Cisco UCS E シリーズ サーバ Integrated Management Controller の CLI 設定ガイド リリース 2.x
ログの表示
ログの表示

ログの表示

この章は、次の内容で構成されています。

CIMC ログ

CIMC ログの表示

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1Server# scope cimc  

    CIMC コマンド モードを開始します。

     
    ステップ 2Server /cimc # scope log  

    CIMC ログ コマンド モードを開始します。

     
    ステップ 3Server /cimc/log # show entries [detail]  

    CIMC イベントをタイムスタンプ、イベントを記録したソフトウェア モジュール、およびイベントの説明とともに表示します。

     

    次に、CIMC イベントのログを表示する例を示します。

    Server# scope cimc
    Server /cimc # scope log
    Server /cimc/log # show entries
    Time                Source           Description                              
    ------------------- ---------------- ---------------------------------------- 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:306:I2c Controller-4 DAT is stuck-low, issuing One Clock Pulse. 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:301:I2c Controller-4 Loop:[0]. 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     " <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:422: Controller-4 has a stuck bus, attempting to clear it now... " 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     " <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:402: Controller-4 Initiating I2c recovery sequence. " 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:IPMI:480     last message repeated 22 times           
    1970 Jan 4 18:55:28 BMC:IPMI:480     "  mcddI2CDrv.c:850:PI2CWriteRead: ioctl to driver failed to read Bus[f4].Dev[5e]! ErrorStatus[77] " 
    1970 Jan 4 18:55:33 BMC:IPMI:486     last message repeated 17 times           
    1970 Jan 4 18:55:28 BMC:IPMI:486     "  mcddI2CDrv.c:850:PI2CWriteRead: ioctl to driver failed to read Bus[f4].Dev[b0]! ErrorStatus[77] " 
    1970 Jan 4 18:55:31 BMC:IPMI:486     last message repeated 17 times           
    1970 Jan 4 18:55:26 BMC:IPMI:486     "  mcddI2CDrv.c:850:PI2CWriteRead: ioctl to driver failed to read Bus[f4].Dev[b2]! ErrorStatus[77] " 
    1970 Jan 4 18:55:26 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:306:I2c Controller-4 DAT is stuck-low, issuing One Clock Pulse. 
    1970 Jan 4 18:55:26 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:301:I2c Controller-4 Loop:[8]. 
    --More--
           
    

    CIMC ログのクリア

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1Server# scope cimc  

      CIMC コマンド モードを開始します。

       
      ステップ 2Server /cimc # scope log  

      CIMC ログ コマンド モードを開始します。

       
      ステップ 3Server /cimc/log # clear  

      CIMC ログをクリアします。

       

      次に、CIMC イベントのログをクリアする例を示します。

      Server# scope cimc
      Server /cimc # scope log
      Server /cimc/log # clear
             
      

      CIMC ログしきい値の設定

      CIMC ログに含まれるメッセージの最低レベルを指定できます。

      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1Server# scope cimc  

        CIMC コマンド モードを開始します。

         
        ステップ 2Server /cimc # scope log  

        CIMC ログ コマンド モードを開始します。

         
        ステップ 3Server /cimc/log # set local-syslog-severity level  

        重大度の level には、次のいずれかを指定できます。順に重大度が下がります。

        • emergency
        • alert
        • critical
        • error
        • warning
        • notice
        • informational
        • debug
        (注)     

        CIMC では、選択した重大度よりも低い重大度のメッセージはログに記録されません。 たとえば、error を選択した場合、CIMC ログには重大度が Emergency、Alert、Critical、または Error のすべてのメッセージが含まれます。 Warning、Notice、Informational、または Debug のメッセージは表示されません。

         
        ステップ 4Server /cimc/log # commit  

        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

         
        ステップ 5Server /cimc/log # show local-syslog-severity  (任意)

        設定された重大度レベルを表示します。

         

        次に、最小重大度を警告として、メッセージのロギングを設定する例を示します。

        Server# scope cimc
        Server /cimc # scope log
        Server /cimc/log # set local-syslog-severity warning
        Server /cimc/log *# commit
        Server /cimc/log # show local-syslog-severity
            Local Syslog Severity: warning
        
