Cisco UCS Director API 統合およびカスタマイゼーション ガイド、リリース 5.4
カスタム タスク
カスタム タスク

カスタム タスク

この章は、次の項で構成されています。

カスタム タスクとスクリプト バンドル

カスタム タスクを使用して、開発者は Cisco UCS Director リソースでカスタマイズされた操作を実行できます。JavaScript に似ている言語である CloupiaScript を使用してカスタム タスクを記述します。その後、ワークフロー内のタスクなど、他のタスクのようにカスタム タスクを使用して、システム上の作業を調整します。

スクリプト バンドルは、さまざまな特定のアプリケーション用の各新しい Cisco UCS Director リリースに付属するカスタム タスクの集合です。スクリプト バンドルをダウンロードし、Cisco UCS Director にカスタム タスクをインポートできます。

いずれの場合も目的は同じです。Cisco UCS Director のオーケストレーション ワークフローで使用可能なタスクの範囲を拡張することです。

いつカスタム タスクとスクリプト バンドルを使用するか

カスタム タスクとスクリプト バンドルは、Cisco UCS Director に付属しているタスク ライブラリを補完します。必要な機能を実装している既存のタスクがない場合は、これらを使用します。

いつカスタム タスクを使用するか

ワークフローで繰り返される単一操作または作業単位があり、その操作を実行する既存のタスクがない場合に、カスタム タスクを使用します。

いつスクリプト バンドルを使用するか

スクリプト バンドルは、すべてのメジャー リリースとともに提供されます。新規タスクまたは拡張されたタスクのいずれかが組織に必要なワークフローの機能を実装しているかどうかを確かめるために、新しいスクリプト バンドルを調査することは価値があります。

カスタム タスクとスクリプト バンドルの使用

他のタスクと同様に、スクリプト バンドルに含まれるカスタム タスクおよびタスクは、ワークフローの一部として実行されます。

カスタム タスクの使用方法

カスタム タスクは Cisco UCS Director のウィザードを使用して作成します。カスタム タスクを作成するには、次のものを提供する必要があります。

  • カスタム タスクの名前。

  • カスタム タスクの入力と出力。

  • (任意)Cloupiascript で記述された入力コントローラ。

  • カスタム タスクの作業を行うための Cloupiascript の手順。

システム要件と、開発環境をセットアップして、ライブラリをインストールし、カスタム タスクを記述するために CloupiaScript の使用を開始する方法については、『Cisco UCS Director Custom Task Getting Started Guide』を参照してください。

カスタム タスクの作成の例については、『Cisco UCS Director Custom Task Cookbook』を参照してください。

Cisco UCS Director カスタム タスクのクラスおよびメソッドの参照については、『Cisco UCS Director Javadoc』を参照してください。

スクリプト バンドルの使用方法

スクリプト バンドルでカスタム タスクを使用するには、単にスクリプト バンドルをダウンロードし、バンドルからカスタム タスクをインポートします。

Cisco UCS Director の現在のリリースのスクリプト バンドルをダウンロードするには、Cisco DevNet に移動します。

スクリプト バンドルからカスタム タスクをインポートする手順については、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』の「Importing Workflows」を参照してください。