Cisco UCS Manager GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.1
KVM コンソールの起動
KVM コンソールの起動

KVM コンソールの起動

この章の内容は、次のとおりです。

KVM コンソール

KVM コンソールは、Cisco UCS Manager GUI または KVM の直接接続をエミュレートする KVM Launch Manager からアクセスできるインターフェイスです。 サーバに物理的に接続する必要がある KVM ドングルとは異なり、KVM コンソールを使用すると、ネットワーク上のリモート ロケーションからサーバに接続できます。

サーバへのアクセスに KVM コンソールを使用する場合は、サーバまたはサーバに関連付けられたサービス プロファイルが CIMC の IP アドレスで設定できるようにする必要があります。 KVM コンソールは、サーバまたはサービス プロファイルに割り当てられた CIMC IP アドレスを使用して、Cisco UCS ドメイン内の適切なサーバを識別し、このサーバに接続します。

CD、DVD、またはフロッピー ドライブを使用してサーバに直接接続する代わりに、KVM コンソールでは仮想メディアを使用します。仮想メディアは、仮想 CD、DVD、またはフロッピー ドライブにマップされた実際のディスク ドライブまたはディスク イメージ ファイルです。 次に示す任意の仮想ドライブをマップできます。

  • お使いのコンピュータ上の CD/DVD またはフロッピー ドライブ

  • コンピュータ上のディスク イメージ ファイル

  • ネットワーク上の CD/DVD またはフロッピー ドライブ

  • ネットワーク上のディスク イメージ ファイル

サーバ OS のインストールでの KVM コンソールの使用に関する推奨事項

仮想 CD/DVD またはフロッピー ドライブから OS をインストールするには、その仮想 CD/DVD またはフロッピー ドライブがサービス プロファイルで最初のブート デバイスとして設定されている必要があります。

KVM コンソールを使用した OS のインストールは、KVM ドングルを使用する場合よりも時間がかかることがあります。これは、ネットワークを介してインストール ファイルをサーバにダウンロードする必要があるためです。 ディスク ドライブまたはディスク イメージ ファイルをネットワーク共有から仮想ドライブにマップする場合は、インストールにさらに時間がかかることがあります。これは、インストール ファイルをネットワークから KVM コンソール(お使いのコンピュータ)にダウンロードした後、KVM コンソールからサーバにダウンロードする必要があるからです。 このインストール方式を使用する場合は、KVM コンソールを搭載したシステムのできる限り近くにインストール メディアを配置することを推奨します。

仮想 KVM コンソール

KVM コンソールは CIMC からアクセス可能なインターフェイスであり、サーバへのキーボード、ビデオ、マウス(KVM)の直接接続をエミュレートします。 これにより、リモート ロケーションからのサーバへの接続とサーバの制御ができるようになり、この KVM セッション中にサーバがアクセスできる仮想ドライブに物理的な場所をマッピングできるようになります。

重要:

KVM コンソールには Java Runtime Environment(JRE)バージョン 1.5.0 以降が必要です。

[KVM] タブ

このタブは、サーバへのコマンドライン アクセスを提供します。 このタブで使用できるメニュー オプションは次のとおりです。

[Virtual Media] タブ

サーバに物理的に接続された CD/DVD ドライブまたはフロッピー ドライブを使用する代わりに、KVM コンソールは仮想メディアを使用します。これは、サーバ上の仮想 CD/DVD ドライブまたはフロッピー ドライブにマップされる実際のディスク ドライブまたはディスク イメージ ファイルです。 [Client View] テーブルは、サーバが使用できるフロッピー イメージ、フロッピー ドライブ、CD/DVD ドライブおよび ISO イメージを表示します。

名前 説明

[Mapped] カラム

このカラムのチェックボックスをオンにすると、関連するディスク ドライブまたはイメージ ファイルにサーバからアクセスできます。 ドライブまたはイメージ ファイルからサーバを切断するには、このチェックボックスをクリアします。

各ドライブまたはイメージ ファイルは、ユーザのローカル コンピュータまたはネットワークに設定でき、それぞれが次の 3 つのカテゴリのうちのいずれかに分類されます。

