Cisco UCS Manager GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.1
設定のバックアップと復元
設定のバックアップと復元

目次

設定のバックアップと復元

この章の内容は、次のとおりです。

バックアップおよびエクスポートの設定

Cisco UCS Manager からバックアップを実行する場合は、システム設定全体またはその一部のスナップショットを作成し、ファイルをネットワーク上の場所にエクスポートします。 Cisco UCS Manager を使用して、サーバにデータをバックアップすることはできません。

バックアップは、システムが起動されて動作している間に実行できます。 バックアップ操作では、管理プレーンからの情報だけが保存されます。 バックアップは、サーバまたはネットワーク トラフィックには影響しません。

バックアップ タイプ

Cisco UCS から次のタイプのバックアップを 1 つ以上実行できます。

  • [Full state]:システム全体のスナップショットが含まれるバイナリ ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、ディザスタ リカバリ時にシステムを復元できます。 このファイルにより、元のファブリック インターコネクト上で設定を復元または再構築できます。また、別のファブリック インターコネクト上で設定を再現することもできます。 このファイルは、インポートには使用できません。

  • [All configuration]:すべてのシステム設定と論理設定が含まれる XML ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、これらの設定を元のファブリック インターコネクトまたは別のファブリック インターコネクトにインポートできます。 このファイルは、システムの復元には使用できません。 このファイルには、ローカル認証されたユーザのパスワードは含まれません。

  • [System configuration]:ユーザ名、ロール、ロケールなどのすべてのシステム設定が含まれる XML ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、これらの設定を元のファブリック インターコネクトまたは別のファブリック インターコネクトにインポートできます。 このファイルは、システムの復元には使用できません。

  • [Logical configuration]:サービス プロファイル、VLAN、VSAN、プール、ポリシーなどのすべての論理設定が含まれる XML ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、これらの設定を元のファブリック インターコネクトまたは別のファブリック インターコネクトにインポートできます。 このファイルは、システムの復元には使用できません。

バックアップ操作の考慮事項と推奨事項

バックアップ操作を作成する前に、次のことを考慮してください。

バックアップの場所

バックアップの場所とは、Cisco UCS Central でファイルをエクスポートするネットワーク上の宛先またはフォルダのことです。 バックアップ操作は、バックアップ ファイルを保存する場所ごとに 1 つしか保持できません。

バックアップ ファイルを上書きする可能性

ファイル名を変更しないでバックアップ操作を再実行すると、サーバ上にすでに存在するファイルが Cisco UCS Central によって上書きされます。 既存のバックアップ ファイルが上書きされるのを回避するには、バックアップ操作内のファイル名を変更するか、既存のファイルを別の場所にコピーします。

複数のバックアップのタイプ

同じ場所に対して複数種類のバックアップを実行し、エクスポートできます。 バックアップ操作を再実行する前に、バックアップ タイプを変更する必要があります。 バックアップ タイプの識別を容易にし、また既存のバックアップ ファイルが上書きされるのを回避するために、ファイル名を変更することを推奨します。

スケジューリング バックアップ

バックアップ操作を前もって作成し、そのバックアップの実行準備が整うまで管理状態をディセーブルのままにしておくことはできます。 Cisco UCS Central は、バックアップ操作の管理状態がイネーブルに設定されるまで、バックアップ操作を実行したり、コンフィギュレーション ファイルを保存したり、エクスポートしたりしません。

Cisco UCS Central を使用して、Cisco UCS Central 自身または Cisco UCS Manager のバックアップと復元ができます。 バックアップと復元のポリシーをスケジュールするか、バックアップ操作はただちに実行することができます。 スケジュールされるバックアップ操作と即時バックアップ操作には、次の 2 つのタイプがあります。
  • Cisco UCS Central のバックアップおよび復元機能ポリシーのスケジュールされた操作と即時操作。

  • Cisco UCS Central でポリシーが解決した場合の Cisco UCS Manager のバックアップおよび復元機能ポリシーのスケジュールされた操作と即時操作。

