仮想データセンターの管理
仮想データセンターの管理

仮想データセンターの管理

この章は、次の内容で構成されています。

仮想データセンターの管理について

仮想データセンター(VDC)は、仮想リソース、動作の詳細、ルール、およびポリシーを組み合わせて特定のグループの要件を管理する環境です。

1 つのグループまたは組織で複数の VDC、 イメージ、テンプレート、およびポリシーを管理できます。 組織は個々のグループに VDC レベルでクォータを割り当て、リソース制限を割り当てることができます。

また、VDC に固有の承認者を定義できます。 VDC の承認者は、ユーザからの VM プロビジョニングの要求を承認する必要があります。


(注)  


Cisco UCS Director にはデフォルトの VDC があり、検出されたすべての VM は、このデフォルト VDC の一部です。 検出された VM は Cisco UCS Director の外部で作成された VM か、または Cisco UCS Director がインストールされる前に vCenter ですでに作成されていた VM です。 Cisco UCS Director はこのような VM を自動的に検出し、デフォルト VDC に追加します。


サービス要求を使用してプロビジョニングされた VM は VDC に関連付けることができます。 サービス要求を作成するとき、この VM をプロビジョニングする VDC を選択できます。 VM のプロビジョニング時には、特定のグループで利用可能な VDC のリストを表示し、必要な VDC を選択できます。

仮想データセンターの追加

手順
    ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
    ステップ 2   [VDC] タブを選択します。
    ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
    ステップ 4   [VDC の追加] ダイアログ ボックスで、ドロップダウン リストからアカウント タイプを選択します。

    選択したアカウント タイプによって、[VDC の追加] ダイアログ ボックスに表示されるクラウド名のリストが決定されます。

    ステップ 5   [送信] をクリックします。
    ステップ 6   [VDCの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名称 説明

    [VDC名] フィールド

    VDC の名前。

    名前は、入力した後では編集できません。

    [ロック済みのvDC] チェックボックス

    今後の導入で VDC を使用できないようにするには、このチェックボックスをオンにします。 この VDC 内の既存の VM に対するアクションは無効になります。 今後の導入で VDC を使用できるようにするには、このチェックボックスをオフにします。

    [vDCの説明] フィールド

    VDC に固有の説明。

    [グループ] ドロップダウン リスト

    VDC の設定対象グループを選択します。

    [クラウド名] ドロップダウン リスト

    VDC の設定対象クラウドを選択します。

    このドロップダウン リストに表示されるオプションは、指定したアカウント タイプによって決定されます。

    承認者と連絡先

    [第1承認者のユーザ名] フィールド

    サービス リクエストを承認する必要があるユーザ。

    [第2承認担当者のユーザ名] フィールド

    サービス リクエストを承認する必要がある 2 番目のユーザ。

    [プロバイダーのサポート用電子メールアドレス] フィールド

    連絡先またはユーザの電子メール アドレス。 この VDC を使用した VM のプロビジョニングに関する通知を受信するユーザ。

    [電子メールアドレスへの通知をコピー] フィールド

    この VDC に関する通知をコピーする 2 番目の連絡先の電子メール。

    ポリシー

    [システムポリシー] ドロップダウン リスト

    VDC に適用できるシステム ポリシーを選択します。

    [コンピューティングポリシー] ドロップダウン リスト

    VDC に適用できるコンピューティング ポリシーを選択します。

    [ネットワークポリシー] ドロップダウン リスト

    VDC に適用できるネットワーク ポリシーを選択します。

    [ストレージポリシー] ドロップダウン リスト

    VDC に適用できるストレージ ポリシーを選択します。

    [コストモデル] ドロップダウン リスト

    VDC に適用できるコスト モデルを選択します。

    [サービスリクエストサマリーと電子メールページへのコストの表示を無効化] チェックボックス

    この VDC の SR サマリーと電子メール ページでのコストの表示を無効にするには、このチェックボックスをオンにします。

    [ユーザアクションポリシー] ドロップダウン リスト

    VM のプロビジョニング後のオーケストレーション ワークフローを実行するために使用するポリシーを選択します。 選択されたワークフローは、VDC 内の VM に対するアクション ボタンとして表示されます。

    [ストレージの効率性の有効化] チェックボックス

    RCU を使用して VM を複製する場合は、チェックボックスをオンにします。

    [非アクティブなVMを削除するまでの期間] ドロップダウン リスト

    非アクティブな VM を削除するまでの、非アクティブな状態の経過日数を選択します。 非アクティブ状態の VM とは、電源がオンの状態ではない VM です。

    (注)     

    この選択項目が想定どおりに機能するためには、[管理] > [システム] で [高度なコントロール] タブの下にある [VDC ポリシーに基づいて非アクティブな VM を削除する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。 詳細については、「高度なコントロールの有効化」を参照してください。