  • 仮想 CD/DVD

  • リムーバブル メディア

  • フロッピー:このカテゴリには、USB キーまたはフラッシュ ドライブがあります。

この 3 つのカテゴリのそれぞれに、1 つのドライブまたはイメージの仮想メディアをイネーブルにできますが、同じカテゴリに複数のドライブまたはイメージを仮想化することはできません。

[Read Only] カラム

オンにすると、仮想メディア デバイスに書き込み機能があっても、サーバはそのメディアに書き込むことができなくなります。

[Drive] カラム

サーバによって使用されるデバイスへのパスを表示します。

[Exit] ボタン

[KVM] タブに戻ります。

[Create Image] ボタン

サーバにマップするローカル フォルダにナビゲートする [Open] ダイアログボックスが開きます。

システムがイメージを生成したら、デスクトップに IMG ファイルを保存し、[Client View] テーブルに追加します。 マッピング プロセスを完了するには、[Mapped] カラムのチェックボックスをオンにします。

[Add Image] ボタン

サーバにアクセスする ISO または IMG ファイルに移動する [Open] ダイアログボックスが開きます。

ファイルを選択すると、システムはそのファイルを [Client View] テーブルに追加します。 マッピング プロセスを完了するには、[Mapped] カラムのチェックボックスをオンにします。

[Remove Image] ボタン

[Client View] テーブルから選択したイメージを削除します。

[Details] ボタン

[Details] 領域の表示を切り替えます。 この領域には、3 つのデバイス カテゴリ、このカテゴリのマッピング ステータス、読み取りおよび書き込み統計、デバイスがマッピングされている期間を示すテーブルが含まれます。

[USB Reset] ボタン

サーバに接続されているすべての USB デバイスをリセットします。

(注)     

このボタンを使用するには、[Details] 領域が表示されていなければなりません。

[File] メニュー

メニュー項目 説明

Capture to File

JPG イメージとして現在の画面を保存できる [Save] ダイアログボックスが開きます。

(注)     

このオプションは、[KVM] タブでのみ使用できます。

Exit

KVM コンソールを閉じます。

[KVM] タブの [View] メニュー

メニュー項目 説明

Refresh

サーバの現在のビデオ出力を使用してコンソール表示を更新します。

Full Screen

画面全体に表示されるように KVM コンソールを拡張します。

Windowed

サイズを変更できる [Windowed] モードに KVM コンソールを戻します。

Fit

コンソール ウィンドウのサイズを、サーバからのビデオ映像を表示するために必要な最小サイズに変更します。

このオプションは、コンソールが [Windowed] モードの場合にのみ使用できます。

[KVM] タブの [Macros] メニュー

リモート システムで実行するキーボード ショートカットを選択します。

[KVM] タブの [Tools] メニュー

メニュー項目 説明

Session Options

[Session Options] ダイアログボックスでは次のオプションを指定できます。

  • コンソールが [Windowed] モードになっているときにすべてのキーストロークをターゲット システムに渡すかどうかを指定します。 デフォルトは no です。

  • シングル カーソル モードになっているときの終了キーを指定します。 デフォルトは F12 です。

  • ターゲット システムに使用するマウスのアクセラレーションを指定します。 デフォルトは [Windows] です。

Single Cursor

一部のリモート オペレーティング システムで検出されたマウスの配置に関する問題を解決するシングル カーソル機能をオンにします。 この機能をオンにすると、マウス ポインタがビューア ウィンドウ内でトラップされます。

機能をオフにするには、[Session Options] ダイアログボックスで指定された終了キーを押します。

Stats

次の項目を表示する [Stas] ダイアログボックスが開きます。

  • フレーム レート(フレーム数/秒で測定されます)

  • 帯域幅(KB 数/秒で測定されます)

  • 圧縮(使用される圧縮率で測定されます)

  • パケット レート(パケット数/秒で測定されます)