ポリシーには、スケジュールされた全コンフィギュレーションのバックアップ ポリシーと、スケジュールされた db バックアップ ポリシーという 2 種類のポリシーがあります。 これらのポリシーは、ローカルまたは Cisco UCS Central に定義できます

増分バックアップ

Cisco UCS の増分バックアップは実行できません。

完全な状態のバックアップの暗号化

完全な状態のバックアップでは、パスワードや他の機密情報がクリア テキストでエクスポートされないように暗号化されます。

スケジューリング バックアップ

次のタイプのバックアップをスケジュールするように、Cisco UCS にポリシーを設定することができます。

  • 完全な状態

  • すべてのコンフィギュレーション

他のタイプのバックアップはスケジュールできません。

完全な状態のバックアップ ポリシー

完全な状態のバックアップ ポリシーにより、システム全体のスナップショットの完全な状態の定期的なバックアップをスケジュールすることができます。 完全な状態のバックアップを日単位、週単位、または隔週単位で行うように設定するかどうか選択することもできます。

Cisco UCS は、リモート サーバ上のバックアップ ファイルの最大数を維持します。 この数を超えると、Cisco UCS では最も古いバックアップ ファイルが上書きされます。

すべてのコンフィギュレーションのエクスポート ポリシー

すべてのコンフィギュレーションのバックアップのポリシーにより、すべてのシステム設定および論理コンフィギュレーション設定の定期的なバックアップおよびエクスポートをスケジュールすることができます。 このバックアップには、ローカル認証されたユーザのパスワードは含まれません。 すべてのコンフィギュレーションのバックアップを日単位、週単位、または隔週単位で行うように設定するかどうか選択することもできます。

Cisco UCS は、リモート サーバ上のバックアップ ファイルの最大数を維持します。 この数を超えると、Cisco UCS では最も古いバックアップ ファイルが上書きされます。

コンフィギュレーションのインポート

Cisco UCS からエクスポートされたコンフィギュレーション ファイルをインポートできます。 ファイルは、同じ Cisco UCS からエクスポートされる必要はありません。

インポート機能は、すべてのコンフィギュレーション ファイル、システム コンフィギュレーション ファイル、および論理コンフィギュレーション ファイルで使用できます。 インポートは、システムがアップ状態で、稼働中に実行できます。 インポート操作によって情報が変更されるのは、管理プレーンだけです。 インポート操作によって行われる一部の変更(サーバに割り当てられた Virtual Network Interface Card(vNIC; 仮想ネットワーク インターフェイス カード)に対する変更など)により、サーバのリブートまたはトラフィックを中断する他の動作が行われることがあります。

インポート操作はスケジュールできません。 ただし、インポート操作を前もって作成し、そのインポートの実行準備が整うまで管理状態をディセーブルのままにしておくことはできます。Cisco UCS では、管理状態がイネーブルに設定されるまで、コンフィギュレーション ファイルでインポート操作が実行されません。

インポート操作は、コンフィギュレーション バックアップ ファイルを保存する場所ごとに 1 つしか保持できません。

インポート方法

次のいずれかの方法を使用して、Cisco UCS によるシステム設定のインポートおよびアップデートを実行できます。

  • [Merge]:インポートされたコンフィギュレーション ファイルの情報は、既存の設定情報と比較されます。 矛盾が存在する場合、インポート操作によって、インポートされたコンフィギュレーション ファイルの情報で Cisco UCS ドメインの情報が上書きされます。

  • [Replace]:現在の設定情報が、インポートされたコンフィギュレーション ファイルの情報で一度に 1 つのオブジェクトについて置き換えられます。

システムの復元

この復元機能は、ディザスタ リカバリに使用できます。

Cisco UCS からエクスポートされた任意の完全な状態のバックアップ ファイルからシステム設定を復元できます。 このファイルは、復元するシステム上の Cisco UCS からエクスポートされたものでなくてもかまいません。 別のシステムからエクスポートされたバックアップ ファイルを使用して復元する場合、ファブリック インターコネクト、サーバ、アダプタ、I/O モジュールまたは FEX の接続も含め、同一または同様のシステム設定およびハードウェアを使用することを強く推奨します。 ハードウェアまたはシステム設定、あるいはこの両方が一致していない場合、復元されたシステムが完全に機能しない可能性があります。 2 つのシステムで、I/O モジュールのリンクまたはサーバ間に不一致がある場合は、復元操作の後にシャーシまたはサーバ、あるいはこの両方を確認します。

