VMware vCenter Orchestrator 用 Cisco UCS Manager プラグイン ユーザ ガイド、リリース 1.0(1)
プラグインのインストールおよび UCS ドメインの登録
プラグインのインストールおよび UCS ドメインの登録

プラグインのインストールおよび UCS ドメインの登録

この章は、次の項で構成されています。

プラグインのインストール

次の手順では、プラグインのインストール方法について説明します。

はじめる前に

VMware vCenter Orchestrator バージョン 5.1.x または 5.5.x をインストールします。

手順
    ステップ 1   シスコ コミュニティからプラグインをダウンロードして、マシンに保存します。
    ステップ 2   ブラウザを開き、https://<orchestrator_ip_address>or<DNS_name>:8283 にアクセスします。

    VMware vCenter Orchestrator のインストール手順については、『Installing and Configuring VMware vCenter Orchestrator』を参照してください。

    ステップ 3   vCenter Orchestrator の Web 設定ツールにログインします。
    ステップ 4   左ペインで、[Plug-Ins] をクリックします。
    ステップ 5   [Install new plug-in] 領域で、[Browse] アイコンをクリックします。
    ステップ 6   配布可能な zip フォルダを保存したフォルダに移動して、フォルダ内の .dar を選択します。
    ステップ 7   [Open] をクリックします。
    ステップ 8   [Upload and Install] をクリックします。 プラグインがインストールされます。
    ステップ 9   プラグインを有効化するには、左ペインで [Startup Options] を選択し、[Restart Service] または [Start Service] をクリックします。

    サービスをすでに起動しているかどうかに応じて、[Restart Service] または [Start Service] オプションのいずれかが表示されます。

    再起動するとプラグインのインストールが完了し、インストールされたプラグインの横に「Installation OK」メッセージが表示されます。 再起動後に更新されたメッセージが表示されるまで 1 ~ 2 分かかる場合があります。

    UCS ドメインの登録

    手順
      ステップ 1   vCenter Orchestrator の Web 設定ツールを起動してログインします。
      ステップ 2   左ペインで、[UCS Manager Plugin] をクリックします。
      ステップ 3   [New UCS Domain] タブをクリックします。 Cisco UCS ドメインの画面が表示されます。
      ステップ 4   次を入力します。
      • [UCS Hostname/IP]:UCS ドメインの IP アドレスまたはホスト名。

      • [Username]:UCS ドメインのユーザ名。

      • [Password]:UCS ドメインのパスワード。

      • [Port]:ポート番号。

      • [SSL]:Cisco UCS Manager へのセキュア接続を使用する

      ステップ 5   [Register] をクリックします。 UCS ドメインが登録され、[UCS Domains] タブに表示されます。
      プラグインには次のオプションも表示されます。
      ボタン 説明

      Edit

      UCS ドメインを編集できます。

      Delete

      UCS ドメインを削除できます。

      Test Connection

      登録した UCS ドメインの接続をテストできます。

      初めて UCS ドメインを追加した場合は、[Test Connection] をクリックすると、SSL 証明書を追加するためのポップアップ ウィンドウが表示されます。