        Server /cimc/log #
        

        リモート サーバへの CIMC ログの送信

        1 台または 2 台のリモート syslog サーバが CIMC ログ エントリを受信するように、プロファイルを設定できます。

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1Server# scope cimc  

          CIMC コマンド モードを開始します。

           
          ステップ 2Server /cimc # scope log  

          CIMC ログ コマンド モードを開始します。

           
          ステップ 3Server /cimc/log # scope server {1 | 2}  

          2 つのリモート syslog サーバ プロファイルのうち 1 つを選択し、プロファイルを設定するコマンド モードを開始します。

           
          ステップ 4Server /cimc/log/server # set server-ip ip-address  

          リモート syslog サーバの IP アドレスを指定します。

           
          ステップ 5Server /cimc/log/server # set enabled {yes | no}  

          この syslog サーバへの CIMC ログ エントリの送信をイネーブルにします。

           
          ステップ 6Server /cimc/log/server # commit  

          トランザクションをシステムの設定にコミットします。

           

          次に、リモート syslog サーバ プロファイルを設定し、CIMC ログ エントリの送信をイネーブルにする例を示します。

          Server# scope cimc
          Server /cimc # scope log
          Server /cimc/log # scope server 2
          Server /cimc/log/server # set server-ip 192.0.2.34
          Server /cimc/log/server *# set enabled yes
          Server /cimc/log/server *# commit
          Server /cimc/log/server #
          

          System Event Log

          システム イベント ログの表示

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1Server# scope sel  

            システム イベント ログ(SEL)コマンド モードを開始します。

             
            ステップ 2Server /sel # show entries detail  

            システム イベントについて、タイムスタンプ、イベントの重大度、およびイベントの説明を表示します。 detail キーワードを指定すると、表形式ではなくリスト形式で情報が表示されます。

             

            次に、システム イベント ログを表示する例を示します。

            Server# scope sel
            Server /sel # show entries
            Time                Severity      Description                              
            ------------------- ------------- ---------------------------------------- 
            [System Boot]       Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, OFF event was asserted" 
            [System Boot]       Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, GREEN was asserted" 
            [System Boot]       Normal        " PSU_REDUNDANCY: PS Redundancy sensor, Fully Redundant was asserted" 
            [System Boot]       Normal        " PSU2 PSU2_STATUS: Power Supply sensor for PSU2, Power Supply input lost (AC/DC) was deasserted" 
            [System Boot]       Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, ON event was asserted" 
            [System Boot]       Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, AMBER was asserted" 
            [System Boot]       Critical      " PSU_REDUNDANCY: PS Redundancy sensor, Redundancy Lost was asserted" 
            [System Boot]       Critical      " PSU2 PSU2_STATUS: Power Supply sensor for PSU2, Power Supply input lost (AC/DC) was asserted" 
            [System Boot]       Normal        " HDD_01_STATUS: Drive Slot sensor, Drive Presence was asserted" 
            [System Boot]       Critical      " HDD_01_STATUS: Drive Slot sensor, Drive Presence was deasserted" 
            [System Boot]       Informational " DDR3_P2_D1_INFO: Memory sensor, OFF event was asserted" 
            2001-01-01 08:30:16 Warning       " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, failure event was deasserted" 
            2001-01-01 08:30:16 Critical      " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, non-recoverable event was deasserted" 
            2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, ON event was asserted" 
            2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, AMBER was asserted" 
            2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, FAST BLINK event was asserted" 
            2001-01-01 08:30:14 Non-Recoverable " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, non-recoverable event was asserted" 
            2001-01-01 08:30:14 Critical      " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, failure event was asserted" 
            --More-- 
                   
            

            システム イベント ログのクリア

            手順
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1Server# scope sel  

              システム イベント ログ コマンド モードを開始します。

               
              ステップ 2Server /sel # clear  

              処理の確認を求めるプロンプトが表示されます。 プロンプトに y と入力すると、システム イベント ログはクリアされます。

               

              次に、システム イベント ログをクリアする例を示します。

              Server# scope sel
              Server /sel # clear 
              This operation will clear the whole sel.
              Continue?[y|N]y