この復元機能は、完全な状態のバックアップ ファイルにだけ使用できます。 完全な状態のバックアップ ファイルはインポートできません。 復元は、初期システム セットアップで実行します。

バックアップ操作とインポート操作に必要なユーザ ロール

バックアップ操作とインポート操作を作成し、実行するには、管理ロールを持つユーザ アカウントが必要です。

バックアップ操作の設定

バックアップ操作の作成

はじめる前に

バックアップ サーバの IP アドレスおよび認証クレデンシャルを取得します。

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
    ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
    ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
    ステップ 4   [Actions] 領域の [Backup] をクリックします。
    ステップ 5   [Backup Configuration] ダイアログボックスで、[Create Backup Operation] をクリックします。
    ステップ 6   [Create Backup Operation] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
    名前 説明

    [Admin State] フィールド

    次のいずれかになります。

    • [Enabled]:[OK] をクリックするとすぐに、Cisco UCS Manager によってバックアップ操作が実行されます。

    • [Disabled]:[OK] をクリックしても、Cisco UCS Manager によってバックアップ操作は実行されません。 このオプションを選択すると、ダイアログボックスのすべてのフィールドが表示されたままになります。 ただし、[Backup Configuration] ダイアログボックスからバックアップを手動で実行する必要があります。

    [Type] フィールド

    バックアップ コンフィギュレーション ファイルに保存された情報。 次のいずれかになります。

    • [Full state]:システム全体のスナップショットが含まれるバイナリ ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、ディザスタ リカバリ時にシステムを復元できます。 このファイルにより、元のファブリック インターコネクト上で設定を復元または再構築できます。また、別のファブリック インターコネクト上で設定を再現することもできます。 このファイルは、インポートには使用できません。

    • [All configuration]:すべてのシステム設定と論理設定が含まれる XML ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、これらの設定を元のファブリック インターコネクトまたは別のファブリック インターコネクトにインポートできます。 このファイルは、システムの復元には使用できません。 このファイルには、ローカル認証されたユーザのパスワードは含まれません。

    • [System configuration]:ユーザ名、ロール、ロケールなどのすべてのシステム設定が含まれる XML ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、これらの設定を元のファブリック インターコネクトまたは別のファブリック インターコネクトにインポートできます。 このファイルは、システムの復元には使用できません。

    • [Logical configuration]:サービス プロファイル、VLAN、VSAN、プール、ポリシーなどのすべての論理設定が含まれる XML ファイル。 このバックアップにより生成されたファイルを使用して、これらの設定を元のファブリック インターコネクトまたは別のファブリック インターコネクトにインポートできます。 このファイルは、システムの復元には使用できません。

    [Preserve Identities] チェックボックス

    このチェックボックスをオンにすると、バックアップ ファイルに、MAC アドレス、WWPN、WWNN、および UUID などのプールから派生したすべての ID が維持されます。

    [Location of the Backup File] フィールド

    バックアップ ファイルの保存場所。 次のいずれかになります。

    • [Remote File System]:バックアップ XML ファイルはリモート サーバに保存されます。 Cisco UCS Manager GUI によって次に示すフィールドが表示され、リモート システムのプロトコル、ホスト、ファイル名、ユーザ名、パスワードを指定できます。

    • [Local File System]:バックアップ XML ファイルはローカルに保存されます。 Cisco UCS Manager GUI によって [Filename] フィールドが、関連付けられた [Browse] ボタンとともに表示され、バックアップ ファイルの名前と場所を指定できます。

    (注)     

    [OK] をクリックした後、場所は変更できません。

    [Protocol] フィールド

    リモート サーバとの通信時に使用するプロトコル。 次のいずれかになります。

    • FTP

    • TFTP

    • SCP

    • SFTP

    [Hostname] フィールド

    バックアップ ファイルが格納されている場所のホスト名または IP アドレス。 これは、サーバ、ストレージ アレイ、ローカル ドライブ、またはファブリック インターコネクトがネットワーク経由でアクセス可能な任意の読み取り/書き込みメディアなどがあります。

