Cisco UCS Director Cloupia スクリプト設定ガイド、リリース 5.0
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director について

Cisco UCS Director(旧称 Cisco Cloupia Unified Infrastructure Controller)は、次の標準的なテンプレートを使用する 64 ビットのアプライアンスです。

  • Open Virtualization Format(OVF)for VMware vSphere

  • Virtual Hard Disk(VHD)for Microsoft Hyper-V

Cisco UCS Director は、Cisco UCS および Cisco Nexus プラットフォームに基づく業界をリードする統合インフラストラクチャ ソリューションに、セキュリティで高度に保護された統合管理機能を提供します。

Cisco UCS Director は、Cisco UCS を通じて、コンピューティング階層とネットワーク階層の統合を拡張し、データセンターの管理者に包括的な可視性と管理機能を提供します。 この製品は、Cisco UCS および Cisco Nexus プラットフォームをベースにした、NetApp FlexPod および ExpressPod、EMC Isilon、EMC VSPEX、EMC VPLEX、および VCE Vblock システムをサポートします。

Cisco UCS Director は物理的、仮想的、ベアメタル型の環境にわたって、リソース プールのプロビジョニングを自動化します。 この製品は、正常性、ステータス、リソース使用率に関して、ネイティブな自動化されたモニタリング機能を提供します。 Cisco UCS Director を使用して次を実行できます。

  • すべてのサーバおよびアプリケーションを対象に、サービス プロファイルとテンプレートを作成、複製、および導入すること

  • 全データセンターを対象として、仮想マシン(VM)の使用率を示すヒート マップを表示するなど、統合インフラストラクチャで組織の使用率、傾向、容量を継続的にモニタすること

  • 作業者ごとにばらつきのない方法で ExpressPod および FlexPod インフラストラクチャの導入や容量の増設を行うこと

  • Cisco UCS ドメインとそのコンポーネントを対象として、管理、モニタリング、報告を行うこと

  • 物理的なインフラストラクチャ サービスを含むように、仮想サービス カタログを拡張すること

  • 仮想化された作業負荷と仮想化されていない作業負荷の両方に対応するために、セキュリティで保護されたマルチテナント環境を管理すること

Cloupia スクリプトについて

Cloupia スクリプトは JavaScript と Cloupia ライブラリを組み合わせたもので、Cloupia サーバ プラットフォーム内から実行できます。 Cloupia Java API およびオブジェクトのサブセットはスクリプトからアクセスできます。 Cloupia スクリプトはすべての JavaScript 構文をサポートします。 ただし、Cloupia スクリプトにはサーバ サイド スクリプトが含まれるため、ブラウザ ベースのオブジェクトはサポートしません。
図 1. Cloupia スクリプト:ワークフロー



すべての Cloupia スクリプトには、事前に定義された最上位レベルの暗黙的な変数またはオブジェクトが 3 つあります。

  • ctxt:この変数またはオブジェクトは Cloupia ワークフロー実行コンテキストを示しています。 スクリプトはこのオブジェクトを使用して現在のワークフロー、タスク、入力、出力の情報にアクセスできます。また、Cloupia API にもアクセスできます。 Cloupia API を使用して作成/読み取り/更新/削除(CRUD)操作の呼び出し、ワークフロー タスクの呼び出し、他の REST API の公開ができます。 ctxt オブジェクトは次のプラットフォーム API にマッピングします。com.cloupia.service.cIM.inframgr.customactions.CustomActionTriggerContext

  • logger:この変数またはオブジェクトは Cloupia ワークフロー ロガー オブジェクトを示しています。 サービス リクエスト ログに記録される相当量のログ ステートメントをすべてのスクリプトが追加します。 logger 暗黙オブジェクトは次のプラットフォーム API にマッピングします。com.cloupia.service.cIM.inframgr.customactions.CustomActionLogger

  • util:この変数またはオブジェクトを使用して、いくつかの組み込みユーティリティ コンセプトにアクセスできます。 util 暗黙オブジェクトは次のプラットフォーム API にマッピングします。com.cloupia.lib.util.managedreports.APIFunctions

これらのプラットフォーム API の詳細については、 『Cloupia Script Javadoc』を参照してください。