Cisco UCS Director セルフサービス ポータル ガイド、リリース 5.4
エンド ユーザ ダッシュボードの表示
エンド ユーザ ダッシュボードの表示

エンド ユーザ ダッシュボードの表示

この章は、次の項で構成されています。

エンド ユーザ ダッシュボードの表示の有効化

ダッシュボードはエンド ユーザとしてアプライアンスにログインしたときに最初に表示されるページです。

手順
    ステップ 1   Cisco UCS Director ウィンドウの右上で、[ユーザ名(User Name)] をクリックします。
    ステップ 2   [ダッシュボード(Dashboard)] タブをクリックします。
    ステップ 3   [ダッシュボードの有効化(Enable Dashboard)] チェックボックスをオンにします。
    ステップ 4   [適用(Apply)] をクリックします。
    ステップ 5   [ユーザ情報(User Information)] ダイアログボックスを選択します。
    ステップ 6   [ダッシュボード(Dashboard)] の内容を確認します。

    次の作業

    該当するダッシュボードの表示にアクセスします。

    レポート ウィジェットの追加

    レポート ウィジェットを使用して、グループのリソース制限および vDC の詳細を表示することができます。ダッシュボード ビューでのウィジェット データの表示には、自動または手動の更新を設定できます。自動更新には、ダッシュボード ページの上部にある [オン(On)] または [オフ(Off)] をクリックします。ウィジェットのサイズを大きくするまたは小さくするには、スライダを動かします。スライダはダッシュボードの右上に表示されます。

    手順
      ステップ 1   レポートの右上をクリックします([サマリー(Summary)] タブの下にあります)。
      ステップ 2   ドロップダウン リストから、[ダッシュボードに追加(Add to Dashboard)] を選択します。
      ステップ 3   [ダッシュボード(Dashboard)] をクリックして、ウィジェットを表示します。