    (注)     

    IP アドレスではなくホスト名を使用する場合、DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されていないか、DNS Management が [local] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Manager に設定します。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されており、DNS Management が [global] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Central に設定します。

    [Remote File] フィールド

    バックアップ コンフィギュレーション ファイルのフル パス。 このフィールドには、ファイル名とパスを含めることができます。 ファイル名を省略すると、バックアップ手順によって、ファイルに名前が割り当てられます。

    [User] フィールド

    システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

    [Password] フィールド

    リモート サーバのユーザ名のパスワード。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

    Cisco UCS Manager ではこのパスワードは保存されません。 そのため、バックアップ操作をすぐにイネーブルにして、実行する予定がない限り、このパスワードを入力する必要はありません。

    ステップ 7   [OK] をクリックします。
    ステップ 8   Cisco UCS Manager に確認ダイアログボックスが表示されたら、[OK] をクリックします。

    [Admin State] フィールド をイネーブルに設定すると、Cisco UCS Manager によって、選択した設定タイプのスナップショットが取得され、ファイルがネットワークの場所にエクスポートされます。 [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Backup Operations] テーブルに、バックアップ操作が表示されます。

    ステップ 9   (任意)バックアップ操作の進行状況を表示するには、次の操作を実行します。
    1. [Properties] 領域に操作が表示されない場合、[Backup Operations] テーブルの操作をクリックします。
    2. [Properties] 領域で、[FSM Details] バーの下矢印をクリックします。

    [FSM Details] 領域が展開され、操作のステータスが表示されます。

    ステップ 10   [OK] をクリックし、[Backup Configuration] ダイアログボックスを閉じます。

    バックアップ操作は完了するまで実行し続けます。 進捗を表示するには、[Backup Configuration] ダイアログボックスを再度開きます。


    バックアップ操作の実行

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
      ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
      ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
      ステップ 4   [Actions] 領域の [Backup] をクリックします。
      ステップ 5   [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Backup Operations] テーブルで、実行するバックアップ操作をクリックします。

      選択されたバックアップ操作の詳細が [Properties] 領域に表示されます。

      ステップ 6   [Properties] 領域で、次のフィールドに値を入力します。
      1. [Admin State] フィールドで、[Enabled] オプション ボタンをクリックします。
      2. TFTP を除くすべてのプロトコルについて、ユーザ名に対応するパスワードを [Password] フィールドに入力します。
      3. 任意: その他の使用可能なフィールドでコンテンツを変更します。
      ステップ 7   [Apply] をクリックします。

      Cisco UCS Manager は、選択された設定タイプのスナップショットを作成し、ファイルをネットワークの場所にエクスポートします。 [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Backup Operations] テーブルに、バックアップ操作が表示されます。

      ステップ 8   (任意)バックアップ操作の進捗状況を確認するには、[FSM Details] バーの下矢印をクリックします。

      [FSM Details] 領域が展開され、操作のステータスが表示されます。

      ステップ 9   [OK] をクリックし、[Backup Configuration] ダイアログボックスを閉じます。

      バックアップ操作は完了するまで実行し続けます。 進捗を表示するには、[Backup Configuration] ダイアログボックスを再度開きます。


      バックアップ操作の変更

      バックアップ操作を修正して、別のバックアップ タイプのファイルをその場所に保存したり、前のバックアップ ファイルが上書きされないようにファイル名を変更したりすることができます。

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
        ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
        ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
        ステップ 4   [Actions] 領域の [Backup] をクリックします。
        ステップ 5   [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Backup Operations] 領域で、変更するバックアップ操作をクリックします。

        選択されたバックアップ操作の詳細が [Properties] 領域に表示されます。 バックアップ操作がディセーブル状態の場合、このフィールドはグレー表示されています。

        ステップ 6   [Admin State] フィールドで、[enabled] オプション ボタンをクリックします。
        ステップ 7   該当するフィールドを変更します。

