Microsoft System Center Virtual Machine Manager 用 Cisco UCS アドイン ユーザ ガイド リリース 1.0
アドインを使用した情報の表示
アドインを使用した情報の表示

アドインを使用した情報の表示

この章は、次の項で構成されています。

ハイパーバイザ ホスト ビューへのサーバの詳細の表示

アドインを使用して、ホストが実行されているサーバ(ブレードまたはラックマウント サーバ)のプロパティ、障害情報、ファームウェアの詳細などの詳細を表示することができます。 以下は、サーバの詳細情報を表示する手順です。

手順
    ステップ 1   ツールバーで [Cisco UCS] をクリックします。
    ステップ 2   [Hypervisors] ノードで、サーバに関連付けられたハイパーバイザ ホストを選択します。

    ウィンドウの右側のペインに、ホストが実行されているサーバの次の情報が表示されます。

    名前 説明

    [General] タブ:

     

    Fault summary

    障害の重大度に基づいて分類された障害数が表示されます。 このセクションの重大度の障害アイコンをクリックして、障害の詳細を表示することができます。

    Properties

    サーバ ID、UUID、シリアル番号、関連付けられたサービス プロファイルなどのサーバのプロパティが表示されます。 サービス プロファイルがサーバに関連付けられている場合は、サービス プロファイルの場所へのリンクがあります。 リンクをクリックすると、関連付けられたサービス プロファイルのプロパティを表示します。

    Status

    ホストで実行されているタスクの状態を示します。

    [Actions] 領域:

     

    Associate Service Profile

    サービス プロファイルのサーバへの関連付けを有効にします。

    Disassociate Service Profile

    サービス プロファイルのサーバからの関連解除を有効にします。

    Set Desired Power State

    サービス プロファイルの電源状態を設定するオプションを提供します。

    KVM Console

    KVM コンソールの起動を有効にします。

    Turn On Locator LED

    現在の状態に応じたロケータ LED のオン/オフを有効にします。

    [Firmware] タブ

    BIOS、CIMC、アダプタ、ストレージ デバイスの部品 ID およびファームウェア バージョンなどのファームウェアの詳細を提供します。 サーバのファームウェアの詳細に何らかの変更がある場合は、これらの変更が反映されます。

    [Faults] タブ

    プロパティ、重大度、障害コードおよび ID、説明、影響を受けるオブジェクトなどのサーバ固有の障害の詳細を表示します。 重大度に基づいて障害をフィルタリングするオプションと、[Actions] 領域に UCS の障害を知らせるオプションを提供します。


    UCS ブレード サーバの詳細の表示

    アドインを使用して、プロパティ、障害情報、ファームウェアの詳細などのサーバの詳細を表示することができます。 以下は、サーバの詳細情報を表示する手順です。

    手順
      ステップ 1   ツールバーで [Cisco UCS] をクリックします。
      ステップ 2   [UCS Domains] ノードで、UCS ドメインを展開します。
      ステップ 3   [Equipment] を展開し、次に [Chassis] を展開します。

      [Chassis] の下にシャーシのリストが表示されます。

      ステップ 4   シャーシを選択します。

      シャーシのブレード サーバのリストが、左側のペインのシャーシの下に表示されます。 ウィンドウの右側のペインにはブレード サーバのリストが表示されます。

      ステップ 5   詳細を表示するブレードを選択します。

      ブレードのプロパティがウィンドウの右側のペインに表示されます。 次のサーバ情報が表示されます。

      名前 説明

      [General] タブ:

       

      Fault summary

      障害の重大度に基づいて分類された障害数が表示されます。 このセクションの重大度の障害アイコンをクリックして、障害の詳細を表示することができます。

      Properties

      シャーシ ID、UUID、シリアル番号、関連付けられたサービス プロファイルなどのサーバのプロパティが表示されます。 サービス プロファイルがブレードに関連付けられている場合は、サービス プロファイルの場所へのリンクがあります。 リンクをクリックすると、関連付けられたサービス プロファイルのプロパティを表示します。

      Status

      サーバの状態を示します。

      [Actions] 領域:

       

      Set Desired Power State

      サービス プロファイルの電源状態を設定するオプションを提供します。

      KVM Console

      KVM コンソールの起動を有効にします。

      Rename Service Profile

      サービス プロファイル名の変更を有効にします。

      Associate Service Profiles

      サービス プロファイルのサーバへの関連付けを有効にします。

      Turn On Locator LED

      現在の状態に応じたロケータ LED のオン/オフを有効にします。

      Disassociate Service Profile

      サービス プロファイルのサーバからの関連解除を有効にします。

      [Firmware] タブ

      BIOS、CIMC、アダプタ、ストレージ デバイスの部品 ID およびファームウェア バージョンなどのファームウェアの詳細を提供します。 サーバのファームウェアの詳細に何らかの変更がある場合は、これらの変更が反映されます。

      [Faults] タブ

      プロパティ、重大度、障害コードおよび ID、説明、影響を受けるオブジェクトなどのサーバ固有の障害の詳細を表示します。 重大度に基づいて障害をフィルタリングするオプションと、[Actions] 領域に UCS の障害を知らせるオプションを提供します。


