Cisco UCS B シリーズ GUI ファームウェア管理ガイド リリース 2.1
Cisco UCS Central でのファームウェアのダウンロードと管理
Cisco UCS Central でのファームウェアのダウンロードと管理
発行日;2013/01/30   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco UCS Central でのファームウェアのダウンロードと管理

この章の内容は、次のとおりです。

シスコからのファームウェアのダウンロード

Cisco UCS Central では、指定された間隔でシスコの Web サイトと通信してファームウェア イメージのリストを取得するように、ファームウェアのダウンロードを設定できます。 シスコのクレデンシャルを設定した後に、リフレッシュを行うと、Cisco UCS Central によって Cisco.com から使用可能なイメージ データが取得され、ファームウェア イメージ ライブラリにファームウェア イメージが表示されます。 ファームウェア イメージのバージョンを使用してポリシーを作成する場合、または [Store Locally] オプションを使用してイメージをダウンロードする場合には、実際のファームウェア イメージをダウンロードできます。

重要:

シスコからファームウェアを Cisco UCS Central にダウンロードするには、次の作業を行ってください。

  • Cisco UCS Central から Cisco.com に直接またはプロキシ サーバ経由でアクセスできるようにする必要があります。
  • 有効なシスコのユーザ クレデンシャルを設定して、Cisco UCS Central でダウンロード状態をイネーブルにする必要があります。

ファームウェアのイメージ ライブラリ

Cisco UCS Central のイメージ ライブラリには、Cisco.com、ローカル ファイル システム、およびリモート ファイル システムから Cisco UCS Central にダウンロードされたすべてのファームウェア イメージのリストが表示されます。

Cisco.com からダウンロードされたイメージのソースはシスコであり、ローカルまたはリモートのファイル システムからダウンロードされたイメージのソースはローカルです。 これらのファームウェア イメージは、ファームウェア ポリシーの作成に使用できます。

ライブラリからファームウェア イメージを削除するオプションを次に示します。

  • ファームウェア イメージの削除:削除オプションを使用すると、ファームウェア ライブラリ内のダウンロードされたイメージを削除できます。
  • ファームウェア イメージのメタデータのパージ:パージ オプションを使用すると、イメージのメタデータを削除できます。 ライブラリからファームウェア イメージを削除した後でも、メタデータは引き続き存在しています。 このメタデータ情報を使用すると、イメージを削除した後でも Cisco.com から実際のファームウェア イメージをいつでもダウンロードすることができます。 ファームウェア イメージ ライブラリからファームウェア イメージと関連するメタデータを完全に削除する場合は、実際のファームウェア イメージを削除し、ライブラリからメタデータをパージしてください。
    重要:

    メタデータに対応するイメージがファームウェア イメージ ライブラリにすでにダウンロードされている場合は、イメージを削除しないでメタデータをパージすることはできません。

シスコからのファームウェアのダウンロードの設定

シスコからのファームウェアのダウンロードを設定すると、Cisco UCS Central によって Cisco.com からファームウェアのメタデータがダウンロードされ、いつでも Cisco UCS Central からダウンロードして保存するための情報が保存されます。

手順
    ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
    ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Images] を展開します。
    ステップ 3   [Configure Downloads From Cisco] をクリックします。
    ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブで、次の情報をフィールドに入力します。
    名前 説明

    [Username] フィールド

    Cisco UCS Central がログインに使用する Cisco.com アカウントのユーザ名。

    [Password] フィールド

    この Cisco.com アカウントのパスワード。

    [Confirm Password] フィールド

    確認のためのパスワードの再入力。

    [Download Interval] ドロップダウン リスト

    Cisco UCS Central で、Cisco.com のインフラストラクチャ、サーバ、および機能カタログのファームウェア バンドルの新しいバージョンを確認する頻度。 次のいずれかになります。

    • [1day]:Cisco UCS Central は新しいファームウェアを 24 時間ごとに確認します。
    • [1week]:Cisco UCS Central は新しいファームウェアを 1 週間に 1 度確認します。
    • [2week]:Cisco UCS Central は新しいファームウェアを 2 週間に 1 度確認します。
    • [on-demand]:Cisco UCS Central は新しいファームウェア バンドルのチェックを自動的に行いません。 ユーザがイメージ ライブラリの [General] タブで [Refresh] をクリックするまで待機します。

    [Download State] ドロップダウン リスト

    Cisco UCS Central が Cisco.com からファームウェア イメージ バンドルまたはファームウェアのメタデータをダウンロードできるかどうかを表します。 次のいずれかになります。

