Cisco UCS Director セルフサービス ポータル ガイド、リリース 5.4
VM ライフサイクル管理の実行
VM ライフサイクル管理の実行

VM ライフサイクル管理の実行

この章は、次の項で構成されています。

VM ライフサイクル管理アクションについて

ユーザは、管理者によって許可されている、プロビジョニング後のライフサイクル管理アクションを実行できます。また、グループの下でサービス リクエストを使用して、プロビジョニングされた仮想マシン(VM)の全リストを表示することもできます。特定のグループに属するすべての VM が表示されます。実行可能なライフサイクル管理アクションは次のとおりです。
  • VM の電源使用の管理

  • VM のサイズ変更

  • VM ディスクの作成

  • VM ディスクの削除

  • vNIC の追加

  • vNIC の削除

すべての VM の表示

すべての VM を表示する機能を使用すると、すべての VM とVM ID、ホスト名、IP アドレス、および電源の状態などの詳細が表示されます。

(注)  


VM で VM アクションを表示するには、管理者がグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Serve options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。


手順
    ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] タブを選択します。
    ステップ 2   リストから VM のエントリを選択するか、VM を右クリックしてその VM で使用できるアクションを表示します。

    次の作業

    VM のリソースを管理します。

    VM の電力管理

    VM の電源管理機能には、電源オン、電源オフ、電源の一時停止、VM のリセットなどが含まれています。

    はじめる前に

    VM をプロビジョニングします。

    手順
      ステップ 1   [仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
      ステップ 2   VM を右クリックし、[電源オン(Power On)] を選択します。

      [VMタスク(VM Task)] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。

      名前 説明

      [VM名(VM Name)] フィールド

      VM の名前。

      [タスク(Task)] フィールド

      選択した電力管理タスク。

      [コメント(Comments)] フィールド

      必要な場合は、コメントを入力します。

      [アクションのスケジュール設定(Schedule Action)] フィールド

      VM の電源を今すぐオンにするか、特定の日時にオンにするかを指定します。

      (注)     

      [類似フィールドのコメント(Similar field's Comments)] ペインと [アクションのスケジュール設定(Schedule Actions)] ペインに、次のアクションが表示されます。

      操作 説明

      [電源オフ(Power Off)]

      VM の電源をオフにします。

      [一時停止(Suspend)]

      VM を一時停止の状態にします。

      [ゲストのシャットダウン(Shutdown Guest)]

      VM でゲスト OS をシャットダウンします。

      [スタンバイ(Standby)]

      VM をスタンバイの状態にします。

      [リセット(Reset)]

      VM のハード リセットを実行します。

      [リブート(Reboot)]

      VM のソフト リブートを実行します。

      ステップ 3   [続行(Proceed)] をクリックします。

      VM のサイズ変更

      はじめる前に

      プロビジョニング済み VM を作成します。管理者はグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Service Options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。

      手順
        ステップ 1   [仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
        ステップ 2   VM を右クリックして [VMのサイズ変更(Resize VM)] を選択します。
        ステップ 3   [VMのサイズ変更(Resize VM)] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [VM名(VM Name)] フィールド

        選択した VM の名前。

        [現在の割り当てCPU(Current Allocated CPU)] フィールド

        VM によって使用中の割り当て済み CPU の数。

        [現在の割り当てメモリ(GB)(Current Allocated Memory (GB))] フィールド

        VM に割り当てられているメモリ容量。

        [新しいCPU数(New CPU Count)] ドロップダウン リスト

        ドロップダウン リストから必要な CPU を選択します。

        [新しいメモリ(New Memory)] ドロップダウン リスト

        ドロップダウン リストから必要なメモリ容量を選択します。

        [現在のCPUコスト(通貨: USD)(Current CPU Cost (Currency: USD))] フィールド

        現在の時間あたりの CPU コストが表示されます。この値は、VM に現在割り当てられている CPU に基づいて計算されます。

        [現在のメモリコスト(通貨: USD)(Current Memory Cost (Currency: USD))] フィールド

        現在の時間あたりのメモリ コストが表示されます。この値は、VM に現在割り当てられているメモリに基づいて計算されます。

        [新規CPUコスト(通貨: USD)(New CPU Cost (Currency: USD))] フィールド

        VM に指定した新規 CPU 数の、1 時間あたりの CPU コストが表示されます。

        新規メモリコスト(通貨: USD)(New Memory Cost (Currency: USD))

