Cisco UCS Director オーケストレーション ガイド、リリース 5.3
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

この章は、次の内容で構成されています。

新機能および変更情報

次の表に、最新リリースに関するこのガイドでの重要な変更点の概要を示します。 この表は、このマニュアルに加えられた変更やこのリリースの新しい機能をすべて網羅するものではありません。

表 1 リリース 5.3 で追加または変更された情報
機能 説明 参照先

サービス リクエストの再送信時のサブタスクを選択します。

ユーザは、SR ワークフロー内の任意の子タスク(複合ワークフローを含む)から始まるサービス リクエストを再送信することができます。

失敗したサービス リクエストの再送信

ロールバック用の子サービス リクエスト オブジェクトを選択または選択解除します。

ユーザは、サービス リクエストをロールバックするときに子ワークフローのオブジェクトを選択または選択解除できます。 オブジェクトは、複合タスク階層内の任意の深さで選択または選択解除できます。

ワークフローのロールバック

スクリプト モジュール:コンテキスト マッピング

コンテキスト ワークフロー マッピングを動的に追加できます。 コンテキスト ワークフロー マッピングは、レポート用のアクション ラベルを作成し、そのアクション ラベルにワークフローを割り当てます。

コンテキスト マッピングについて.

スクリプト モジュール:値のリスト

ワークフローのユーザがユーザ入力のオプションの定義済みセットを提示できるように値のリスト(LOV)を作成できます。

値のリストについて

スクリプト モジュール:表形式のレポート

ワークフローのユーザがカスタム ワークフローへの入力用の値の定義済みセットを提示できるように、表形式のレポートを作成できます。

表形式のレポートについて

複合タスクのバージョンの管理

別のワークフローで複合タスクとして使用されているワークフローの異なるバージョンの動作を明確にします。

複合タスクのバージョンの管理