Cisco UCS Director Open Automation 開発者ガイド、リリース 5.0
新規モジュールの作成
新規モジュールの作成

新規モジュールの作成

この章は、次の内容で構成されています。

新規モジュールの作成

カスタム モジュールが機能するためには次の 4 つの項目を準備する必要があります。
  • AbstractCloupiaModule を拡張するクラス。
  • 依存 jar およびモジュール クラスを指定する .feature ファイル。
  • カスタム モジュールでは、module.properties ファイルが必須です。
  • コンパイル済みクラスと、UCS Director が提供するプロパティ ファイルを含む jar。

(注)  


モジュール クラスは com.cloupia.feature というプレフィクスのパッケージに属している必要があります。


はじめる前に

SDK のサンプル プロジェクトで FooModule を参照してください。

手順
    ステップ 1   AbstractCloupiaModule を拡張します。

    AbstractCloupiaModule を拡張する際、このクラスのすべてのカスタム コンポーネントを登録する必要があります。

    ステップ 2   .feature ファイルを指定します。
    このファイルは、拡張子 .feature で終わる必要があります。foo.feature を参考にしてください。 ベスト プラクティスは、モジュール ID でこのファイルの名前を付けることです。 .feature ファイルの詳細については、モジュールのパッケージ化を参照してください。
    ステップ 3   プロパティ ファイルは、モジュール jar のルート レベルでパッケージ化します。 UCS Director は、検証用に properties ファイルを提供します。 SDK のサンプルに、パッケージ化プロセスを処理するビルド ファイルが用意されています。
    (注)     

    module.properties ファイルについては、モジュールの公開で説明します。