサーバが照合され、モデル番号とベンダーが検証されます。 モデル番号とベンダーがポリシーのファームウェア バージョンと一致する場合は、Cisco UCS によりサーバがリブートされ、ファームウェアがアップデートされます。

サーバを手動でリブートしても、Cisco UCS によってファームウェア パッケージは適用されず、スケジュールされているメンテナンス アクティビティはキャンセルされません。

Cisco UCS Central のファームウェア管理

Cisco UCS Central を使用すると、登録されているすべての Cisco UCS ドメインのすべてのファームウェア コンポーネントを管理することができます。


(注)  


Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメインのファームウェアを管理するには、Cisco UCS Manager でグローバル ファームウェア管理オプションをイネーブルにする必要があります。 グローバル ファームウェア管理オプションは、Cisco UCS ManagerCisco UCS Central に登録するときにイネーブルにできます。 また、管理要件に基づいてグローバル管理オプションのオン/オフを切り替えることもできます。


Cisco UCS ドメインは、Cisco UCS Central のドメイン グループに管理目的で分類されます。 ファームウェアは、ドメイン グループ レベルで各ドメイン グループごとに別個に管理することも、ドメイン グループのルートからドメイン グループ全体に対して管理することもできます。 Cisco UCS Central には、次の Cisco UCS ドメインのファームウェア パッケージを管理するオプションがあります。

  • 機能カタログ:ドメイン グループごとに機能カタログを 1 つ使用します。 特定のドメイン グループに登録されたすべての Cisco UCS ドメインによって、ドメイン グループで定義された機能カタログが使用されます。

  • インフラストラクチャ ファームウェア:ドメイン グループごとにインフラストラクチャ ファームウェア ポリシーを 1 つ使用します。 特定のドメイン グループに登録されたすべての Cisco UCS ドメインによって、ドメイン グループで定義された同じインフラストラクチャ ファームウェア バージョンが使用されます。

  • ホスト ファームウェア:ドメイン グループ内のさまざまなホスト ファームウェア コンポーネントに対して、複数のホスト ファームウェア ポリシーを設定できます。 ドメイン グループに登録されている Cisco UCS ドメインでは、グループに定義されているホスト ファームウェア ポリシーを選択できます。 Cisco UCS Central には、ドメイン グループのすべての Cisco UCS ドメインにホスト ファームウェアを同時にグローバルにアップグレードするオプションがあります。

エンドポイントでのファームウェアの直接アップグレード

正しい手順に従って適切な順序でアップグレードを適用すると、エンドポイントでのファームウェアの直接アップグレードと新しいファームウェア バージョンのアクティブ化による、Cisco UCS ドメインでのトラフィックの中断を最小限に留めることができます。

次のエンドポイントのファームウェアを直接アップグレードできます。

  • アダプタ

  • CIMC

  • I/O モジュール

  • ボード コントローラ

  • Cisco UCS Manager

  • ファブリック インターコネクト

アダプタおよびボード コントローラ ファームウェアも、サービス プロファイル内のホスト ファームウェア パッケージによってアップグレードできます。 ホスト ファームウェア パッケージを使用してこのファームウェアをアップグレードすると、ファームウェアのアップグレード プロセス中にサーバをリブートする回数を軽減できます。


(注)  


管理ファームウェア パッケージによる CIMC のアップグレード、またはサーバに関連付けられたサービス プロファイル内のファームウェア パッケージによるアダプタのアップグレードは、直接のファームウェア アップグレードより優先されます。 サーバに関連付けられたサービス プロファイルにファームウェア パッケージが含まれる場合、エンドポイントを直接アップグレードすることはできません。 直接のアップグレードを実行するには、サービス プロファイルからファームウェア パッケージを削除する必要があります。


ファームウェアの直接アップグレードの段階

Cisco UCS Manager では、直接アップグレードのプロセスを 2 段階に分け、サーバやその他のエンドポイントのアップタイムに影響を与えずに、システムの実行中にエンドポイントにファームウェアをプッシュできるようにします。

