Cisco UCS Director リリース 5.0:VMware vSphere でのインストールとアップグレード
Cisco UCS Director の再起動
Cisco UCS Director の再起動

Cisco UCS Director の再起動

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director の再起動

Cisco UCS Director のインストール後にエラーが表示された場合は、セキュア シェル(SSH)クライアントにログインしてスクリプトを実行し、サービスが実行されているかどうかを確認します。


    ステップ 1   Cisco UCS Director の IP アドレスを使用して、次のクレデンシャルでログインします。
    1. ユーザ:shelladmin
    2. パスワード:changeme

    shelladmin にログイン済みでデフォルト パスワードを変更している場合は、上記パスワードの代わりにその新しいパスワードを使用します。

    ログイン後に [shelladminパスワードの変更] を選択してデフォルト パスワードを変更できます。

    ステップ 2   すべてのサービスのステータスを表示するには、[サービスのステータスを表示] を選択します。

    このオプションが利用できない場合は、SSH を使用してサービスを再起動します。

    ステップ 3   次のサービスが表示されることを確認します。
    1. Broker
    2. Controller
    3. Eventmgr
    4. Client
    5. Idaccessmgr
    6. Inframgr
    7. Tomcat
    8. Websock
    9. Database (mysqld)
    
    (注)     

    バックグラウンドで開始されるサービスは、このウィンドウに表示されません。

    ステップ 4   [サービスの停止] を選択します。
    ステップ 5   すべてのサービスが停止していることを確認するには、[サービスのステータスを表示] を選択します。
    ステップ 6   サービスを再起動するには、[サービスの開始] を選択します。