Cisco UCS Director Open Automation 開発者ガイド、リリース 4.1
レポート アクションの開発
レポート アクションの開発
発行日;2014/02/05   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

レポート アクションの開発

この章は、次の内容で構成されています。

レポート アクションの概要

レポートを開発する際、それらのレポートで動作するアクションも含めることができます。

レポートのアクションを開発するには、次のものが必要です。

  • フォーム オブジェクト — どのような入力をユーザが提供できるのかを記述します。
  • ハンドラ — フォームの設定データ、およびユーザが送信ボタンを押したときの動作を処理します。

ワークフローで同じフレームワークを使用するため、この構造はワークフロー タスクと似ています。 相違点は、ハンドラが異なるクラスから拡張される点です。

フォーム オブジェクト

フォーム オブジェクトは、JDO および FormField の注釈を使用した POJO です。 ワークフロー タスク用に開発した config オブジェクトに非常に似ています。 唯一の違いは、インターフェイスを実装する必要がない点です。 フォームのデータに持続性を持たせる必要がある場合、JDO の注釈を使用することが適切な場合があります。JDO の注釈を使用すると、データベースから POJO をさらに簡単に取得し、持続させることができます。 どのユーザ インターフェイス(UI)コントロールをユーザに表示するのかを指定するには、FormField の注釈を使用します。

フォーム ハンドラ

レポート アクションのロジックをハンドラに記述します。 ハンドラは、com.cloupia.service.cIM.inframgr.reports.simplified.CloupiaPageAction を拡張します。

フォーム ハンドラには、オーバーライドが可能ないくつかのメソッドが含まれています。
  • definePage:フォームのレイアウトを定義します。 フォーム オブジェクトをページにバインドして、フォーム オブジェクトで定義されたとおりに UI でフォームを生成できます。
  • loadDataToPage:フォームがユーザに最初に表示されるときに示す必要のあるデータのロードを処理します。
  • validatePageData:ユーザが送信ボタンを押したときに実行するあらゆるロジックを処理します。

フォーム オブジェクトとフォーム ハンドラの例は、サンプル コードの com.cloupia.feature.foo.actions.SimpleDummyAction を参照してください。

レポートへのアクションの登録

アクションの開発が完了したら、それらのアクションをレポート(com.cloupia.service.cIM.inframgr.reports.simplified.CloupiaReportWithActions 型のレポートなど)に関連付ける必要があります。 アクションをレポートに関連付けるには、getActions メソッドを実装し、CloupiaReportAction のインスタンスを指定する必要があります。