    エンド ユーザ セルフサービス ポリシー

    vDC のセルフサービス ポリシーを選択します。 このポリシーによって、VDC で実行できるタスクまたはアクションが定義されます。

    (注)     

    このドロップダウン リストには、作成する VDC に対応するアカウント タイプに関連するポリシーが表示されます。

    vDC へのポリシーの割り当ては、ユーザが vDC で実行するタスクを制御できる唯一の方法です。 従来のバージョンでは、vDC の作成中にタスクを有効または無効にしていました。 最新リリースにアップグレードすると、以前に設定していた権限とオプションが vDC の名前を使用してエンド ユーザ ポリシーとして自動的にグループ化され、vDC に割り当てられます。

    ステップ 7   [追加] をクリックします。
    (注)     

    VM のユーザは、次のタスクを実行できなくなりました。

    • VM の移行

    • スタック ビューの使用

    • VM の割り当て


    仮想データセンターの表示

    手順
      ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
      ステップ 2   [すべてのユーザグループ] ペインで、表示する VDC が含まれている VDC グループを選択します。

      ステップ 3   [VDC] タブを選択します。
      ステップ 4   メインの表示ペインで、表示する VDC を選択します。
      ステップ 5   [表示] をクリックして、[VDCの詳細] ページを開きます。

      仮想データセンターの編集

      手順
        ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
        ステップ 2   [すべてのユーザグループ] ペインで、編集する必要のある VDC グループを選択します。
        ステップ 3   [VDC] タブを選択します。
        ステップ 4   [編集] をクリックします。
        ステップ 5   [vDC の編集] ダイアログボックスで、次のフィールドを編集します。
        名称 説明

        [VDC名] フィールド

        VDC の名前。

        名前は、入力した後では編集できません。

        [ロック済みのvDC] チェックボックス

        今後の導入で VDC を使用できないようにするには、このチェックボックスをオンにします。 この VDC 内の既存の VM に対するアクションは無効になります。 今後の導入で VDC を使用できるようにするには、このチェックボックスをオフにします。

        [vDCの説明] フィールド

        VDC に固有の説明。

        [グループ] ドロップダウン リスト

        VDC の設定対象グループを選択します。

        [クラウド名] ドロップダウン リスト

        VDC の設定対象クラウドを選択します。

        このドロップダウン リストに表示されるオプションは、指定したアカウント タイプによって決定されます。

        承認者と連絡先

        [第1承認者のユーザ名] フィールド

        サービス リクエストを承認する必要があるユーザ。

        [第2承認担当者のユーザ名] フィールド

        サービス リクエストを承認する必要がある 2 番目のユーザ。

        [プロバイダーのサポート用電子メールアドレス] フィールド

        連絡先またはユーザの電子メール アドレス。 この VDC を使用した VM のプロビジョニングに関する通知を受信するユーザ。

        [電子メールアドレスへの通知をコピー] フィールド

        この VDC に関する通知をコピーする 2 番目の連絡先の電子メール。

        ポリシー

        [システムポリシー] ドロップダウン リスト

        VDC に適用できるシステム ポリシーを選択します。

        [コンピューティングポリシー] ドロップダウン リスト

        VDC に適用できるコンピューティング ポリシーを選択します。

        [ネットワークポリシー] ドロップダウン リスト

        VDC に適用できるネットワーク ポリシーを選択します。

        [ストレージポリシー] ドロップダウン リスト

        VDC に適用できるストレージ ポリシーを選択します。

        [コストモデル] ドロップダウン リスト

        VDC に適用できるコスト モデルを選択します。

        [サービスリクエストサマリーと電子メールページへのコストの表示を無効化] チェックボックス

        この VDC の SR サマリーと電子メール ページでのコストの表示を無効にするには、このチェックボックスをオンにします。

        [ユーザアクションポリシー] ドロップダウン リスト

        VM のプロビジョニング後のオーケストレーション ワークフローを実行するために使用するポリシーを選択します。 選択されたワークフローは、VDC 内の VM に対するアクション ボタンとして表示されます。

        [ストレージの効率性の有効化] チェックボックス

        RCU を使用して VM を複製する場合は、チェックボックスをオンにします。

        [非アクティブなVMを削除するまでの期間] ドロップダウン リスト

        非アクティブな VM を削除するまでの、非アクティブな状態の経過日数を選択します。 非アクティブ状態の VM とは、電源がオンの状態ではない VM です。

        (注)     

        この選択項目が想定どおりに機能するためには、[管理] > [システム] で [高度なコントロール] タブの下にある [VDC ポリシーに基づいて非アクティブな VM を削除する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。 詳細については、「高度なコントロールの有効化」を参照してください。

        エンド ユーザ セルフサービス ポリシー

        vDC のセルフサービス ポリシーを選択します。 このポリシーによって、VDC で実行できるタスクまたはアクションが定義されます。

        (注)     