    • [enable]:Cisco UCS Central は、[Download Interval] フィールドに定義されているスケジュールに従って、あるいはユーザがイメージ ライブラリをリフレッシュしたときに、Cisco.com から新しいファームウェア バージョンに対応するファームウェアのメタデータをダウンロードします。 さらに、Cisco UCS Central は、ユーザが [Store Locally] をクリックするか、ファームウェア ホスト パッケージでファームウェア バージョンが使用されている場合に、ファームウェア イメージ バンドルをダウンロードします。
    • [disable]:Cisco UCS Central はファームウェア バンドルまたはメタデータを Cisco.com からダウンロードできません。 このオプションを選択した場合、Cisco UCS Central に新しいファームウェア バンドルを追加できる唯一の方法は、これを Cisco.com から手動でダウンロードした後、イメージ ライブラリの [General] タブにある [Downloads] サブタブを使用してイメージ ライブラリにダウンロードすることです。 ファームウェアのメタデータがすでにイメージ ライブラリにある場合でも、あるいはファームウェアがホスト ファームウェア パッケージにすでに追加されている場合でも、Cisco UCS Central はファームウェア バンドルをダウンロードできません。またユーザが [Store Locally] オプションを使用してファームウェアのメタデータ ファイルを選択してローカルにダウンロードすることもできません。
    ステップ 5   [Proxy] タブで、次の情報をフィールドに入力します。
    名前 説明

    [HTTP Proxy] フィールド

    インターネット アクセスに必要な HTTP プロキシ(存在する場合)。

    [Port] フィールド

    HTTP プロキシ サーバのポート。

    [Proxy User] ドロップダウン リスト

    プロキシ サーバのユーザ名。

    [Proxy Password] フィールド

    このプロキシ サーバのアカウントのパスワード。

    [Confirm Proxy Password] フィールド

    確認のためのパスワードの再入力。

    ステップ 6   [Save] をクリックします。

    シスコからのファームウェア イメージのダウンロード

    Cisco.com からのファームウェア イメージのダウンロードを設定し、イメージ ライブラリをリフレッシュすると、Cisco UCS Central で使用可能なすべてのファームウェア イメージのメタデータにアクセスできるようになります。 ファームウェア イメージは次の方法でダウンロードできます。

    • ファームウェア ポリシーの作成:ファームウェア ポリシーを作成し、特定のイメージを選択すると、ファームウェア ポリシーで指定したイメージが Cisco UCS Central によって自動的にダウンロードされます。
    • イメージをローカルに保存:ローカルに保存するオプションを選択すると、選択したファームウェア イメージが Cisco.com からダウンロードされ、イメージ ライブラリに保存されます。

    ここでは、ローカルに保存するオプションを使用してイメージをダウンロードする手順について説明します。

    手順
      ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
      ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Images] を展開します。
      ステップ 3   [Library] をクリックします。
      ステップ 4   [Work] ペインで [Packages] タブをクリックします。

      シスコからダウンロードされたイメージのメタデータには、[Source] として [Cisco] が、[State] として [not-downloaded] が指定されています。

      ステップ 5   バンドルを右クリックして、オプションから [Store Locally] を選択します。

      離れた場所からのファームウェアのダウンロード

      はじめる前に

      選択したファイル転送プロトコルをサポートするリモート サーバを設定し、このサーバから Cisco UCS Central にアクセスできるようにする必要があります。

      手順
        ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
        ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Images] を展開します。
        ステップ 3   [Library] をクリックします。
        ステップ 4   [Work] ペインで [Downloads] タブをクリックします。
        ステップ 5   [Downloads] タブで [Download Firmware] をクリックします。
        ステップ 6   [Download Firmware] ダイアログボックスで、[Location of the Image File] に対して [Remote File System] を選択します。

        次のフィールドに入力します。

        Name 説明

        [Protocol] フィールド

        リモート サーバの通信プロトコル。 次のいずれかになります。

        • FTP
        • TFTP
        • SCP
        • SFTP

        [Server] フィールド

        選択したプロトコルをサポートするサーバのホスト名または IP アドレス。

        [Filename] フィールド

        ファームウェア ファイルの名前。

        [Remote Path] フィールド

        リモート サーバ上のファイルへの絶対パス。

        [User] フィールド

        Cisco UCS Central がリモート サーバへのログインに使用する必要のあるユーザ名。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

        [Password] フィールド

        リモート サーバのユーザ名のパスワード。 プロトコルが TFTP の場合、このフィールドは適用されません。

        ステップ 7   [OK] をクリックします。

        ローカル ファイル システムからのファームウェアのダウンロード

        はじめる前に

        シスコからファームウェア イメージを入手してローカル ファイル システムに保存し、ファームウェアをローカル ファイル システムから Cisco UCS Central にダウンロードするよう設定する必要があります。

        手順
          ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
          ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Images] を展開します。
          ステップ 3   [Library] をクリックします。
          ステップ 4   [Work] ペインで [Downloads] タブをクリックします。
          ステップ 5   [Downloads] タブで [Download Firmware] をクリックします。
          ステップ 6   [Download Firmware] ダイアログボックスで、[Location of the Image File] に対して [Local File System] を選択します。
          ステップ 7   [Download Image into Image Library] をクリックします。