Session User List

アクティブ KVM セッションを持つすべてのユーザ ID を示す[Session User List] ダイアログボックスが開きます。

サーバからの KVM コンソールの起動

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] を展開します。
    ステップ 3   KVM コンソールからアクセスするサーバを選択します。
    ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
    ステップ 5   [Actions] 領域で [KVM Console] をクリックします。

    KVM コンソールが別ウィンドウで開きます。

    ヒント   

    KVM セッションを開いたときにキーボードの Caps Lock キーがオンになっており、その後に続いて Caps Lock キーをオフにすると、KVM コンソールは Caps Lock キーがオンのときのように動作する場合があります。 KVM コンソール とキーボードを同期させるには、KVM コンソールにフォーカスがない状態で Caps Lock キーを一度押し、次に KVM コンソールにフォーカスを置いて Caps Lock キーをもう一度押します。


    サービス プロファイルからの KVM コンソールの起動

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
      ステップ 3   [KVM Console] を起動するサービス プロファイルが含まれている組織のノードを展開します。

      システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

      ステップ 4   関連付けられたサーバに KVM アクセスを必要とするサービス プロファイルを選択します。
      ステップ 5   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
      ステップ 6   [Actions] 領域で [KVM Console] をクリックします。

      別ウィンドウに KVM コンソールが表示されます。

      ヒント   

      KVM セッションを開いたときにキーボードの Caps Lock キーがオンになっており、その後に続いて Caps Lock キーをオフにすると、KVM コンソールは Caps Lock キーがオンのときのように動作する場合があります。 KVM コンソール とキーボードを同期させるには、KVM コンソールにフォーカスがない状態で Caps Lock キーを一度押し、次に KVM コンソールにフォーカスを置いて Caps Lock キーをもう一度押します。


      KVM Launch Manager からの KVM コンソールの起動

      KVM Launch Manager では、Cisco UCS Manager にログインせずに KVM コンソールからサーバにアクセスできます。

      はじめる前に

      KVM Launch Manager からサーバの KVM コンソールにアクセスするには、次の情報が必要です。

      • Cisco UCS のユーザ名およびパスワード。

      • アクセスする KVM のサーバに関連付けられたサーバ プロファイル名。

      手順
        ステップ 1   Web ブラウザで、Cisco UCS Manager GUI の Web リンクを入力または選択します。

        例:

        デフォルトの Web リンクは http://UCSManager_IP または https://UCSManager_IP です。 スタンドアロン構成の場合、UCSManager_IP はファブリック インターコネクトの管理ポートの IP アドレスです。 クラスタ構成の場合、UCSManager_IPCisco UCS Manager に割り当てられている IP アドレスです。

        ステップ 2   [Launch Page]Cisco UCS Manager の起動ページの [Launch KVM Manager] をクリックします。
        ステップ 3   [Security Alert] ダイアログボックスが表示された場合は、[Yes] をクリックしてセキュリティ証明書を受け入れ、続行します。
        ステップ 4   [UCS - KVM Launch Manager Login] ページで、次の手順を実行します。
        1. Cisco UCS のユーザ名およびパスワードを入力します。
        2. 任意: Cisco UCS 実装に複数のドメインが含まれている場合は、[Domain] ドロップダウン リストから適切なドメインを選択します。
        3. [OK] をクリックします。
        ステップ 5   KVM Launch Manager の [Service Profiles] テーブルで、次の手順を実行します。
        1. サービス プロファイルと、KVM アクセスが必要な関連するサーバを含む行を探します。
        2. そのサーバの [Launch KVM] 列の [Launch] をクリックします。

          別ウィンドウに KVM コンソールが表示されます。

          ヒント   

          KVM セッションを開いたときにキーボードの Caps Lock キーがオンになっており、その後に続いて Caps Lock キーをオフにすると、KVM コンソールは Caps Lock キーがオンのときのように動作する場合があります。 KVM コンソール とキーボードを同期させるには、KVM コンソールにフォーカスがない状態で Caps Lock キーを一度押し、次に KVM コンソールにフォーカスを置いて Caps Lock キーをもう一度押します。