        このドロップダウン リストには、作成する VDC に対応するアカウント タイプに関連するポリシーが表示されます。

        vDC へのポリシーの割り当ては、ユーザが vDC で実行するタスクを制御できる唯一の方法です。 従来のバージョンでは、vDC の作成中にタスクを有効または無効にしていました。 最新リリースにアップグレードすると、以前に設定していた権限とオプションが vDC の名前を使用してエンド ユーザ ポリシーとして自動的にグループ化され、vDC に割り当てられます。

        ステップ 6   [保存] をクリックします。

        仮想データセンターの削除

        手順
          ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
          ステップ 2   [すべてのユーザグループ] ペインで、削除する必要のある VDC グループを選択します。
          ステップ 3   [VDC] タブを選択します。
          ステップ 4   メインの表示ペインで、削除する VDC を選択します。
          ステップ 5   [削除] をクリックします。

          仮想データセンターの複製

          手順
            ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
            ステップ 2   [すべてのユーザグループ] ペインで、複製する必要がある VDC グループを選択します。
            ステップ 3   [VDC] タブを選択します。
            ステップ 4   メインの表示ペインで、複製する VDC を選択します。
            ステップ 5   [複製] をクリックします。
            ステップ 6   [VDCの複製] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            名称 説明

            [VDC名] フィールド

            VDC の名前。

            名前は、入力した後では編集できません。

            [ロック済みのvDC] チェックボックス

            今後の導入で VDC を使用できないようにするには、このチェックボックスをオンにします。 この VDC 内の既存の VM に対するアクションは無効になります。 今後の導入で VDC を使用できるようにするには、このチェックボックスをオフにします。

            [vDCの説明] フィールド

            VDC に固有の説明。

            [グループ] ドロップダウン リスト

            VDC の設定対象グループを選択します。

            [クラウド名] ドロップダウン リスト

            VDC の設定対象クラウドを選択します。

            このドロップダウン リストに表示されるオプションは、指定したアカウント タイプによって決定されます。

            承認者と連絡先

            [第1承認者のユーザ名] フィールド

            サービス リクエストを承認する必要があるユーザ。

            [第2承認担当者のユーザ名] フィールド

            サービス リクエストを承認する必要がある 2 番目のユーザ。

            [プロバイダーのサポート用電子メールアドレス] フィールド

            連絡先またはユーザの電子メール アドレス。 この VDC を使用した VM のプロビジョニングに関する通知を受信するユーザ。

            [電子メールアドレスへの通知をコピー] フィールド

            この VDC に関する通知をコピーする 2 番目の連絡先の電子メール。

            ポリシー

            [システムポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるシステム ポリシーを選択します。

            [コンピューティングポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるコンピューティング ポリシーを選択します。

            [ネットワークポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるネットワーク ポリシーを選択します。

            [ストレージポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるストレージ ポリシーを選択します。

            [コストモデル] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるコスト モデルを選択します。

            [サービスリクエストサマリーと電子メールページへのコストの表示を無効化] チェックボックス

            この VDC の SR サマリーと電子メール ページでのコストの表示を無効にするには、このチェックボックスをオンにします。

            [ユーザアクションポリシー] ドロップダウン リスト

            VM のプロビジョニング後のオーケストレーション ワークフローを実行するために使用するポリシーを選択します。 選択されたワークフローは、VDC 内の VM に対するアクション ボタンとして表示されます。

            [ストレージの効率性の有効化] チェックボックス

            RCU を使用して VM を複製する場合は、チェックボックスをオンにします。

            [非アクティブなVMを削除するまでの期間] ドロップダウン リスト

            非アクティブな VM を削除するまでの、非アクティブな状態の経過日数を選択します。 非アクティブ状態の VM とは、電源がオンの状態ではない VM です。

            (注)     

            この選択項目が想定どおりに機能するためには、[管理] > [システム] で [高度なコントロール] タブの下にある [VDC ポリシーに基づいて非アクティブな VM を削除する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。 詳細については、「高度なコントロールの有効化」を参照してください。

            エンド ユーザ セルフサービス ポリシー

            vDC のセルフサービス ポリシーを選択します。 このポリシーによって、VDC で実行できるタスクまたはアクションが定義されます。

            (注)     

            このドロップダウン リストには、作成する VDC に対応するアカウント タイプに関連するポリシーが表示されます。

            vDC へのポリシーの割り当ては、ユーザが vDC で実行するタスクを制御できる唯一の方法です。 従来のバージョンでは、vDC の作成中にタスクを有効または無効にしていました。 最新リリースにアップグレードすると、以前に設定していた権限とオプションが vDC の名前を使用してエンド ユーザ ポリシーとして自動的にグループ化され、vDC に割り当てられます。