        バックアップ操作をただちに実行する場合を除き、パスワードを入力する必要はありません。

        ステップ 8   (任意)バックアップ操作を今すぐに実行しない場合は、[Admin State] フィールドの [disabled] オプション ボタンをクリックします。
        ステップ 9   [OK] をクリックします。

        1 つまたは複数のバックアップ操作の削除

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
          ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
          ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
          ステップ 4   [Actions] 領域の [Backup] をクリックします。
          ステップ 5   [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Backup Operations] テーブルで、削除するバックアップ操作をクリックします。
          ヒント   

          操作の管理状態が [Enabled] に設定されている場合、テーブルでバックアップ操作をクリックすることはできません。

          ステップ 6   [Backup Operations] テーブルのアイコン バーの [Delete] アイコンをクリックします。
          ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
          ステップ 8   [Backup Configuration] ダイアログボックスで、次のいずれかをクリックします。
          オプション 説明

          Apply

          ダイアログボックスを閉じずに、選択したバックアップ操作を削除します。

          OK

          選択したバックアップ操作を削除し、ダイアログボックスを閉じます。


          スケジュール バックアップの設定

          完全な状態のバックアップ ポリシーの設定

          はじめる前に

          バックアップ サーバの IP アドレスおよび認証クレデンシャルを取得します。

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
            ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
            ステップ 3   [Work] ペインの [Backup and Export Policy] タブをクリックします。
            ステップ 4   [Full State Backup Policy] で、次のフィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [Hostname] フィールド

            ポリシー バックアップ ファイルが格納されている場所のホスト名または IP アドレス。 これは、サーバ、ストレージ アレイ、ローカル ドライブ、またはファブリック インターコネクトがネットワーク経由でアクセス可能な任意の読み取り/書き込みメディアなどがあります。

            (注)     

            IP アドレスではなくホスト名を使用する場合、DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されていないか、DNS Management が [local] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Manager に設定します。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されており、DNS Management が [global] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Central に設定します。

            [Protocol] フィールド

            リモート サーバとの通信時に使用するプロトコル。 次のいずれかになります。

            • FTP

            • TFTP

            • SCP

            • SFTP

            [User] フィールド

            システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

            [Password] フィールド

            リモート サーバのユーザ名のパスワード。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

            [Remote File] フィールド

            ポリシー バックアップ ファイルへのフル パス。 このフィールドには、ファイル名とパスを含めることができます。 ファイル名を省略すると、バックアップ手順によって、ファイルに名前が割り当てられます。

            [Admin State] フィールド

            次のいずれかになります。

            • [Enabled]Cisco UCS Manager は [Schedule] フィールドに指定されているスケジュールを使用して、すべてのポリシー情報をバックアップします。

            • [Disabled]:Cisco UCS Manager はポリシー情報をバックアップしません。

            [Schedule] フィールド

            Cisco UCS Manager がポリシー情報をバックアップする頻度。

            [Max Cap] フィールド

            Cisco UCS Manager が保持するバックアップ ファイルの最大数。

            この値は変更できません。

            [Description] フィールド

            バックアップ ポリシーの説明。

            256 文字以下で入力します。 `(アクセント記号)、\(バックスラッシュ)、^(キャラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または '(一重引用符)を除く文字やスペースを使用できます。

            ステップ 5   [Save Changes] をクリックします。

            すべてのコンフィギュレーションのエクスポート ポリシーの設定

            はじめる前に

            バックアップ サーバの IP アドレスおよび認証クレデンシャルを取得します。

            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
              ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
              ステップ 3   [Work] ペインの [Backup and Export Policy] タブをクリックします。
              ステップ 4   [All Configuration Export Policy] で、次のフィールドに値を入力します。
              名前 説明

              [Hostname] フィールド

              設定ポリシー バックアップ ファイルが格納されている場所のホスト名または IP アドレス。 これは、サーバ、ストレージ アレイ、ローカル ドライブ、またはファブリック インターコネクトがネットワーク経由でアクセス可能な任意の読み取り/書き込みメディアなどがあります。

              (注)     

              IP アドレスではなくホスト名を使用する場合、DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されていないか、DNS Management が [local] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Manager に設定します。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されており、DNS Management が [global] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Central に設定します。

