Cisco UCS Director API 統合およびカスタマイゼーション ガイド、リリース 5.4
スクリプト モジュール
スクリプト モジュール

スクリプト モジュール

この章は、次の項で構成されています。

スクリプト モジュール

スクリプト モジュールは、サードパーティ製 jar およびカスタム ライブラリを Cisco UCS Director と統合して特定の操作を実行するために使用されます。次のような一部のスクリプト モジュールの操作は Cisco UCS Director ですでに定義されています。

  • 表形式レポートや値のリスト(LOV)など、ワークフロー内のユーザ入力を収集するための詳細な制御の作成。

  • Cisco UCS Director のレポートでワークフローをカスタム アクションにアタッチできる、コンテキスト ワークフロー マッピング。

スクリプト モジュールの使用例については、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。

いつスクリプト モジュールを使用するか

カスタム ワークフロー タスクで使用できる、または Cisco UCS Director に追加できるカスタム機能を作成する場合に、スクリプト モジュールを使用します。スクリプト モジュールは、Cisco UCS Director の異なるインスタンスでエクスポートおよび再利用できます。

スクリプト モジュールの使用

Cisco UCS Director でスクリプト モジュールを作成します。その後、カスタム タスクからスクリプト モジュールのライブラリとメソッドを呼び出すことができます。

[ポリシー(Policies)] > [オーケストレーション(Orchestration)] > [ワークフロー(Workflows)] タブにある [インポート(Import)] および [エクスポート(Export)] アクションを使用して、Cisco UCS Director でワークフロー、カスタム タスク、およびアクティビティとともにスクリプト モジュールをそれぞれインポートおよびエクスポートできます。

スクリプト モジュールを作成し、ライブラリおよび jar ファイルをスクリプト モジュールに追加する方法については、『Cisco UCS Director Orchestration GuideCisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。

カスタム タスクでスクリプト モジュールを使用する詳細については、『Cisco UCS Director Custom Task Getting Started Guide』を参照してください。


(注)  


名前は似ていても、スクリプト モジュールとスクリプト バンドルは全く異なるものです。スクリプト バンドルは、Cisco UCS Director とともにリリースされるワークフロー タスクのパッケージ化されたコレクションです。スクリプト モジュールは、Cisco UCS Director UI にカスタム機能を追加するためのメカニズムです。