Cisco UCS Invicta C3124SA アプライアンス管理および構成ガイド
アレイの構成
アレイの構成
発行日;2015/04/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

アレイの構成

ネットワーク設定

新しいボンドの作成

デフォルト ゲートウェイ

DNS ネームサーバ

スタティック ルート

ボンドの編集

ボンドの削除

ボンドの有効化/無効化

ファイバ チャネル インターフェイスの有効化/無効化

仮想インターフェイスの作成

VLAN の作成

デバイスの設定

パフォーマンスの確認

ホストの設定

ストレージの割り当て

物理的領域(データ削減)

ストレージの動向(データ削減)

物理的な領域のアラート

iSCSI 設定

イニシエータの IP アドレス可用性の変更

エラー訂正

サポートの設定

構成の設定

システム更新

アラート管理

アドレスのアラート

アレイの構成

ここでは、Cisco UCS Invicta C3124SA アプライアンスの構成に関するトピックを扱います。

「ネットワーク設定」

「デフォルト ゲートウェイ」

「ホストの設定」

「ストレージの割り当て」

ネットワーク設定


注意 ネットワーク設定を変更すると、C3124SA アプライアンスへの接続が短時間中断されます。このウィンドウの設定を変更する場合は、十分な注意を払ってください。

[Network Settings] メニュー ウィンドウには、イーサネットのボンド ステータス テーブルが表示されます。これは、このアレイで現在利用可能なすべてのボンドが一覧表示された、並べ替えが可能なリストです。また、並べ替えが可能なファイバ チャネル インターフェイスのリストも表示されます。インターフェイスを右クリックすると、たとえば [Enable] や [Disable] などのメニュー オプションが表示されます

このウィンドウの上部のボタンをクリックすると、新しいネットワーク インターフェイス ボンドの作成、デフォルト ゲートウェイの設定、DNS サーバの設定、スタティック ルートの設定を行うことができます。

ここでは、ボンドを作成、編集、および削除する方法と、利用可能なボンディング モードについて説明します。


注意 Bond0 は削除しないでください。Bond0 を変更すると、アレイ接続を切断する可能性があります。

新しいボンドの作成

新しいボンドを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Setting] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Create Bond] をクリックします。

[Create New Bond] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 各フィールドに入力します。

IP Address:検証済みの場合はチェック マークが表示されます

Subnet Mask:検証済みの場合は、チェック マークが表示されます

MTU


) ほとんどの実装では、MTU は <1500> です。ただし、このボンドへの割り当てにジャンボ フレームが必要な場合は <9000> を使用します。


Onboot:Yes/No.このボンドが起動プロセス中にオンラインになる場合は、OS に通知します。

Mode:ドロップダウン リストから動作モードを選択します。(利用可能なモードの説明については、「利用可能なボンディング モードの表 3.0 を参照してください。

ステップ 4 すべての設定を入力して [Create Bond] をクリックするか、[Network Settings] ウィンドウに戻るには [Cancel] をクリックします。

利用可能なボンディング モード

表 3.1 に、Web インターフェイスから設定可能なボンディング モードについて説明します。

ボンディング モード

モード名
説明
その他の情報

mode=0

(balance-rr)

ラウンド ロビン ポリシー:最初の利用可能なスレーブから最後まで、パケットを順次送信します。このモードは、ロード バランシングと耐障害性を提供します。

mode=1 (active-backup)

アクティブ バックアップ ポリシー:ボンド内の 1 個のスレーブだけアクティブになります。ほかのスレーブは、アクティブなスレーブに障害が発生した場合にだけアクティブになります。ボンドの MAC アドレスは、1 つのポート(ネットワーク アダプタ)のみで外部に表示され、スイッチの混同を避けます。このモードは、耐障害性を提供します。

mode=4

802.3ad

リンク集約制御プロトコル(LACP)

IEEE 802.3ad 動的リンク集約が同じ速度とデュプレックスの設定を共有する集約グループを作成します。これは、802.3ad 仕様に従ってアクティブなアグリゲータのすべてのスレーブを使用します。ほとんどのスイッチには、802.3ad モードを有効化するためのある種の構成が必要です。

前提条件:

各スレーブの速度およびデュプレックスを取得するためのベース ドライバの ethtool のサポート。

IEEE 802.3ad 動的リンク集約をサポートするスイッチ。

mode=6

(balance-alb) [シスコのアレイ上のデフォルト設定]