更新

この段階では、選択したファームウェア バージョンがプライマリ ファブリック インターコネクトからエンドポイントのバックアップ パーティションにコピーされ、ファームウェア イメージが破損していないことが確認されます。 更新プロセスでは、常にバックアップ スロットのファームウェアが上書きされます。

更新段階は、次のエンドポイントにのみ適用されます。

  • アダプタ

  • CIMC

  • I/O モジュール


注意    


更新が完了するまで、エンドポイントがあるハードウェアを取り外したり、メンテナンス作業を実行しないでください。 ハードウェアが取り外されたり、その他のメンテナンス作業により使用できない場合、ファームウェアの更新は失敗します。 この失敗により、バックアップ パーティションが破損する場合があります。 バックアップ パーティションが破損しているエンドポイントではファームウェアを更新できません。


有効化

この段階では、指定したイメージ バージョン(通常はバックアップ バージョン)がスタートアップ バージョンとして設定され、[Set Startup Version Only] を指定していない場合は、エンドポイントがただちにリブートされます。 エンドポイントがリブートされると、バックアップ パーティションがアクティブ パーティションになり、アクティブ パーティションがバックアップ パーティションになります。 新しいアクティブ パーティションのファームウェアが、スタートアップ バージョンと実行バージョンになります。

指定したファームウェア イメージはすでにエンドポイントに存在しているため、次のエンドポイントのみアクティベーションが必要です。

  • Cisco UCS Manager

  • ファブリック インターコネクト

  • それらをサポートするサーバ上のボード コントローラ

ファームウェアをアクティブにすると、エンドポイントがリブートされ、新しいファームウェアがアクティブなカーネル バージョンおよびシステム バージョンになります。 スタートアップ ファームウェアからエンドポイントをブートできない場合は、バックアップ バージョンがデフォルトになり、エラーが発生します。


注意    


I/O モジュールに対して [スタートアップバージョンのみを設定する] を設定した場合、そのデータ パス内のファブリック インターコネクトがリブートされると、I/O モジュールがリブートされます。 I/O モジュールに対して、[スタートアップバージョンのみを設定する] を設定しない場合、I/O モジュールがリブートし、トラフィックが中断します。 また、Cisco UCS Manager がファブリック インターコネクトと I/O モジュールの間のプロトコルとファームウェア バージョンの不一致を検出した場合、Cisco UCS Manager は、ファブリック インターコネクトのファームウェアに一致するファームウェア バージョンを使用して I/O モジュールを自動的に更新し、ファームウェアをアクティブ化して、I/O モジュールを再度リブートします。


ファームウェアの直接アップグレードによる停止の影響

エンドポイントでファームウェアの直接アップグレードを実行すると、Cisco UCS ドメインの 1 つ以上のエンドポイントで、トラフィックの中断や停止が発生することがあります。

ファブリック インターコネクトのファームウェア アップグレードによる停止の影響

ファブリック インターコネクトのファームウェアをアップグレードした場合、次のような停止の影響や中断が発生します。

  • ファブリック インターコネクトがリブートする。

  • 対応する I/O モジュールがリブートする。

Cisco UCS Manager のファームウェア アップグレードによる停止の影響

Cisco UCS Manager のファームウェア アップグレードにより、次のような中断が発生します。

  • Cisco UCS Manager GUICisco UCS Manager GUI にログインしているすべてのユーザがログアウトされ、ユーザのセッションが終了する。

    保存されていない実行中の作業が失われる。

  • Cisco UCS Manager CLI:telnet でログインしているすべてのユーザがログアウトされ、ユーザのセッションが終了する。

I/O モジュールのファームウェア アップグレードによる停止の影響

I/O モジュールのファームウェアをアップグレードした場合、次のような停止の影響や中断が発生します。

  • 単一のファブリック インターコネクトがあるスタンドアロン構成の場合、I/O モジュールのリブート時にデータ トラフィックが中断する。 2 つのファブリック インターコネクトがあるクラスタ構成の場合、データ トラフィックは他方の I/O モジュールとそのデータ パス内のファブリック インターコネクトにフェールオーバーする。

