Cisco UCS Director REST 開発者ガイド、リリース 4.1
JSON オブジェクト
JSON オブジェクト
発行日;2014/02/05   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

JSON オブジェクト

この章は、次の内容で構成されています。

JSON オブジェクト パラメータ タイプ

JSON オブジェクトは、レポート形式のデータよりも容易に渡すことができ、マシンが処理しやすい一貫した形式のデータを含みます。 JSON オブジェクトは API 要求と応答の両方に使用されます。

JSON オブジェクトは順序付けされない名前/値のペアのセットであるため、XML のように一目瞭然ですが、より軽量です。


(注)  


データ ペイロードが大きい他のデータ タイプの例は、レポートおよび JSON オブジェクト応答サンプルを参照してください。


JSON オブジェクト用のパラメータは、ParameterName:parameterValue の形式で渡されます。 正しい JSON オブジェクトは {(左の中括弧)で始まり、}(右の中括弧)で終わります。 ペアの各名前の後ろには、:(コロン)が付き、その後ろに対応する値が続きます。 名前/値のペアは、コンマで区切られます。

JSON の例:APIVDCDetails

次のサンプルにこの JSON オブジェクトの有効な名前/値ペアの例を示します。

 
"vdcName":"vDC with API",
"vdcDescription":null,
"cloudName":"VMware161",
"groupName":3,
"approver1":null,
"approver2":null,
"vdcSupportEmail":"name@company.com",
"vdcCustomerNotificationEmail":null,
"systemPolicy":"Policy for 161",
"slaPolicy":"Sales SLA Policy",
"computingPolicy":"Computing for QA",
"storagePolicy":"VMware 161 - Default Storage Policy",
"networkPolicy":"Default Network QA",
"costModel":"Default Cost Model",
"isLocked":false,
"isDeletable":false,
"isSelfServicePowerMgmt":false,
"isSelfServiceResize":false,
"isSelfServiceDeleteVM":false,
"isSelfServiceSnapshotMgmt":false,
"inactivityPeriodForDeletion":-1
 

JSON の例:APICatalogItem

次の表にこの JSON オブジェクトの有効な名前/値ペアの例を示します。

 
"catalogItemId":-1,
"catalogItemName":"CATFOR API",
"catalogItemDescription":null,
"cloudName":"VMware161",
"imageId":"Linux-SJ-PROD-Template",
"groups":"QAgroup",
"isAppliedToAllGroups":false,
"supportEmail":"name@company.com",
"vdcCategoryId":1,
"appList":null,
"otherApps":null,
"os":-1,
"otherOS":null,
"templateUser":null,
"templatePassword":null,
"credentialOption":1
 

JSON の例:APIUserOnBoardParams

次の表にこの JSON オブジェクトの有効な名前/値ペアの例を示します。

 
"firstName":"John",
"lastName":"Smith",
"userID":"jsmith",
"passWord":"test123",
"role":"GroupAdmin",
"contactEmail":"jsmith@company.com",
"companyName":"test",
"vdcProfileName":"VDC smith",
"vdcName":"myvdc",
"billFrequency":"",
"additionalInfo":"test
 

JSON の例:APIUserOnBoardDetails

次の表にこの JSON オブジェクトの有効な名前/値ペアの例を示します。

 
"groupID":"12"
"groupName":"test"
"vdcID":"5"
"vdcName":"myvdc"
 

JSON の例:APILoginProfile

次の表にこの JSON オブジェクトの有効な名前/値ペアの例を示します。

 
"userId":"jsmith"
"firstName":"John"
"lastName":"Smith"
"email":"jsmith@company.com"
"groupName":"test"
"groupId":"12"
"role":"GroupAdmin"
 

JSON の例:APIMakePaymentParams

次の表にこの JSON オブジェクトの有効な名前/値ペアの例を示します。

 
"userID":"jsmith"
"ordered":"123"
"amount":"1000"
"companyName":"Test"
"status":"success"
"timestamp":"1308647424609"
 

JSON の例:APIProvisionParams

次の表にこの JSON オブジェクトの有効な名前/値ペアの例を示します。

 
"catalogName":"QA Catalog .161",
"vdcName":"QA vDC",
"userID":"SmithUser",
"durationHours":1,
"beginTime":0,
"quantity":1,
"memoryMB":512,
"cores":1,
"estimatedCost":1250,
"comments":"test",
"additionalInfo":"test"