Cisco UCS Manager GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.1
ロールベース アクセス コントロールの設定
ロールベース アクセス コントロールの設定

目次

ロールベース アクセス コントロールの設定

この章の内容は、次のとおりです。

ロールベース アクセス コントロール

ロールベース アクセス コントロール(RBAC)は、ユーザのロールとロケールに基づいてユーザのシステム アクセスを制限または許可する方法です。 ロールによってシステム内でのユーザの権限が定義され、ロケールによってユーザがアクセス可能な組織(ドメイン)が定義されます。 権限がユーザに直接割り当てられることはないため、個々のユーザ権限の管理では、適切なロールとロケールを割り当てることが主な作業になります。

必要なシステム リソースへの書き込みアクセス権限がユーザに与えられるのは、割り当てられたロールによりアクセス権限が与えられ、割り当てられたロケールによりアクセスが許可されている場合に限ります。 たとえば、エンジニアリング組織内のサーバ管理者ロールを持つユーザは、エンジニアリング組織内のサーバ設定を更新できますが、そのユーザに割り当てられたロケールに財務組織が含まれていなければ、財務組織内のサーバ設定を更新できません。

Cisco UCS のユーザ アカウント

ユーザ アカウントは、システムにアクセスするために使用されます。 最大で 48 のユーザ アカウントを各 Cisco UCS Manager ドメインで設定できます。 各ユーザ アカウントには、一意のユーザ名とパスワードが必要です。

ユーザ アカウントは、SSH 公開キーを付けて設定できます。 公開キーは、OpenSSH と SECSH のいずれかの形式で設定できます。

Admin アカウント

Cisco UCS ドメインに admin アカウントがあります。 管理者アカウントはデフォルト ユーザ アカウントで、変更も削除もできません。 このアカウントは、システム管理者またはスーパーユーザ アカウントであり、すべての権限が与えられています。 admin アカウントには、デフォルトのパスワードは割り当てられません。初期システム セットアップ時にパスワードを選択する必要があります。

admin アカウントは常にアクティブで、有効期限がありません。 admin アカウントを非アクティブに設定することはできません。

ローカル認証されたユーザのアカウント

ローカル認証されたユーザのアカウントは、ファブリック インターコネクトによって直接認証され、admin または aaa 権限を持つ人なら誰でもイネーブルまたはディセーブルにすることができます。 ローカル ユーザ アカウントがディセーブルになっている場合、ユーザはログインできません。 ディセーブルにされたローカル ユーザ アカウントの設定の詳細はデータベースによって削除されません。 ディセーブルにされたローカル ユーザ アカウントを再度イネーブルにすると、そのアカウントはユーザ名とパスワードを含む既存の設定で再びアクティブになります。

リモート認証されたユーザのアカウント

リモート認証されたユーザのアカウントは、LDAP、RADIUS、または TACACS+ で認証されたユーザ アカウントです。

ユーザが、ローカル ユーザ アカウントとリモート ユーザのアカウントを同時に保持すると、ローカル ユーザ アカウントに定義されているロールがリモート ユーザ アカウントに保持されているロールを上書きします。

ユーザ アカウントの有効期限

ユーザ アカウントは、事前に定義した時間に有効期限が切れるように設定できます。 有効期限の時間になると、ユーザ アカウントはディセーブルになります。

デフォルトでは、ユーザ アカウントの有効期限はありません。


(注)  


有効期限の日付をユーザ アカウントに設定した後で、期限切れにならないようにそのアカウントを再設定することはできません。 ただし、使用可能な最新の有効期限日でそのアカウントを設定することはできます。


Cisco UCS ユーザ名に関する注意事項

ユーザ名は Cisco UCS Manager に対するログイン ID としても使用されます。 Cisco UCS のユーザ アカウントにログイン ID を割り当てるときは、次の注意事項および制約事項を考慮してください。

  • ログイン ID には、次を含む 1 ~ 32 の文字を含めることができます。

    • 任意の英字

    • 任意の数字

    • _(アンダースコア)

    • -(ダッシュ)

    • . (ドット)

  • ログイン ID は Cisco UCS Manager 内で固有でなければなりません。

  • ログイン ID は英字で開始する必要があります。 アンダースコアなどの特殊文字または数字で開始することはできません。

  • ログイン ID では、大文字と小文字が区別されます。

  • すべて数字のログイン ID を作成することはできません。

  • ユーザ アカウントを作成した後は、ログイン ID を変更できません ユーザ アカウントを削除し、新しいユーザ アカウントを作成する必要があります。

予約語:ローカル認証されたユーザのアカウント

次の語はローカル ユーザ アカウントを Cisco UCS で作成する場合に使用することはできません。

  • root

  • bin

  • daemon

  • adm

  • lp

  • sync

  • shutdown

  • halt

  • news

  • uucp

  • operator

  • games

  • gopher

  • nobody

  • nscd

  • mailnull

  • mail

  • rpcuser

  • rpc

  • mtsuser

  • ftpuser

  • ftp

  • man

  • sys

  • samdme

  • debug

Cisco UCS パスワードの注意事項

ローカル認証されたユーザの各アカウントにパスワードが必要です。 admin または aaa 権限を持つユーザは、ユーザ パスワードのパスワード強度チェックを実行するように、Cisco UCS Manager を設定できます。 パスワード強度チェックをイネーブルにすると、各ユーザには強力なパスワードが必要です。

