Cisco UCS C シリーズ管理パック ユーザ ガイド リリース 1.0.1 Microsoft System Center 2012、2012 SP1、および 2012 R2 の Operations Manager 向け
Cisco UCS C シリーズ管理サービスのインストールと設定
Cisco UCS C シリーズ管理サービスのインストールと設定
発行日;2014/01/07 | 英語版ドキュメント(2013/10/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco UCS C シリーズ管理サービスのインストールと設定

管理パックのインストール

複数のサーバへの Cisco UCS C シリーズ管理サービスのインストール

ファイアウォールの例外の追加

C シリーズ ラック サーバのグループの作成

管理者アカウントの作成

プロファイルへのアカウントの関連付け

プロファイルのアンインストール

管理パックのアンインストール

追加コンポーネントのアンインストール

コントロール パネルを使用した、コンポーネントの手動アンインストール

Cisco UCS C シリーズ管理パック インストーラを使用した、コンポーネントのアンインストール

管理パックのインストール


ステップ 1 Cisco UCS C シリーズ管理パック インストーラを起動します。


Operations Manager コンソールが開いているときにインストーラを起動すると、対応するエラー メッセージが表示され、コンソールを終了するように求められます。


ステップ 2 [Setup Wizard] ページで [Next] をクリックします。

ステップ 3 [License Agreement] ページで、次の手順を実行します。

a. エンド ユーザ ライセンス契約書を確認します。

b. [I accept the terms in the License Agreement] オプション ボタンをクリックします。

c. [Next] をクリックします。

ステップ 4 [Product Registration] ページで、次の手順を実行します。

a. [Username] フィールドに自分のユーザ名を入力します。

b. (任意)[Organization] フィールドに、会社名を入力します。

c. [Next] をクリックします。

ステップ 5 [Setup Type] ページで、次のオプションの 1 つを選択し、[Next] をクリックします。

[Custom]:このオプションを選択すると、インストールするコンポーネントを選択できます。このオプションを完了した後は、ステップ 6 に進みます。

[Complete]:このオプションを選択すると、Cisco UCS C シリーズ管理パックのすべてのコンポーネントをインストールできます。このオプションを完了した後は、ステップ 7 に進みます。

ステップ 6 [Features to Install] ページで、表示されるオプションから、必要なコンポーネントを選択します。表示されるオプションは、次のとおりです。

[Cisco C-Series Management Pack]:管理パックと関連コンポーネントが含まれます。

[Cisco UCS C-Series Management Service]:SCOM とラック サーバ間のブリッジとなります。このプロキシ エージェントは、ラック サーバに接続し、管理パックにラック サーバ データを提供します。


管理グループ内のどの管理サーバにも、Cisco UCS C シリーズ管理パックをインポートできます。



) Cisco UCS C シリーズ管理サービスは、[Cisco UCS C-Series Management Pack] オプションを選択した場合にだけインストールできます。



) 他の管理サーバ上に Cisco UCS C シリーズ管理サービスをインストールするには、Cisco UCS C シリーズ管理パックを管理グループにインポートする必要があります。


ステップ 7 [Select Installation Folder] ページで [Browse] をクリックして、Cisco UCS C シリーズ管理パックをインストールするフォルダの場所を参照してください。

ステップ 8 [Next] をクリックします。

ステップ 9 [Install(インストール)] をクリックして、インストールを開始します。

ステップ 10 [Installation Complete] ページで [Finish] をクリックして終了します。


 

複数のサーバへの Cisco UCS C シリーズ管理サービスのインストール


ステップ 1 Cisco UCS C シリーズ管理パック インストーラを起動します。

ステップ 2 [Setup Wizard] ページで [Next] をクリックします。

ステップ 3 [License Agreement] ページで、次の手順を実行します。

a. エンド ユーザ ライセンス契約書を確認します。

b. [I accept the terms in the License Agreement] オプション ボタンをクリックします。

c. [Next] をクリックします。

ステップ 4 [Product Registration] ページで、次の手順を実行します。

a. [Username] フィールドに自分のユーザ名を入力します。

b. (任意)[Organization] フィールドに、会社名を入力します。

c. [Next] をクリックします。

ステップ 5 [Features to Install] ページで、[Install Cisco UCS C-Series Management Service] オプションを選択し、[Next] をクリックして続行します。


) 管理パックをインポートするオプションは、管理パックがすでにインストールされている場合は無効として表示されます。


ステップ 6 [Select Installation Folder] ページで、管理サービスをインストールする新しいフォルダの場所を参照します。

ステップ 7 [Install] をクリックして、インストールを開始します。

ステップ 8 [Installation Complete] ページで [Finish] をクリックして終了します。


 

ファイアウォールの例外の追加

正常に Cisco UCS C シリーズ管理パックをインストールしたら、Cisco UCS C シリーズ管理サービスのホストとなるすべての管理サーバのポート 8733 に対するファイアウォールの例外を追加する必要があります。


