Cisco UCS Director EMC VNX 管理ガイド、リリース 5.4
EMC NaviSphere のインストール
EMC NaviSphere のインストール

EMC NaviSphere のインストール

EMC NaviSphere のインストール

VNX と通信するため、Cisco UCS Director では、現在、Windows ベースの EMC NaviSphere がサポートされています。NaviSphere を使用する前に、セキュア シェル(SSH)サーバをインストールし、設定しておく必要があります。

Windows ベースの NaviSphere のインストールおよび設定

SSHD サーバを設定する場合は、Cygwin バージョン 1.7.27 をインストールし、ホストで SSH デーモンを使用することをお勧めします。Cygwin は Microsoft Windows 上で Linux と同様の環境を提供します。

Windows ベースの EMC NaviSphere に SSHD サーバをインストールした後で、システム変数の PATH 変数を変更し、NaviSphere の bin フォルダをこのパスに含めてください。これにより、ユーザが SSH を使用して Windows NaviSphere にアクセスし、VMAX コマンドをただちに実行できるようになります。SSHD サーバをインストールおよび設定したら、新しいデフォルト パスを設定して、ユーザによってインストールされるソフトウェアがシステム ソフトウェアをオーバーライドできるようにする必要があります。

Cygwin パッケージのインストール

次の手順に従って、Cygwin バージョン 1.7.27 をダウンロードし、インストールします。


    ステップ 1   http://www.cygwin.com/ から Cygwin 実行ファイルをダウンロードします。
    ステップ 2   パッケージ選択画面で Cygwin パッケージをインストールする際は、openssh パッケージと openssl パッケージを選択してインストールします。パッケージは、必ず Windows ベースのホストにインストールしてください。

    SSHD サーバの設定

      ステップ 1   C:\<Cygwin-Install-Dir> ディレクトリに移動し、エディタを使用して Cygwin.bat を編集モードで開いて次の行を追加します:set CYGWIN=binmode ntsec

      次に、前述の行を追加した Cygwin.bat ファイルの内容の例を示します。

      @echo off
                  C:
                  chdir C:\<Cygwin-Install-Dir>\bin
                  set CYGWIN=binmode ntsec
                  bash --login -i
      ステップ 2   コマンド プロンプトで C:\<Cygwin-Install-Dir>\Cygwin.bat ファイルを実行して SSHD サービスを設定し、コマンド $ ssh-host-config を入力します。
      1. 次の質問に回答します。
        質問 推奨される回答

        権限の分離を使用する必要がありますか。<yes/no>

        yes を選択します。

        新しいローカル アカウントは「sshd」ですか。<yes/no>

        yes を選択します。

        サービスとして sshd をインストールしますか。<yes/no>

        すでに SSHD がサービスとしてインストールされている場合は no、そうでない場合は yes を選択します。

        デーモンに対する CYGWIN の値を入力してください:[ ] binmode ntsec

        値を binmode ntsec と入力します。

        別の名前を使用しますか。(yes/no)

        yes を選択します。

        新しいユーザ名を入力してください:<new-username>

        新しいユーザ名を入力します。

        もう一度入力してください:<new-username>

        新しいユーザ名を再入力します。

        Cloupia を新しいユーザ名で置換しますか。(yes/no)

        yes を選択します。

        パスワードを入力してください:<password>

        このアカウントのパスワードを入力します。

        もう一度入力してください:<password>

        このアカウントのパスワードを再入力します。


      システム環境変数の設定

        ステップ 1   [コンピュータ(Computer)] アイコンを右クリックして [プロパティ(Properties)] を選択します。
        ステップ 2   デスクトップにコンピュータのアイコンが表示されない場合は、次の手順を実行します。
        1. [スタート(Start)] ボタンをクリックします。
        2. [スタート(Start)] メニューの [コンピュータ(Computer)] オプションを右クリックします。
        3. [プロパティ(Properties)] を選択します。
        ステップ 3   [システムの詳細設定(Advanced System Settings)] をクリックします。
        ステップ 4   [詳細設定(Advanced)] タブで [環境変数(Environment Variables)] を選択します。
        ステップ 5   [システム変数(System Variables)] で [パス(Path)] 変数を選択し、末尾に次の 2 つのバイナリ パスを追加します:c:\Program Files (x86)\EMC\Navisphere CLI;c:\<Cygwin-Install-Dir>\bin 次の例を参照してください。
        Variable Name: Path
             Variable Value: <Existing Folders Path>;c:\Program Files(x86)\EMC\Navisphere CLI;c:\cygwin 64\bin
        ステップ 6   新しい名前として [システム変数(System Variable)] CYGWIN を追加し、[変数値(Variable Value)] binmode tty ntsec を追加します。