シスコでは、各ユーザが強力なパスワードを持つことを推奨します。 ローカル認証されたユーザにパスワード強度チェックをイネーブルにした場合、Cisco UCS Manager は、次の要件を満たさないすべてのパスワードを拒否します。

  • 8 ~ 80 文字で構成する必要がある。

  • 次の少なくとも 3 種類を含む。

    • 小文字

    • 大文字

    • 数字

    • 特殊文字

  • aaabbb など連続して 3 回を超えて繰り返す文字を含まない。

  • ユーザ名と同一、またはユーザ名を逆にしたものではない。

  • パスワード ディクショナリ チェックに合格する。 たとえば、パスワードには辞書に記載されている標準的な単語に基づいたものを指定することはできません。

  • 次の記号を含まない。$(ドル記号)、? (疑問符)、=(等号)。

  • ローカル ユーザ アカウントおよび admin アカウントには、空白を含めない。

ユーザ アカウントの Web セッション制限

Web セッション制限が、特定のユーザ アカウントが常時アクセスを許可される Web セッション(GUI および XML の両方)の数を制限するために Cisco UCS Manager によって使用されます。

デフォルトでは、Cisco UCS Manager により許可される同時 Web セッションの数は 32 に設定されます。ただし、この値はシステムの最大値 256 まで設定可能です。

ユーザ ロール

ユーザ ロールは、ユーザに許可された操作を定義する 1 つ以上の権限を含みます。 1 つ以上のロールを各ユーザに割り当てることができます。 複数のロールを持つユーザは、すべての割り当てロールを組み合わせた権限を持ちます。 たとえば、Role1 にストレージ関連の権限があり、Role2 にサーバ関連の権限がある場合、Role1 と Role2 を持つユーザはストレージ関連およびサーバ関連の両方の権限を持ちます。

Cisco UCS ドメインにはデフォルト ユーザ ロールを含めて最大 48 のユーザ ロールを含めることができます。 最初の 48 より後で設定されたユーザ ロールはすべて受け入れられますが、エラーが生成されて非アクティブになります。

すべてのロールには、Cisco UCS ドメイン内のすべての設定に対する読み取りアクセス権限が含まれています。 読み取り専用ロールを持つユーザは、システム状態を変更できません。

ロールは、作成、変更(新しい権限の追加や既存の権限の削除)、および削除できます。 ロールを変更すると、そのロールを持つすべてのユーザに新しい権限が適用されます。 権限の割り当ては、デフォルト ロールに定義されている権限に限定されません。 つまり、カスタムの権限の組み合わせを使用して、独自のロールを作成できます。 たとえば、デフォルトのサーバ アドミニストレータ ロールとストレージ アドミニストレータ ロールの持つ権限の組み合わせは異なっていますが、両方のロールの権限を組み合わせた新しい 1 つのサーバおよびストレージ アドミニストレータ ロールを作成できます。

ロールがユーザへの割り当て後に削除されると、それらのユーザ アカウントからも削除されます。

AAA サーバ(RADIUS または TACACS+)上のユーザ プロファイルは、そのユーザに与える権限に対応したロールを追加するように変更する必要があります。 属性はロール情報を保存するために使用されます。 AAA サーバでは、要求とともにこの属性が返され、それを解析してロールが得られます。 LDAP サーバでは、ユーザ プロファイル属性内のロールが返されます。


(注)  


ローカル ユーザ アカウントおよびリモート ユーザ アカウントが同じユーザ名である場合は、リモート ユーザに割り当てられたすべてのロールはローカル ユーザに割り当てられているロールによって上書きされます。


デフォルトのユーザ ロール

システムには、次のデフォルトのユーザ ロールが用意されています。

AAA アドミニストレータ

ユーザ、ロール、および AAA 設定に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

アドミニストレータ

システム全体に対する完全な読み取りと書き込みのアクセス権。 デフォルトの admin アカウントは、デフォルトでこのロールが割り当てられ、変更はできません。

ファシリティ マネージャ

power-mgmt 権限による電源管理操作に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

ネットワーク管理者

ファブリック インターコネクト インフラストラクチャとネットワーク セキュリティ操作に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

オペレーション

システムのログ(syslog サーバを含む)と障害に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

Read-Only

システム設定に対する読み取り専用アクセス権。システム状態を変更する権限はありません。

サーバ計算

サービス プロファイルのほとんどの側面に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 ただし、ユーザは vNIC または vHBA の作成、変更、削除ができません。

