Cisco UCS E シリーズ サーバ Integrated Management Controller の CLI 設定ガイド リリース 1.0
ログの表示
ログの表示
発行日;2013/01/08   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ログの表示

この章は、次の内容で構成されています。

CIMC ログ

CIMC ログの表示

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1Server# scope cimc  

    CIMC コマンド モードを開始します。

     
    ステップ 2Server /cimc # scope log  

    CIMC ログ コマンド モードを開始します。

     
    ステップ 3Server /cimc/log # show entries [detail]  

    CIMC イベントをタイムスタンプ、イベントを記録したソフトウェア モジュール、およびイベントの説明とともに表示します。

     

    次に、CIMC イベントのログを表示する例を示します。

    Server# scope cimc
    Server /cimc # scope log
    Server /cimc/log # show entries
    Time                Source           Description                              
    ------------------- ---------------- ---------------------------------------- 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:306:I2c Controller-4 DAT is stuck-low, issuing One Clock Pulse. 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:301:I2c Controller-4 Loop:[0]. 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     " <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:422: Controller-4 has a stuck bus, attempting to clear it now... " 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:kernel:-     " <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:402: Controller-4 Initiating I2c recovery sequence. " 
    1970 Jan 4 18:55:36 BMC:IPMI:480     last message repeated 22 times           
    1970 Jan 4 18:55:28 BMC:IPMI:480     "  mcddI2CDrv.c:850:PI2CWriteRead: ioctl to driver failed to read Bus[f4].Dev[5e]! ErrorStatus[77] " 
    1970 Jan 4 18:55:33 BMC:IPMI:486     last message repeated 17 times           
    1970 Jan 4 18:55:28 BMC:IPMI:486     "  mcddI2CDrv.c:850:PI2CWriteRead: ioctl to driver failed to read Bus[f4].Dev[b0]! ErrorStatus[77] " 
    1970 Jan 4 18:55:31 BMC:IPMI:486     last message repeated 17 times           
    1970 Jan 4 18:55:26 BMC:IPMI:486     "  mcddI2CDrv.c:850:PI2CWriteRead: ioctl to driver failed to read Bus[f4].Dev[b2]! ErrorStatus[77] " 
    1970 Jan 4 18:55:26 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:306:I2c Controller-4 DAT is stuck-low, issuing One Clock Pulse. 
    1970 Jan 4 18:55:26 BMC:kernel:-     <7>/build/trunk/bmc/drivers/pilot2_i2c/pilot2_i2c.c:301:I2c Controller-4 Loop:[8]. 
    --More--
           
    

    CIMC ログのクリア

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1Server# scope cimc  

      CIMC コマンド モードを開始します。

       
      ステップ 2Server /cimc # scope log  

      CIMC ログ コマンド モードを開始します。

       
      ステップ 3Server /cimc/log # clear  

      CIMC ログをクリアします。

       

      次に、CIMC イベントのログをクリアする例を示します。

      Server# scope cimc
      Server /cimc # scope log
      Server /cimc/log # clear
             
      

      リモート サーバへの CIMC ログの送信

      CIMC ログ エントリを受信するように 1 台または 2 台のリモート syslog サーバのプロファイルを設定できます。

      はじめる前に
      • リモート syslog サーバは、リモート ホストからログを受信するように設定されている必要があります。
      • リモート syslog サーバは、認証関連のログを含む、すべてのタイプのログを受信するように設定されている必要があります。
      • リモート syslog サーバのファイアウォールは、syslog メッセージが syslog サーバに到達するように設定されている必要があります。
      手順
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1Server# scope cimc  

        CIMC コマンド モードを開始します。

         
        ステップ 2Server /cimc # scope log  

        CIMC ログ コマンド モードを開始します。

         
        ステップ 3Server /cimc/log # scope server {1 | 2}  

        2 つのリモート syslog サーバ プロファイルのうち 1 つを選択し、プロファイルを設定するコマンド モードを開始します。

         
        ステップ 4Server /cimc/log/server # set server-ip ip-address  

        リモート syslog サーバの IP アドレスを指定します。

         
        ステップ 5Server /cimc/log/server # set enabled {yes | no}  

        この syslog サーバへの CIMC ログ エントリの送信をイネーブルにします。

         
        ステップ 6Server /cimc/log/server # commit  

        トランザクションをシステムの設定にコミットします。

         

        次に、リモート syslog サーバ プロファイルを設定し、CIMC ログ エントリの送信をイネーブルにする例を示します。

        Server# scope cimc
        Server /cimc # scope log
        Server /cimc/log # scope server 2
        Server /cimc/log/server # set server-ip 192.0.2.34
        Server /cimc/log/server *# set enabled yes
        Server /cimc/log/server *# commit
        Server /cimc/log/server #
        

        システム イベント ログ

        システム イベント ログの表示

        手順
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1Server# scope sel  

          System Event Log(SEL; システム イベント ログ)コマンド モードを開始します。

           
          ステップ 2Server /sel # show entries detail  

          システム イベントについて、タイムスタンプ、イベントの重大度、およびイベントの説明を表示します。 detail キーワードを指定すると、表形式ではなくリスト形式で情報が表示されます。

           

          次に、システム イベント ログを表示する例を示します。

          Server# scope sel
          Server /sel # show entries
          Time                Severity      Description                              
          ------------------- ------------- ---------------------------------------- 
          [System Boot]       Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, OFF event was asserted" 
          [System Boot]       Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, GREEN was asserted" 
          [System Boot]       Normal        " PSU_REDUNDANCY: PS Redundancy sensor, Fully Redundant was asserted" 
          [System Boot]       Normal        " PSU2 PSU2_STATUS: Power Supply sensor for PSU2, Power Supply input lost (AC/DC) was deasserted" 
          [System Boot]       Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, ON event was asserted" 
          [System Boot]       Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, AMBER was asserted" 
          [System Boot]       Critical      " PSU_REDUNDANCY: PS Redundancy sensor, Redundancy Lost was asserted" 
          [System Boot]       Critical      " PSU2 PSU2_STATUS: Power Supply sensor for PSU2, Power Supply input lost (AC/DC) was asserted" 
          [System Boot]       Normal        " HDD_01_STATUS: Drive Slot sensor, Drive Presence was asserted" 
          [System Boot]       Critical      " HDD_01_STATUS: Drive Slot sensor, Drive Presence was deasserted" 
          [System Boot]       Informational " DDR3_P2_D1_INFO: Memory sensor, OFF event was asserted" 
          2001-01-01 08:30:16 Warning       " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, failure event was deasserted" 
          2001-01-01 08:30:16 Critical      " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, non-recoverable event was deasserted" 
          2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_PSU_STATUS: Platform sensor, ON event was asserted" 
          2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, AMBER was asserted" 
          2001-01-01 08:30:15 Informational " LED_HLTH_STATUS: Platform sensor, FAST BLINK event was asserted" 
          2001-01-01 08:30:14 Non-Recoverable " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, non-recoverable event was asserted" 
          2001-01-01 08:30:14 Critical      " PSU2 PSU2_VOUT: Voltage sensor for PSU2, failure event was asserted" 
          --More-- 
                 
          

          システム イベント ログのクリア

          手順
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1Server# scope sel  

            システム イベント ログ コマンド モードを開始します。

             
            ステップ 2Server /sel # clear  

            処理の確認を求めるプロンプトが表示されます。 プロンプトに y を入力すると、システム イベント ログがクリアされます。

             

            次に、システム イベント ログをクリアする例を示します。

            Server# scope sel
            Server /sel # clear 
            This operation will clear the whole sel.
            Continue?[y|N]y