Cisco UCS Director Open Automation の手順書、リリース 5.4
アカウントの管理
アカウントの管理

アカウントの管理

この章は、次の項で構成されています。

アカウント

Open Automation を使用して、新しいカスタム アカウント タイプを Cisco UCS Director に追加することができます。

カスタム アカウント タイプは、アカウントを新しい方法で操作可能にする新しい Cisco UCS Director データ インフラストラクチャを提供します。たとえば、新しいアカウント タイプを使用すると、新しい方法で Cisco UCS Director の管理対象要素を管理してそれに関するレポートを作成することができます。

カスタム アカウント タイプの追加

アカウント タイプを追加するには、次の作業を実行します。

  • com.cloupia.lib.connector.account.AbstractInfraAccount クラスを拡張します。

  • AccountTypeAccountLabel の値を定義します。

  • AccountTypeEntry の必須パラメータを割り当てます。これには、setPodTypessetAccountClasssetAccountType、および setAccountLabel が含まれます。

  • 接続テストの実装を完了します。

次のコード スニペットに、新しいアカウントの詳細の指定方法を示します。

//This class is used to register a new connector into the UCSD.
AccountTypeEntry entry=new AccountTypeEntry();

//Set implementation class for Account type
entry.setCredentialClass(FooAccount.class);

//Account Type
entry.setAccountType(FooConstants.INFRA_ACCOUNT_TYPE);

//Account Label which will be shown in UI
entry.setAccountLabel(FooConstants.INFRA_ACCOUNT_LABEL);

//Account Category like Compute, Storage, Network or Multi-Domain.
entry.setCategory(InfraAccountTypes.CAT_NETWORK);

//This is mandatory , report generation on context Level for the new account type 
entry.setContextType(ReportContextRegistry.getInstance().
getContextByName(FooConstants.INFRA_ACCOUNT_TYPE).getType());

//Account class like Physical-1, Virtual-2, Network-5, Multi-domain-3 
//or Other-4
entry.setAccountClass(AccountTypeEntry.PHYSICAL_ACCOUNT);

// This will be used along with the account name to show 
// in the System Tasks Report.
entry.setInventoryTaskPrefix("Open Automation Inventory Task");

//Set time frequency to collect account Inventory
entry.setInventoryFrequencyInMins(15);

//Supported POD types for this connector.
entry.setPodTypes(new String[]{"FooStack"});

//To add this account type entry
PhysicalAccountTypeManager.getInstance().addNewAccountType(entry);

// This is mandatory, to test the connectivity of the new account. The
// Handler should be of type PhysicalConnectivityTestHandler.
entry.setTestConnectionHandler(new FooTestConnectionHandler());
// This is mandatory, we can implement inventory listener according to
// the account Type , collect the inventory details.
entry.setInventoryListener(new FooInventoryListener());

//This is mandatory , to show in the converged stack view
entry.setConvergedStackComponentBuilder(new DummyConvergedStackBuilder());

//This is required to show up the details of the stack view in the GUI
entry.setStackViewItemProvider(new DummyStackViewProvider());

// This is required credential.If the Credential Policy support is
// required for this Account type then this is mandatory, can implement
// credential check against the policyname.
entry.setCredentialParser(new FooAccountCredentialParser()); 
重要:

SDK サンプルを参照してください。実装については、com.cloupia.feature.foo.accounts.FooAccountcom.cloupia.feature.foo.FooModule を参照してください。