適応型ロード バランシング:balance-tlb を含み、IPV4 トラフィックのロード バランシング (rlb) を受け取り、特殊なスイッチ サポートを必要としません。

ALB (mode 6) がデフォルトのモードです。

デフォルト ゲートウェイ

デフォルト ゲートウェイは、別のネットワークにローカル ネットワークを接続するデバイスです。

デフォルト ゲートウェイを更新するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Setting] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Default Gateway] をクリックします。

[Update Default Gateway] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 ゲートウェイの IP アドレスを入力します。

有効なゲートウェイの場合はチェック マークが表示されます。

ステップ 4 [Save Gateway] をクリックするか、[Network Settings] ウィンドウに戻るには [Cancel] をクリックします。


 

DNS ネームサーバ

ドメイン ネーム サーバ DNS サーバの最も重要な機能は、人間が覚えられるドメイン名およびホスト名を対応する数字のインターネット プロトコル(IP)アドレスに変換(解決)することです。

ネーム サーバを編集するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Setting] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [DNS Nameservers] をクリックします。

[Edit DNS Nameservers] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 DNS ネーム サーバの IP アドレスを入力します。

ステップ 4 [Save DNS] をクリックするか、[Network Settings] ウィンドウに戻るには [Cancel] をクリックします。


 

スタティック ルート

スタティック ルートは固定パスで(静的に)記述されるデータ ネットワークを通過するルートです。スタティック ルートを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Setting] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Static Routes] をクリックします。

[Static Routes] ウィンドウが表示されます。


 

スタティック ルートの追加

アクティブなボンドに新しいスタティック ルートを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Setting] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Static Routes] > [Add Static Route] をクリックします。

[Create New Static Route] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 各フィールドに入力します。

ネットワーク

Mask

Gateway:検証済みの場合は、チェックマークが表示されます。

ステップ 4 [Active Devices] ドロップダウン リストから選択します。

ステップ 5 [Create] をクリックするか、[Static Routes] テーブルに戻るには [Cancel] をクリックします。


 

ボンドの編集

ボンドを編集するには、次の手順を実行します。


注意 Bond0 を変更すると、アレイ接続を切断する可能性があります。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Setting] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Ethernet Bond Status] リストのボンドにマウスを合わせて強調表示し、右クリックします。

右クリック メニューが表示されます。

ステップ 3 [Edit Bond] を選択します。

[Edit Settings] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 ボンド情報を更新します(ボンド モードについては、表 3.0 を参照してください)。(リンクを挿入)

ステップ 5 [Save Bond] をクリックして編集を保存するか、[Network Settings] ウィンドウに戻るには [Cancel] をクリックします。


 

ボンドの削除

ボンドを削除するには、次の手順を実行します。


注意 Bond0 を削除するオプションは、アレイ接続を切断する可能性があるため、阻止されています。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Settings] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Ethernet Bond Status] リストのボンドにマウスを合わせて強調表示し、右クリックします。

右クリック メニューが表示されます。

ステップ 3 [Delete Bond] を選択します。

[Delete Bond] 確認ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 [Delete Bond] を選択して削除するか、[Network Settings] ウィンドウに戻るには [Cancel] を選択します。


 

ボンドの有効化/無効化

既存のネットワーク インターフェイスの構成は、右クリック メニューを使用し、その初期状態に応じて有効化または無効化できます。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Settings] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Ethernet Bond Status] リストのボンドにマウスを合わせて強調表示し、右クリックします。

右クリック メニューが表示されます。

ステップ 3 [Enable /Disable Bond] を選択します。

たとえば [Disable Bond] の確認などの確認ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 [Enable/Disable Bond] または [Cancel] を選択し、[Network Settings] ウィンドウに戻ります。


 

ファイバ チャネル インターフェイスの有効化/無効化

FC インターフェイスを有効化または無効化するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Settings] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [FC Interface Status] リストのポートにマウスを合わせて強調表示し、右クリックします。

右クリック メニューが表示されます。

ステップ 3 [Enable/Disable] を選択します。

たとえば、[Set Offline] の確認などの確認ダイアロブ ボックスが表示されます。

ステップ 4 [Online/Offline] または [Cancel] を選択し、[Network Settings] ウィンドウに戻ります。


 

仮想インターフェイスの作成

仮想インターフェイスは、右クリック メニューの既存のネットワーク インターフェイス(NIC)ボンドから作成できます。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Settings] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Ethernet Bond Status] リストのボンドにマウスを合わせて強調表示し、右クリックします。

