Cisco UCS Director のインストール
Cisco UCS Director のインストール

Cisco UCS Director のインストール

この章は、次の内容で構成されています。

VMware vSphere での Cisco UCS Director のインストール

はじめる前に

VMware vSphere または vCenter に接続するには、管理者権限が必要です。


(注)  


DHCP を使用しない場合、IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイの情報が必要です。

OVF 導入ウィザードは、IPV4 のみサポートします。 IPV6 が必要な場合は、OVF を導入し、shell-admin オプションを使用して IPv6 を設定できます。

OVF 導入には VMware vCenter を使用することを推奨します。

VMware vCenter のバージョン 5.x 以降がサポートされます。


手順
    ステップ 1   VMware vSphere クライアントにログインします。
    ステップ 2   [ナビゲーション(Navigation)] ペインで、Cisco UCS Director を導入する [データセンター(Data Center)] を選択します。
    ステップ 3   [ファイル] > [OVFテンプレートの導入] を選択します。

    [OVFテンプレートの導入] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 4   [ソース] ペインで、次のいずれかの手順で OVF ソース ロケーションを選択します。
    • ロケーションを参照し、ファイルを選択して [開く] をクリックします。
    • ローカル エリア ネットワーク上の URL から導入します。 FQDN(完全修飾ドメイン名)を IP アドレスまたはドメイン名に置き換えて、[次へ] をクリックします。
    ステップ 5   [OVFテンプレートの詳細] ペインで、詳細情報を確認して [次へ] をクリックします。
    ステップ 6   [エンド ユーザ ライセンス契約] ペインで、ライセンス契約を参照して、[同意する] をクリックします。 [次へ] をクリックします。
    ステップ 7   [名前とロケーション] ウィンドウで、次を実行します。
    1. 任意: [名前] フィールドで VM 名を編集します。
    2. [在庫場所(Inventory Location)] 領域から、Cisco UCS Director が導入されている在庫場所を選択し、[次へ(Next)] をクリックします。
      (注)      前のステップでデータセンターを選択した場合、オプション b は使用できません。
    ステップ 8   [ホスト/クラスタ] ペインで必要なホスト、クラスタ、またはリソース プールを選択して、[次へ] をクリックします。
    ステップ 9   [ストレージ(Storage)] ペインで、Cisco UCS Director VM ファイルを保存するロケーションを選択して、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 10   [ディスク形式] ペインで、次のいずれかのオプション ボタンを選択して、[次へ] をクリックします。
    • [シンプロビジョニング形式]:データをディスクに書き込むときに、必要に応じてストレージを割り当てます。
    • [シックプロビジョニング(Lazy Zeroed)形式]:シック形式ですぐにストレージを割り当てます。
    • [シックプロビジョニング(Eager Zeroed)形式]:シック形式でストレージを割り当てます。 このオプションを使用してディスクを作成する場合、時間がかかることがあります。
    ステップ 11   [ネットワーク マッピング] ペインで、該当するネットワークを選択して [次へ] をクリックします。
    ステップ 12   [プロパティ(Properties)] ペインで、次の情報を入力し、[次へ(Next)] をクリックします。
    • ルート パスワード

    • Shelladmin パスワード

    • 管理 IP アドレス

    • 管理 IP サブネット マスク

    • ゲートウェイIP アドレス

    管理 IP アドレスと管理 IP サブネット マスクは 0.0.0.0 に設定され、デフォルトで DHCP を使用します。

    ルート パスワードとシェル管理者パスワードが設定されていない場合、デフォルト値が使用されます。

    ステップ 13   [完了前の確認] ペインで、選択されたオプションを確認して、[完了] をクリックします。
    ステップ 14   VM で性能を発揮できるだけの十分な vCPU とメモリがあることを確認します。
    ステップ 15   VM の電源をオンにします。
    (注)     

    [完了前の確認(Ready to Complete)] ペインの [導入後に電源オン(Power on after deployment)] チェック ボックスがオンになっている場合、アプライアンスは導入後に自動的に電源がオンになります。

    ステップ 16   1 と入力してパーソナリティ オプションから [Cisco UCS Director(デフォルト)(Cisco UCS Director (Default))] を選択し、Enter を押します。

    オプションを選択しないで Enter を押すと、デフォルトのパーソナリティ [Cisco UCS Director(デフォルト)(Cisco UCS Director (Default))] が適用されます。

    ステップ 17   アプライアンスが起動したら、表示されている IP アドレスCisco UCS Directorを、サポートされている Web ブラウザに転送し、[ログイン] ページにアクセスします。
    ステップ 18   [ログイン] ページでは、ユーザ名の admin とログイン パスワードの admin を入力します。
    (注)     