ステップ 1 Windows Firewall with Advanced Security を開きます。

ステップ 2 次のオプションを含む着信ルールを作成します。

[Rule Type]:ポート。

[Protocol and Ports]:TCP を選択し、特定のローカル ポートで 8733 を提供します。

[Action]:接続を許可します。

[Profile]:プライベートのドメインを選択します。

[Name]:ルール名を入力してください。

ステップ 3 次のオプションを含む発信ルールを作成します。

[Rule Type]:ポート。

[Protocol and Ports]:TCP を選択し、特定のローカル ポートで 8733 を提供します。

[Action]:接続を許可します。

[Profile]:プライベートのドメインを選択します。

[Name]:ルール名を入力してください。


 

C シリーズ ラック サーバのグループの作成


ステップ 1 SCOM アプリケーションのメニュー バーで、[Go] タブをクリックします。

ステップ 2 ドロップダウン リストから [Authoring] を選択します。

ステップ 3 [Authoring] カラムで、[Management Pack Templates] > [Cisco UCS C-Series] を選択します。

ステップ 4 [Tasks] ペインで [Add Monitoring Wizard] をクリックします。[Add Monitoring Wizard] ページが開きます。

ステップ 5 [Select Monitoring Type] ページで、モニタリングのタイプとして [UCisco UCS C-Series] を選択します。

ステップ 6 [Next] をクリックします。

ステップ 7 [General Information] ページで、次のように C シリーズ ラック サーバ検出ルールを定義します。

a. Discover by IP Combinations:IP アドレスの範囲(ハイフンを追加します)と、複数の IP アドレス(カンマで区切って)を指定します。

Example: 10.105.219.15-10.105.219.129,10.104.200.35,10.104.100.133,10.106.233.136-10.106.233.200

) このページには、254 個の IP アドレスを入力できます。


b. [Discover by IP Range]:先頭と末尾の IP アドレスを指定します。

c. [Discover via Subnet mask]:ネットワーク アドレスとサブネット マスクを指定します。

d. [Next] をクリックします。

ステップ 8 [Select Objects to Manage] ページで、実行する個々の IP アドレスを選択解除にします。

ステップ 9 [Next] をクリックします。

ステップ 10 [Select Configuration Mode] ページで、次の項目を確認します(必要な場合は変更します)。

a. 接続パラメータ:ポート番号と接続モード

b. プロキシ サーバの詳細

c. サービス マシン

d. [Next] をクリックします。

ステップ 11 [Group Name] ページで、Cisco UCS C シリーズ ラック サーバのグループの名前を指定します。

ステップ 12 (任意)[Description] フィールドに、グループの説明を入力します。

ステップ 13 [Next] をクリックします。


) [Management Pack] セクションで、[Use existing management pack] または [create new] チェックボックスをオンにして、現在の Cisco UCS C シリーズ グループを別の管理パックに保存します。



) [Override] を作成している場合、リストに表示される最初の管理パックは [Default Management Pack] です。[Default Management Pack] には、何も保存しないでください。


ステップ 14 概要ページに表示されるプロパティを確認し、[Create] をクリックします。


 


) Cisco UCS C シリーズ ラック サーバ グループのモニタリングを有効にするには、[Run As Profile](この管理パックで作成した)を [Run As Account] に関連付けます。詳細については、「プロファイルへのアカウントの関連付け」を参照してください。


管理者アカウントの作成


ステップ 1 SCOM アプリケーションのメニュー バーで、[Go] タブをクリックします。

ステップ 2 ドロップダウン メニューから、[Administration] を選択します。

ステップ 3 [Administration] カラムで、[Run As Configuration] の下の [Accounts] をクリックします。

ステップ 4 [Tasks] ペインで、[Create Run As Account] をクリックします。[Create Run as Account Wizard] ページが開きます。

ステップ 5 [Introduction] ページで [Next] をクリックします。

ステップ 6 [General Properties] ページで、次の手順を実行します。

a. [Run as Account Type] ドロップダウン リストから [Simple Authentication] を選択します。

b. [Display Name] フィールドに Run As account の名前を入力します。

c. [Description] フィールドに、アカウントの説明を入力します。

d. [Next] をクリックします。

ステップ 7 [Credentials] ページで、次の手順を実行します。

a. [Account Name] フィールドに、Cisco UCS C シリーズ ドメインへのログインに使用できるアカウントを入力します。


) Cisco UCS C シリーズ ラック サーバがドメイン認証を行うように設定されている場合は、username@domainname という形式でユーザ名を入力してください。



) Cisco UCS C シリーズ管理パックから C シリーズ サーバの検出およびモニタリングを行うには、読み取り専用権限を持つ CIMC アカウントで十分です。


b. [Password] フィールドに、このアカウントのパスワードを入力します。

c. [Confirm Password] フィールドに、パスワードを再度入力します。

d. [Next] をクリックします。


) Operations Manager は、[Run as Accounts] を使用して、Cisco UCS C シリーズ ラック サーバとの接続を確立します。


ステップ 8 [Distribution Security] ページで、次の手順を実行します。

a. [Select a Distribution Security Option] フィールドで、[Less Secure] オプション ボタンをクリックします。