        Cygwin SSHD サービスの開始
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1[Windows サービス(Window Services)] で Cygwin SSHD サービスを手動で開始して、起動時に自動的に開始するように設定します。   
          SSH アクセスの検証

          コマンド プロンプトで絶対パスを指定しなくても、naviseccli コマンドを実行できることを確認します。SSH クライアントを使用して SSH アクセスを検証できます。


            ステップ 1   SSH クライアントを実行している別のマシンにアクセスし、次のコマンドを実行します。ssh<USERNAME>@<host-ipaddress> 'date' または ssh-1<USERNAME>@<host-ipaddress> 'date'

            例:たとえば、ssh -l pjohn@host-ipaddress 'date'
            ステップ 2   コマンドによってパスワードの指定を要求されます。 正しいパスワードを指定すると、コマンドは正確な日付を返します。

            Linux ベースの NaviSphere のインストールおよび設定


              ステップ 1   特定のプラットフォームの EMC サポートから VNX の naviseccli パッケージを検索してダウンロードします。 次の例を参考にしてください。
              NaviCLI-Linux-64-x86-en_US-7.33.2.0.51-1.x86_64.rpm.
              ステップ 2   まだ切り替えていない場合は、su [username] を使用してルート ユーザに切り替えます。
              ステップ 3   rpm コマンドを使用して naviseccli パッケージをインストールします。 次の例を参考にしてください。
              rpm -i NaviCLI-Linux-64-x86-en_US-7.33.2.0.51-1.x86_64.rpm
               
              ステップ 4   証明書の確認レベルを入力するよう求められます。確認レベルとして medium[m] を指定します。
              ステップ 5   naviseccli bin ディレクトリ(通常は /opt/Navisphere/bin)をシステム パスに追加します。たとえば、~/.bash_profile & ~/.bashrc に次の行を追加してからこのファイルを実行し、source ~/.bash_profile または source ~/.bashrc を実行して設定を有効にします。
              PATH=$PATH:/opt/Navisphere/bin
                 export PATH
              
              ステップ 6   接続する各アレイの各ストレージ プロセッサと連携するには、この naviseccli のインストールを設定する必要があります。エージェントがデータを収集するすべてのアレイのすべてのストレージ プロセッサに対して、次のコマンドを実行します。
               naviseccli -user usename -password password -h sp_ip -scope 0 -np getagent
              ステップ 7   セキュリティ プロンプトが表示されたら、証明書(オプション 2)を保存します。
              ステップ 8   使用するストレージ プロセッサごとに必要に、応じてスクリプトを使用し、同じコマンドを実行します。セキュリティ プロンプトが再度表示されることはありません。
              ステップ 9   「root」ユーザとして SSH クライアントを使用して UCS Director にログインし、Naviseccli がインストールされている Navisphere ホストごとに次のコマンドを実行します。 このステップは、UCS Director のアカウントとして VNX ストレージ アレイを追加する前に実行する必要があります。
              # ssh <navicli-user>@<navicli-host-ip> naviseccli -User sysadmin -Password <sysadmin-pass> -Scope 0 -Address <SP-A-IP> port -list
              ステップ 10   (SSH 証明書の承認後に)ログイン プロンプトでパスワードを入力します。 VNX ストレージ アレイ ポート設定が一覧表示されます。証明書を保存するように最初に求められたら、オプション 2 を選択します。
              ステップ 11   ステップ 9 で表示されたものと同じコマンドを SP-B IP アドレスにも実行し、証明書を保存します。