Cisco UCS Director VMware vSphere 管理ガイド、リリース 5.0
VMware リモート コンソールの有効化
VMware リモート コンソールの有効化

VMware リモート コンソールの有効化

この章は、次の内容で構成されています。

VMware リモート コンソール(VMRC)について

VMware vSphere および vCloud Director には、サポート対象のブラウザでロード可能な VMRC ブラウザのプラグインが含まれています。 ブラウザで実行する Web アプリケーションは、VMRC ブラウザのプラグインを使用して仮想マシンのコンソール機能にアクセスできます。この場合には VMRC JavaScript API を使用します。 VMRC ブラウザのプラグインおよび VMRC API を使用する Web アプリケーションでは、ユーザは、適切な Web ブラウザおよびオペレーティング システムを持つ任意のシステムから仮想マシンに対してリモートでアクセスし、やりとりすることができます。

VMRC の有効化

デフォルトでは、Cisco UCS Director で検出されるすべての VM に対して、VMRC コンソールは無効になっています。 VMRC を有効にする方法は、次の 2 とおりあります。

名前 説明 参考資料

カタログの使用

VM コンソールの設定オプションが有効になっているカタログを使用して VM のプロビジョニングを完了すると、VM は VMRC コンソールにアクセスできるようになります。

カタログを使用した VMRC の有効化

VM オプションの有効化

[仮想] [コンピューティング] の下にある、VM インターフェイスで [VMRC コンソールの有効化/無効化] オプションを有効にすることができます。

VMRC コンソール アクセス用の VM オプションの有効化

上記のいずれかの方法を使用して、VMRC コンソールにアクセスできるようになったら、VMRC コンソールで VM を起動できます。 Cisco UCS Director で VMRC 対応の Web ブラウザを起動する を参照してください。

カタログを使用した VMRC の有効化


    ステップ 1   メニュー バーで [ポリシー] > [カタログ] を選択します。
    ステップ 2   VMRC コンソールへのアクセスを有効にするカタログを選択します。
    ステップ 3   [編集] をクリックします。
    ステップ 4   [カタログの修正] ウィザードのすべての画面で、[VM へのアクセス] 画面が表示されるまでデフォルトのまま [次へ] をクリックします。
    ステップ 5   [VM へのアクセス] 画面の [VMRC コンソールの設定] で [有効化] チェックボックスをオンにします。
    ステップ 6   [次へ] をクリックします。
    ステップ 7   [概要] 画面で、表示される情報を確認して [送信] をクリックします。

    VMRC コンソール アクセス用の VM オプションの有効化


      ステップ 1   メニュー バーで [仮想] > [コンピューティング] を選択します。
      ステップ 2   [VMs] タブをクリックします。
      ステップ 3   紫色の下向き矢印をクリックして、[VMRC コンソールの有効化/無効化] を選択します。
      ステップ 4   [VMRC コンソール アクセスを有効化] 画面で、[VMRC コンソールの有効化] チェックボックスをオンにします。
      ステップ 5   [送信] をクリックします。

      Cisco UCS Director で VMRC 対応の Web ブラウザを起動する

      はじめる前に

      ご使用の Web ブラウザに VMRC プラグインがインストールされている場合は、Cisco UCS Director で VMRC を使用することができます。


        ステップ 1   メニュー バーで [仮想] > [コンピューティング] を選択します。
        ステップ 2   [VM] タブを選択します。
        ステップ 3   [VM] ペインで VM を選択します。
        ステップ 4   VM を右クリックし、[VM クライアントの起動] を選択します。
        ステップ 5   [クライアントの起動] ダイアログボックスで、次のように入力します。
        名前 説明

        [アクセススキーム] ドロップダウン リスト

        VM クライアントを起動するためのアクセス スキームのタイプ。 この属性の種類は次のとおりです。
        • VNC コンソール

        • Web アクセス

        • リモート デスクトップ

        • VMRC コンソール

        [VMRC コンソール] オプションを選択します。

        ステップ 6   [続行] をクリックします。