右クリック メニューが表示されます。

ステップ 3 [Create Virtual] を選択します。

[Create New Virtual] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 各フィールドに入力します。

IP Address:検証済みの場合はチェック マークが表示されます

Subnet Mask

MTU


) ほとんどの実装では、MTU は <1500> です。ただし、このボンドへの割り当てにジャンボ フレームが必要な場合は <9000> を使用します。


Onboot:Yes/No.このボンドが起動プロセス中のオンラインになる場合は、OS に通知します

ステップ 5 すべての設定を入力して [Create Virtual] をクリックするか、[Network Settings] ウィンドウに戻るには [Cancel] をクリックします。


 

VLAN の作成

VLAN では、ネットワーク管理者が異なるブロードキャスト ドメインに LAN を論理的にセグメント化できます。VLAN は、物理的に同じビルにいないユーザ、または同じビルにいるユーザも、同じ LAN に所属させることができます。

VLAN は、右クリック メニューで既存のボンドから作成できます。VLAN を作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Settings] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Ethernet Bond Status] リストのボンドにマウスを合わせて強調表示し、右クリックします。

右クリック メニューが表示されます。

ステップ 3 [Create VLAN] を選択します。

[Create New VLAN] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 各フィールドに入力します。

VLAN ID:標準 802.1Q で使用される VLAN の ID。

IP Address:検証済みの場合はチェック マークが表示されます

Subnet Mask

MTU


) ほとんどの実装では、MTU は <1500> です。ただし、このボンドへの割り当てにジャンボ フレームが必要な場合は <9000> を使用します。


Onboot:Yes/No.このボンドが起動プロセス中にオンラインになる場合は、OS に通知します。

ステップ 5 すべての設定を入力して [Create VLAN] をクリックするか、[Network Settings] ウィンドウに戻るには [Cancel] をクリックします。


 

デバイスの設定

[Configure Device] ウィンドウにボンドおよびその仮想ボンドのスレーブおよびボンディングされていないインターフェイス ステータスのリストと、[Network Settings] ウィンドウから選択した VLAN が表示されます。ボンド構成は、ドラッグ アンド ドロップ機能を使用して変更できます。


) ボンドの IP 構成に変更を加えると、現在のブラウザ セッションを終了させて新しいセッションを起動することが必要になる場合があります。Web インターフェイスにアクセスするには、更新されたネットワーク IP を [URL] フィールドに入力してください。


パフォーマンスの確認

ボンド パフォーマンスのステータスを表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Network Settings] を選択します。

[Network Settings] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Ethernet Bond Status] リストのボンドにマウスを合わせて強調表示し、右クリックします。

右クリック メニューが表示されます。

ステップ 3 [Check Performance] を選択します。

[Bond Performance Monitor] が表示されます。凡例定義が、 ボンド パフォーマンスの凡例 に表示されます。

表 3-1 ボンド パフォーマンスの凡例

パケット
定義

Rxpck

受信パケット数

Txpck

送信パケット数

RxkB

受信帯域幅(KB 単位)

TxkB

伝送帯域幅(KB 単位)

ステップ 4 グラフの上にマウスを合わせると、特定時点の情報が表示されます。


 

ホストの設定

ここでは、ホスト名の表示、ネットワーク リンクの選択、IQN の表示をするオプションについて説明します。

ホスト名または IQN を表示する、またはネットワーク リンクを選択するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Host Settings] を選択します。

[Host Settings] フォームが表示されます。

ステップ 2 デバイスに現在設定されているホスト名またはネットワーク リンクあるいは IQN を表示します。

ステップ 3 デバイスに構成されている別のネットワーク リンクを選択するには、ネットワーク リンクのドロップダウン リストを使用します。


 

ストレージの割り当て

ストレージの情報を表示します。右クリック メニューに LUN を作成するメニュー オプションがあります。データ削減機能を搭載したCisco UCS Invicta C3124SA アプライアンスでは、物理的なストレージ領域とストレージの動向も表示できます。

物理的領域(データ削減)

右クリック メニューから [Physical Space] オプションを選択すると、次の情報が表示されます。

合計サイズ

利用可能な空き領域

データ削減による節減


注意 システムが応答不能の状態になることがあるため、ストレージ容量まで LUN がいっぱいになるのを防ぎます。

ストレージの動向(データ削減)