              [Protocol] フィールド

              リモート サーバとの通信時に使用するプロトコル。 次のいずれかになります。

              • FTP

              • TFTP

              • SCP

              • SFTP

              [User] フィールド

              システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

              [Password] フィールド

              リモート サーバのユーザ名のパスワード。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

              [Remote File] フィールド

              バックアップ コンフィギュレーション ファイルのフル パス。 このフィールドには、ファイル名とパスを含めることができます。 ファイル名を省略すると、バックアップ手順によって、ファイルに名前が割り当てられます。

              [Admin State] フィールド

              次のいずれかになります。

              • [Enabled]:Cisco UCS Manager [Schedule] フィールドに指定されているスケジュールを使用して、すべてのポリシー情報をバックアップします。

              • [Disabled]:Cisco UCS Manager はポリシー情報をバックアップしません。

              [Schedule] フィールド

              Cisco UCS Manager がポリシー情報をバックアップする頻度。

              [Max Cap] フィールド

              Cisco UCS Manager が保持する設定バックアップ ファイルの最大数。

              この値は変更できません。

              [Description] フィールド

              設定エクスポート ポリシーの説明。

              256 文字以下で入力します。 `(アクセント記号)、\(バックスラッシュ)、^(キャラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または '(一重引用符)を除く文字やスペースを使用できます。

              ステップ 5   [Save Changes] をクリックします。

              インポート操作の設定

              インポート操作の作成

              Full State コンフィギュレーション ファイルはインポートできません。 次のコンフィギュレーション ファイルのいずれもインポートできます。

              • すべてのコンフィギュレーション

              • システム コンフィギュレーション

              • 論理コンフィギュレーション

              はじめる前に

              コンフィギュレーション ファイルのインポートに必要な次の情報を収集します。

              • バックアップ サーバの IP アドレスおよび認証クレデンシャル

              • バックアップ ファイルの完全修飾名

              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
                ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                ステップ 4   [Actions] 領域で、[Import Configuration] をクリックします。
                ステップ 5   [Import Configuration] ダイアログボックスで、[Create Import Operation] をクリックします。
                ステップ 6   [Create Import Operation] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                名前 説明

                [Admin State] フィールド

                次のいずれかになります。

                • [Enabled]:[OK] をクリックするとすぐに、Cisco UCS Manager によってインポート操作が実行されます。

                • [Disabled]:[OK] をクリックしても、Cisco UCS Manager によってインポート操作は実行されません。 このオプションを選択すると、ダイアログボックスのすべてのフィールドが表示されたままになります。 ただし、インポートは [Import Configuration] ダイアログボックスから手動で実行する必要があります。

                [Action] フィールド

                次のいずれかになります。

                • [Merge]:設定情報が既存の情報とマージされます。 競合する場合、現在のシステム上の情報が、インポート設定ファイル内の情報に置き換えられます。

                • [Replace]:インポート設定ファイル内の各オブジェクトが採用され、現在の設定内の対応するオブジェクトは上書きされます。

                [Location of the Import File] フィールド

                インポートするバックアップ ファイルが置かれている場所。 次のいずれかになります。

                • [Remote File System]:バックアップ XML ファイルはリモート サーバに保存されます。 Cisco UCS Manager GUI によって次に示すフィールドが表示され、リモート システムのプロトコル、ホスト、ファイル名、ユーザ名、パスワードを指定できます。

                • [Local File System]:バックアップ XML ファイルはローカルに保存されます。 Cisco UCS Manager GUI によって [Filename] フィールドが、関連付けられた [Browse] ボタンとともに表示され、バックアップ ファイルの名前と場所を指定できます。

                [Protocol] フィールド

                リモート サーバとの通信時に使用するプロトコル。 次のいずれかになります。

                • FTP

                • TFTP

                • SCP

                • SFTP

                [Hostname] フィールド

                設定ファイルのインポート元のホスト名または IP アドレス。

                (注)     

                IP アドレスではなくホスト名を使用する場合、DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されていないか、DNS Management が [local] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Manager に設定します。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されており、DNS Management が [global] に設定されている場合、DNS サーバを Cisco UCS Central に設定します。

