VMware 用 Cisco UCS Manager VM-FEX GUI コンフィギュレーション ガイド
分散仮想スイッチの保留中の削除の管理
分散仮想スイッチの保留中の削除の管理
発行日;2013/03/04   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

分散仮想スイッチの保留中の削除の管理

この章の内容は、次のとおりです。

分散仮想スイッチの保留中の削除

明示的に、あるいは階層内の親オブジェクトを削除して、Cisco UCS Manager から分散仮想スイッチ(DVS)を削除すると、Cisco UCS Manager は VMware vCenter との接続を開始し、DVS の削除プロセスを開始します。 DVS が VMware vCenter から正常に削除されるまで、Cisco UCS Manager は DVS を保留中の削除リストに入れておきます。

ただし、次のように特殊な状況が発生すると、Cisco UCS Manager は VMware vCenter から DVS を正常に削除できません。

  • VMware vCenter データベースが破損した。
  • VMware vCenter がアンインストールされた。
  • VMware vCenter の IP アドレスが変更された。

DVS を VMware vCenter から正常に削除できない場合、Cisco UCS Manager で保留中の削除が削除されるか、VMware vCenter から DVS が正常に削除されるよう、保留中の削除のプロパティが変更されるまで、DVS は保留中の削除リストに残されます。 保留中の削除を削除すると、DVS は Cisco UCS Manager から削除されますが、VMware vCenter からは削除されません。 DVS が VMware vCenter に残っている場合、DVS を手動で削除する必要があります。

Cisco UCS Manager では、保留中の削除リストの表示、保留中の削除の削除、または保留中の削除のプロパティの変更ができます。 たとえば、保留中の削除の VMware vCenter IP アドレスを修正すると、Cisco UCS Manager は接続を開始して、VMware vCenter から DVS を正常に削除できるようになります。 Cisco UCS Manager からの DVS の削除を取り消すことはできません。

保留中の削除の表示

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [VM] タブをクリックします。
    ステップ 2   [VM] タブの [All] ノードを展開します。
    ステップ 3   [VM] タブの [VMWare] をクリックします。
    ステップ 4   [Work] ペインの [Deletion Tasks] タブをクリックします。

    保留中の削除のプロパティの変更

    必要があれば保留中の削除項目のプロパティを変更し、Cisco UCS Manager が正常に接続を開始して DVS を VMware vCenter から削除できるようにすることができます。

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [VM] タブをクリックします。
      ステップ 2   [VM] タブの [All] ノードを展開します。
      ステップ 3   [VM] タブの [VMWare] をクリックします。
      ステップ 4   [Work] ペインの [Deletion Tasks] タブをクリックします。
      ステップ 5   プロパティを変更する保留中の削除をクリックします。
      ステップ 6   保留中の削除を右クリックし、[Show Navigator] を選択します。
      ステップ 7   [Properties] ダイアログボックスで、次のプロパティを 1 つ以上変更して Cisco UCS Manager が VMware vCenter に接続するようにします。
      名前 説明

      [Hostname] フィールド

      データセンターが存在するホスト。

      [Datacenter] フィールド

      データセンターの名前。

      [Protocol] フィールド

      データセンターのプロトコル。

      [Folder] フィールド

      削除するフォルダ。

      ステップ 8   [OK] をクリックします。

      Cisco UCS Manager VMware vCenter と接続し、DVS を削除しようとします。


      保留中の削除の削除

      保留中の削除項目を削除すると、DVS は Cisco UCS Manager からは削除されますが、VMware vCenter からは削除されません。 DVS が VMware vCenter に残っている場合、DVS を手動で削除する必要があります。

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインの [VM] タブをクリックします。
        ステップ 2   [VM] タブの [All] ノードを展開します。
        ステップ 3   [VM] タブの [VMWare] をクリックします。
        ステップ 4   [Work] ペインの [Deletion Tasks] タブをクリックします。
        ステップ 5   削除する保留中の削除をクリックします。
        ステップ 6   保留中の削除を右クリックし、[Delete] を選択します。
        ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。