Cisco UCS Director シェル ガイド、リリース 5.0
このリリースの新規情報および変更情報
このリリースの新規情報および変更情報

このリリースの新規情報および変更情報

新機能および変更された機能に関する情報

次の表は、この最新リリースに関するマニュアルでの主な変更点の概要を示したものです。 この表は、このマニュアルに加えられた変更やこのリリースの新しい機能をすべて網羅するものではありません。

表 1 Cisco UCS Directorシェル、リリース 5.0 の新機能および動作変更

機能

説明

参照先

Multi-Node のトピック

Multi-Node 設定の設定と使用に関するトピックは、このマニュアルの個別の章に記載されています。

Multi-Node の設定

[Tail Inframgrログ] オプション

このシェル オプションの動作の変更により、ログ ファイル データの使用が簡素化され、ログ ファイル データのビューがより便利になりました。

シェル コマンドの使用方法の「Tail Inframgr ログの表示」というタイトルのトピックを参照してください。

[パッチの適用] オプション

パッチの適用処理でバックアップを統合ステップとして生成できます。

シェル コマンドの使用方法の「Cisco UCS Director へのパッチの適用」というタイトルのトピック。

スタンドアロンから Multi-Node への移行シナリオのためのバックアップおよび復元の新しいスクリプトと手順

スタンドアロンから Multi-Node へ移行するときに、新しいスクリプトを使用してデータベースをバックアップおよび復元するための新しい手順

Multi-Node の設定