サーバ機器アドミニストレータ

物理サーバ関連の操作に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

サーバ プロファイル アドミニストレータ

論理サーバ関連の操作に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

サーバ セキュリティ アドミニストレータ

サーバ セキュリティ関連の操作に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

ストレージ アドミニストレータ

ストレージ操作に対する読み取りと書き込みのアクセス権。 システムの残りの部分に対する読み取りアクセス権。

予約語:ユーザ ロール

次の語はカスタム ロールを Cisco UCS で作成するときに使用することはできません。

  • network-admin

  • network-operator

  • vdc-admin

  • vdc-operator

  • server-admin

権限

ユーザ ロールを割り当てられたユーザは、権限により、特定のシステム リソースへアクセスしたり、特定のタスクを実行したりできるようになります。 次の表に、各権限と、その権限がデフォルトで与えられるユーザ ロールのリストを示します。


ヒント


これらの権限とそれによってユーザが実行できるタスクに関する詳細情報は、「Privileges in Cisco UCS」に記載されており、次の URL からアクセスできます。http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10281/​prod_​technical_​reference_​list.html


表 1 ユーザの権限

特権

説明

デフォルトのロール割り当て

aaa

システム セキュリティおよび AAA

AAA アドミニストレータ

admin

システム管理

アドミニストレータ

ext-lan-config

外部 LAN 設定

ネットワーク管理者

ext-lan-policy

外部 LAN ポリシー

ネットワーク管理者

ext-lan-qos

外部 LAN QoS

ネットワーク管理者

ext-lan-security

外部 LAN セキュリティ

ネットワーク管理者

ext-san-config

外部 SAN 設定

ストレージ アドミニストレータ

ext-san-policy

外部 SAN ポリシー

ストレージ アドミニストレータ

ext-san-qos

外部 SAN QoS

ストレージ アドミニストレータ

ext-san-security

外部 SAN セキュリティ

ストレージ アドミニストレータ

fault

アラームおよびアラーム ポリシー

オペレーション

operations

ログおよび Smart Call Home

オペレーション

org-management

組織管理

オペレーション

pod-config

ポッド設定

ネットワーク管理者

pod-policy

ポッド ポリシー

ネットワーク管理者

pod-qos

ポッド QoS

ネットワーク管理者

pod-security

ポッド セキュリティ

ネットワーク管理者

power-mgmt

電源管理操作に対する読み取りと書き込みのアクセス権

ファシリティ マネージャ

read-only

読み取り専用アクセス権

読み取り専用は、権限として選択できません。この権限は、すべてのユーザ ロールに割り当てられます。

Read-Only

server-equipment

サーバ ハードウェア管理

サーバ機器アドミニストレータ

server-maintenance

サーバ メンテナンス

サーバ機器アドミニストレータ

server-policy

サーバ ポリシー

サーバ機器アドミニストレータ

server-security

サーバ セキュリティ

サーバ セキュリティ アドミニストレータ

service-profile-compute

サービス プロファイル計算

サーバ計算アドミニストレータ

service-profile-config

サービス プロファイル設定

サーバ プロファイル アドミニストレータ

service-profile-config-policy

サービス プロファイル設定ポリシー

サーバ プロファイル アドミニストレータ

service-profile-ext-access

サービス プロファイル エンド ポイント アクセス

サーバ プロファイル アドミニストレータ

service-profile-network

サービス プロファイル ネットワーク

ネットワーク管理者

service-profile-network-policy

サービス プロファイル ネットワーク ポリシー

ネットワーク管理者

service-profile-qos

サービス プロファイル QoS

ネットワーク管理者

service-profile-qos-policy

サービス プロファイル QoS ポリシー

ネットワーク管理者

service-profile-security

サービス プロファイル セキュリティ

サーバ セキュリティ アドミニストレータ

service-profile-security-policy

サービス プロファイル セキュリティ ポリシー

サーバ セキュリティ アドミニストレータ

service-profile-server

サービス プロファイル サーバ管理

サーバ プロファイル アドミニストレータ

service-profile-server-oper

サービス プロファイル コンシューマ

サーバ プロファイル アドミニストレータ

service-profile-server-policy

サービス プロファイル プール ポリシー

サーバ セキュリティ アドミニストレータ

service-profile-storage

サービス プロファイル ストレージ

ストレージ アドミニストレータ

service-profile-storage-policy

サービス プロファイル ストレージ ポリシー

ストレージ アドミニストレータ

ユーザ ロケール

ユーザには、ロケールを 1 つ以上割り当てることができます。 各ロケールには、ユーザからのアクセスを許可する 1 つ以上の組織(ドメイン)を定義します。アクセスは、このロケールで指定された組織の範囲内に制限されます。 このルールの 1 つの例外として、組織が指定されていないロケールがあります。この場合、すべての組織内のシステム リソースに対して無制限のアクセスが可能になります。

