Cisco UCS B シリーズ CLI ファームウェア管理ガイド リリース 2.1
Cisco UCS Central でのファームウェアのダウンロードと管理
Cisco UCS Central でのファームウェアのダウンロードと管理
発行日;2013/02/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco UCS Central でのファームウェアのダウンロードと管理

この章の内容は、次のとおりです。

シスコからのファームウェアのダウンロード

Cisco UCS Central では、指定された間隔でシスコの Web サイトと通信してファームウェア イメージのリストを取得するように、ファームウェアのダウンロードを設定できます。 シスコのクレデンシャルを設定した後に、リフレッシュを行うと、Cisco UCS Central によって Cisco.com から使用可能なイメージ データが取得され、ファームウェア イメージ ライブラリにファームウェア イメージが表示されます。 ファームウェア イメージのバージョンを使用してポリシーを作成する場合、または [Store Locally] オプションを使用してイメージをダウンロードする場合には、実際のファームウェア イメージをダウンロードできます。

重要:

シスコからファームウェアを Cisco UCS Central にダウンロードするには、次の作業を行ってください。

  • Cisco UCS Central から Cisco.com に直接またはプロキシ サーバ経由でアクセスできるようにする必要があります。
  • 有効なシスコのユーザ クレデンシャルを設定して、Cisco UCS Central でダウンロード状態をイネーブルにする必要があります。

ファームウェアのイメージ ライブラリ

Cisco UCS Central のイメージ ライブラリには、Cisco.com、ローカル ファイル システム、およびリモート ファイル システムから Cisco UCS Central にダウンロードされたすべてのファームウェア イメージのリストが表示されます。

Cisco.com からダウンロードされたイメージのソースはシスコであり、ローカルまたはリモートのファイル システムからダウンロードされたイメージのソースはローカルです。 これらのファームウェア イメージは、ファームウェア ポリシーの作成に使用できます。

ライブラリからファームウェア イメージを削除するオプションを次に示します。

  • ファームウェア イメージの削除:削除オプションを使用すると、ファームウェア ライブラリ内のダウンロードされたイメージを削除できます。
  • ファームウェア イメージのメタデータのパージ:パージ オプションを使用すると、イメージのメタデータを削除できます。 ライブラリからファームウェア イメージを削除した後でも、メタデータは引き続き存在しています。 このメタデータ情報を使用すると、イメージを削除した後でも Cisco.com から実際のファームウェア イメージをいつでもダウンロードすることができます。 ファームウェア イメージ ライブラリからファームウェア イメージと関連するメタデータを完全に削除する場合は、実際のファームウェア イメージを削除し、ライブラリからメタデータをパージしてください。
    重要:

    メタデータに対応するイメージがファームウェア イメージ ライブラリにすでにダウンロードされている場合は、イメージを削除しないでメタデータをパージすることはできません。

シスコからのファームウェア イメージのダウンロード設定

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UCSC# connect operation-mgr  

    オペレーション マネージャ モードを開始します。

     
    ステップ 2UCSC(ops-mgr)# connect policy-mgr 

    オペレーション マネージャ モードからポリシー管理モードを開始します。

     
    ステップ 3UCSC(policy-mgr)# scope domain-group domain-group  

    ドメイン グループ ルート モードを開始し、(任意で)ドメイン グループ ルート直下にドメイン グループを入力します。 ドメイン グループ ルート モードを開始するには、/domain-group として入力します。

     
    ステップ 4UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope download-policy cisco 

    コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 5UCSC(policy-mgr) /domain-group/download-policy # set 
    1. set admin-state
    2. set downloadintervaldayweekon-demand
    3. set http-proxyserver:port
    4. usernameusername
    5. set passwordpassword
    6. set proxy-passwordpassword
    7. set proxy-usernameusername

    システムに設定の詳細を入力します。

     
    ステップ 6UCSC(policy-mgr) /domain-group/download-policy/set # commit-buffer 

    システムにトランザクションをコミットします。

     

    次に、シスコから Cisco UCS Central へのファームウェアのダウンロードを設定する例を示します。

    UCSC# (ops-mgr)# connect policy-mgr
    UCSC(policy-mgr)# scope domain-group /
    UCSC(policy-mgr) /domain-group # scope download-policy cisco
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/download-policy # set  
    admin-state  enable     
    downloadinterval 1 day 
    http-proxy  Server[:Port] 
    username          Username
    password          Password  
    proxy-password    HTTP Proxy Password  
    proxy-username    HTTP Proxy Username  
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/download-policy # commit-buffer 
    UCSC(policy-mgr) /domain-group/download-policy* # 
    

    シスコからのファームウェア イメージのダウンロード

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1UCSC# connect operation-mgr  

      オペレーション マネージャ モードを開始します。

       
      ステップ 2UCSC(ops-mgr)# scope firmware 

      ファームウェア管理モードを開始します。

       
      ステップ 3UCSC(ops-mgr) /firmware# scope download-source cisco 

      Cisco Web サイトからダウンロードしたイメージのメタデータにアクセスします。

       
      ステップ 4UCSC(ops-mgr) /firmware/download-source# download list 

      Cisco.com から使用可能なファームウェア イメージのメタデータをダウンロードします。

       