          オプションとファイルを選択できるダイアログボックスが開きます。

          ステップ 8   ローカル システムにあるファームウェア ファイルの場所を参照してファイルを選択するには、[Browse] をクリックします。
          ステップ 9   [Submit] をクリックします。

          イメージが正しくダウンロードされると、[Firmware Image Download] ダイアログボックスに確認メッセージが表示されます。

          ステップ 10   [Firmware Image Download] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。

          イメージのダウンロードのエラーの表示

          ファームウェア イメージのダウンロード処理のエラーは、同じ [Library of Images] パネルに表示できます。

          手順
            ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
            ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Images] を展開します。
            ステップ 3   [Library] をクリックします。
            ステップ 4   [Work] ペインで [Faults] タブをクリックします。

            エラーのテーブルに、ダウンロードに関するすべてのエラーが表示されます。


            ライブラリでのファームウェア イメージの表示

            ダウンロードされたファームウェア イメージとイメージのメタデータは、[Library of Images] パネルに表示できます。

            手順
              ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
              ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Images] を展開します。
              ステップ 3   [Library] をクリックします。
              ステップ 4   [Work] ペインで [Packages] タブをクリックします。

              使用可能なパッケージが次の表のように表示されます。

              名前 説明

              [Filter] ボタン

              テーブル内のデータをフィルタリングできます。 フィルタを適用すると、このボタンの名前は [Filter (on)] に変わります。

              [Hide] ボタン

              テーブルで、[Hide] チェックボックスがオンにされているファームウェア バンドルを非表示にします。

              非表示のバンドルを再度表示するには、[Show Hidden] をクリックします。

              [Show Hidden] ボタン

              テーブルで、[Hide] チェックボックスがオンにされているものを含めて、すべてのファームウェア バンドルを表示します。

              [Purge] ボタン

              イメージ ライブラリから選択したイメージのメタデータを削除します。

              メタデータを削除すると、Cisco UCS Central を使用して Cisco.com から関連付けられているファームウェア バンドルをダウンロードすることができなくなります。 このバンドルにアクセスするには、Cisco.com からファームウェア バンドルをダウンロードして、イメージ ライブラリに手動でインポートする必要があります。

              [Store Locally] ボタン

              選択したイメージのメタデータ エントリに関連付けられているファームウェア バンドルを Cisco.com からダウンロードします。

              (注)     

              このボタンは、テーブルでイメージのメタデータを選択した場合にのみ使用できます。

              [Delete] ボタン

              このボタンをクリックすると、Cisco UCS Central のイメージ ライブラリから現在選択しているファームウェア ファイルが削除されます。

              (注)     

              このボタンは、テーブルでファームウェア バンドルを選択した場合にのみ使用できます。

              [Properties] ボタン

              テーブルで選択したオブジェクトの詳細なプロパティを表示します。

              [Name] カラム

              ファームウェア バンドルの名前。ファームウェアのタイプ順にソートされています。

              タイプを展開すると、そのタイプの使用可能なファームウェア バンドルが表示されます。

              [Version] カラム

              バンドルに関連付けられているファームウェアのバージョン。

              [Source] カラム

              イメージをダウンロードしたソース。 次のいずれかになります。

              • [Cisco]:イメージは Cisco UCS Central によってイメージのメタデータを使用して Cisco.com からダウンロードされたものです。
              • [Local]:イメージは、ローカル ファイル システムまたはリモート サーバからインポートされたものです。

              [State] カラム

              ファームウェア バンドルのダウンロード状態。

              [Type] カラム

              バンドル内のファームウェアのタイプ。

              [Hide] カラム

              オンにした場合、ツールバーの [Hide] をクリックすると、ファームウェア バンドルが非表示になります。


              イメージ ライブラリからのイメージのメタデータの削除

              パージ オプションを使用すると、[Library of Images] からファームウェア イメージのメタデータを削除することができます。 パージ オプションでは、すでにダウンロードされたイメージのメタデータだけをクリアします。


              (注)  


              機能カタログ、インフラストラクチャとホストのファームウェア パッケージなど、ファームウェア パッケージのすべてを削除するには、各ドメイン グループの下にあるファームウェア管理セクション、またはドメイン グループのルートから削除を実行できます。


              手順
                ステップ 1   メニュー バーで、[Operations Management] をクリックします。
                ステップ 2   [Navigation] ペインで、[Images] を展開します。
                ステップ 3   [Library] をクリックします。
                ステップ 4   [Work] ペインで [Library of Images] から削除するファームウェア イメージのメタデータを選択し、[Purge] をクリックします。
                ステップ 5   Cisco UCS Central GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。