Cisco UCS Director シェル ガイド、リリース 5.4
概要
概要

概要

この章は、次の項で構成されています。

Cisco UCS Director

Cisco UCS Director は、シスコおよびシスコ以外の多岐にわたるデータ インフラストラクチャ コンポーネントと、Cisco UCS および Cisco Nexus プラットフォームに基づいており、業界をリードするコンバージド インフラストラクチャ ソリューションとして、安全性に非常に優れたエンドツーエンドの管理、オーケストレーション、および自動化を提供します。サポート対象のインフラストラクチャ コンポーネントとソリューションの完全なリストについては、『Cisco UCS Director Compatibility Matrix』を参照してください。

Cisco UCS Director は、次の標準テンプレートを使用する 64 ビットのアプライアンスです。

  • Open Virtualization Format(OVF)for VMware vSphere

  • Virtual Hard Disk(VHD)for Microsoft Hyper-V

Cisco UCS Director を介した管理

Cisco UCS Director は、Cisco UCS を通じてコンピューティング層およびネットワーク層の統合を拡張し、データセンター インフラストラクチャ コンポーネントの包括的な可視性と管理性を提供します。Cisco UCS Director を使用して、シスコやシスコ以外が提供するサポート対象のコンポーネントを設定、管理、およびモニタできます。実行できるタスクには次のものがあります。

  • すべての Cisco UCS サーバおよびコンピューティング アプリケーションを対象にした、サービス プロファイルとテンプレートの作成、複製、および導入。

  • コンバージド インフラストラクチャにおける組織の使用状況、トレンドおよび容量の継続的なモニタリング。たとえば、すべてのデータセンター間の仮想マシン(VM)の使用率を示すヒート マップを表示できます。

  • 一貫したリピート可能な方法によるコンバージド インフラストラクチャへの容量の導入や追加

  • Cisco UCS ドメインや Cisco Nexus ネットワーク デバイスなどのデータセンター コンポーネントの管理、監視、報告。

  • 物理インフラストラクチャへのサービスを追加するための仮想サービス カタログの拡張。

  • 非仮想化ワークロードで動作する仮想化ワークロードに対応するための安全なマルチテナント環境の管理。

Cisco UCS Director による自動化とオーケストレーション

Cisco UCS Director を使用することで、自動化サービスを提供するワークフローを構築し、そのワークフローを発行してオンデマンド方式でサービスをユーザに拡大することができます。社内の他の専門家と協力して、単純または複雑なプロビジョニングと設定のプロセスを自動化するためのポリシーの作成や、Cisco UCS Director ワークフローの構築といった作業を迅速かつ容易に行うことができます。

一度構築および検証された後は、これらのワークフローは誰が実行しても常に同じように実行できます。経験豊富なデータセンター管理者がそれらを実行したり、または、ロールベース アクセス コントロールを実行してユーザや顧客が必要に応じてセルフサービス ベースでワークフローを実行できるようにすることができます。

Cisco UCS Director を使用することで、シスコやシスコ以外が提供するサポート対象の各種ハードウェアやソフトウェアのデータセンター コンポーネント間で、多岐にわたるタスクおよびユースケースを自動化できます。自動化できる使用例には以下のものがありますが、これらに限定されません。

  • VM のプロビジョニングとライフサイクル管理

  • ネットワーク リソースの設定とライフサイクル管理

  • ストレージ リソースの設定とライフサイクル管理

  • テナント オンボーディングとインフラストラクチャの設定

  • アプリケーション インフラストラクチャのプロビジョニング

  • セルフサービス カタログと VM プロビジョニング

  • オペレーティング システムのインストールを含むベアメタル サーバのプロビジョニング

Cisco UCS Director シェル

Cisco UCS Director シェルは、ユーザがセキュア シェル(SSH)アプリケーションおよび Cisco UCS Director 管理クレデンシャルからアクセスするテキストベースのメニューです。シェルを使用すると、次のようなさまざまなシステム管理タスクを実行するコマンドを実行できます。