Cisco UCS ドメインには最大 48 のユーザ ロケールを含めることができます。 最初の 48 より後で設定されたユーザ ロケールはすべて受け入れられますが、エラーが生成されて非アクティブになります。

admin または aaa 権限を持つユーザは、組織を他のユーザのロケールに割り当てることができます。 組織の割り当ては、それを行うユーザのロケール内の組織だけに制限されます。 たとえば、ロケールにエンジニアリング組織しか含まれていない場合、そのロケールを割り当てられたユーザは、他のユーザにエンジニアリング組織のみを割り当てることできます。


(注)  


次の権限を 1 つ以上持つユーザにロケールを割り当てることはできません。

  • aaa

  • admin

  • fault

  • operations


組織は階層的に管理できます。 トップ レベルの組織に割り当てられたユーザは、自動的にその下にあるすべての組織にアクセスできます。 たとえば、エンジニアリング組織が、ソフトウェア エンジニアリング組織とハードウェア エンジニアリング組織で構成されているとします。 ソフトウェア エンジニアリング組織のみを含むロケールでは、その組織内のシステム リソースにしかアクセスできません。一方、エンジニアリング組織が含まれるロケールでは、ソフトウェア エンジニアリング組織とハードウェア エンジニアリング組織の両方のリソースにアクセスできます。

ユーザ ロールの設定

ユーザ ロールの作成

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
    ステップ 3   [User Services] を右クリックし、[Create Role] を選択します。

    [Roles] を右クリックしてそのオプションにアクセスすることもできます。

    ステップ 4   [Create Role] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [Name] フィールド

    このユーザ ロールのユーザ定義名。

    この名前には、1 ~ 16 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および .(ピリオド)以外の特殊文字またはスペースは使用できません。また、オブジェクトを保存した後、この名前を変更することはできません。

    [Privileges] リスト ボックス

    システムに定義されている権限のリスト。

    その権限の説明を表示するには、権限をクリックします。 チェックボックスをオンにすると、選択したユーザにその権限が割り当てられます。

    [Help] セクション

    [Description] フィールド

    [Privileges] リスト ボックス内で最後にクリックした権限の説明。

    ステップ 5   [OK] をクリックします。

    ユーザ ロールへの権限の追加

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
      ステップ 3   [Roles] ノードを展開します。
      ステップ 4   権限を追加するロールを選択します。
      ステップ 5   [General] タブで、ロールに追加する権限に対応するチェックボックスをオンにします。
      ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

      ユーザ ロールからの権限の削除

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
        ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
        ステップ 3   [Roles] ノードを展開します。
        ステップ 4   権限を削除するロールを選択します。
        ステップ 5   [General] タブで、ロールから削除する権限に対応するボックスをオフにします。
        ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

        ユーザ ロールの削除

        あるユーザ ロールを削除すると、Cisco UCS Manager により、そのロールは割り当て先のすべてのユーザ アカウントから削除されます。

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
          ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
          ステップ 3   [Roles] ノードを展開します。
          ステップ 4   削除するロールを右クリックし、[Delete] を選択します。
          ステップ 5   [Delete] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。

          ロケールの設定

          ロケールの作成

          はじめる前に

          ロケールを作成するには、1 つ以上の組織が存在する必要があります。

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
            ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
            ステップ 3   [Locales] を右クリックし、[Create a Locale] を選択します。
            ステップ 4   [Create Locale] ページで、次の手順を実行します。
            1. [Name] フィールドに、ロケールの一意の名前を入力します。

              この名前には、1 ~ 16 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および .(ピリオド)以外の特殊文字またはスペースは使用できません。また、オブジェクトを保存した後、この名前を変更することはできません。

            2. [Next] をクリックします。
            ステップ 5   [Assign Organizations] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
            1. Cisco UCS ドメイン内の組織を表示するには、[Organizations] 領域を展開します。
            2. [root] ノードを展開して、サブ組織を表示します。
            3. ロケールを割り当てる組織をクリックします。
            4. [Organizations] 領域の組織を右側のペインの設計領域にドラッグ アンド ドロップします。
            5. すべての適切な組織をロケールに割り当てるまで、ステップ b および c を繰り返します。
            ステップ 6   [Finish] をクリックします。

            次の作業

            ロケールを 1 つまたは複数のユーザ アカウントに追加します。 詳細については、ローカル認証されたユーザ アカウントに割り当てられたロケールの変更を参照してください。