ストレージ アレイが完全に飽和状態になる前に、ストレージの使用日数がどれだけ残っているのかを概算する予測ツールとして [Storage Trend] を使用します。動向は、ストレージの残存量について毎日キャプチャされたデータに基づいています。

高、中、低の確率による予測強度は、データ ポイントの数量と、回帰分析の検証に基づいています。十分なデータが収集されている場合は、[Storage Trend] のグラフは統計的に有効な回帰直線が描かれます(たとえば、30 日間のデータ ポイントにより、高強度の予測確率が得られます)。

データ ポイントが十分でない場合、あるいはデータ ポイントに一貫性がない場合でも動向計算が行われますが、統計的には脆弱であり、決定的なものではありません。データ ポイントに基づく計算が行えない場合は、このステータスを示すメッセージが表示されます。

物理的な領域のアラート

物理的な領域のステータスは、時間単位で監視されます。アラートは、 容量アラート に示す容量および頻度でトリガーされます。これらのメッセージは [Alert Admin] の [Array Configuration] メニューから表示できます。また、アラートは Autosupport と、[Support Settings] ウィンドウの [Autosupport CC] フィールドに指定された追加アドレスに送信されます。 アラートおよびアラートの抑制方法については、 アラート管理 を参照してください。

表 3-2 容量アラート

使用率
送信頻度

70

1 回

80

1 回

85

1 時間あたり 1 回

iSCSI 設定

[iSCSI] 画面には、イニシエータ(ホスト)が Invicta アプライアンスにアクセスできる IP アドレスが一覧表示されます。ウィンドウには 2 つの列が表示されます。

Allowed Portal:ホストが接続を許可された IP アドレスを一覧表示します。

Available Portal:セッションを開始するために使用できるホストの利用可能なすべての IP アドレスを一覧表示します。

イニシエータの IP アドレス可用性の変更


ステップ 1 [Array Configuration] > [iSCSI Settings] を選択します。

[iSCSI Information] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ドラッグ アンド ドロップ機能を使用して、イニシエータを [Available] 列から [Allowed Portal] の IP アドレスの列へ、またはその反対に移動します。


) [Allowed Portals] 列が空の場合は、アクセスに関する制約事項がなく、[Available] 列に示されたすべての IP を iSCSI 通信に使用できます。



 

エラー訂正

[Error Correction] ウィンドウでは、エラー訂正をオンまたはオフに切り替えできます。デフォルトはオフです。[Error Correction] がオンの場合にデータ ブロックが破損したり、アクセス不能になると、エラー訂正機能はパリティを使用してデータ ブロック コンテンツを再構築します。使用上のガイドラインは次のとおりです。

最大のデータ保護が必要な場合は、[Error Correction] は通常、オンになります。

最大のパフォーマンスが必要な場合は、[Error Correction] は通常、オフになります。これは、最大で 15 % の読み取りパフォーマンスに影響があるためです。

[Error Correction] スイッチにアクセスするには、[Node Configuration] > [Error Correction] を選択します。

サポートの設定

シスコのインストール チームは、SRR 通信および SNR から SSN への通信ができるように、UCS Invicta スケーリング アレイを構成します。SSR がネットワークに接続され、SSN に送信されるネットワーク データを制御するようになります。[Network Configuration] の設定は [Support Settings] ウィンドウに入力されています。

これらの設定は次のとおりです。

Host Name

SMTP Server

SMTP User

Autosupport CC

Send from Domain

Proxy URL/IP

Proxy Port

NTP Server

Time Zone

構成の設定

サポート設定を確認または変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Array Configuration] > [Support Settings] を選択します。

[Support Settings] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 必要に応じて、フィールドに情報を入力するか、情報を変更します。[Support Settings] フィールドの説明については、表 3-3 「[Support Settings] フィールド」 を参照してください。

表 3-3 [Support Settings] フィールド

フィールド
説明

Host Name

アレイに割り当てられている名前。

Simple Mail Transfer Protocol (SMTP)

サーバ SMTP アドレスを入力します。IP ネットワーク上の電子メールの送信に使用されます。これは、インターネット経由で Autosupport サーバへの接続がない場合に、シスコのアレイから直接送信される電子メールにのみ適用されます。