    この初回のログインの後、admin パスワードを変更します。


    Shelladmin によるネットワーク インターフェイスの設定

    この手順は任意です。

    手順
      ステップ 1   次のクレデンシャルで Cisco UCS Director VM コンソールにログインします。
      1. ユーザ:shelladmin
      2. パスワード:changeme

      shelladmin にログイン済みでデフォルト パスワードを変更している場合は、上記パスワードの代わりにその新しいパスワードを使用します。

      ログイン後に [shelladminパスワードの変更] を選択してデフォルト パスワードを変更できます。

      ステップ 2   [ネットワークインターフェイスの設定] を選択します。
      ステップ 3   Do you want to Configure static IP [y/n] プロンプトで、次のどちらかを入力します。
      • DHCP が有効である場合、D を入力します(IP アドレスが自動的に割り当てられます)。
      • スタティック IP を設定するには、S を入力してから、次のプロンプトで設定するインターフェイスを選択します。その後 IPv4 または IPV 6 を選択するオプションが表示されます。 続いて、選択されたインターフェイスと IP のバージョンの確認が行われます。[Y] を選択して続行します。 次の詳細を入力します。
        • IP アドレス

        • ネットマスク

        • ゲートウェイ

        • DNS Server 1

        • DNS Server 2

      ステップ 4   プロンプトが表示されたら、承諾します。

      デフォルト パスワードの変更

      手順
        ステップ 1   [管理(Administration)] をクリックして、[ユーザとグループ(Users and Groups)] を選択します。
        ステップ 2   [ログインユーザ(Login Users)] ペインで管理ユーザを右クリックします。
        ステップ 3   [パスワードの変更] ダイアログボックスで新しいパスワードを入力し、もう一度確認のためにパスワードを入力します。
        ステップ 4   [保存] をクリックします。

        ライセンスの更新

        はじめる前に

        圧縮されたライセンス ファイルを電子メールで受け取った場合は、展開して .lic ファイルをローカル マシンに保存します。

        手順
          ステップ 1   [管理(Administration)] > [ライセンス(License)] の順に選択します。
          ステップ 2   [ライセンスキー(License Keys)] タブをクリックします。
          ステップ 3   [ライセンスの更新(Update License)] をクリックします。
          ステップ 4   [ライセンスの更新(Update License)] ダイアログボックスで、次の操作を実行します。
          • .lic ファイルをアップロードするには、[参照(Browse)] をクリックして基本ライセンスの .lic ファイルへ移動し、.lic ファイルを選択して [アップロード(Upload)] をクリックします。
          ステップ 5   [送信] をクリックします。

          ライセンス ファイルが処理され、更新が正常に行われたことを示すメッセージが表示されます。


          システム リソースの予約

          最適なパフォーマンスを実現するため、「シングルノード設定のシステムの最小要件」に記載されている最小システム要件よりも多いシステム リソースを Cisco UCS Director のために予約することを推奨します。


          (注)  


          システム リソースの予約方法についての詳細は、VMWare のマニュアルを参照してください。


          手順
            ステップ 1   VMware vCenter にログインします。
            ステップ 2   Cisco UCS Director の VM を選択します。
            ステップ 3   VM をシャットダウンします。
            ステップ 4   VMware vCenter で [リソース割り当て] タブをクリックして現在のリソース割り当てを表示し、[編集] をクリックします。
            ステップ 5   [仮想マシン プロパティ] ペインで、リソースを選択して新しい値を入力することで、リソース割り当てを編集します。
            ステップ 6   新しいリソース割り当てが設定されたことを確認します。

            最大パケット サイズの変更

            Cisco UCS Director データベース クエリのデフォルトの最大パケット(クエリ)サイズは 4 MB です。 より大きいサイズが 1 つ以上のポッドで必要となる場合は、最大パケット サイズの設定を 100 MB に増やすことをお勧めします。 たとえば、大きいオープン オートメーション モジュールのインポートには、通常、より大きいパケット サイズが必要となります。


            (注)  


            Multi-Node の設定の場合は、この設定をインベントリ データベース ノードとモニタリング データベース ノードで実行します。


            手順
              ステップ 1   shelladmin で、[Root でログイン] を選択して、Cisco UCS Director にログインします。
              ステップ 2   /etc フォルダに移動します。
              ステップ 3   my.cnf ファイルを開き、max_allowed_packet パラメータを探します。
              ステップ 4   max_allowed_packet パラメータの値を max_allowed_packet=100M に変更します。
              ステップ 5   my.cnf ファイルを保存します。
              ステップ 6   shelladmin で、次のように、すべてのノードの Cisco UCS Director サービスを停止して再開します。
              1. [サービスの停止] を選択します。
              2. すべてのサービスが停止していることを確認するには、[サービスのステータスを表示] を選択します。
              3. ノードのすべてのサービスが停止した後、[サービスの開始] を選択します。