        VM に指定した新規メモリについて、1 時間あたりのメモリ コストが表示されます。

        ステップ 4   [サイズ変更(Resize)] をクリックします。

        VM ディスクの作成

        はじめる前に

        プロビジョニング済み VM を作成します。管理者はグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Service Options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。

        手順
          ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] タブを選択します。
          ステップ 2   VM を右クリックして[VMディスクの作成(Create VM Disk)] を選択します。
          ステップ 3   [VMディスクの作成(Create VM Disk)] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [VM名(VM Name)] フィールド

          選択した VM の名前。

          [新しいディスク(GB)(New Disk (GB))] フィールド

          VM のディスク サイズ(GB 単位)を入力します。

          [ディスクタイプの選択(Select Disk Type)] ドロップダウン リスト

          ドロップダウン リストから必要なディスクを選択します。

          [データストアの選択(Select Datastore)] ドロップダウン リスト

          ドロップダウン リストからデータストアを選択します。

          (注)     

          使用可能なデータストアの選択肢は、VM(具体的には VM の vDC)に関連付けられているストレージ ポリシーに応じて変わります。

          [シン プロビジョニング(Thin Provision)] チェックボックス

          VM 作成中にシン プロビジョニングを使用するにはこのチェックボックスをオンにします。

          (注)     

          シン プロビジョニングは、物理ストレージ容量の動的割り当てをイネーブルにし、VM ストレージの使用率が向上します。

          [新規ディスクコストの計算(Compute New Disk Cost)] フィールド

          このオプションでは、VM ディスクに指定したデータストアと新しいディスク サイズに基づいて、ディスクのコストが 1 時間ごとに計算されて表示されます。

          ステップ 4   [作成(Create)] をクリックします。

          VM ディスクのサイズ変更

          この機能を使用すると、VM に割り振られる(プロビジョニングされる)ディスク領域を変更できます。デフォルトでは、VM のディスク サイズを増やす操作だけが可能です。


          (注)  


          VM のディスク サイズを拡大できますが、縮小はできません。


          はじめる前に

          プロビジョニング済み VM を作成します。管理者はグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Service Options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。

          手順
            ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] タブを選択します。
            ステップ 2   VM を右クリックし、[VMディスクのサイズ変更(VM Disk Resize)] を選択します。
            ステップ 3   [VMディスクのサイズ変更(Resize VM Disk)] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [VM名(VM Name)] フィールド

            VM の名前。

            この名前は編集できません。

            [ディスクの選択(Select Disk)] ドロップダウン リスト

            ドロップダウン リストから VM ディスクを選択します。

            [プロビジョニング済総容量(GB)(Total Provisioned (GB))] フィールド

            VM 上のプロビジョニング容量の合計を表示します。

            [新しいサイズ(GB)(New Size (GB))] フィールド

            VM の新しいサイズ。新しいディスク サイズはプロビジョニング サイズの合計より大きい必要があります。

            [現在のディスクコスト(通貨: USD)(Current Disk Cost (Currency: USD))] フィールド

            1 時間あたりの現在のディスク コストを表示します。

            [新規ディスクコストの計算(Compute New Disk Cost)] フィールド

            このオプションは、指定した新しいディスク サイズに基づいて、1 時間ごとにディスク コストを計算します。

            [新しいディスクコスト(通貨: USD)(New Disk Cost (Currency: USD))] フィールド

            VM に指定された新しいディスク サイズの 1 時間あたりのディスク コストを表示します。

            ステップ 4   [サイズ変更(Resize)] をクリックします。

            VM ディスクの削除

            はじめる前に

            プロビジョニング済み VM を作成します。管理者はグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Service Options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。