SMTP Username

SMTP ユーザはお客様のサーバから電子メールを送信するためのメール サービスが使用するユーザ名です。

ユーザ メール サーバはお客様の電子メールを処理するように設定する必要があります。

Autosupport CC Address

Autosupport メッセージのコピーが送信される内部カスタマー アドレスを入力します。

ファイアウォールでは、ポート 443 アウトバウンドにアクセスできるように設定する必要があります。

Send from Domain

インターネット経由で Autosupport サーバへの接続がない場合、電子メールがシスコのアレイから直接送信されている場合にのみ適用されます。

Proxy URL/IP

発信要求の送信にお客様が使用するプロキシ サーバ。

Proxy Port

発信要求の送信時に使用するポート番号。

Network Time Protocol (NTP) Server

NTP アドレスを入力します。ネットワーク上のコンピュータのクロックの時刻を同期させるために使用します。

Time Zone ドロップダウン リストから場所(および関連するタイム ゾーン)を選択します。

Time Zone

ドロップダウン リストから場所(および関連するタイム ゾーン)を選択します。

表 3.4 に、[Support Settings] ページで利用可能なボタンの機能を示します。

表 3-4 [Support Settings] ボタンの機能

ボタン
説明

Test Autosupport

定期的なスケジュールに入っていない Autosupport メッセージや、Autosupport リレー構成をテストする Autosupport メッセージを生成するトリガー。このテストには通常、収集されたデータが含まれます。

Post Service

サービス修復またはメンテナンス アクションが技術者によってシステム上で実行されると、[Post Service] ボタンを使用して、Autosupport サーバへの通信をトリガーします。

System Update

[System Update] はシステム管理者が更新を含む CSP ファイルを受け取った場合に使用します。

Uninstall Update

更新がインストールされた直後に [Uninstall Update] ボタンが表示され、以前にインストールした更新にロール バックするために使用します。

このボタンは、ユーザに更新をアンインストールする権限がある場合にのみ表示されます。

Shutdown

UCS Invicta アプライアンス- UCSW C3124SA をシャットダウンします。意図していないアクションを回避するために、シャットダウン コマンドを確認するダイアログボックスが表示されます。

Reboot

UCS Invicta アプライアンス- UCSW C3124SA をリブートします。意図していないアクションを回避するために、リブート コマンドを確認するダイアログボックスが表示されます。

システム更新

[System Update] をクリックすると、シスコが送信し、ローカルに保存されている可能性があるシステム更新ファイル(CSP)を選択するように管理者に求めるダイアログボックスが開きます。

このファイルをアップロードすると、UCS Invicta スケーリング アレイにシステム更新をロードします。システムによってファイルが認証されると、残りの更新処理の実行を要求するメッセージが管理者に表示されます。


) 必ずリリース ノートおよび手順を読んで確認してください。これを行わないと、更新が開始されません。



注意 アップグレード プロセス中にエラーや問題が発生した場合は、更新をアンインストールする前にサポートにお問い合わせください。この操作により、データ整合性やパフォーマンスの問題が生じる可能性があります。
お客様がインストールしたアップグレードのみがアンインストールされることがあります。

アラート管理

[Alert Admin] メニューには、定期的なシステム チェック時に送信されたアクティブなアラートが一覧表示されます。アラート エンティティには、簡単な ID、最終送信日時、およびステータス情報が含まれています。

[Alert Admin] ウィンドウにアクセスするには、次の手順を実行します。

[Home] ウィンドウのアラートをクリックします。

[Array Configuration] > [Alert Admin] を選択します。

[Alert Admin] ウィンドウが表示されます。

アドレスのアラート

アラートに対応するには:


ステップ 1 [Alert Admin] ウィンドウから次のいずれかを実行します。

一意のアラートにマウスを合わせます。

チェックボックスを使用して 1 つ以上のアラートを選択します。

ステップ 2 マウスを右クリックします。

[Suppress] オプションと [Resolved] オプションがある右クリック メニューが表示されます(表 3.5 を参照)。

ステップ 3 [Suppress] または [Resolved] を選択します。

表 3-5 アラート管理のアクション

アクション
説明

Suppress

アラート ステータスを [Active] から [Suppressed] に変更します。後続の定期的なシステム チェック中にアラートが再送信されることはありません。

Resolved

アクティブ リストから選択したアラートを削除します。ただし、これらのアラートの原因となった問題を解決するまで、同じアラートが後続のシステム チェック中に繰り返される場合は、アクティブ リストに繰り返し表示されます。