      次に、Cisco.com から Cisco UCS Central へ使用可能なファームウェア イメージのメタデータをダウンロードする例を示します。

      UCSC# connect operation-mgr 
      UCSC(ops-mgr)# scope firmware 
      UCSC(ops-mgr) /firmware # scope download-source cisco 
      UCSC(ops-mgr) /firmware/download-source # download list 
      

      イメージ ダウンロードのステータスの表示

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1UCSC# connect operation-mgr  

        オペレーション マネージャ モードを開始します。

         
        ステップ 2UCSC(ops-mgr)# scope firmware 

        ファームウェア管理モードを開始します。

         
        ステップ 3UCSC (ops-mgr)/firmware# show download-task detail 

        ダウンロード タスクの詳細を表示します。

         

        次に、Cisco UCS Central でダウンロード タスクの詳細を表示する例を示します。

        UCSC# connect operation-mgr
        UCSC(ops-mgr)# scope firmware
        UCSC(ops-mgr) /firmware # show download-task detail
        Download task:    
        File Name: ucs-catalog.2.1.0.475.T.bin    
        Protocol: Ftp    
        Server:    
        Userid: User    
        Path: /automation/delmar/catalog    
        Downloaded Image Size (KB): 0    
        Image Url:    
        Image Url:    
        Proxy Userid:    
        State: Downloaded    
        Owner: Management    
        Current Task: 

        ダウンロードされたファームウェア イメージ バンドルの表示

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1UCSC# connect operation-mgr  

          オペレーション マネージャ モードを開始します。

           
          ステップ 2UCSC(ops-mgr)# scope firmware 

          ファームウェア管理モードを開始します。

           
          ステップ 3UCSC(ops-mgr) /firmware # show package 

          ダウンロードされたファームウェア イメージ バンドルを表示します。 Cisco UCS ManagerCisco UCS Central のバンドルを表示できます。

           

          次に、ダウンロードされたファームウェア イメージ バンドルを Cisco UCS Central で表示する例を示します。

          UCSC# connect operation-mgr
          UCSC(ops-mgr)# scope firmware
          UCSC(ops-mgr) /firmware # show package
          Name                                     Version    Download Status
          ---------------------------------------- ---------- ---------------
          ucs-catalog.2.1.0.489.T.gbin             2.1(0.489)T	Downloaded
          ucs-k9-bundle-b-series.2.1.0.489.B.gbin  2.1(0.489)B Downloaded
          ucs-k9-bundle-infra.2.1.0.489.A.gbin     2.1(0.489)A Downloaded
          ucsCENTRAL-bundle.1.0.0.361.bin          1.0(0.361) Downloaded
          update.bin                               1.0(0.376) Downloaded
          UCSC(ops-mgr) /firmware # 

          リモート ファイル システムからのファームウェア イメージのダウンロード設定

          次のリモート ファイル システムの 1 つからファームウェア イメージをダウンロードできます。

          • ftp
          • scp
          • sftp
          • tftp
          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1UCSC# connect operation-mgr  

            オペレーション マネージャ モードを開始します。

             
            ステップ 2UCSC(ops-mgr)# scope firmware 

            ファームウェア管理モードを開始します。

             
            ステップ 3UCSC (ops-mgr)/firmware# download imageftpscpsftptftpimage file location 

            ファームウェア イメージ ダウンロードのコンフィギュレーション モードを開始し、ファームウェア イメージのリモートの場所を指定します。

             
            ステップ 4UCSC(ops-mgr) /firmware # download image ftp: image file location /Password: 

            リモート ファイル システムへのアクセスを認証します。

             

            次に、リモート ファイル システムから Cisco UCS Central へのファームウェアのダウンロードを設定する例を示します。

            UCSC# connect operation-mgr
            UCSC(ops-mgr)# scope firmware
            UCSC(ops-mgr) /firmware # download image ftp:  Enter URL ftp:[//[username@]server][/path]
            UCSC(ops-mgr) /firmware # download image ftp://image download path/Password:
            UCSC(ops-mgr) /firmware #

            イメージ ライブラリからのイメージのメタデータの削除

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1UCSC# connect operation-mgr  

              オペレーション マネージャ モードを開始します。

               
              ステップ 2UCSC(ops-mgr)# scope firmware 

              ファームウェア管理モードを開始します。

               
              ステップ 3UCSC(ops-mgr) /firmware# scope download-source cisco 

              Cisco Web サイトからダウンロードしたイメージのメタデータにアクセスします。

               
              ステップ 4UCSC(ops-mgr) /firmware/download-source# purge list 

              イメージ ライブラリからファームウェア イメージのメタデータを削除します。

               

              次に、イメージ ライブラリからイメージのメタデータを削除する例を示します。

              UCSC# connect operation-mgr 
              UCSC(ops-mgr)# scope firmware 
              UCSC(ops-mgr) /firmware # scope download-source cisco 
              UCSC(ops-mgr) /firmware/download-source # purge list