            手順
              ステップ 1   メニューで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
              ステップ 2   VM を右クリックして [VMディスクの削除(Delete VM Disk)] を選択します。
              ステップ 3   [VMディスクの削除(Delete VM Disk)] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
              名前 説明

              [VM名(VM Name)] フィールド

              選択した VM の名前。

              [ディスク名の選択](Select Disk Name) ドロップダウン リスト

              ドロップダウン リストからハード ディスクを選択します。

              ステップ 4   [削除(Delete)] をクリックします。

              vNIC の追加

              VM には複数の vNIC を追加できます。VM に vNIC を追加または置き換えるオプションが備わっています。使用可能なオプションはお使いの vDC にマップされているネットワーク ポリシーおよび特定の VM に関連付けられているネットワーク ポリシーによって異なります。

              はじめる前に

              プロビジョニング済み VM を作成します。管理者はグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Service Options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。

              手順
                ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
                ステップ 2   VM を右クリックし、[vNIC の追加(Add vNICs)] を選択します。[VM vNIC の追加(Add VM vNICs)] ダイアログボックスが表示されます。
                ステップ 3   [操作(Operation)] ドロップダウン リストから、[追加(Add)] を選択します。

                [編集(Edit)] アイコンおよび [削除(Delete)] アイコンは、このウィンドウ内の新規 vNIC の編集または削除だけに使用されます。

                ステップ 4   [追加(Add)] アイコンをクリックして vNIC を追加します。

                この手順は、ネットワーク ポリシーによって vNIC が特定の数に制限されている場合は許可されません。

                名前 説明

                [NIC エイリアス(NIC Alias)] ドロップダウン リスト

                vNIC エイリアス。

                [ポートグループ名(Port Group Name)] フィールド

                ポート グループの名前。

                [アダプタのタイプ(Adapter Type)] ドロップダウン リスト

                アダプタ タイプ。これを選択するには、[テンプレートからアダプタ タイプをコピー(Copy Adapter Type from Template)] をネットワーク ポリシー内で無効にする必要があります。

                [DHCP] チェックボックス

                DHCP を使用して IP アドレスを割り当てます。

                [ゲートウェイIPアドレス(Gateway IP Address)] フィールド

                ゲートウェイの IP アドレスを入力します。

                (注)     

                NIC エイリアスポート グループ名、アダプタ タイプDHCP の選択は、VM(具体的には VM の vDC)に関連付けられたネットワーク ポリシーの設定によって異なります。

                ステップ 5   [送信(Submit)] をクリックします。

                vNIC の置換

                置換操作を行うと、すべての既存の vNIC が VM から削除されます。新しい vNIC は [追加(Add)] アイコンを使用して追加します。

                はじめる前に

                プロビジョニング済み VM を作成し、既存の vNIC を使用可能な状態にしておきます。管理者はグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Service Options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。

                手順
                  ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
                  ステップ 2   VM を右クリックして [vNICの削除(Delete vNICs)] を選択します。

                  [VM vNICの削除(Delete VM vNICs)] ダイアログボックスが表示されます。

                  ステップ 3   [VM vNIC] ドロップダウン リストから、vNIC を選択します。

                  [項目の選択(Select Items)] ダイアログボックスが表示されます。

                  ステップ 4   削除する vNIC のチェックボックスをオンにするか、[すべてオン(Check All)] をクリックしてすべての vNIC を選択します。
                  ステップ 5   [選択(Select)] をクリックします。
                  ステップ 6   [削除(Delete)] をクリックします。