            ステップ 7   [保存] をクリックします。

            仮想データセンターのアプリケーション カテゴリの管理

            手順
              ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
              ステップ 2   [すべてのユーザグループ] ペインで、VDC が含まれている VDC グループを選択します。
              ステップ 3   [VDC] タブを選択します。
              ステップ 4   メインの表示ペインで、編集する VDC を選択します。
              ステップ 5   [カテゴリの管理] をクリックします。
              ステップ 6   [アプリケーションカテゴリの編集] ダイアログボックスで、システム ポリシー、コンピューティング ポリシー、ネットワーク ポリシー、またはストレージ ポリシーをオプションで変更するために該当するフィールドをすべて編集します。 コスト モデルとスマート割り当てポリシーも変更できます。
              ステップ 7   [保存] をクリックします。

              仮想データセンター サービス プロファイル

              この機能は VDC の追加に似ていますが、[VDCサービスプロファイル] で作成される VDC はオーケストレーション ワークフローの中で使用されます。 この機能を使用すると、ワークフロー タスク中の VDC 作成時に使用可能な、ゴールド、シルバー、およびブロンズ VDC を作成できます。

              仮想データセンター サービス プロファイルの追加

              手順
                ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
                ステップ 2   [vDCサービスプロファイル] タブを選択します。
                ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
                ステップ 4   [vDCサービスプロファイルの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                名称 説明

                [vDCプロファイル名] フィールド

                VDC プロファイルの名前。

                名前は、入力した後では編集できません。

                [ロック済みのvDC] チェックボックス

                今後の導入で VDC を使用できないようにするには、このチェックボックスをオンにします。 この VDC 内の既存の VM に対するアクションは無効になります。 今後の導入で VDC を使用できるようにするには、このチェックボックスをオフにします。

                [vDCの説明] フィールド

                VDC に固有の説明。

                [グループ] ドロップダウン リスト

                VDC の設定対象グループを選択します。

                [クラウド名] ドロップダウン リスト

                VDC の設定対象クラウドを選択します。

                承認者と連絡先

                [第1承認者のユーザ名] フィールド

                サービス リクエストを承認する必要があるユーザ。

                [第2承認担当者のユーザ名] フィールド

                サービス リクエストを承認する必要がある 2 番目のユーザ。

                [プロバイダーのサポート用電子メールアドレス] フィールド

                連絡先またはユーザの電子メール アドレス。 この VDC を使用した VM のプロビジョニングに関する通知を受信するユーザ。

                [電子メールアドレスへの通知をコピー] フィールド

                この VDC に関する通知をコピーする 2 番目の連絡先の電子メール。

                ポリシー

                [システムポリシー] ドロップダウン リスト

                VDC サービス プロファイルに適用できるシステム ポリシーを選択します。

                [コンピューティングポリシー] ドロップダウン リスト

                VDC サービス プロファイルに適用できるコンピューティング ポリシーを選択します。

                [ネットワークポリシー] ドロップダウン リスト

                VDC サービス プロファイルに適用できるネットワーク ポリシーを選択します。

                [ストレージポリシー] ドロップダウン リスト

                VDC サービス プロファイルに適用できるストレージ ポリシーを選択します。

                [コストモデル] ドロップダウン リスト

                VDC サービス プロファイルに適用できるコスト モデルを選択します。

                [サービスリクエストサマリーと電子メールページへのコストの表示を無効化] チェックボックス

                この VDC のサービス リクエスト サマリーと電子メール ページでのコストの表示を無効にするには、このチェックボックスをオンにします。

                [ユーザアクションポリシー] ドロップダウン リスト

                VM のプロビジョニング後のオーケストレーション ワークフローを実行するために使用するポリシーを選択します。 選択されたワークフローは、VDC 内の VM に対するアクション ボタンとして表示されます。

                エンド ユーザ セルフサービス オプション

                [VMの電力管理] チェックボックス

                この VDC に属している VM に対してすべての VM 電源管理アクションを実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                [VM のサイズ変更] チェックボックス

                この VDC に属している VM に対して VM サイズ変更アクションを実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                [VMスナップショット管理] チェックボックス

                この VDC の VM に対してすべてのストレージ スナップショット アクションを実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                [VMの削除] チェックボックス

                この VDC の VM に対して VM 削除アクションを実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                [VMディスク管理] チェックボックス

                この VDC の VM に対して VM ディスク管理を実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                [VMネットワーク管理] チェックボックス

                この VDC に属している VM に対してネットワーク管理を実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

                [非アクティブなVMを削除するまでの期間] ドロップダウン リスト

                非アクティブな VM を削除するまでの、非アクティブな状態の経過日数を選択します。 非アクティブ状態の VM とは、電源がオンの状態ではない VM です。

                ステップ 5   [追加] をクリックします。