Cisco UCS Director シェル ガイド、リリース 5.4
トラブルシューティング
トラブルシューティング

トラブルシューティング

この章は、次の項で構成されています。

ホスト名と IP アドレスの ping

[ホスト名/IPアドレスのping(Ping Hostname/IP address)] オプションを選択して、ホスト名または IP アドレスを ping して接続性をテストできます。


    ステップ 1   [Cisco UCS Directorシェル(Cisco UCS Director Shell)] メニューから [ホスト名/IPアドレスのping(Ping Hostname/IP addres)] を選択し、Enter を押します。
    ステップ 2   IP アドレスを入力して Enter を押します。
    次の情報が表示されます。
     Enter IP Address : 209.165.200.224
    PING 209.165.200.224 (209.165.200.224) 56(84) bytes of data.
    64 bytes from 209.165.200.224: icmp_seq=1 ttl=64 time=9.90 ms
    64 bytes from 209.165.200.224: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.316 ms
    64 bytes from 209.165.200.224: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.254 ms
    64 bytes from 209.165.200.224: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.198 ms
    64 bytes from 209.165.200.224: icmp_seq=5 ttl=64 time=0.267 ms
    
    --- 209.165.200.224 ping statistics ---
    5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 3999ms
    rtt min/avg/max/mdev = 0.198/2.187/9.901/3.857 ms
    Press return to continue ...
    ステップ 3   Enter を押して操作を終了します。

    Tail Inframgr ログの表示

    このシェル オプションでは、バックグラウンドで生成される inframgr(インフラストラクチャ マネージャ)ログ データを、Unix の tail コマンドを使用して表示できます。デバッグを行う際に、このログ データを使って問題をトレースできます。[Tail Inframgrログ(Tail Inframgr Logs)] オプションを使用して、最新の infrmgr ログに対して即時に tail を実行できます。このオプションを選択した直後に、結果が画面に表示されます。

      ステップ 1   [Cisco UCS Directorシェル(Cisco UCS Director Shell)] メニューで、[Tail Inframgrログ(Tail Inframgr Logs)] を選択し、Enter を押します。
      [Tail Inframgrログ(Tail Inframgr Logs)] オプションを使用した直後に表示される結果の一部の例を次に示します。
        
      2014-07-20 23:17:43,500 [pool-23-thread-17] 
      INFO  getBestAgent(SystemTaskExecutor.java:308) 
      - No Agent available for remoting SnapMirrorHistoryStatusSchedulerTask
      2014-07-20 23:17:43,502 [pool-23-thread-17] 
      INFO  updateStatus(SystemTaskStatusProvider.java:181) 
      - Task: task.SnapMirrorHistoryStatusSchedulerTask changed state to OK
      2014-07-20 23:17:43,562 [pool-23-thread-17] 
      INFO  executeLocally(SystemTaskExecutor.java:133) 
      - Executing task locally: SnapMirrorHistoryStatusSchedulerTask
      2014-07-20 23:17:43,562 [pool-23-thread-17] 
      INFO  getClusterLeaf(ClusterPersistenceUtil.java:81) 
      - Leaf name LocalHost
      2014-07-20 23:17:43,571 [pool-23-thread-17] 
      
      ステップ 2   ログ ファイルの表示を終了するには、Ctrl + C を押してから、Enter を押します。

      ノードからのログの収集

      [ノードからのログの収集(Collect Logs from a Node)] オプションにより、ローカル ノードまたはリモート ノードからログを収集できます。


        ステップ 1   [Cisco UCS Directorシェル(Cisco UCS Director Shell)] メニューから [ノードステータスからのログの収集(Collect Logs from a Node Status)] オプションを選択します。
        以下のサービスのリストが表示されます。
               Cisco UCS Director Shell Menu
        