            ロケールへの組織の割り当て

            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
              ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
              ステップ 3   [Locales] ノードを展開し、組織を追加するロケールをクリックします。
              ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
              ステップ 5   [Organizations] 領域のテーブル アイコン バーで [+] をクリックします。
              ステップ 6   [Assign Organizations] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
              1. Cisco UCS ドメイン内の組織を表示するには、[Organizations] 領域を展開します。
              2. [root] ノードを展開して、サブ組織を表示します。
              3. ロケールを割り当てる組織をクリックします。
              4. [Organizations] 領域の組織を右側のペインの設計領域にドラッグ アンド ドロップします。
              5. すべての適切な組織をロケールに割り当てるまで、ステップ b および c を繰り返します。
              ステップ 7   [OK] をクリックします。

              ロケールからの組織の削除

              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                ステップ 3   [Locales] ノードを展開し、組織を削除するロケールをクリックします。
                ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                ステップ 5   [Organizations] 領域で、ロケールから削除する組織を右クリックし、[Delete] を選択します。
                ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

                ロケールの削除

                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                  ステップ 3   [Locales] ノードを展開します。
                  ステップ 4   削除するロケールを右クリックし、[Delete] を選択します。
                  ステップ 5   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                  ローカル認証されたユーザ アカウントの設定

                  ユーザ アカウントの作成

                  少なくとも、次のユーザを作成することを推奨します。

                  • サーバ アドミニストレータ アカウント

                  • ネットワーク アドミニストレータ アカウント

                  • ストレージ アドミニストレータ

                  はじめる前に

                  システムに次のいずれかがある場合は、該当するタスクを実行します。

                  • リモート認証サービス:ユーザがリモート認証サーバに存在すること、および適切なロールと権限を持っていることを確認します。

                  • 組織のマルチテナント機能:1 つ以上のロケールを作成します。 ロケールが 1 つもない場合、すべてのユーザはルートに作成され、すべての組織のロールと権限が割り当てられます。

                  • SSH 認証。SSH キーを取得します。

                  手順
                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                    ステップ 3   [User Services] を右クリックし、[Create User] を選択して [User Properties] ダイアログボックスを開きます。

                    [Locally Authenticated Users] を右クリックしてそのオプションにアクセスすることもできます。

                    ステップ 4   ユーザに関して要求される情報を使用して、次のフィールドに値を入力します。
                    名前 説明

                    [Login ID] フィールド

                    このアカウントにログインするときに使用されるアカウント名。 このアカウントは固有であるとともに、Cisco UCS Manager ユーザ アカウントに関する次のガイドラインと制約事項を満たしている必要があります。

                    • ログイン ID には、次を含む 1 ~ 32 の文字を含めることができます。

                      • 任意の英字

                      • 任意の数字

                      • _(アンダースコア)

                      • -(ダッシュ)

                      • . (ドット)

                    • ログイン ID は Cisco UCS Manager 内で固有でなければなりません。

                    • ログイン ID は英字で開始する必要があります。 アンダースコアなどの特殊文字または数字で開始することはできません。

                    • ログイン ID では、大文字と小文字が区別されます。

                    • すべて数字のログイン ID を作成することはできません。

                    • ユーザ アカウントを作成した後は、ログイン ID を変更できません ユーザ アカウントを削除し、新しいユーザ アカウントを作成する必要があります。

                    ユーザを保存した後は、ログイン ID を変更できません。 ユーザ アカウントを削除し、新しいユーザ アカウントを作成する必要があります。

                    [First Name] フィールド

                    ユーザの名。 このフィールドには、32 文字までの値を入力できます。

                    [Last Name] フィールド

                    ユーザの姓。 このフィールドには、32 文字までの値を入力できます。

                    [Email] フィールド

                    ユーザの電子メール アドレス。

                    [Phone] フィールド

                    ユーザの電話番号。

                    [Password] フィールド

                    このアカウントに関連付けられているパスワード。 パスワード強度のチェックをイネーブルにすると、ユーザ パスワードを強くする必要があり、次の要件を満たしていないパスワードは Cisco UCS Manager によってすべて拒否されます。

                    • 8 ~ 80 文字で構成する必要がある。

                    • 次の少なくとも 3 種類を含む。

                      • 小文字

                      • 大文字

                      • 数字

                      • 特殊文字

                    • aaabbb など連続して 3 回を超えて繰り返す文字を含まない。

                    • ユーザ名と同一、またはユーザ名を逆にしたものではない。

                    • パスワード ディクショナリ チェックに合格する。 たとえば、パスワードには辞書に記載されている標準的な単語に基づいたものを指定することはできません。

                    • 次の記号を含まない。$(ドル記号)、? (疑問符)、=(等号)。

                    • ローカル ユーザ アカウントおよび admin アカウントには、空白を含めない。

                    [Confirm Password] フィールド

                    確認のためのパスワードの再入力。

                    [Account Status] フィールド

                    ステータスが [Active] に設定されている場合、ユーザはこのログイン ID とパスワードを使用して Cisco UCS Manager にログインできます。

                    [Account Expires] チェックボックス

                    オンにすると、[Expiration Date] フィールドに指定された日を経過した後、このアカウントは期限切れになり、使用できなくなります。

                    (注)     