  • パッチのアップデート

  • データベースのバックアップと復元

  • 証明書のインポート

  • サービス管理

Cisco UCS Director シェル コマンドについて

ここでは、Cisco UCS Director シェルにログインしたときに使用できるすべてのコマンドについて説明します。これらのコマンドを使用して、次の管理タスクを実行できます。

  • すべてのシスコ サービスの停止/開始

  • サービス ステータスの表示

  • MySQL データベースの停止/起動

  • アプライアンス データベースのバックアップ/復元

  • ShellAdmin パスワードの変更

  • 時刻の同期

  • ネットワーク インターフェイスの設定

  • BMA アプライアンスに対するデータベースの有効化

  • アプライアンスへの BMA ホスト名/IP アドレスの追加

  • ネットワークの詳細の表示

  • ホスト名/IP アドレスの ping

  • バージョン(Cisco UCS Director アプライアンス バージョン)

  • CA(JKS)ファイルのインポート

  • 仮想ネットワーク コンピューティング(VNC)用 CA 証明書(PEM)ファイルのインポート

  • アプライアンスのシャットダウン

  • アプライアンスのリブート

  • root アクセスの管理

  • Tail Inframgr ログを使用したトラブルシューティング

  • アプライアンスへのパッチの適用

  • シェルの終了

  • root としてログイン

  • マルチノード設定の設定

  • パッチ ファイルのクリーンアップ

  • 単一ノードからマルチノードへの移行

その他のシステム管理情報については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

前提条件

このマニュアルで説明されているコマンドを正常に実行するには、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • Cisco UCS Director が稼働している(到達可能である)。


(注)  


このマニュアルの内容は、Cisco UCS Director リリース 4.0 以降に基づいています。

シェルへのログイン

ログイン手順では、セキュア シェル(SSH)クライアントと適切なログイン クレデンシャルを使用する必要があります。Cisco UCS Director アプライアンスへのアクセス権を取得すると、広範なシステム管理タスクを実行できるようになります。

はじめる前に

Cisco UCS Director アプライアンスとセキュア シェル(SSH)アプリケーションに対する適切なアクセス権を取得します。


    ステップ 1   SSH アプリケーションを開きます。
    ステップ 2   Cisco UCS Director アプライアンスの IP アドレスを入力します。
    ステップ 3   [ポート(Port)] フィールドに、22 と入力します。

    シェル ウィンドウに初期画面である [Cisco UCS Directorシェル(Cisco UCS Director Shell)] メニューが表示されます。

    ステップ 4   [ユーザ(User)] フィールドに 「shelladmin」 と入力します。
    ステップ 5   [パスワード(Password)] フィールドに、次の 2 つのどちらかを入力します。
    • changeme」 と入力します。
    • CLI から、「SSH shelladmin@<IP Address>」を入力します。
    ステップ 6   Enter キーを押します。

    次のサービスを選択できます。

     Cisco UCS Director Shell Menu
    
              Select a number from the menu below
    
                  1)  Change ShellAdmin password
                  2)  Display Services Status
                  3)  Stop Services
                  4)  Start Services
                  5)  Stop Database
                  6)  Start Database
                  7)  Backup Database
                  8)  Restore Database
                  9)  Time Sync
                  10) Ping Hostname/IP Address
                  11) Show version
                  12) Generate Self-Signed Certificate and Certificate Signing Request
                  13) Import CA/Self-Signed Certificate
                  14) Configure Network Interface
                  15) Display Network Details
                  16) Enable Database for Cisco UCS Director Baremetal Agent
                  17) Add Cisco UCS Director Baremetal Agent Hostname/IP
                  18) Tail Inframgr logs
                  19) Apply Patch
                  20) Shutdown Appliance
                  21) Reboot Appliance
                  22) Manage Root Access
                  23) Login as Root
                  24) Configure Multi Node Setup (Advanced Deployment)
                  25) Clean-up Patch Files
                  26) Collect logs from a Node
                  27) Collect Diagnostics
                  28) Quit
    
    
                  SELECT>
    
    
    (注)      Cisco UCS Director のマイナー リリース(リリース 4.0 以降)には、上記オプションの一部が含まれていない場合があります。