                  Select a number from the menu below
        
                      1)  Change ShellAdmin password
                      2)  Display Services Status
                      3)  Stop Services
                      4)  Start Services
                      5)  Stop Database
                      6)  Start Database
                      7)  Backup Database
                      8)  Restore Database
                      9)  Time Sync
                      10) Ping Hostname/IP Address
                      11) Show version
                      12) Generate Self-Signed Certificate and Certificate Signing Request
                      13) Import CA/Self-Signed Certificate
                      14) Configure Network Interface
                      15) Display Network Details
                      16) Enable Database for Cisco UCS Director Baremetal Agent
                      17) Add Cisco UCS Director Baremetal Agent Hostname/IP
                      18) Tail Inframgr logs
                      19) Apply Patch
                      20) Shutdown Appliance
                      21) Reboot Appliance
                      22) Manage Root Access
                      23) Login As Root
                      24) Configure Multi Node Setup (Advanced Deployment)
                      25) Clean-up Patch Files
                      26) Collect logs from a Node
                      27) Collect Diagnostics
                      28) Quit
        
                      SELECT> 26
         **********************************************************************
                    This wizard helps to do Logs from UCSD Appliance
        **********************************************************************
         Logs Collection Option :
         Current Node --> Select '1'
         Remote Node  --> Select '2'
         Exit         --> Select '3'
        
        Please enter an option:   
        
        ステップ 2   ログ収集オプションを入力します。
        • 現行ノードからログを収集することを選択した場合は、次のような応答が表示されます。

          Collecting all feature logs....
          ==========================================================
                             Collection of Logs
          ==========================================================
          Moving logs from /opt/infra/broker to common/logs
          Moving logs from /opt/infra/client to common/logs
          Moving logs from /opt/infra/controller to common/logs
          Moving logs from /opt/infra/eventmgr to common/logs
          Moving logs from /opt/infra/idaccessmgr to common/logs
          Moving logs from /opt/infra/inframgr to common/logs
          Moving logs from /opt/infra/web_cloudmgr to common/logs
          
          Logs archive path:  /opt/infra/common/logs-07-31-2014-08-36-48.tar
          You can also view individual feature logs under /opt/infra/common/logs
          
          Logs collection done for current node
          Do you want to collect logs from another node?  [y/n]: Collect Logs from a Node
          
          (注)     

          別のノードからログを収集するためのベスト プラクティスは、シェル メニューに戻り、[ノードからのログの収集(Collect Logs from a Node)] オプションを再度選択し、[リモートノード(Remote Node)] オプションを選択することです。

        • リモート ノードからログを収集することを選択した場合は、次のような応答が表示されます。

          Please enter the remote server IP/Hostname from where we collect logs:  

          画面に表示される指示に従って、リモート ログのアドレスを入力し、セキュア接続を確立し、そのリモート ノードに必要なログイン クレデンシャルを入力します。


        診断情報の収集

        [診断情報の収集(Collect Diagnostics)] オプションにより、サマリー レポート(SummaryReport.txt)と詳細レポート(DiagOutput.txt)が生成され、/opt/diagnostics にこれらのファイルが保存されます。

        [Cisco UCS Directorシェル(Cisco UCS Director Shell)] メニューから [診断情報の収集(Collect Diagnostics)] を選択します。
        診断ファイルが作成されたことを通知する次のような情報が表示されます。
               
                      SELECT> 27
        
        ***************
        Diagnostic Tool
        ***************
        
         Please find the below files under /opt/diagnostics :
         Summary Report: SummaryReport.txt
         Diagnostics report: DiagOutput.txt
        
        /opt/diagnostics/rules
        
        Press return to continue...
        
        

        VMware コンソールの表示の問題のトラブルシューティング

        問題:VMware vCenter から Cisco UCS Director VM が突然シャットダウンした後に VMware コンソールが表示されません。

        考えられる原因:まれに、Cisco UCS Director VM の電源がオンになった後、プロセスの再起動後に VMware コンソール プロンプトが動かなくなり shelladmin に戻りません。

        推奨ソリューション:VM の電源投入後、Alt-F1 を押して VMware コンソールを更新します。

        VM の電源投入後に Cisco UCS Director VM プロンプトで、Alt-F1 を押します。

        VMware コンソール画面が更新されます。