注意 Cisco UCS C シリーズ ラック サーバには、Windows オペレーティング システムが搭載されていません。したがって、[Less Secure] オプションの使用を推奨します。[More Secure] オプションは、Windows オペレーティング システムを搭載したデバイスまたはコンピュータに適用されるためです。

b. [Create] をクリックします。

ステップ 9 [Completion] ページで [Close] をクリックして、[Create Run as Account Wizard] ページを終了します。


 

プロファイルへのアカウントの関連付け


ステップ 1 SCOM アプリケーションのメニュー バーで、[Go] タブをクリックします。

ステップ 2 ドロップダウン リストから [Administration] を選択します。

ステップ 3 [Administration] カラムで、[Run As Configuration] の下の [Profiles] をクリックします。

ステップ 4 プロファイルのリストから、[Run As Account] と関連付けるプロファイルを右クリックし、[Properties] を選択します。[Run As Profile Wizard] ページが起動します。

ステップ 5 [Introduction] ページで [Run As Accounts] をクリックします。

ステップ 6 [Run As Accounts] ページで [Add] をクリックします。[Add a Run As Account] ページが開きます。

ステップ 7 [Add a Run As Account] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

a. [Run As Account] ドロップダウン リストから、プロファイルに関連付ける [Run As Account] を選択します。

b. この [Run As Account] を使用して、オブジェクトのフィールドを管理します。次のオプション ボタンの 1 つをクリックして、オブジェクトのフィールドを定義します。

[All Targeted Objects]:Cisco UCS C シリーズ ドメインを初めてモニタしている場合は、このオプションを選択します。

[A Selected Class, Group, or Object]:Cisco UCS C シリーズ ドメインが以前にモニタされており、目的のオブジェクトが分かっている場合は、このオプションを選択します。

c. [OK] をクリックします。[Add a Run As Account] ページが閉じます。

ステップ 8 [Run As Accounts] ページで [Save] をクリックします。

ステップ 9 [Completion] ページで [Close] をクリックして、[Run As Profile Wizard] ページを終了します。


 

プロファイルのアンインストール


ステップ 1 SCOM アプリケーションのメニュー バーで、[Go] タブをクリックします。

ステップ 2 ドロップダウン リストから [Administration] を選択します。

ステップ 3 [Administration] カラムで、[Run As Configuration] の下の [Profiles] をクリックします。

ステップ 4 プロファイルを選択し、[Properties] を右クリックします。[Run As Profile Wizard] ページが起動します。

ステップ 5 [Introduction] ページで [Next] をクリックします。

ステップ 6 [General Properties] ページで [Next] をクリックします。

ステップ 7 [Run as Accounts] ページでアカウントを選択し、[Remove] をクリックします。

ステップ 8 [Save] をクリックします。

ステップ 9 [Completion] ページで [Close] をクリックして、[Run As Profile Wizard] ページを終了します。


) 手順を繰り返して、管理パックに関連付けられたすべてのプロファイルを削除してください。



 

管理パックのアンインストール


ステップ 1 SCOM アプリケーションのメニュー バーで、[Go] タブをクリックします。

ステップ 2 ドロップダウン リストから [Administration] を選択します。

ステップ 3 [Administration] カラムで [Management Packs] をクリックします。管理パックのリストが、右側のパネルに表示されます。

ステップ 4 [Cisco UCS C-Series Management Pack] を選択し、[Properties] を右クリックします。

ステップ 5 [Cisco UCS C-Series Management Pack - General Properties] ページで [Dependencies] タブをクリックし、[Management Packs that depend on this Management Pack] フィールドが空白であることを確認します。


) [Dependencies] タブに、依存する管理パックが表示されている場合は、個別に削除する必要があります。


ステップ 6 [Cancel] をクリックします。

ステップ 7 [SCOM Operations Manager] ページで管理パックを選択し、[Delete] をクリックします。


 

追加コンポーネントのアンインストール

管理パックを削除した後は、このセクションで説明されている方法のいずれかに従って、管理パックの他のコンポーネントをアンインストールできます。

コントロール パネルを使用した、コンポーネントの手動アンインストール


ステップ 1 [Start] > [Control Panel] > [Program and Features] を選択します。[Program and Features] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 プログラムの一覧から [Cisco UCS C-Series Management Pack] を選択し、[Remove] ボタンをクリックします。


 

Cisco UCS C シリーズ管理パック インストーラを使用した、コンポーネントのアンインストール


ステップ 1 インストーラを再度実行して、 Cisco UCS C シリーズ管理サービス を削除します。

ステップ 2 [Cisco UCS C-Series Management Pack Setup] ウィザードで [Next] をクリックします。

ステップ 3 [Maintenance] ページで [Remove] をクリックします。

ステップ 4 [Ready to Remove] ページで [Remove] をクリックして、サービスを完全に削除します。


 


) アンインストールの手順で管理パックを削除できない場合でも、インストーラは、残りのコンポーネントの削除を続行します。その後、ユーザが、SCOM のコンソールから管理パックを手動で削除する必要があります。