      UCS ラックマウント サーバの詳細の表示

      アドインを使用して、ホストが実行されているサーバのプロパティ、障害情報、ファームウェアの詳細などの詳細を表示することができます。 以下は、サーバの詳細情報を表示する手順です。

      手順
        ステップ 1   ツールバーで [Cisco UCS] をクリックします。
        ステップ 2   [UCS Domains] ノードで、UCS ドメインを展開します。
        ステップ 3   [Equipment] を展開し、次に [Rack-Mounts] を展開します。

        [Rack-Mounts] の下に登録した UCS ラックマウント サーバのリストが表示されます。

        ステップ 4   詳細を表示するサーバを選択します。

        ラックマウント サーバのプロパティが、ウィンドウの右側のペインに表示されます。 次のサーバ情報が表示されます。

        名前 説明

        [General] タブ:

         

        Fault summary

        障害の重大度に基づいて分類された障害数が表示されます。 このセクションの重大度の障害アイコンをクリックして、障害の詳細を表示することができます。

        Properties

        サーバ ID、UUID、シリアル番号、関連付けられたサービス プロファイルなどのサーバのプロパティが表示されます。 サービス プロファイルがサーバに関連付けられている場合は、サービス プロファイルの場所へのリンクがあります。 リンクをクリックすると、関連付けられたサービス プロファイルのプロパティを表示します。

        Status

        サーバの状態を示します。

        [Actions] 領域:

         

        Set Desired Power State

        サービス プロファイルの電源状態を設定するオプションを提供します。

        KVM Console

        KVM コンソールの起動を有効にします。

        Rename Service Profile

        サービス プロファイル名の変更を有効にします。

        Associate Service Profiles

        サービス プロファイルのサーバへの関連付けを有効にします。

        Turn On Locator LED

        現在の状態に応じたロケータ LED のオン/オフを有効にします。

        Disassociate Service Profile

        サービス プロファイルのサーバからの関連解除を有効にします。

        [Firmware] タブ

        BIOS、CIMC、アダプタ、ストレージ デバイスの部品 ID およびファームウェア バージョンなどのファームウェアの詳細を提供します。 サーバのファームウェアの詳細に何らかの変更がある場合は、これらの変更が反映されます。

        [Faults] タブ

        プロパティ、重大度、障害コードおよび ID、説明、影響を受けるオブジェクトなどのサーバ固有の障害の詳細を表示します。 重大度に基づいて障害をフィルタリングするオプションと、[Actions] 領域に UCS の障害を知らせるオプションを提供します。


        サービス プロファイルの詳細の表示

        アドインを使用して、プロパティ、障害情報などのサービス プロファイルの詳細を表示することができます。 以下は、サービス プロファイルの詳細を表示する手順です。

        手順
          ステップ 1   ツールバーで [Cisco UCS] をクリックします。
          ステップ 2   [UCS Domains] ノードで、UCS ドメインを展開します。
          ステップ 3   [Orgs] を展開し、次に [root] を展開します。
          ステップ 4   [Service Profiles] を選択します。

          サービス プロファイルのリストと関連情報がウィンドウの右側のペインに表示されます。 サーバの列には、サービス プロファイルと関連付けられているサーバへのリンクがリストされます。 リンクをクリックしてサーバの詳細を表示します。

          ステップ 5   選択したサービス プロファイルをクリックして詳細を表示します。

          サービス プロファイルの詳細がウィンドウの右側のペインに表示されます。 次のサービス プロファイル情報が表示されます。

          名前 説明

          [General] タブ:

           

          Fault summary

          障害数および障害の重大度を表示します。

          Properties

          名前、関連付けられたサーバ、使用されたサービス プロファイル テンプレートなどのサービス プロファイルのプロパティを表示します。

          Status

          サービス プロファイルの状態を示します。

          [Actions] 領域:

           

          Set Desired Power State

          サーバの電源状態を設定するオプションを提供します。

          KVM Console

          KVM コンソールの起動を有効にします。

          Rename Service Profile

          サービス プロファイル名の変更を有効にします。

          Create a Clone

          サービス プロファイル属性を継承することによるサービス プロファイルのクローン作成を有効にします。

          Disassociate Service Profile

          サービス プロファイルのサーバからの関連解除を有効にします。


          サービス プロファイル テンプレートの詳細の表示

          アドインを使用して、プロパティおよび障害情報などのサービス プロファイル テンプレートの詳細を表示できます。 以下は、サービス プロファイル テンプレートの詳細を表示する手順です。

          手順
            ステップ 1   ツールバーで [Cisco UCS] をクリックします。
            ステップ 2   [UCS Domains] ノードで、UCS ドメインを展開します。
            ステップ 3   [Orgs] を展開し、次に [root] を展開します。
            ステップ 4   [Service Profile Templates] を展開して、詳細を表示するサービス プロファイル テンプレートを選択します。

            ウィンドウの右側のペインに、次のサービス プロファイル テンプレート情報が表示されます。

            名前 説明

            [General] タブ:

             

            Properties

            名前、タイプなどのサービス プロファイル テンプレートのプロパティを表示します。

            [Actions] 領域:

             

            Create Service Profile From Templates

            サービス プロファイルを作成するテンプレートの使用を有効にします。

            Create a Clone

            テンプレート属性を継承することによるサービス プロファイル テンプレートのクローンの作成を有効にします。