Cisco UCS 管理パック ユーザ ガイド、リリース 2.6
管理者アカウントの設定
管理者アカウントの設定
発行日;2015/04/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

管理者アカウントの設定

管理者アカウントの作成

Run As Account をプロファイルと関連付ける

管理者アカウントの設定

この章は、次の項で構成されています。

「管理者アカウントの作成」

「Run As Account をプロファイルと関連付ける」

管理者アカウントの作成

SCOM は [Run As accounts] を使用して Cisco UCS ドメインへの接続を確立します。[Run As account] は管理者アカウントである必要があります。


ステップ 1 SCOM アプリケーションで、メニュー バーの [Go] タブをクリックします。

ステップ 2 ドロップダウン メニューから [Administration] を選択します。

ステップ 3 [Administration] カラムで、[Run As Configuration] の下の [Accounts] をクリックします。[Tasks] カラムで、[Create Run As Account] をクリックします。

ステップ 4 [Create Run as Account] ウィザードの [Introduction] ページで、[Next] をクリックします。

ステップ 5 [Create Run as Account] ウィザードの [Introduction] ページで、次の手順を実行します。

a. [Run as Account Type] ドロップダウン メニューから [Simple Authentication] を選択します。

b. [Display Name] フィールドに Run As account の名前を入力します。

c. [Description] フィールドに、アカウントの説明を入力します。

d. [Next] をクリックします。

ステップ 6 [Create Run as Account] ウィザードの [Credential] ページで、次の手順を実行します。

a. [Account Name] フィールドに、Cisco UCS ドメインへのログインに使用できるアカウントを入力します。

Cisco UCS ドメインがドメイン認証用に設定されている場合、< username @ domainname > の形式でユーザ名を入力してください。

b. [Password] フィールドに、このアカウントのパスワードを入力します。

c. [Confirm Password] フィールドに、パスワードを再度入力します。

d. [Next] をクリックします。

このクレデンシャルは、Cisco UCS ドメインとのすべての通信で使用されます。

ステップ 7 [Create Run as Account] ウィザードの [Distribution Security] ページで、次の手順を実行します。

a. [Select a Distribution Security Option] フィールドで、[Less Secure] または [More Secure] オプション ボタンをクリックします。

Cisco UCS は Cisco UCS Manager 用に Windows オペレーティング システムを使用しないので、[Less Secure] オプションの使用を推奨します。[More Secure] オプションは、Windows オペレーティング システムを搭載したコンピュータまたはデバイスを対象にした管理パックでの使用を目的としています。

b. [Create] をクリックします。

ステップ 8 [Create Run as Account] ウィザードの [Completion] ページで、[Close] をクリックします。

[Administrator Run As account] が作成されます。


 

Run As Account をプロファイルと関連付ける


ステップ 1 SCOM アプリケーションで、メニュー バーの [Go] タブをクリックします。

ステップ 2 ドロップダウン メニューから [Administration] を選択します。

ステップ 3 [Administartion] カラムで [Profiles] をクリックします。

ステップ 4 プロファイルのリストから、Run As Account と関連付けるプロファイルを右クリックし、[Properties] を選択します。

ステップ 5 [Run As Profile] ウィザードの [Introduction] ページで、[Navigation] ペインの [Run As Accounts] をクリックします。

ステップ 6 [Run As Profile] ウィザードの [Run As Accounts] ページで、[Add] をクリックします。

ステップ 7 [Run As Account] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

a. [Run As Account] ドロップダウン リストから、プロファイルに関連付ける [Run As account] を選択します。

b. [This Run As Account will be Used to Manage the Following Objects] フィールドで、次のオプション ボタンから 1 つを選択してクリックします。

[All Targeted Objects]:Cisco UCS ドメインを初めてモニタする場合は、このオプションを選択します。

[A Selected Class, Group, or Object]:以前に Cisco UCS ドメインをモニタし、すでに対象にするオブジェクトがわかっている場合は、このオプションを選択します。

c. [OK] をクリックします。

ステップ 8 [Run As Profile] ウィザードの [Run As Accounts] ページで、[Save] をクリックします。

ステップ 9 [Run As Profile] ウィザードの [Completion] ページで、[Close] をクリックします。