Cisco UCS E シリーズ サーバ スタートアップ ガイド リリース 1.0(2) - Cisco ISR 4451-X へのインストール
設定上の違い
設定上の違い

設定上の違い

この章は、次の項で構成されています。

ISR G2 と Cisco ISR 4451-X のルータ設定の違い

次の表に、ISR G2 設定と Cisco ISR 4451-X設定の主な違いを例示します。

表 1  ISR G2 と Cisco ISR 4451-X のルータ設定の違い

Cisco ISR G2 設定

Cisco ISR 4451-X の設定

interface GigabitEthernet0/0
 ip address 10.0.0.1 255.0.0.0

interface ucse 1/0
 ip unnumbered GigabitEthernet0/0
 imc ip address 10.0.0.2 255.0.0.0 default-gateway 10.0.0.1
 imc access-port shared-lom console


interface ucse1/1
 switchport mode trunk

ip route 10.0.0.2 255.255.255.255 ucse1/0
interface GigabitEthernet 0/0/0
 ip address 10.0.0.1 255.0.0.0

ucse subslot 1/0
 imc access-port ge0
 imc ip address 10.0.0.2 255.0.0.0 default-gateway 10.0.0.1 

interface ucse1/0/0
 ip unnumbered GigabitEthernet0/0/0
 no negotiation auto
 switchport mode trunk

ip route 10.0.0.2 255.255.255.255 ucse1/0/0

次の違いに留意してください。

  • Cisco ISR 4451-Xでは、interface ucse slot/port コマンドは、ucse subslot slot/port コマンドと interface ucse slot/port/subport コマンドに置き換えられています。

  • Cisco ISR 4451-X(Cisco IOS XE Release 3.9S 搭載)では、imc access-port shared-lom コマンドは imc access-port に置き換えられています。

  • ISR G2 では、専用インターフェイスまたはいずれかのマザーボード(共有 LOM)インターフェイス上の共有ローカル エリア ネットワークを使用して、CIMC アクセスを設定できます。

    Cisco ISR 4451-Xでは、管理インターフェイスまたはいずれかの NIC インターフェイスを使用して CIMC アクセスを設定できます。 CIMC アクセスの設定を参照してください。

    上記の例では、コマンドは、E シリーズ サーバの内部 GE0 NIC インターフェイスによる CIMC アクセスを設定します。

    • imc access-port:CIMC アクセス ポートの設定。

    • ge0E シリーズ サーバの内部 GE0 NIC インターフェイス。

サーバへのセッションを実行するコマンドも変わりました。

  • ISR G2 では、ucse slot session {imc | host} コマンドを使用して、サーバに対するセッションを実行します。

  • Cisco ISR 4451-Xでは、hw-module subslot slot/0 session {imc | server} コマンドを使用して、サーバに対するセッションを実行します。