Cisco UCS Director オーケストレーション ガイド、リリース 5.3
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

オーケストレータについて

Cisco UCS Director Orchestratorにより、IT 管理者はクラウドの自動化と IT サービスの標準化を実現することができます。 管理者はオーケストレータを使用して、VM の作成や VM 電源アクションなどの一連のタスクをワークフローの形式で実行できます。 ワークフローにタスクを追加または移動した後、最終的なワークフローを実行できます。 すべてのタスクは 1 つずつ順番に実行されます。 『Cisco UCS Director オーケストレーション ガイド』では、次のトピックの手順について説明します。

  • ワークフロー

  • ワークフローのライフサイクル管理

  • タスク定義(単一タスクと複合タスクを含む)

  • トリガー

  • アクション ポリシー