                    有効期限の日付をユーザ アカウントに設定した後で、期限切れにならないようにそのアカウントを再設定することはできません。 ただし、使用可能な最新の有効期限日でそのアカウントを設定することはできます。

                    [Expiration Date] フィールド

                    アカウントの期限が切れる日付。 日付の形式は yyyy-mm-dd です。

                    このフィールドの終端にある下矢印をクリックするとカレンダーが表示されるので、それを使用して期限日を選択できます。

                    (注)     

                    [Account Expires] チェックボックスをオンにすると、Cisco UCS Manager GUI にこのフィールドが表示されます。

                    ステップ 5   [Roles] 領域で 1 つ以上のボックスをオンにして、ユーザ アカウントにロールと権限を割り当てます。
                    (注)     

                    admin または aaa ロールを持つユーザにロケールを割り当てないでください。

                    ステップ 6   (任意)システムに組織が含まれる場合、[Locales] 領域の 1 つ以上のチェックボックスをオンにして、適切なロケールをユーザに割り当てます。
                    ステップ 7   [SSH] 領域で、次のフィールドに値を入力します。
                    1. [Type] フィールドで、次をクリックします。
                      • [Password Required]:ユーザはログインするときにパスワードを入力する必要があります。

                      • [Key]:このユーザがログインするときに、Secure Shell(SSH; セキュア シェル) 暗号化が使用されます。

                    2. [Key] を選択する場合、[SSH data] フィールドに SSH キーを入力します。
                    ステップ 8   [OK] をクリックします。

                    ローカル認証されたユーザのパスワード強度チェックのイネーブル化

                    パスワード強度のチェックを有効にするには、admin または aaa 権限を持つユーザである必要があります。 パスワード強度のチェックをイネーブルにすると、Cisco UCS Manager によって、ユーザは強力なパスワードのガイドラインを満たしていないパスワードを選択できなくなります。

                    手順
                      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                      ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                      ステップ 3   [Locally Authenticated Users] ノードをクリックします。
                      ステップ 4   [Work] ペインで、[Properties] 領域の[Password Strength Check] チェックボックスをオンにします。
                      ステップ 5   [Save Changes] をクリックします。

                      Cisco UCS Manager GUI ユーザの Web セッション制限の設定

                      手順
                        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                        ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [Communication Management] > [Communication Services] を展開します。
                        ステップ 3   [Communication Services] タブをクリックします。
                        ステップ 4   [Web Session Limits] 領域で、次のフィールドに値を入力します。
                        名前 説明

                        [Maximum Sessions Per User] フィールド

                        各ユーザに許可されている HTTP および HTTPS の同時セッションの最大数。

                        1 ~ 256 の整数を入力します。

                        [Maximum Sessions] フィールド

                        システム内のすべてのユーザに許可されている HTTP および HTTPS の同時セッションの最大数。

                        1 ~ 256 の整数を入力します。

                        ステップ 5   [Save Changes] をクリックします。

                        ローカル認証されたユーザ アカウントに割り当てられたロケールの変更


                        (注)  


                        admin または aaa ロールを持つユーザにロケールを割り当てないでください。


                        手順
                          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                          ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] > [Locally Authenticated Users] を展開します。
                          ステップ 3   修正するユーザ アカウントをクリックします。
                          ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                          ステップ 5   [Locales] 領域で、次の手順を実行します。
                          • ユーザ アカウントに新しいロケールを割り当てるには、適切なチェックボックスをオンにします。
                          • ユーザ アカウントからロケールを削除するには、適切なチェックボックスをオフにします。
                          ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

                          ローカル認証されたユーザ アカウントに割り当てられたロールの変更

                          ユーザ ロールと権限の変更は、ユーザが次にログインするまで有効になりません。 新しいロールをユーザ アカウントに追加するか、既存のロールをユーザ アカウントから削除するときにユーザがログインしていると、前のロールと権限を使用してアクティブなセッションが続行されます。

                          手順
                            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                            ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] > [Locally Authenticated Users] を展開します。
                            ステップ 3   修正するユーザ アカウントをクリックします。
                            ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                            ステップ 5   [Roles] 領域で、次の手順を実行します。
                            • ユーザ アカウントに新しいロールを割り当てるには、適切なチェックボックスをオンにします。
                            • ユーザ アカウントからロールを削除するには、適切なチェックボックスをオフにします。
                            ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

                            ユーザ アカウントの有効化

                            ローカル ユーザ アカウントを有効または無効にするには、admin または aaa 権限を持つユーザである必要があります。

                            はじめる前に

                            ローカル ユーザ アカウントを作成します。

                            手順
                              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                              ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] > [Locally Authenticated Users] を展開します。
                              ステップ 3   有効にするユーザをクリックします。
                              ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                              ステップ 5   [Account Status] フィールドで、[active] オプション ボタンをクリックします。
                              ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