                  削除プロセスを完了するために VM が再起動されます。

                  vNIC の削除

                  VM 上の既存の(または複数の) vNIC を削除できます。
                  はじめる前に

                  プロビジョニング済み VM を作成し、既存の vNIC を使用可能な状態にしておきます。管理者はグループの vDC で [エンドユーザセルフサービスオプション(End User Self-Service Options)] を有効にして、許可を与える必要もあります。

                  手順
                    ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
                    ステップ 2   VM を右クリックして [vNICの削除(Delete vNICs)] を選択します。

                    [VM vNICの削除(Delete VM vNICs)] ダイアログボックスが表示されます。

                    ステップ 3   [VM vNIC] ドロップダウン リストから、vNIC を選択します。

                    [項目の選択(Select Items)] ダイアログボックスが表示されます。

                    ステップ 4   削除する vNIC のチェックボックスをオンにするか、[すべてオン(Check All)] をクリックしてすべての vNIC を選択します。
                    ステップ 5   [選択(Select)] をクリックします。
                    ステップ 6   [削除(Delete)] をクリックします。

                    削除プロセスを完了するために VM が再起動されます。

                    VM の詳細の表示

                    この機能を使用して、VM アクション リクエスト、vNIC、VM スナップショット、および一般的なサマリー情報などの VM に関する詳細を表示できます。

                    手順
                      ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
                      ステップ 2   VM を右クリックし、[詳細の表示(View Details)] を選択します。

                      [サマリー(Summary)] 画面が表示されます。


                      VM クライアントの起動

                      この機能を使用して、Web アクセス、リモート、または VNC コンソールのいずれかを設定できます。VNC コンソールは各 VM にアクセスを提供します。こコンソールは VM の完全な制御機能を備えています。任意のスタンドアロン Web ブラウザを使用してコンソールにアクセスできるため、プラグインは不要です。Cisco UCS Director はコンソールの自動設定を可能にします。


                      (注)  


                      VM を Web またはリモート デスクトップ アクセスに設定しておくと、VM のログイン クレデンシャルにアクセスできます。管理者は VM がプロビジョニングされる適切なカタログ(および必要な権限)を提供する必要があります。


                      はじめる前に

                      管理者が機能を有効する必要があります。

                      手順
                        ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
                        ステップ 2   VM を右クリックして [VMクライアントの起動(Launch VM Client)] を選択します。

                        [クライアントの起動(Launch Client)] ダイアログボックスが表示されます。

                        ステップ 3   [クライアントの起動(Launch Client)] ダイアログボックスから、アクセス スキームを選択します。
                        名前 説明

                        [アクセススキーム(Access Scheme)] ドロップダウン リスト

                        ドロップダウン リストからアクセス スキームを選択します。スキームは VNC コンソール、Web アクセス、およびリモート アクセスです。

                        ステップ 4   [続行(Proceed)] をクリックします。

                        VNC コンソールが(Web ブラウザ内に)表示されます。VM コンソールにアクセスするには、追加のログインが必要です。


                        VM のインベントリ収集のリクエスト

                        VM を選択して、オンデマンドのインベントリ収集をリクエストできます。

                        (注)  


                        割り当て済みのリソースを変更すると、VM のチャージバック量が変更される可能性があります。VM のチャージバックはカタログの管理者によって定義されたコスト モデルに基づいて計算されます。VM のチャージバックは VM のプロビジョニング用に選択されたカタログに基づいて計算されます。


                        手順
                          ステップ 1   メニュー バーで、[仮想リソース(Virtual Resources)] をクリックして、[VM] を選択します。
                          ステップ 2   VM を右クリックして [VMのインベントリ収集のリクエスト(Request Inventory Collection Request for VM)] を選択します。

                          [VMインベントリ収集のリクエスト(Request VM Inventory Collection)] ダイアログボックスが表示されます。

                          ステップ 3   [送信(Submit)] をクリックします。

                          VM インベントリ収集が完了されます。