  • 新しいファームウェアをスタートアップ バージョンとしてのみアクティブにした場合、I/O モジュールは、対応するファブリック インターコネクトがリブートされるとリブートする。

  • 新しいファームウェアを実行バージョンおよびスタートアップ バージョンとしてアクティブにした場合、I/O モジュールはただちにリブートする。

  • ファームウェアのアップグレード後に、I/O モジュールを使用できるようになるまで最大 10 分かかります。

CIMC のファームウェア アップグレードによる停止の影響

サーバの CIMC のファームウェアをアップグレードした場合、CIMC と内部プロセスのみが影響を受けます。 サーバ トラフィックは中断しません。 このファームウェア アップグレードにより、CIMC に次のような停止の影響や中断が発生します。

  • KVM コンソールおよび vMedia によってサーバで実行されているすべてのアクティビティが中断する。

  • すべてのモニタリングおよび IPMI ポーリングが中断する。

アダプタのファームウェア アップグレードによる停止の影響

アダプタのファームウェアをアクティブにし、[Set Startup Version Only] オプションを設定していない場合、次のような停止の影響や中断が発生します。

  • サーバがリブートする。

  • サーバ トラフィックが中断する。

ファームウェア バージョン

使用されるファームウェア バージョンの用語は、次のように、エンドポイントのタイプによって異なります。

CIMC、I/O モジュール、アダプタのファームウェア バージョン

各 CIMC、I/O モジュール、アダプタには、フラッシュにファームウェア用の 2 つのスロットがあります。 各スロットには 1 つのファームウェア バージョンが搭載されます。 一方のスロットはアクティブで、他方はバックアップ スロットです。 コンポーネントは、アクティブとして指定されているスロットからブートします。

Cisco UCS Manager では次のファームウェア バージョンの用語が使われます。

実行バージョン

実行バージョンは、エンドポイントで使用されているアクティブなファームウェアです。

スタートアップ バージョン

スタートアップ バージョンは、エンドポイントの次回のブート時に使用されるファームウェアです。 Cisco UCS Manager はアクティベーション操作によって、スタートアップ バージョンを変更します。

バックアップ バージョン

バックアップ バージョンは、エンドポイントによって使用されていない、他方のスロットのファームウェアです。 このバージョンは、エンドポイントに対してアップデートされたが、まだアクティブ化されていないファームウェア、または新たにアクティブ化されたバージョンと置き換えられた古いファームウェア バージョンなどです。 Cisco UCS Manager はアップデート操作によって、バックアップ スロットのイメージを置き換えます。

スタートアップ バージョンからエンドポイントをブートできない場合、バックアップ バージョンからブートします。

ファブリック インターコネクトおよび Cisco UCS Manager のファームウェア バージョン

アクティブにできるのは、ファブリック インターコネクトのファームウェアとファブリック インターコネクト上の Cisco UCS Manager だけです。 すべてのイメージがファブリック インターコネクトに保存されるため、ファブリック インターコネクトと Cisco UCS Manager のファームウェアにはバックアップ バージョンがありません。 その結果、ブート可能なファブリック インターコネクト イメージの数は、サーバ CIMC やアダプタのように、2 つに限定されません。 代わりに、ブート可能なファブリック インターコネクト イメージの数は、ファブリック インターコネクトのメモリの空き領域と、そこに保存されているイメージの数によって制限されます。

ファブリック インターコネクトと Cisco UCS Manager のファームウェアには、カーネル ファームウェアとシステム ファームウェアの実行バージョンとスタートアップ バージョンがあります。 カーネル ファームウェアとシステム ファームウェアは、同じファームウェア バージョンを実行する必要があります。

ファームウェアのダウングレード

Cisco UCS ドメインのファームウェアは、アップグレードと同じ方法でダウングレードできます。 ファームウェアのアップデート時に選択したパッケージまたはバージョンによって、アップグレードを実行するか、ダウングレードを実行するかが決まります。

重要:

Cisco UCS Manager でローカル ディスクのファームウェアをダウングレードすることはできません。


(注)  


Cisco UCS Manager GUI では、リリースでサポートされていないオプションを選択できません。 ダウングレード先のリリースでサポートされていないハードウェアが Cisco UCS ドメインに含まれている場合、Cisco UCS Manager GUI では、そのハードウェアのオプションとしてファームウェアが表示されず、ダウングレードできません。


ファームウェアのダウングレードと自動インストール

自動インストールを使用して、Cisco UCS ドメイン をリリース 2.1 より前の Cisco UCS リリースにダウングレードすることはできません。

サポートされていない機能をダウングレードの前に削除

Cisco UCS ドメイン を以前のリリースにダウングレードする場合は、まず、以前のリリースでサポートされていない機能を現在のリリースからすべて削除または設定解除し、エラーを引き起こす設定をすべて修正する必要があります。


(注)  


以前のリリースでサポートされていない機能をすべて削除または設定解除しないでダウングレードしようとすると、ダウングレードが失敗し、「This operation is not supported for UCSM version below 2.1」というメッセージが表示されます。


たとえば、Cisco UCS ドメインCisco UCS リリース 2.1 から リリース 2.0 にダウングレードする場合は、まず、サポートされていない機能を削除または設定解除する必要があります。サポートされていない機能として、VLAN ポート数の最適化や適切なサービス プロファイル設定などがあげられます。これらは iSCSI 関連の問題により正常に機能しません。

たとえば、Cisco UCS ドメインCisco UCS リリース 2.1 から リリース 1.4 にダウングレードする場合は、まず、次のようなサポートされていない機能を削除または設定を解除する必要があります。

  • サービス プロファイル、サービス プロファイル テンプレート、ブート順序ポリシー、LAN 接続ポリシーなどのオブジェクトの iSCSI 設定(iSCSI vNIC とイニシエータ IQN を含む)

  • FCoE アップリンク ポート

  • FCoE ストレージ ポート

  • ユニファイド アップリンク ポート

  • アプライアンスのストレージ ポート

ファームウェアのダウングレードとイニシエータ IQN の設定

サービス プロファイル レベルで定義されているイニシエータ IQN がある場合に、Cisco UCS リリース 2.1(2) から Cisco UCS リリース 2.0(1) にダウングレードすると、iSCSI vNIC レベルで定義されているすべてのイニシエータ IQN にそのイニシエータ IQN が コピーされます。

サービス プロファイル レベルで定義されているイニシエータ IQN があり、サービス プロファイルに iSCSI vNIC が 1 つだけ存在している場合は、Cisco UCS リリース 2.1(2) から Cisco UCS リリース 2.1(1) 以前にダウングレードすると、そのサービス プロファイル レベルのイニシエータ IQN が iSCSI vNIC レベルで定義されているイニシエータ IQN にコピーされます。

複数の iSCSI vNIC がある場合に Cisco UCS リリース 2.1(1) から 2.0(2) にダウングレードすると、エラー メッセージが表示され、iSCSI vNIC レベルで定義されているすべてのイニシエータ IQN に同一のイニシエータ IQN をコピーできないことが示されます。

Cisco UCS Central からの登録解除

Cisco UCS を リリース 2.1(2) から以前のリリースに ダウングレードし、その Cisco UCS ドメイン をCisco UCS Central から登録解除する場合は、ダウングレードする前に Cisco UCS Central から Cisco UCS ドメイン を登録解除する必要があります。

ファームウェアのダウングレードの推奨手順

ファームウェアを以前のリリースにダウングレードする必要がある場合は、次の順序で実行することを推奨します。

  1. 現在のリリースにアップグレードしたときに作成した設定のバックアップをダウングレード先となるリリースから取り出します。

  2. ダウングレード先のリリースでサポートされていない機能を削除または設定解除します。

  3. Cisco UCS ドメインをダウングレードします。

  4. erase-config を実行します。

  5. ダウングレード先のリリースから設定のバックアップをインポートします。