                              ユーザ アカウントの無効化

                              ローカル ユーザ アカウントを有効または無効にするには、admin または aaa 権限を持つユーザである必要があります。


                              (注)  


                              ディセーブルにされているアカウントのパスワードを Cisco UCS Manager GUI によって変更すると、ユーザはアカウントをイネーブルにしてアクティブにした後でこの変更されたパスワードを使用できません。 ユーザはアカウントがイネーブルにされアクティブになった後で、必要なパスワードをもう一度入力する必要があります。


                              手順
                                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                                ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] > [Locally Authenticated Users] を展開します。
                                ステップ 3   無効にするユーザをクリックします。
                                ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                ステップ 5   [Account Status] フィールドで、[inactive] オプション ボタンをクリックします。

                                admin ユーザ アカウントは常にアクティブに設定されます。 これは変更できません。

                                ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

                                ローカル認証されたユーザのパスワード履歴のクリア

                                手順
                                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                                  ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] > [Locally Authenticated Users] を展開します。
                                  ステップ 3   パスワード履歴をクリアするユーザをクリックします。
                                  ステップ 4   [Actions] 領域で、[Clear Password History] をクリックします。
                                  ステップ 5   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                  ローカルに認証されたユーザ アカウントの削除

                                  手順
                                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                                    ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                                    ステップ 3   [Locally Authenticated Users] ノードを展開します。
                                    ステップ 4   削除するユーザ アカウントを右クリックし、[Delete] を選択します。
                                    ステップ 5   [Delete] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。

                                    ローカル認証されたユーザのパスワード プロファイル

                                    パスワード プロファイルには、Cisco UCS Manager のすべてのローカル認証されたユーザのパスワード履歴およびパスワード変更間隔のプロパティが含まれます。 それぞれのローカル認証されたユーザに異なるパスワード プロファイルを指定することはできません。


                                    (注)  


                                    パスワード プロファイル プロパティを変更するには、admin または AAA 権限を持っている必要があります。 パスワード履歴を除き、これらのプロパティは admin または AAA 権限を持つユーザには適用されません。


                                    パスワード履歴カウント

                                    パスワード履歴カウントにより、ローカル認証されたユーザが同じパスワードを何度も再利用することを防止できます。 このプロパティが設定されている場合、Cisco UCS Manager は、ローカル認証されたユーザが以前に使用したパスワードを最大 15 パスワードまで保存します。 パスワードは、履歴カウントしきい値に達した場合に最も古いパスワードだけが再使用できるように、最新パスワードから最初に新しい順に保存されます。

                                    ユーザは、パスワード履歴に設定されている数のパスワードを作成して使用しなければ、パスワードを再利用できるようになりません。 たとえば、パスワード履歴カウントを 8 に設定した場合、ローカル認証されたユーザは、9 番めのパスワードが期限切れになってからでなければ、最初のパスワードを再利用できません。

                                    デフォルトでは、パスワード履歴は 0 に設定されます。 この値は、履歴カウントをディセーブルにし、ユーザがいつでも前のパスワードを使用できるようになります。

                                    必要に応じて、ローカル認証されたユーザに対してパスワード履歴カウントをクリアし、以前のパスワードの再利用をイネーブルにできます。

                                    パスワード変更間隔

                                    パスワード変更間隔を使用すると、ローカル認証されたユーザが一定の時間内に行うことができるパスワード変更の回数を制限できます。 次の表に、パスワード変更間隔の 2 つの設定オプションについての説明を示します。

                                    間隔の設定 説明

                                    許可するパスワード変更なし

                                    このオプションは、ローカル認証されたユーザのパスワードが、パスワード変更後の指定時間内に変更されることを許可しません。

                                    変更なし間隔に指定できる時間の範囲は、1 ~ 745 時間です。 デフォルトでは、変更なし間隔は 24 時間です。

                                    たとえば、ローカル認証されたユーザが自分のパスワードを変更してから 48 時間以内に、パスワードが変更されないようにするには、次のように設定します。

                                    • 間隔中の変更をディセーブル

                                    • 変更なし間隔を 48

                                    変更間隔内でパスワード変更を許可

                                    このオプションはローカル認証されたユーザのパスワードを定義済み間隔内に変更できる最大回数を指定します。

                                    変更間隔は 1 ~ 745 時間の範囲で、パスワード変更の最大回数は 0 ~ 10 の範囲で指定できます。 デフォルトでは、ローカル認証されたユーザは、48 時間間隔内で最大 2 回のパスワード変更を許可されます。

                                    たとえば、ローカル認証されたユーザが自分のパスワードを変更してから 24 時間以内に、最大 1 回の変更を許可するには、次のように設定します。

                                    • 間隔中の変更をイネーブル

                                    • 変更カウントを 1

                                    • 変更間隔を 24

                                    変更間隔のパスワード変更の最大回数の設定

                                    パスワード プロファイル プロパティを変更するには、admin または AAA 権限を持っている必要があります。 パスワード履歴を除き、これらのプロパティは admin または AAA 権限を持つユーザには適用されません。