                [Remote File] フィールド

                XML コンフィギュレーション ファイルの名前。

                [User] フィールド

                システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

                [Password] フィールド

                リモート サーバのユーザ名のパスワード。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

                Cisco UCS Manager ではこのパスワードは保存されません。 したがって、インポート操作をイネーブルにしてただちに実行する場合を除き、このパスワードを入力する必要はありません。

                ステップ 7   [OK] をクリックします。
                ステップ 8   確認ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

                [Admin State] をイネーブルに設定した場合、Cisco UCS Manager は、ネットワークの場所から設定をインポートします。 選択した処理に応じて、ファイル内の情報が既存の設定と結合されるか、既存の設定と置き換えられます。 インポート操作は、[Import Configuration] ダイアログボックスの [Import Operations] テーブルに表示されます。

                ステップ 9   (任意)インポート操作の進捗状況を表示するには、次の手順を実行します。
                1. [Properties] 領域にインポート操作が自動的に表示されない場合は、[Import Operations] テーブルでインポート操作をクリックします。
                2. [Properties] 領域で、[FSM Details] バーの下矢印をクリックします。

                [FSM Details] 領域が展開され、操作のステータスが表示されます。

                ステップ 10   [OK] をクリックして、[Import Configuration] ダイアログボックスを閉じます。

                インポート操作は、終了するまで実行されます。 進捗状況を表示するには、[Import Configuration] を再度開きます。


                インポート操作の実行

                Full State コンフィギュレーション ファイルはインポートできません。 次のコンフィギュレーション ファイルのいずれもインポートできます。

                • すべてのコンフィギュレーション

                • システム コンフィギュレーション

                • 論理コンフィギュレーション

                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
                  ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                  ステップ 4   [Actions] 領域で、[Import Configuration] をクリックします。
                  ステップ 5   [Import Configuration] ダイアログボックスの [Import Operations] テーブルで、実行する操作をクリックします。

                  選択されたインポート操作の詳細が [Properties] 領域に表示されます。

                  ステップ 6   [Properties] 領域で、次のフィールドに値を入力します。
                  1. [Admin State] フィールドで、[Enabled] オプション ボタンをクリックします。
                  2. TFTP を除くすべてのプロトコルについて、ユーザ名に対応するパスワードを [Password] フィールドに入力します。
                  3. 任意: その他の使用可能なフィールドでコンテンツを変更します。
                  ステップ 7   [Apply] をクリックします。

                  Cisco UCS Manager は、ネットワークの場所から設定ファイルをインポートします。 選択した処理に応じて、ファイル内の情報が既存の設定と結合されるか、既存の設定と置き換えられます。 インポート操作は、[Import Configuration] ダイアログボックスの [Import Operations] テーブルに表示されます。

                  ステップ 8   (任意)インポート操作の進捗状況を確認するには、[FSM Details] バーの下矢印をクリックします。

                  [FSM Details] 領域が展開され、操作のステータスが表示されます。

                  ステップ 9   [OK] をクリックして、[Import Configuration] ダイアログボックスを閉じます。

                  インポート操作は、終了するまで実行されます。 進捗状況を表示するには、[Import Configuration] を再度開きます。


                  インポート操作の変更

                  手順
                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
                    ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                    ステップ 4   [Actions] 領域で、[Import Configuration] をクリックします。
                    ステップ 5   [Import Configuration] ダイアログボックスの [Import Operations] 領域で、変更するインポート操作をクリックします。

                    選択されたインポート操作の詳細が [Properties] 領域に表示されます。 インポート操作がディセーブル状態の場合、このフィールドはグレー表示されています。

                    ステップ 6   [Admin State] フィールドで、[enabled] オプション ボタンをクリックします。
                    ステップ 7   該当するフィールドを変更します。

                    インポート操作をただちに実行する場合を除き、パスワードを入力する必要はありません。

                    ステップ 8   (任意)インポート操作を今すぐに実行しない場合は、[Admin State] フィールドの [disabled] オプション ボタンをクリックします。
                    ステップ 9   [OK] をクリックします。

                    1 つまたは複数のインポート操作の削除

                    手順
                      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                      ステップ 2   [All] ノードをクリックします。
                      ステップ 3   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                      ステップ 4   [Actions] 領域で、[Import Configuration] をクリックします。
                      ステップ 5   [Backup Configuration] ダイアログボックスの [Import Operations] テーブルで、削除するインポート操作をクリックします。
                      ヒント   

                      操作の管理状態が [Enabled] に設定されている場合、テーブルでインポート操作をクリックすることはできません。

                      ステップ 6   [Import Operations] テーブルのアイコン バーの [Delete] アイコンをクリックします。
                      ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
                      ステップ 8   [Import Configuration] ダイアログボックスで、次のいずれかをクリックします。
                      オプション 説明

                      Apply

                      ダイアログボックスを閉じずに、選択したインポート操作を削除します。

                      OK

                      選択したインポート操作を削除し、ダイアログボックスを閉じます。


                      ファブリック インターコネクトの設定の復元

                      はじめる前に

                      システム コンフィギュレーションを復元するために必要な次の情報を収集します。

                      • ファブリック インターコネクト管理ポートの IP アドレスおよびサブネット マスク

                      • デフォルト ゲートウェイの IP アドレス

                      • バックアップ サーバの IP アドレスおよび認証クレデンシャル

                      • Full State バックアップ ファイルの完全修飾名

                        (注)  


                        システムを復元するには、Full State コンフィギュレーション ファイルへのアクセスが必要です。 その他のタイプのコンフィギュレーション ファイルやバックアップ ファイルでは、システムを復元できません。


                      手順
                        ステップ 1   コンソール ポートに接続します。
                        ステップ 2   ファブリック インターコネクトがオフの場合はオンにします。

                        ファブリック インターコネクトがブートする際、Power On Self-Test のメッセージが表示されます。

                        ステップ 3   インストール方式プロンプトに gui と入力します。
                        ステップ 4   システムが DHCP サーバにアクセスできない場合、次の情報を入力するよう求められることがあります。
                        • ファブリック インターコネクトの管理ポートの IP アドレス

                        • ファブリック インターコネクトの管理ポートのサブネット マスク

                        • ファブリック インターコネクトに割り当てられたデフォルト ゲートウェイの IP アドレス

                        ステップ 5   プロンプトから、Web ブラウザに Web リンクをコピーし、Cisco UCS Manager GUI 起動ページに移動します。
                        ステップ 6   起動ページで [Express Setup] を選択します。
                        ステップ 7   [Express Setup] ページで [Restore From Backup] を選択し、[Submit] をクリックします。
                        ステップ 8   [Cisco UCS Manager Initial Setup] ページの [Protocol] 領域で、完全な状態のバックアップ ファイルをアップロードするために使用するプロトコルを選択します。
                        • SCP
                        • TFTP
                        • FTP
                        • SFTP
                        ステップ 9   [Server Information] 領域で、次のフィールドに値を入力します。
                        名前 説明

                        Server IP

                        完全な状態のバックアップ ファイルがあるコンピュータの IP アドレス。 これは、サーバ、ストレージ アレイ、ローカル ドライブ、またはファブリック インターコネクトがネットワーク経由でアクセス可能な任意の読み取り/書き込みメディアなどがあります。

                        Backup File Path

                        フォルダ名やファイル名など、完全な状態のバックアップ ファイルがあるファイルのパス。

                        User ID

                        システムがリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

                        Password

                        リモート サーバのユーザ名のパスワード。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

                        ステップ 10   [Submit] をクリックします。

                        コンソールに戻ってシステム復元の進捗状況を確認できます。

                        ファブリック インターコネクトはバックアップ サーバにログインし、指定された完全な状態のバックアップ ファイルのコピーを取得し、システム設定を復元します。

                        クラスタ設定の場合、セカンダリ ファブリック インターコネクトを復元する必要はありません。 セカンダリ ファブリック インターコネクトがリブートすると、Cisco UCS Manager はただちにその設定をプライマリ ファブリック インターコネクトと同期させます。