                                    手順
                                      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                                      ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                                      ステップ 3   [Locally Authenticated Users] ノードをクリックします。
                                      ステップ 4   [Password Profile] 領域で、次の手順を実行します。
                                      1. [Change During Interval] フィールドで、[Enable]をクリックします。
                                      2. [Change Count] フィールドで、間隔の変更中に、ローカルで認証されたユーザが自分のパスワードを変更できる最大回数を入力します。

                                        この値は 0 ~ 10 の間で、自由に設定できます。

                                      3. [Change Interval] フィールドで、[Change Count] フィールドに指定されているパスワードの変更回数が適用される最大時間数を入力します。

                                        この値は 1 ~ 745 時間の間で、自由に設定できます。

                                        たとえば、このフィールドが 48 に設定され、[Change Count] フィールドが 2 に設定されている場合、ローカルで認証されたユーザは 48 時間以内に 2 回しかパスワードの変更を行えません。

                                      ステップ 5   [Save Changes] をクリックします。

                                      パスワードの変更なし間隔の設定

                                      パスワード プロファイル プロパティを変更するには、admin または AAA 権限を持っている必要があります。 パスワード履歴を除き、これらのプロパティは admin または AAA 権限を持つユーザには適用されません。

                                      手順
                                        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                                        ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                                        ステップ 3   [Locally Authenticated Users] ノードをクリックします。
                                        ステップ 4   [Password Profile] 領域で、次の手順を実行します。
                                        1. [Change During Interval] フィールドで、[Disable] をクリックします。
                                        2. [No Change Interval] フィールドで、新しく作成されたパスワードを変更するまでに、ローカルで許可されたユーザが待機する必要のある最小時間数を入力します。

                                          この値は 1 ~ 745 時間の間で、自由に設定できます。

                                          この間隔は、[Change During Interval] プロパティが [Disable] に設定されていない場合は無視されます。

                                        ステップ 5   [Save Changes] をクリックします。

                                        パスワード履歴カウントの設定

                                        パスワード プロファイル プロパティを変更するには、admin または AAA 権限を持っている必要があります。

                                        手順
                                          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                                          ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] > [User Services] を展開します。
                                          ステップ 3   [Locally Authenticated Users] ノードをクリックします。
                                          ステップ 4   [Password Profile] 領域で、[History Count] フィールドに、ローカル認証されたユーザが以前に使用したパスワードを再使用できるようになる前に作成する必要がある一意のパスワードの数を入力します。

                                          この値は 0 ~ 15 の間で、自由に設定できます。

                                          デフォルトで、[History Count] フィールドは 0 に設定されます。これによって履歴数がディセーブルになり、ユーザは以前に使用したパスワードをいつでも使用できるようになります。

                                          ステップ 5   [Save Changes] をクリックします。

                                          ユーザ セッションのモニタリング

                                          CLI または GUI のいずれでログインしているかに関係なく、ローカル認証されたユーザとリモート認証されたユーザの両方について、Cisco UCS Manager セッションをモニタできます。

                                          手順
                                            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                                            ステップ 2   [Admin] タブで、[All] > [User Management] を展開します。
                                            ステップ 3   [User Services] ノードをクリックします。
                                            ステップ 4   [Work] ペインで [Sessions] タブをクリックします。

                                            このタブには、ユーザ セッションに関する次の詳細情報が表示されます。

                                            名前 説明

                                            [Name] カラム

                                            セッションの名前。

                                            [User] カラム

                                            セッションに参加しているユーザ名。

                                            [Fabric ID] カラム

                                            このセッションのためにユーザがログインしているファブリック インターコネクト。

                                            [Login Time] カラム

                                            セッションが開始された日時。

                                            [Refresh Period] カラム

                                            Web クライアントが Cisco UCS Manager に接続する場合、クライアントはリフレッシュ要求を Cisco UCS Manager に送信して Web セッションをアクティブに保つ必要があります。 このオプションによって、このドメイン内のユーザに対するリフレッシュ要求の間に許容される最大時間が指定されます。

                                            この時間制限を超えると、Cisco UCS Manager は Web セッションが非アクティブであると見なしますが、セッションは終了されません。

                                            [Session Timeout] カラム

                                            Cisco UCS Manager が、Web セッションが終了したと見なす前提となる最終リフレッシュ要求後の最大経過時間。 この時間制限を超えると、Cisco UCS Manager は自動的に Web セッションを終了します。

                                            [Terminal Type] カラム

                                            ユーザがログインするときに使用する端末の種類。

                                            [Host] カラム

                                            ユーザのログイン元である IP アドレス。

                                            [Current Session] カラム

                                            このカラムに [Y] が表示された場合、関連付けられているユーザ セッションは現在アクティブです。